« ■勝った! | トップページ | ■談合摘発の目的は何か »

2005/06/16

■ひめゆり騒ぎに見る、単語に反応する日本人

拙稿http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3866740 では文意を理解せず単語にだけ反応する日本人を書いたが、格好の例があるので紹介しよう。こちらをご覧いただきたい。

http://www.topics.or.jp/Old_news/m050615.html

http://www.asahi.com/life/update/0609/007.html?t

 青山学院高等部の英語の入試問題に、沖縄戦に動員されたひめゆり学徒による戦争体験の証言が「退屈で飽きてしまった」とする文章が出題されたという。ひどいことをするものだ。元学徒たちの気持ちを思うと胸が痛む

と言うことなんだそうだ。ひめゆり体験証言を退屈であると言うのなら、確かに酷い。だが本当にそうなんだろうか。こちらをご覧いただきたい。

http://www.inter-edu.com/kaito2005/high/aoyama/pdf/eng.pdf 4ページ目にいくと問題の長文があって読むことができる。で、念のため、その日本語訳がこちら。

http://blog.goo.ne.jp/bambamtang/

どうです、皆さん。いったい何が問題なんでしょうかね?

問題文は「ひめゆり証言」の内容ではなく表現方法について述べているだけである。さらにはご丁寧にも、「彼女の話がまったく意味のないものであったとはいうべきではない。真実や戦争の経験を次の世代に渡すことは大切な仕事である。」とさえ明確に述べているのだ。

大切なことであるが故に、正確に伝えることの大切さを述べているのだが、記者には伝わらなかったらしい。と言うより、記者は本当にこの問題文を読んだのだろうか?と言う疑問すら沸く。なにしろ明確に「ひめゆり証言」が大切であると述べているのに、逆に受け取っているのだから首を傾げざるを得ない。

例えば、厳粛な葬儀で、不謹慎とは知りつつ、あるいはその故人への思いは決して軽くないにも関わらず、あまりに冗長な挨拶に退屈を感じてしまったことが、あなたにはないだろうか?つまり、そもそも話方の退屈さと、話の対象となる故人や過去への思いや評価とは別の問題なのだ。

ここに単語にだけ反応し、文章を理解できない日本人の典型を見ることが出来る。恐ろしいのは、文章を理解できないこういった人々が、ジャーナリストと称し公器に文章を書いている点だ。当然その文章は内容の無いものになってしまうだろう。

さらに言えば、そもそも私学の試験問題の、単なる題材に対して、マスコミがクレームを付けること自体、おかしくないか?これでは検閲であり内政干渉だろう。検閲を最も忌み嫌うマスコミがこういうことをやっていては、どうにも話にならない。

それにしても、ちょっと批判記事が出るとホイホイ謝る青学も青学だ。と、言いたいところだが、うっかり反論しようものなら青学バッシングが起こったことだろう。何しろ当事者が怒ってしまったのだから、これでは何も言えない。

http://www.otv.co.jp/newstxt/news.cgi?mode=detail&code=20050610191963&pline=&keyword=&andor=&input_yms=&input_yme=&type=君子危うきに近寄らずとは言え、何が危うきか分からないから難しい。疲れるなあ・・・・この国は。

|

« ■勝った! | トップページ | ■談合摘発の目的は何か »

コメント

 現在は、国民総評論化時代に突入しているんです。。。。。 テレビ、新聞、ラジオ、インターネット、書籍、雑誌を通して情報がどんどん一般人でも入手可能なことがあげられます。。。
 本質をわかっていないのに、言葉尻に過剰反応する人は多いし、知りもしないことを知ったかぶりして語る人間はものすごく多い。。。

 昔の方で「無知の知」と名言を残した人がいる。。。現在の人間よりもよっぽど優秀な人だと思います。。。知らないことは、知ったかぶりして話す必要はないんです。。。。
 部下や子供にわからないことは、質問をしちゃっていいんです。。。知ったかぶりしていることが遥かに恥ずかしいことなんです

投稿: 永田 長俊 | 2006/12/09 16:36

Mr.Tsujita I appreciate your writing.
From it・・・Email address does not need to enter.

投稿: jzayoe/bendson | 2005/06/17 15:55

イザヨさま

なるほどそういうことだったのですね。すっきりしました。多謝!。

投稿: tsujita | 2005/06/16 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/4579748

この記事へのトラックバック一覧です: ■ひめゆり騒ぎに見る、単語に反応する日本人:

« ■勝った! | トップページ | ■談合摘発の目的は何か »