« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/30

ヒューザーへの果てしなき民族ヒステリーと公開リンチ(1)

syounin 構造計算書偽造事件に関しては、結論から言えば国の責任だと思っている。そして最初のエントリーで姉歯とマスコミのイカレポンチを非難し、北川国土交通大臣が最もまともだとも言った。今もそう思っている。そんな中、今日、北側国交相が「建築確認は民間の機関がやったとしても公の事務。行政としても責任を果たしたい」と公的支援を検討する姿勢を示したことを、賞賛したい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051130-00000027-san-pol

さて、相変わらずヒューザー・バッシングが続いている。私も失礼ながらヒューザーの小嶋社長の風貌や格安な点を考えるとどこか手抜きしているかも知れないと思う。でも思うだけに留めている。だって主観で人を罪人扱いしたら、それこそ違法だろう。

そこで、公平にヒューザー・バッシングに焦点を当てて検証してみたい。そこから、集団ヒステリーやパニックに陥りやすい日本人やマスコミの特質が見えてくるだろう。そしてこれは、先の大戦に突入した原因でもある。日本人はいつまで同じ過ちを繰り返し続けるのだろうか。

尚、念の為言うが、私はヒューザーに過失が無いと断定しているのではない。現時点までのところそれを裏付ける確証が無いから、無過失責任を負わされた被害者の可能性が高いと言っているだけだ。

まず、ヒューザー・バッシングは瑕疵に対する無過失責任という法の【決め事】と実際の故意又は過失の犯行という【罪】を混同した、実に不思議な現象だ。昨日の参考人質疑でも、ヒューザーに対する質疑はキチンと弁明させず、一方的な断定が実に奇妙だった。それでいて肝心な点はボケていて議員センセイのテイノウぶりもさることながら、これでは完全な集団公開リンチだ。

【無関係な論拠】

これだけバッシングされているのだから、参考人質疑ではヒューザーの偽造関与が客観的に検証されるだろうと思っていたが、相変わらず偽造関与の可能性を印象付ける質問ばかりで、客観的に検証した質問がなかった。

何よりこれだけヒューザーがバッシングされていてもなお、未だにヒューザーの何処に過失があり、何をどうすべきだったか、今後どうすべきかを、誰一人として指摘していない。そんなバカなと、お思いの方のために、整理してみた。

     【ゴルフ場にいた】【オジャマモン発言】

→論点即ち「偽造関与の有無」とは無関係

     【施工会社社員のリベート】

→姉歯との関係なら「親しい」とも「信頼関係」とも「弱み」とも取れ、何の証明にもならない上、施行会社社内の問題だ。

     【経済設計でコストダウン】

→法を破れならまずいが、これって、いけない事?談合のない横須賀市の工事発注では設計価格の6割~7割だ。

     【儲けている】 【立派な家に住んでいる】

→これが何か問題?

     【参考人招致で大声を上げるとはケシカラン】

→怒ったから、怒鳴ったのだろう。ソレが偽造関与の証拠になる?

     【対応がころころ変わる】

→次々欠陥マンションが増えていくのだから、全てを投げ打って等しく補償するなら、その対象が増えた分変わらなければおかしい。変えないで済むとすれば、あらかじめ欠陥を知っていたか、ウソの場合だろう。違いますかね?違うなら、どうすればよいか言ってあげるべき。

     【国土交通省役人と会った】

→会いに行くのは別にいいんじゃないか、何がいけないのか、救済を頼むのは当然だと思うが。元大臣を仲介したのが同いけないのか、何か具体的に不法行為があったのだろうか、何がいけないのか良く分からない。

等々、「小嶋が悪!」と言う「決め付け」を外してみると、全く偽造への関与に結びついていない話ばかりか、非難すべき事かさえ怪しい。さらには、小嶋社長発言とされる「天災地震にて倒壊したときに調査し発覚したことにしたい」など、事の真偽もさることながら、自己矛盾だらけの論拠に気が付かずにヒューザーを槍玉に上げる様は異様だ。

