« ■談合摘発の目的は何か | トップページ | オレは日本一金権が支配する地域から立って、日本を変える »

2005/08/01

橋梁談合摘発、少しは本気かな

日本道路公団発注の鋼鉄製橋梁(きょうりょう)工事の入札談合事件で、公正取引委員会は1日、公団発注工事の受注額が上位の橋梁メーカー3社について、独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で検事総長に追加告発した。元公団理事で横河ブリッジ元顧問、神田創造(70)ら5容疑者=同法違反容疑で逮捕=についても告発。公団副総裁の内田道雄容疑者(60)も同法違反ほう助容疑で告発した。(以上、NIKKEI NETより)

ほほう、内田副総裁まで逮捕・告発かあ。珍しく検察も本気かもしれない。出来ればこの辺で手を打ったりしないで、徹底的にやって欲しいなあ。内田副総裁がTVで猪瀬直樹氏を名誉毀損で告訴すると息巻いていたが、あれは絶対に自分まで手が回ってこないとタカを括っていたからだが、こんな事態になってしまったことを、本人は理解できまい。

言うまでも無く談合は犯罪だ、犯罪なら当然に逮捕・起訴されるべきだが、談合に関しては殆どの関係者がそうは思ってなく、捕まってもトカゲの尻尾切りとタカを括っているから、首謀者であれば有るほど地位が高く、絶対に安全であると思っている。

だから、当事者や政治家も平然と談合の何が悪いと言わんばかりに開き直る。先々週だったかTVアサヒのサンデープロジェクトでこの問題を扱ったとき、参議院議員があたかも談合容認するかのような発言をし、コメンテーターからヒンシュクをかっていたが、この議員はいたって平気、まるでカエルの面にションベンだった。

参議院ともなれば、業界の票で磐石ということなのか、社会正義を堂々と否定し、特に懲罰も受けないとは何とも恐れ入る。マフィア映画等で正義を守るシシリーの判事が暗殺されたり、市民がマフィアの一員であったりすると、一体彼の国はどうなっているのかといぶかしく思ったものだが、何のことは無い、我が日本はそれ以上に堂々と悪がはびこる国ということだ。

談合で業者は一見得をするように思えるが、長い目で見れば結局役人が得をするだけだ。そのツケは国民に回ってくるし、業界も競争原理が働かず弱体化する。トヨタが今日あるのは、公用車納入には談合があったかもしれないが、ビジネスの本流はエンドユーザーであり熾烈な競争をしてきたからだ。

勿論、その過程においては、脱落したメーカーもあったが、自動車産業全体は決して弱体化どころか、基幹産業として隆盛した。日本の自動車産業は保護貿易のもと守られて発展してきたが、大きく伸びたのは保護政策が外れてからだ。もし過当競争を恐れて、業界がヤミカルテルなどの談合をしていたならば、今日の発展は無かっただろう。

結局のところ競争は敗者を作るものの、それ以上に強者を育て全体として業界が発展するのだ。最初に悪習から抜け出すと損をしてしまうから、分かっていても業界の悪習に従う、このプリズナーズジレンマから日本が脱却するには、公取と検察の本気度にかかっている。

建設業界ばかりか、現に人を育てる義務教育の場にも談合は当たり前のようにはびこっていて、制服や教科書その他諸々の納入や委託業務など枚挙に暇が無い。学校の先生から先ずは教育が必要だろう。建設関連の次はこの辺に手をつけて欲しいものだ。額は小さいが、一罰百戒の効果は、スレてないだけに大きいだろう。

公取、検察とも今回だけは真面目にやってもらいたいものだ。夫々立場によって言い分はあろうが郵政民営化が出来ず、郵貯の闇が解明されないで、談合摘発もここまでとなったら、日本復活の道は完全に閉ざされてしまうだろう。

|

« ■談合摘発の目的は何か | トップページ | オレは日本一金権が支配する地域から立って、日本を変える »

コメント

外国との比較論は話のついでであり、どうでも良いことです。談合は法律で禁止されているからいけないのです。

談合を是とするなら法律を変えるべきでしょう。法をそのままに違法な談合の是非を論ずることはナンセンスです。みんなが信号無視を繰り返して、正当性を主張するようなものです。これについては、あらためて記事を書きましょう。では・・・

投稿: イザヨ・ベンダソン | 2005/08/09 07:53

こんばんは。外国に談合がなくて日本にだけあるというのは意外です。世界はいろいろな国があると思っていても、結構似た所がある国もあるとおもいます。例をあげると私は以前は、日本は村社会的な国だと思っていたけど、アジアの他の地域にも村社会的なとこがあると知ったので、日本が変っているのではないと思い直しました。集団で行動する事を好む傾向も日本人だけではないようです。このように近くの国同士は共通した部分があります。もし、談合とかが日本にしかないとしたら、それは日本人特有の民族性による習慣ということになります。日本人に日本のおかしいところを外国と比較して指摘すると「ここは日本だから関係ない」といいます。だから日本人に日本だけが談合をしていると言っても聞く耳をもたないでしょう。

投稿: | 2005/08/08 23:24

必要悪って何でしょうね、その定義を明らかにすると、「談合は必要悪」との主張は論理破綻するのではないでしょうか。

そもそも、談合とか総会屋とか、こういうのは外国にはありませんから、翻訳できませんし、ヤクザがヤクザと分かるファッションで街を闊歩しているのは日本だけ。

つまり日本では、悪が正当化されているのです。困ったもんだ。

投稿: イザヨ・ベンダソン | 2005/08/04 07:16

私の周りの多くのサラリーマンは談合は必要悪だと言っています。以前「だんご三兄弟」の「だんご」→「だんごう」ともじった替え歌がサラリーマンの間で流行ったそうです。「談合なにが悪い」みたいな内容だったそうです。日本では金額はそれぞれだけど、ほとんど談合をやってることだそうです。歌が流行る事自体がそれを物語っています。日本では当たり前らしいのですが他の国は談合はないのでしょうか?

投稿: | 2005/08/03 12:19

私の周りの多くのサラリーマンは談合は必要悪だと言っています。以前「だんご三兄弟」の「だんご」→「だんごう」ともじった替え歌がサラリーマンの間で流行ったそうです。「談合なにが悪い」みたいな内容だったそうです。日本では金額はそれぞれだけど、ほとんど談合をやってることだそうです。歌が流行る事自体がそれを物語っています。日本では当たり前らしいのですが他の国は談合はないのでしょうか?

投稿: | 2005/08/03 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橋梁談合摘発、少しは本気かな:

» 道路公団と対決、猪瀬直樹 [誕生日のパーソノロジー]
 官製談合問題で道路公団の幹部が逮捕されるという事態が起こっています。このニュー [続きを読む]

受信: 2005/08/03 06:11

« ■談合摘発の目的は何か | トップページ | オレは日本一金権が支配する地域から立って、日本を変える »