2017/01/21

◆アパホテル書籍問題・・・

この事件、最初中国にアパが進出してのことかと思ったが、どうやら日本国内のアパホテルに南京大虐殺を否定する経営者の本が置いてあっての騒動という。気に入らなけりゃ泊まらなきゃいいだけじゃん。

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/25

◆「嫌疑不十分」の嫌疑って何?

ちょっとしつこいと思われるかもしれないが・・・、

 

aska逮捕劇は、マスゴミも奥歯にモノが挟まったような取り上げ方に終始しているが、事は非常に深刻で、誰もが同じ目にあう可能性があるので、芸能人の他人事とうやむやにせず考えてみたい。

 

嫌疑不十分とは「犯人のようではあるが、決定的な証拠を見つけられなかった」という意味だ。ではaskaが犯人のようであると判断出来る根拠はなんだろうか、報道された範囲では何もない。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/23

◆aska嫌疑不十分は論理学テスト?

aska嫌疑不十分騒動は、論理学の教材として実に最適だと思う。警察や、この事件を扱うマスコミの様々な見解は枝葉ばかりで幹を見ず実にアホらしくて、ちったあ論理学を勉強しろよと思う。なにしろ警察が発表している、「手続きの不備から検体をaskaの尿と特定できないから嫌疑不十分」ということ自体、自己矛盾でありメガトン級の破壊力を持っている。

 

だって、これわかりやすく言えば「犯人を特定できない証拠でaskaを逮捕拘留した」ってことでしょ、この一言でオワリだ。

 

だったら、askaの代わりに私でもアナタでも皆が逮捕され、嫌疑不十分で釈放されるってことなのだ。日本人全ては覚せい剤使用の嫌疑不十分というわけ。

 

以上で、警察の言い分は木っ端微塵に吹っ飛ぶが、以下に補足説明する。ちと長いので、めんどくさい人はここまでとしてくださいな。では、各論を交えて、ちと屁理屈を・・・

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/03

◆揺れる都政ショーはいつまで続くか

一月前に、築地市場豊洲移転問題では、相対的に責任が重そうな人がスケープゴートにされないことを祈るばかり、環境問題を言いながら築地や他の都心部との比較がされていないと書いたが、今も同じ気持ちだ。

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/09

◆指標無き批判は独裁や未開社会の証

【結論】一連の政治資金収支報告書のガソリン代の多寡を問題にした批判は、元々いくら以下でなければならないという基準がないのだから領収書と金額が合っていれば問題ないはず。もし問題にするならばガソリン代の上限規定がないことであり、いくらならば妥当かを議論すべきであって、誰それがいくら使ったとか怪しいとかは、明らかなルール違反でない限り問題にすること自体が、恣意的であり後進国丸出しだと思う。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016/01/10

たぶん何も変わらない

従軍慰安婦問題で日韓合意がなされたが、たぶん何も変わらないだろう、むしろ日本は政府としてこの事実を認めてしまったので、国内ではああだこうだ従軍慰安婦の強制はなかったと騒いでも、外から見れば往生際の悪さと映るだろう。以下雑感・・・

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/20

◆メクソ・ハナクソの韓国大統領への名誉毀損裁判

産経新聞の前ソウル支局長に対する、韓国大統領への名誉毀損裁判は、ま、どっちもどっち、メクソ・ハナクソの次元の低~い騒動で、韓国も日本も心ある国民は恥ずかしいと思ってるんじゃないか?

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/22

◆日本はロボット兵器大国になるべきでは?

反戦運動は必要だし立派な行為だと思っているけれど、一方では現実の話、いくら戦争反対を叫んだところで、戦争は無くならないし、相手から宣戦布告されたら防ぎようがないのも事実。それゆえ私は9条信者にはなれない。ただし9条を頭から否定しているわけではなく、理想ではあると思っているけれど上記の通り世界の現実はそこに程遠いからだ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/15

◆テロに屈した国家

パリでの同時多発テロは実に痛ましい事件だ、テロに国家が屈するなんて有り得ないのに後を立たないのは腹立たしい限りだ。

 

ところでテロに屈した国家は、洋の東西、過去から現在まで原則存在しないはずだが、私の知る限り1国だけ存在する、それが我が日本国だ。日本赤軍が起こした75年のクアラルンプール事件77年のダッカ日航機ハイジャック事件がそれ、超法規的措置と称して、テロリストの要求に全面的に応じ、世界中から非難された。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/26

■常に火種を残すのは国民性?

憲法9条のめぐる解釈論議は、自衛隊の合憲論から始まり、ついには集団的自衛権行使容認にまで行き着いて、昔も今もかまびすしい。

 

だけどあらゆる法の頂点に位置する憲法の解釈が、そんなコロコロ変わっていいもんだろうか、ならばこの先どんな風に解釈が変わるのだろうか。フツーに憲法9条を読んで、それが意味していることは何なのか知りたいもんだ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«思い込み