長くなるので、「矛盾や・疑問だらけの論拠」についてはまた後日、・・・・つづく

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/11/26

耐震強度偽造事件 報道の怪

今回の事件、例によって論点不明のまま余りにも無駄な情報が氾濫し、それに踊らされた感情論が横行している。結論を言えば、福知山線脱線事故と同じ様相を呈しているのだ。怒りの矛先が違うぞオイ。

その1:事実関係曖昧、意味不明な報道の怪

コレだけ連日、マスコミに取り上げられているが客観的事実がほとんどなく、感情的な判断ばかりだ。事実と意見がごっちゃで、一体何が判断できると言うのだろう。客観的事実としては姉歯某の構造計算偽造、建築主名くらいだろうか。後は一見事実っぽく伝えられているが、伝聞推定や意見の域を出ていなかったり、抽象的なものがほとんどだ。

例えば、建築主3社が鉄筋本数を減らせと圧力かけたとの報道、よく読むと具体性と裏付けがない。先ず事実かどうかわからないし、そもそも偽造は3社の物件だけではないから辻褄が合わない。次に、「偽造しろと圧力かけた」のなら分かるが、「鉄筋本数を減らせ」では何の意味なのかよく分からない。普通に考えれば「経済設計しろ」だろう、これがいけない?そんなバカなことはあるまい。過剰設計は無能でもできるが経済設計こそ技術だ。要求して当然と思うが。

夫々の契約関係と時期がほとんど報道されてないのも不可解だ、肝心の上下関係が不明で圧力云々とは、一体どういうロジックなんだろうか。マカ不思議だ。故意に責任判断の根拠を隠しヒステリックな感情論を煽っているようにも思える。皆さん乗せられてはいけません。

また某社長がゴルフ場にいたとか、誰某がリベートを取っていたとか、コレって計算書偽造の事実と何の関係があるのだろうか、そんなことより、誰が偽造に関与したか、何故防げなかったか、後で述べるような売主の瑕疵担保保険はどうなっているのか、事実や客観的情報を知りたいのだ。

その2:論点とプライオリティ不明の怪

この事件でマスコミは何を論点とし、何にプライオリティを置いているのだろうか、人命尊重?そうじゃないだろう、実際は逆を助長しているのだから。人命尊重なら単に居住者ばかりか周辺の安全に関わるのだから、一刻も早く立ち退くよう説得すべきだろう。

ところが、「みのもんた」にいたっては移転費用が一人¥7000では安すぎるとヒューザーの社長を吊るし上げ無制限の言質をとって喜んでいる。安っぽいヒューマニズムにがっかりだ。4人家族なら1日¥28000だ、コレを無制限にすることにどんな意味があるのだろうか、「皆さんホテルオークラで暮らしてください、ところでヒューザー潰れました」じゃ、住民は泣くに泣けないだろう。

huser ヒューザーは今のところ、公的資金をくれではなく、借りて建て替・補強すると言ってるのだから、吊るし上げることよりも、公的資金の融資が受けられるように世論を形成することを優先すべきではないか。マスコミのヒューザー・バッシングは何とかこの会社を潰すことが狙いとしか言い様が無い。何らかの力が働いているのだろうか?結果的に住民を一番追い込んでいるのはマスコミなんだが。

その3:責任追及の怪

この事件、姉歯の犯行はハッキリしているが、彼に責任能力がないことから、金のありそうなところに非難が集中している観がある。ヒューザー始め売主には瑕疵担保の無過失責任があるから確かに仕方ない面はあるが、責め過ぎて潰れては元も子もない。逆にいえば、さっさと倒産させた方が事業者の損害は少ないだろう。

分からないのは、責任追及のロジックだ。マスコミの非難は一般論としての売主責任の一点張りで、具体的に何がいけないのか、どうすべきだったのかが一切論じられていないからだ。過失が無くて責任をとらされるとしたら売主が一番の被害者だろう。それに瑕疵担保保険がどうなっているのか。無過失責任なんだからリスク移転即ち保険以外にリスク管理できないはず、そういう保険がどうなっているのか、肝心なところがボケている。

実はここが一番の問題点で、異常な社会風潮だ。なにしろ、誰もが防ぎ得ない事に責任を問われるからだ。世の中のデベは皆いつ吊るし上げを食うか、住民はいつ事件に巻き込まれるか、保険以外に対策が立てられないだろう。

