« | トップページ | ■人種が違う日本人(その3) »

2005/04/26

■人種が違う日本人(その2)

2.歌謡曲派

大多数の日本人は歌謡曲派であり、その特徴は画一的で全くのノンポリであることだ。だから表題と中身は全く関係なく全てが同じである。日本の音楽シーンでは、ロックとかポップと言っても、中身は基本的には歌謡曲だ、逆に言えば全ての曲はテンポとキーを変えるだけでどんなジャンルの曲にでもなる。

我々ガイジンに分かり難いのは、では何故最初から歌謡曲と言わないのだろうという点だ。ロックといわずにロック風歌謡曲といえば、ああそうかと納得するのだが、こういった例は日本には非常に多い。例えば自動車。日本では足の良い車という宣伝文句をよく耳にするが、ほとんどの日本車は欧州車のレベルに達してはいない。これは技術的な問題ではなく、ユーザーの要求に合わせたためなんだそうだ。事実一部の車は欧州車並なので、本当だろう。だったら、何故そのことを宣伝文句にしないのだろう、ユーザーが求めているモノを造り、求めていないモノを造りましたと宣伝する?ウーム、分かりません。

政治の世界でも同じことが言えます。日本では政治家の公約はまず実行されません。それどころか、反対の政策を実行することの方が多いのです。分からないのはそういった公約違反する政治家が次の選挙で落選するかと言えば、実際には再び当選してしまうことです。

これは地方でも国でも基本的には変わりありません。唯一例外的な政治家が、小泉首相でしょうか。歴代総理の中では珍しく公約を実行しているので、批判されています。面白いのはその批判のされ方です。就任1・2年目では、構造改革始め何もやっていないと批判され、今は公団や郵政民営化を進めることに党の内外から批判されています。小泉首相は、どうすればよかったのでしょうか?

このように、日本の国民の大多数は歌謡曲派と呼ばれるノンポリであり、物事の本質や中身には全く関心も理解力もなく、このため文脈を理解できずに単語にだけ反応します。「T社は足回りの良い車を販売している」も「T社は足回りが良いと主張しているだけの車を販売している」も彼らには「足回りの良い」という単語しか理解できないので区別が付かないのです。

このため、TVの討論やコメンテーターの発言を聞いていると、同一人物の発言内容を繋げた場合、その時々の受けの良い言葉だけを並べているので何を言っているのか支離滅裂な場合がほとんどです。大多数の国民は単語にしか反応しないので、問題にはなりませんが、私は何年日本で暮らしても奇異に思います。郵政民営化が進まないと批判していた人が、代案も出さずに郵政民営化を批判するなど、私の国では失笑を買うだけです。

このように国民の大多数を占めるこの歌謡曲派は、数の上では主流のはずですが、以上の理由で被支配階級となっています。支配を受ける内容は権力に限らず、風習、価値観、思想など多岐に渡ります。このことに自分では気が付かず、むしろ自ら一億総中流化などと言って喜んでいたようですが、最近ではオカシイと気付く人も出始め、「茹で蛙」状態であると警鐘を鳴らす人もいます。しかし、「茹で蛙」は自ら「茹で蛙」であると気付かないから「茹で蛙」なのであって、誰も自分のこととは思ってないようです。

では、誰がこの国を支配しているのでしょうか。それは先に述べた演歌派なのです。暴力・金・権力を握る彼らが、いづれか若しくは複数の力で狼の如く、迷える羊である歌謡曲派を支配しているのです。そして、先に述べたように、心情的には歌謡曲派の大多数が演歌派なのでこのも事を助長し、この構造を強固にしています。

・・・つづく

【今日の悪口】

     日本人は物事の本質や中身には全く関心も理解力もなく、内容よりも単語にだけ反応する。

|

« | トップページ | ■人種が違う日本人(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/3866740

この記事へのトラックバック一覧です: ■人種が違う日本人(その2):

« | トップページ | ■人種が違う日本人(その3) »