« 革命前夜 | トップページ | 論理に無頓着な日本人 »

2005/08/10

パターン化した外形非難

昨日ある地方紙の取材を受けた。たまたま行っているNPO活動の取材だったのだが、この記者さん、非常に熱心な方で、2時間に及ぶ取材の後、飲み会にまでお付き合いいただき、そこで小泉さんの話になった。

彼曰く、短いフレーズで分かりやすい彼のキャッチコピーにだまされてはいけない、政策に何にも中身が無いではないかとの主張。

確かにさほど中身が無いかもしれないが、さりとて、今まで中身のある首相がいただろうか、少なくとも在任中マスコミに誉められた首相なんて記憶に無い。

小泉ダメを否定しないが、過去首相は例外なくダメだったんだから、同じだろう、つまり評価になっていないのだ。だが、少なくとも、小泉さんには金権の匂いがしない。ここだけでも私は彼に希望を見出す。

鵜の目鷹の目でマスコミが嗅ぎ回ってもスキャンダルが出てこない。その一点だけでGOOD!なのだ。公正さと言う点では変人とかアホと言っても良いだろう、地元横須賀にも何の貢献もしないのだから。と、まあコレが私の主張。

件の記者さんは、いかにも歯がゆそうに、見た目にだまされるな、何故分からないのか式の主張を繰り返すばかり、外形の非難ばかりで、結局具体的内容に関わる批判はついぞ聞けなかった。

新聞記者だから、自分は良く知っていると言わんばかりだが、マスコミの中にいて、知らず知らず業界に染まり本当の世論からかけ離れる心配は無いのかとの問いに、怒るかと思えば、妙に同調したのが意外だった。

記憶にある限り、バブルのようなトンでもない好景気以外、マスコミは常に、不景気と社会不安と首相批判を繰り返している。何ていうかこれでは狼少年だ。本当にヤバイ首相が出てきたとき何ていうのだろう。

今度の首相はホントにダメと言うのだろうか、でもいつもこんなセリフ聞いている気がする。逆に誉めるときは引退した後か、死んだときだ、大平さんがその典型。でもなあ、後で誉めるって、そんな国益に反することを何故やるんだろう。この国のマスコミはホント分からん。

|

« 革命前夜 | トップページ | 論理に無頓着な日本人 »

コメント

投稿ありがとうございます。
大丈夫ですよ、前の投稿は消しておきました。
>今の日本の様に消去法ばかりで評価すると誰が何をしても同じだと思います。

分かりやすい表現ですね。その通りだと思います。

投稿: jzayoe/bendson | 2005/08/11 13:25

ごめんなさい。送信を押したら「連続投稿を防ぐ為に〜もう一度送信を押して下さい」みたいな画面が2回あらわれたので指示にしたがって送信をおしてここの画面にこれたときには、3回連続投稿したことになってしまいました。何故こうなったのかよくわからないのですが、、、。こういうときはどうしたらいいのでしょうか?

投稿: | 2005/08/11 12:59

こんにちは。私は小泉さんを指示しているわけではないけど、彼が北朝鮮に行って拉致被害者をたとえ僅かでも日本にとりかえしたという行動力は評価している。ほかの日本人は「拉致問題もあれから進展がない」とかいっていますが、今まで十年以上ほっといた人達から比べるとかなりいいと思います。僅かではあるけど一つの結果をだしたといえると思います。たしかに欠点はあるかもしれないけど、今の日本の様に消去法ばかりで評価すると誰が何をしても同じだと思います。

投稿: | 2005/08/11 12:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/5399900

この記事へのトラックバック一覧です: パターン化した外形非難:

» 自爆テロ解散 -約束を守る政治家? [Think difficult! ::物事をあえてこむずかしく考えてみるブログ]
 ほんとにやっちゃいましたねえ、衆議院解散。8月8日の小泉首相の記者会見を改めてゆっくり読み直して思うのは、小泉さんというのは、「約束を守る政治家」という、従来にない(笑)新しい政治家像を提示したん...... [続きを読む]

受信: 2005/08/12 12:28

« 革命前夜 | トップページ | 論理に無頓着な日本人 »