そもそもこのロジック(一般論)で行けば、住宅購入者←売主←施工業者←検査機関←元受設計事務所←下請け(通常は構造事務所)と夫々に責任を負うはずだが、みのもんたが元受設計事務所をあたかも被害者のごとく扱っていたのも不可解だ。

マスコミは肝心の契約関係やその時期について一切報道しないから判断し難いが、大半において姉歯は元受設計事務所の下請けだろう、ならば設計の責任は元受設計事務所にあることは明らか。お互い専門家であり下請けのチェックが出来ないなんて問題外だろう。この辺はいづれバッシングが始まるだろうが、一番に責任追及されるべきだ。

それ以上に不可解なのは建築確認審査機関への責任追求だ。国家が法のもとにこのようなシステムを作り、設計に関しては官民問わず審査機関が頂点に位置し、設計をチェックしお墨付きを与えているのだから、少なくとも設計に関しては国とこの審査機関が最終責任者だろう。法に基づくシステムで設計をチェックし、その結果に責任を持たないなら、何のための確認申請か意味が無い。これじゃタダの小遣い稼ぎじゃないか。ヤクザのミカジメだって保障はあるぞ。だが、11/23の拙ブログでも言ったように、こんなもの誰も見破れない、性善説が前提の建築確認システムの想像を絶する話だ。責任を問うなら、こういうシステムを創った国だろう。危機管理がなっていない。

最後に。

みにもんたが、あれだけヒューザーを頭ごなしにやっつけるのだから、それなりにウラを取っているのだろう。だったら開陳してもらいたい。まさか大衆受け狙いのパフォーマンスなどと言うことは無いだろうことを祈る。我々一般人には客観的な事実関係が良く分からないので、軽々しく責任追及は出来ないし、下手に擁護も出来ないが、辻褄の合わない点を指摘しておこう。

     ヒューザー幹部社員が家族もろとも問題のマンションに住んでいる事

     ヒューザーの工事発注はかなりが設計の前に出されているとの事

これらが事実だとすれば、コストダウンの為の計算書偽造と言う説は辻褄が合わなくなる。是非ともマスコミ各社はウラを取って欲しいものだ。

| | コメント (5) | トラックバック (13)

2005/11/23

構造計算書偽造事件に見る民族ヒステリー

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20051118ddm041040041000c.html

aneha これはもう典型的なサル棒事件、単語に反応する日本人の面目躍如だ。マスコミは、単純に企業や国が悪、でマンション購入者が被害者に凝り固まっていて、こぞって誰(どの組織)を血祭りに上げるかに躍起、誰一人まともに責任所在を分析しようとはしない。

この事件、やれコストダウンの締め付けだの、民間検査機関制度の弊害だの、売主責任などといっているが、そんなややこしい話ではないゾ。姉歯秀次という人間がイカレポンチなだけだ。そしてこういうイカレポンチを下請けに使っていた設計事務所の責任ともいえよう。

それにしても、この姉歯秀次という人物、TV取材でまるで他人事のように話していたのが印象的。実は自分のしたことでもまるで他人事のように話すことで、ケッコウ世の中は逃れられる。こうやって惚けた人生を歩んできたのだろう。経験的にそういう人間はケッコウ多いから、私はこういうタイプとは仕事しないことにしている。

さて、彼のやったことには何のメリットも無ないことはチョット考えれば分かること。本人はそれで仕事が増えたと言っており、マスコミは鬼の首を取ったように喜んでいるが、一体誰が何を評価して何を頼んだと言うのか、それが検証されていない。建築主が改ざんを頼んだとでも言うのだろうか、そんなことは考えにくい。

だから責任を問うなら、①姉歯秀次、②元受設計事務所、③検査機関の順だろう。しかし構造計算は認定プログラムの一連計算で行うから、改ざんする方が手間が掛かる。まさかの改ざんだ。厳密には見落としたとなるだろうが、実際問題、誰が予見できただろうか、だから形式的責任ならともかく現実的には検査機関に責任は無い。

