« ■山口判事・餓死事件 | トップページ | ■勝った! »

2005/06/06

■首相の靖国参拝は外交カードになるか

小泉首相は希代の名宰相だと思う。内政における構造改革にしても、外交におけるイラク派兵(?)にしても歴代総理では成しえなかったと思う。そんな中どうしても理解できないのが靖国参拝だ。

曰く、「内政干渉だ」、「罪を憎んで人を憎まず」等々、首を傾げる小泉首相の発言が相次いでいる。何故小泉首相はこれほどまでに靖国参拝に拘るのだろうか。そこまで拘るのなら何故、「追悼・平和祈念のための記念碑等施設の在り方を考える懇談会」など立ち上げたのか、単なる思い付きだったのだろうか。また過去いくつかの外交舞台では反省と謝罪を述べているが、これも単なる思いつきなのだろうか。

小泉首相の他の政策に比べ、靖国参拝は余りにも雑に見える。そこで考えられるのが、北朝鮮式外交戦術。つまり相手の嫌がることをやって、要求を聞くなら止めるというものだ。あくまで荒唐無稽の想像だが、確かに靖国参拝は中国が騒げば騒ぐほど、対中戦略の外交カードとして高く売れそうだ。

中国に対し、そんなに言うのなら靖国参拝を止めるから、日本の国連常任理事国入りを認めろ、とか尖閣を荒らすなとか要求するという手だ。もし、そこまで考えて小泉首相がやっているとしたらたいしたものだが・・・・。

ま、しかしこれは笑い話だろう。もし首相の靖国参拝が対中外交戦略のカードになるなら、その時点で日本のやり方は北と同じで、傍若無人ぶりが世界にアピールされたことを意味するから、どちらにしても中国の勝ちとなるからだ。

でもないかな?!うーむよく分からない。分かるのは小泉首相がどこまで本気なのかが分からないということ。

|

« ■山口判事・餓死事件 | トップページ | ■勝った! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/4444336

この記事へのトラックバック一覧です: ■首相の靖国参拝は外交カードになるか:

» 未来に続く靖国問題 [◆木偶の妄言◆]
「靖国参拝の不思議(上)」では、靖国参拝がそもそもは政教分離を巡る国内問題であったことを論じた。「同(下)」ではなぜ国際問題となったか、そして国際問題であり続けるかという点を論じる予定だが、その前に、なぜ、僕がこれほど靖国問題にこだわるのかについて書いておきたい。 なぜ、靖国問題こだわるのか? それは、靖国問題の本質は、決して過去の歴史認識などの問題ではなく、もちろん国際問題でもなく、僕らの将来、子どもの未来に関わる問題だからだ。 靖国神社という装置が果たしてきた役割を考えてみよう... [続きを読む]

受信: 2005/06/15 21:30

» 首相、会談延期で対中批判 「靖国外交カードでない」 [不細工な不ログ]
小泉純一郎首相は5日昼、中国が東アジアサミット前の日中韓首脳会談の延期を表明したことについて「靖国(神社参拝問題)は外交のカードにはならない。いくら中韓両国が外交カードにしようとしても無理だ。批判する方がおかしいと思っている」と述べ、中国側を批判した。 ..... [続きを読む]

受信: 2005/12/06 23:27

» 首相、会談延期で対中批判 「靖国外交カードでない」 [不細工な不ログ]
小泉純一郎首相は5日昼、中国が東アジアサミット前の日中韓首脳会談の延期を表明したことについて「靖国(神社参拝問題)は外交のカードにはならない。いくら中韓両国が外交カードにしようとしても無理だ。批判する方がおかしいと思っている」と述べ、中国側を批判した。 ..... [続きを読む]

受信: 2005/12/06 23:32

« ■山口判事・餓死事件 | トップページ | ■勝った! »