« 戦争体験談 | トップページ | ホリエモン擁立? »

2005/08/19

迷子の村会議員

watanuki 国民新党結成に関して綿貫氏や亀井氏のインタビューを見ていて、つくづく思った。この人たちは国会に迷い込んだ村会議員だったのかと。彼らの口から出てくるのは「刺客」だの「仲間」だの「義理人情」だの、私憤レベルの話でしかない。ウソでもいいから、恨みつらみの前に、政策ビジョンくらい言えよ。

一体何なんだろう、それが本音と言うのはわかるが、蔭で言うならまだしも、人前で堂々と言うことか。オラが村の村会議員選挙じゃあるまいに。国家の政治政策をあづかる国会議員の言葉じゃないだろう。国会は仲良しクラブではない。

反対なのか賛成なのか煮え切らない民主も困ったもんだが、恥ずかしいことを平然と言ってのけ、一向に自分が何を言っているのか分からない彼らには、怒りを通り越して哀れさを感じてしまう。

いままで何十年って、そうやって国会でメシを食ってきたんだろう。どこまで行っても国政を個人レベルの損得・義理人情でしか考えられない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050818-00000153-jij-pol にいたっては何を言ってるの?だ。ライバル会社を設立しておいて、古巣の社員にオレを助けろと言っても、コイツ大丈夫?とフツウーは気味悪がられるだろう。

選挙に当選することと、国会議員としての資質は、また別だ。オラが村の英雄として彼らは当選するかもしれないが、心根は村会議員。国防も外交も経済も全然興味なくて、支持者しか見ていない。こういうことが許されるのは、せいぜい県会議員までだろう。

国の行く末を、オラが村の感覚でやられてもなあ・・・。いい人らしいが、彼らは、自分達は良い人である、小泉のように冷たくないと盛んに自己PRするが、これってPRになってるのだろうか?だって、医者や弁護士を選ぶのに人柄って重要?どんなに人がよくっても、腕が悪かったら敬遠するでしょ?

綿貫さん亀井さん、気持ちは分かるが、聞いているこちらが恥ずかしくなっちゃう。当選はするかもしらんが、キミたちの給料は国民の税金なんだよ。少し理解してくれないかな・・・と言いたい・・・ふう。

|

« 戦争体験談 | トップページ | ホリエモン擁立? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/5534972

この記事へのトラックバック一覧です: 迷子の村会議員:

« 戦争体験談 | トップページ | ホリエモン擁立? »