驚くべきは、この設計どおりに施行した建設会社への風当たりだ。手抜きをしたのなら仕方が無いが、そうでないなら検査機関がチェックした設計図通りに施工していて、責任を問われてはたまらない。それに対して、銀行が、手形決済資金として用意していた当座預金と債務とを相殺したため不渡りとはなんともムゴイ。こういう銀行に何の非難も起こらないとはマカ不思議だ。

http://www.asahi.com/national/update/1122/SEB200511220007.html

売主にしても同じ。最大の被害者なのだが、売主イコール悪とTVではあたかも加害者であるかのような扱いだ。改ざんを指示したのならともかく、責任を問われてもなあ。法や国家の定めたシステムに従ったのに、結果次第で罪を問われるなんて、コレでは法治国家というより、放置国家だ。(オオッ、我ながらウマイ!)

それなのに、建替えを申し出るとは、こんな誠意ある対応があるだろうか。にもかかわらずマスコミからは責任のなすりあいなどといわれるなら、アホくさくてやってられないだろう。

厳密に言えば、売主(建主)、施工者、設計者、許可者夫々に責任あるだろうが、それなら、買主にも責任があることになるだろう。もし転売していたなら買主は売主だし、売主が建て直すというのに退かないなら、住民はキケンを承知で改善させない罪を問われるべきだろう。言い出せば際限無い。

テレ朝を見ていると、このマンション業者が悪いかのような報道だが、具体的に、どこが他の業者と違い、何が悪くて、どうすべきだったと言うのか、全く不可解だ。

こんな調子で「誰に怒るかではなく、誰になら怒れるか」で責任追及するから、今後しばらく建築工事はやたらと時間がかかり、この国の建設行政はほとんど機能しなくなってしまうだろう。例によって民族特有のヒステリーだ。結局、当事者の何人かがエスケープゴートとして血祭りに上げられて終わり。後はやたらと手続きが面倒になり、保険会社だけが潤うことになるだろう。

今の所この事件で、一番まともに見えるのは国土交通大臣の対応、一番アホに見えるのはマスコミの対応だ。バッカじゃねーの、単語にだけ反応しないで、少しはモノを考えなさいな。但し、直接の原因者は姉歯、形式的には元受事務所、検査機関だが、元受も検査機関も見破ることは困難だから、そういうシステムを創った国の責任は免れないだろう。

| | コメント (7) | トラックバック (20)

2005/11/14

再び北川和美について

彼女が、何をしようと本人の自由だと思うが、少なくとも自己の行動とその結果が他人に悪影響を及ぼしたときは責任を取るべきと思うし、そのルールが法律ではあるまいか。

繰り返すが、彼女は自己の意思で亡命したのである。そしてその国は、少なくとも最も我国に敵対する国家の一つであり、拉致問題解決に、彼女の行動は悪影響を与えている。

何故、これが罪にならないのか、法の不備で国家反逆の罪が問えないとしても、渡航手続きはデタラメなのだから、何故逮捕監禁されないのか、全く不可解だ。挙句にタレント活動の話とは一体全体どうなっているのだろう。

私やアナタが、海外旅行でこんなことをしたら、はたしてタダで済みますかね?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/11/12

団塊世代の罪

ampo 私は団塊世代の端っこにいます。丁度高校・大学のころ、安保闘争が盛んでしたね。この団塊世代から完全に外れた40代や30代の皆さんは、彼らをどう見ているだろうか。安保闘争を例にとれば、随分と情熱的な世代と見る向きが多いように思う。

チッ・チッ・チ!甘いね。よくあの頃、俺たちは純粋だったなあ、などと酒場でマターリと話すオヤジや上司に聞いてみて欲しい。あなたたちが命がけで戦った安保条約って何ですか?何がいけなくてどうすべきだったんですか?と。

驚くべきことに、ほとんどが安保条約自体を知らないし、当然に自分たちが具体的に何に反対していたか言える者はほとんどいないのだ。そもそも本当に安保反対ならば、70年以降何故闘争がなくなったのか、無くなる理由は何一つ無い。

なんという欺瞞だろうかと思う。別に団塊の世代全てが安保闘争していたわけじゃないけれど、これは一つの象徴なのです。つまり団塊の世代にはこれと言った思想信条も無く、ただただ正体不明のマスコミや世評に乗っかり付和雷同して鰯の大群のように動いてきたように思う。

だから傍目に見れば、ものすごいエネルギーで波乱万丈に見えるけれども、その内容を個々じっくり見ると、批判はするけれど、提案は出来ない、誰かが成功すれば直ぐ真似をする。どうです、あなたの上司や職場の長として君臨する団塊の世代って、こういうタイプではありませんか?

