« パターン化した外形非難 | トップページ | 侵略放棄じゃダメ? »

2005/08/14

論理に無頓着な日本人

日本人は情緒的な民族だ。良し悪しは別にして日本人自身がそういっているのだからその通りなんだが、物事、特に制度とか政策と言った万民に共通する事項に関してはNGだろう。

大岡裁きも特殊解だから許されるのであって、日常的に裁量判断がまかり通る社会や組織は無法地帯と変わらない。だから代議士個人の領域はともかく、少なくとも天下国家を論ずべき国政の場では、クールに論理的でなければならないはずだ。

ところが、コレが分かっている政治家が非常に少ない。日常の個人生活が情緒的だから、国民総体も情緒的なんだろうと、そう考え、そこに訴えかければ国民に受けると思っている。しかし、コレでは国民のレベルを低く見積もった上での大衆迎合だ。選挙対策の方法論としては、随分と国民をバカにした話だろう。

kamei 情緒的論述は非論理的だから、発言内容そのものに構造的欠陥があり、全体観が欠落していると、自己の発言自体が墓穴を掘ることになる。先ほどの、テレ朝サンプロでの野党党首達や亀井静香氏の発言は正にこの典型だった。

亀井氏は「刺客を送り込むとはムゴイ」と小泉批判をしたが、この選挙の論点は郵政民営化を直接国民に問う事(解散権を行使した本人がそう言っている)なんだから、反対派の選挙区に賛成派を擁立しなければ選挙民に対して筋が通らない。それをムゴイとか何とか個人や党内レベルのことでしか考えないとは、自らの発言の論理に国政に参加する資格が無いことを証明している。

また、「参議院で否決され、国民の審判が下ったのに解散とは酷い」と言っているが、この理屈で直接国民の審判を問う選挙を批判するのは論理矛盾も良いところ。

野党党首も似たようなものだった。田原総一郎の小泉人気が50%を超えたがどう思うかとの問いに、岡田党首は盛んに「国民は騙されない、国民の判断力を信じている」と言っていた。その論理が正しいなら、既に民主は負けていると言っていることになるが、本人はこの論理矛盾に一向に気付いていない様子で、別のチャンネルでも「国民は正しい判断をする」と言っていたのが何とも滑稽だ。

コレでは、野党も反対勢力も小泉応援団に過ぎず、ピエロを演じているだけだ。私は小泉内閣を支持するが、もし野党や反対勢力がこんな調子で小泉圧勝になってしまったら、かえって怖い気がして来た。

亀井さん、岡田さん、頼むよ。もちっとシッカリしてくれよー。アンタ達が言うように国民はそんなにバカじゃないんだからさ。

|

« パターン化した外形非難 | トップページ | 侵略放棄じゃダメ? »

コメント

ハンドルネームを書かなくてすみません。昔から名前を考えるセンスがとても乏しいので、困ったあげく書かないという方法をいつもとっています。名前が思い付くまでとりあえず「匿名」としておいてよろしいでしょうか?本題にもどりますが「判断基準の世界標準が論理であり、その限界を超えたところに情緒がある」というのは凄くわかりやすいですね。論理と情緒の範囲指定をこれほど整理して表現する人は私の周りにはいなかったので新鮮です。もっと深く考えてみたいので是非そのうち寄稿して下さい。

投稿: 匿名 | 2005/08/17 14:02

名無しさん、いつも同じ方なんでしょうか。ハンドルネームを入れていただけると、ありがたいです。

多くの方は情緒的と論理的が相反すると考えているようですが、そうとは限りません。判断基準の世界標準が論理であり、その限界を超えたところに情緒があると思います。つまり次元が全く異なる判断基準ということです。

例えば、「殺人はいけない」との情緒的判断と「戦争における敵の殺傷は当然」とする論理的判断は両立します。見ている次元が違うからですね。

詳しくは長くなるので、そのうち寄稿します。

投稿: jzayoe/bendson | 2005/08/17 13:05

論理に無頓着どころか、論理や理論それに理屈を嫌う民族ですよ。これらを使ってお互いとコミュニケーションをとろうとせず、その場の空気とか雰囲気とか感情を共感することでお互いを理解しようとするのが日本人です。情緒が最優先だからたとえ筋がとおった話しでも「理屈をいうな」とか言う人は多い。最近テレビによくでる占いのオバサンも「理論じゃないのよ」とか言ってたけど、人にアドバイスをする側の人間でさえこれですからね。またそれに疑問をもたないのも日本人なんです。理論や論理がなりたってないアドバイスなど私なら相手にしませんが、、、。情緒を文化に表現するのは好きだけど、習慣にあらわすのはもっと控えめにしてほしいと思います。

投稿: | 2005/08/16 20:17

最近の選挙は、なにが論点かよくわからないです。大人の男の陣地取り。でも、政治家ってこんな程度なのかな、とも思ったりして。私としては「刺客」が今後どう「育つ」かが期待のしどころ。でも、ヒモつきじゃあなあ・・・

投稿: 伊藤淳子 | 2005/08/15 08:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/5462640

この記事へのトラックバック一覧です: 論理に無頓着な日本人:

» 自民党の対立候補擁立に込められたもうひとつの意図 -ただの「イジメ」じゃない? [Think difficult! ::物事をあえてこむずかしく考えてみるブログ]
 郵政民営化に反対するいわゆる自民党造反組について、自民党執行部は公認しないという方針を打ち出しているものの、自民党の都道府県連の中には、造反組前職を独自支援あるいは公認申請するところも多く、いわゆる...... [続きを読む]

受信: 2005/08/14 13:50

» がんばれ女性社長!「イメージ戦略」でもいいじゃな~い? [渋谷ではたらく女社長~私が世界を変えていく!]
郵政民営化から始まった総選挙で、今回は女性が「刺客」として各地に放たれている。小泉首相らしい「イメージ作戦」と言われているけれど、これはちょっと面白いなあ。単に「男に繰られている女」であったとしても、議員のなかで女性が増えていくきっかけになるのであればがんばっ... [続きを読む]

受信: 2005/08/15 08:50

« パターン化した外形非難 | トップページ | 侵略放棄じゃダメ? »