« 論理に無頓着な日本人 | トップページ | 戦争体験談 »

2005/08/15

侵略放棄じゃダメ?

どうもココログでは文字の大きさがコントロール不能のようで、勝手に文字サイズが変更され読めなくなってjaps_bayonet_chinese_nanking_1938_6しまったので、12日の記事を再掲します。

かつて日本は大東亜共栄圏の名の下、東南アジア諸国を侵略した。侵略か否かがよく議論されるが、よその国に侵攻したんだから、侵略もクソも無い。強姦しておいて愛の証だと言うようなもの、こちらがなんと言おうと、相手がそう認めなければ通る理屈ではない。

単純で分かりきったことを、細かく注釈をつけてややこしくし、都合の良い理屈を付けて得意がるのは日本人の悪い癖だろう。所詮強弁にしか過ぎないから、仲間内では通っても、外には通じない理屈だ。

例えば、憲法9条。第1項で戦争と武力行使を放棄し、第2項で交戦権を放棄していて、自衛隊はないだろう。誰がどう見ても軍隊なんだが、交戦権が無い。それで自衛?って、何から自衛するの?何のための武器?だって交戦しないんでしょ。テッポウや大砲持ってても、敵にぶっ放しちゃダメなんだから。 takesimapic_4_thumb

こういうと、他国からの領土侵犯に対する自衛権行使のためと言う人がいるが、じゃ竹島は?   ナン で自衛隊は出動しないの? と、こう言うと今度は、交戦権がないから自衛隊は出動できないと言う。なら領土侵犯されても何にも出来ない自衛隊ということではないか。

要するに簡単な話を、無理やりこじつけ、その場しのぎで繕って乗り切ろうとするから、あっちコッチでホコロビが出てくる。スッキリと憲法改正するべきなのだ。ただ、そうなると、再び軍国主義になる危険があるからと反対するのも分かるし、近隣諸国にしてみれば、なおさらだろう。

そこで思うのだが、交戦権・戦争放棄をやめて、領土拡大・他国支配をしないと憲法に明文化してはどうか。自衛隊は完全な軍隊とし、国民が拉致されたなら救出のために派兵もするし、核弾頭ミサイルだってぶっ放しちゃう。でも、戦争が終われば日本に戻り、占領地も返すのだ。必要以上の軍備拡大は意味を成さないから軍国主義の恐れも無いと思うがいかだろう。

ただ、そこで問題なのが目的不明の反対のための反論が必ず起こることだ。先に述べたように、単純で分かりきったことを、ややこしくし、潰されることは想像に難くない。領土の定義は何かとか、いつの時点の領土かとか、本質に関係ないことで紛糾するだろう。

結局、この国の問題点は法制度もさることながら、目的を見失った反対のための反対といった批判文化の横行なのだと思う。これの怖いところは、「反対」には目的が無いこと。だから誰かが勢いを得たとき、誰も「反対」できずに一気に独裁化が進むことだ。

|

« 論理に無頓着な日本人 | トップページ | 戦争体験談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/5471745

この記事へのトラックバック一覧です: 侵略放棄じゃダメ?:

« 論理に無頓着な日本人 | トップページ | 戦争体験談 »