勿論1例をもって全体を議論できないけれど、概ね外れてはいないと思う。彼ら団塊の世代は「批判世代」と言い換えても良いでしょう。親世代が戦後のニッポンを食うや食わずで、ジャパン・アズ・ナンバーワンとまで復興・発展させ、その恩恵で豊かな生活を送りながら、オー・モーレツとかカブシキガイシャ・ニッポンなどと揶揄し競争を否定してきたのだ。

しかし、否定した先に何かビジョンとか具体的代案があるかといえば、何も無い。単に駄々をこねているだけだ。もっともコレは団塊世代に限らず今の日本全体を支配する風潮だけれど、特にそうした風潮を創ったのが団塊世代だと思う。

このどうしようもない世代を創ったのは、マスコミだが、コレをたどり言い出すときりが無いのでまた別の機会に。で、実際どうしようもない世代は、日本の歴史上破壊と消費だけの全く無意味な存在とさえ、言いきってしまおう。

では、このどうしようもない世代からバトンタッチされるポスト団塊世代はどうすべきかだが、人の話をよく聞き、後輩に道を示し前向きにがんばって欲しい、と言いたい。後はキミたちに任せた。で、それが出来ないなら、頼むから道を空けて欲しい。

イギリス特殊部隊SASの隊舎には、「先頭を行くか続け、さもなくば退いて道を空けろ」と掲げてあるそうな。ポスト団塊、頼むぞー。(何と言う無責任、そう私は団塊の端くれなんです。)

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2005/11/11

またもや茶番の談合摘発

またもや談合事件だ。

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20051111AT1G1100R11112005.html

今度は東京都の河川工事入札。相変わらずというか、バカバカしい。談合が成立するにはその前提として業者名が明らかだから、では誰が指名受けた業者を教えたかは発注者に他ならない。つまり、談合を仕組んだのは役人に決まっているのに、こちらにメスが入ることはほとんどない。

何度もいうが、談合しなければやっていけない状況を作っておいて、やったらイカンと逮捕する。これでは、犬や猫の前に餌を投げ、食ったからと叩くようなもの、なんとも残酷な話だ。

一方、珍しくもこんな摘発があった。

http://www.asahi.com/national/update/1111/TKY200511110211.html

こちらは空港職員つまり発注者が談合に関与したとして東京地検が事情聴取とか。一罰百戒のつもりなんだろうか、この職員にも同情してしまう。本当に談合がいけないなら、何故横須賀市のように談合できない仕組みを作らないのだろうか。

ホント、この国はわからん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/04

亡命者帰国事件-論理が繋がってないぞ

  20051103-00000002-yom-soci-thum-001

朝鮮通信によると、北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、同国に亡命目的で不法入国した日本人女性、北川和美さんを同日、日本に送還したと報じた。北朝鮮の調査によると、北川さんは00年春ごろから日本の公安当局者らにスパイ活動を強要され、当局からの重なる迫害を避けるために北朝鮮に行くことになったという。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051103-00000078-mai-soci(毎日新聞)

まあ、何と言いましょうか、一言で言えばナチュラル・ボーン・アフォですな。あまりのバカさ加減につい興味をそそられ、記者会見放送を見てしまい、予定通りバカじゃねーかと思ってしまう自分が、またバカじゃないかとも思う。しかし根は深い。

日本は憲法22条2項で「国籍離脱の自由」を謳ってるから、亡命するのは彼女の勝手。そして2年間ホテルに住もうが、「日本に帰りたい」と言おうが、それを聞いて、「バカかこいつ」と思おうが、まあそれぞれ勝手だろう。

分からないのは、日本入国に際して、①彼女は何人か、②どのような法的手続き・位置づけで入国したのか。③何故罪に問われないのだろうかだ、ここから論理が繋がっていない。何より国家観が不明になってしまうのです。

     彼女は何人か

自らの意思で亡命を図り、一方北朝鮮は2年あまりホテルで生活させていたのだから、亡命を受け入れたとみなすべきだろう。だからこれはもう立派な北朝鮮人。自ら選択し受け入れられたのだから日本の戸籍法上は日本人ではないはず。

     入国の法手続き

北朝鮮がどう言おうと、事実上亡命を受け入れたのだから北朝鮮のパスポートで入国すべき。北朝鮮がパスポートを発行しないならそれは北朝鮮の勝手。そういう国交の無い国若しくは日本国籍を離脱した人間が日本に入国できる法的根拠は何なのだろうか?

    

どうにも法的根拠があいまいな気がするし、手続きはきちんと為されているのか疑問だ。もしこういうことが法的に問題ないなら、日本人は世界中どの国にでも不法出国でき、相手国が許せば再入国でき罰せられない。日本人は最初の渡航先以外一切許可不要となる。で、国家の不利益になる言動をしても罪に問われない?そんなバカなことはあるまい。そんな手続き論もさることながら、そもそもこれは国家に対する反逆なのだ。

何となく、世間騒がせな点でイラク人質事件とダブるが、少なくとも彼らは日本国を否定していないし、利敵行為はしていない。しかしこの亡命騒ぎは、国家を否定し、その上北朝鮮に利する行為と言動で日本の国益を損なっている。よりによって同胞を拉致した国家に擦り寄ったバカ女なのだ。

こういう時こそ、もっとストレートに怒るべきではないか。これは思想信条の自由を飛び越えた事件、言わば具体的な国家反逆行為だ、これが何の罪にも問われないとしたら、日本と言う国家のアイデンティティは無いに等しいだろう。

気付けよ日本人、 繰り返すが、イラク人質事件とは行為の位置づけが全く違うし、ついでに言えば、よど号犯家族の帰国とも違うぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (6)

2005/11/03

マエハラ ガンバレ!

maehara_seiji 前原誠司代表は31日、第3次小泉改造内閣の顔ぶれが決まったのを受けて、国会内で記者団から問われ、全体の印象については「実力者が多いと思う。(小泉首相特有の)奇をてらうような人事がなかった点をみても総理の本気さが出ている」との見方を示した。

http://www.dpj.or.jp/news/200510/20051031_05maehara.html

例え社交辞令にしても、与党に対して「実力者が多い」「総理の本気さが出ている」などと言う野党党首が今までいただろうか。しかも「対案路線」を進めるとも言う。一方したり顔で、バカの一つ覚えの対案無き批判を繰り返してきた管直人氏は相変わらずだ。

http://www.n-kan.jp/bbs/index.html

話し方の雰囲気が、前原氏と管氏は似ていたので、両氏は同類との印象があったが、重責を担った党首となってからは、前原氏の「まとも」さが浮き出てきたように思う。少なくとも外交や国防(=憲法)すら政局に利用してきた従来の野党と違い、マジメな印象を与える。

12abe今は小泉首相に代わる人材がいないので、自民党与党以外考えられないが、小泉退陣後は、残念ながら人材が見当たらない。かといって前原氏に小泉後継者と目される人々が劣るかといえば、そんなことはなく、まあ似たり寄ったりの印象だ。

余りにも強烈な小泉首相のキャラの前で、かすんでいるだけかもしれないし、せいぜいが印象で判断するくらいなので、実際のところ何ともいえない。印象ついでに言えば、前原氏に対抗できるのは安倍氏とも思えるが、あくまでイメージで何の根拠も無い。

心根はともかく頭の切れ具合で言えば、明らかに前原氏が上だから、政治家としての心根の正しさを次の総選挙までに国民にアピールできたら、民主党政権も夢ではないだろう。代案無き批判を繰り返したきたバカ野党に国民はうんざりだから、いよいよ本命登場かと思わせて欲しいものだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »