« 構造計算書偽造事件に見る民族ヒステリー | トップページ | ヒューザーへの果てしなき民族ヒステリーと公開リンチ(1) »

2005/11/26

耐震強度偽造事件 報道の怪

今回の事件、例によって論点不明のまま余りにも無駄な情報が氾濫し、それに踊らされた感情論が横行している。結論を言えば、福知山線脱線事故と同じ様相を呈しているのだ。怒りの矛先が違うぞオイ。

その1:事実関係曖昧、意味不明な報道の怪

コレだけ連日、マスコミに取り上げられているが客観的事実がほとんどなく、感情的な判断ばかりだ。事実と意見がごっちゃで、一体何が判断できると言うのだろう。客観的事実としては姉歯某の構造計算偽造、建築主名くらいだろうか。後は一見事実っぽく伝えられているが、伝聞推定や意見の域を出ていなかったり、抽象的なものがほとんどだ。

例えば、建築主3社が鉄筋本数を減らせと圧力かけたとの報道、よく読むと具体性と裏付けがない。先ず事実かどうかわからないし、そもそも偽造は3社の物件だけではないから辻褄が合わない。次に、「偽造しろと圧力かけた」のなら分かるが、「鉄筋本数を減らせ」では何の意味なのかよく分からない。普通に考えれば「経済設計しろ」だろう、これがいけない?そんなバカなことはあるまい。過剰設計は無能でもできるが経済設計こそ技術だ。要求して当然と思うが。

夫々の契約関係と時期がほとんど報道されてないのも不可解だ、肝心の上下関係が不明で圧力云々とは、一体どういうロジックなんだろうか。マカ不思議だ。故意に責任判断の根拠を隠しヒステリックな感情論を煽っているようにも思える。皆さん乗せられてはいけません。

また某社長がゴルフ場にいたとか、誰某がリベートを取っていたとか、コレって計算書偽造の事実と何の関係があるのだろうか、そんなことより、誰が偽造に関与したか、何故防げなかったか、後で述べるような売主の瑕疵担保保険はどうなっているのか、事実や客観的情報を知りたいのだ。

その2:論点とプライオリティ不明の怪

この事件でマスコミは何を論点とし、何にプライオリティを置いているのだろうか、人命尊重?そうじゃないだろう、実際は逆を助長しているのだから。人命尊重なら単に居住者ばかりか周辺の安全に関わるのだから、一刻も早く立ち退くよう説得すべきだろう。

ところが、「みのもんた」にいたっては移転費用が一人¥7000では安すぎるとヒューザーの社長を吊るし上げ無制限の言質をとって喜んでいる。安っぽいヒューマニズムにがっかりだ。4人家族なら1日¥28000だ、コレを無制限にすることにどんな意味があるのだろうか、「皆さんホテルオークラで暮らしてください、ところでヒューザー潰れました」じゃ、住民は泣くに泣けないだろう。

huser ヒューザーは今のところ、公的資金をくれではなく、借りて建て替・補強すると言ってるのだから、吊るし上げることよりも、公的資金の融資が受けられるように世論を形成することを優先すべきではないか。マスコミのヒューザー・バッシングは何とかこの会社を潰すことが狙いとしか言い様が無い。何らかの力が働いているのだろうか?結果的に住民を一番追い込んでいるのはマスコミなんだが。

その3:責任追及の怪

この事件、姉歯の犯行はハッキリしているが、彼に責任能力がないことから、金のありそうなところに非難が集中している観がある。ヒューザー始め売主には瑕疵担保の無過失責任があるから確かに仕方ない面はあるが、責め過ぎて潰れては元も子もない。逆にいえば、さっさと倒産させた方が事業者の損害は少ないだろう。

分からないのは、責任追及のロジックだ。マスコミの非難は一般論としての売主責任の一点張りで、具体的に何がいけないのか、どうすべきだったのかが一切論じられていないからだ。過失が無くて責任をとらされるとしたら売主が一番の被害者だろう。それに瑕疵担保保険がどうなっているのか。無過失責任なんだからリスク移転即ち保険以外にリスク管理できないはず、そういう保険がどうなっているのか、肝心なところがボケている。

実はここが一番の問題点で、異常な社会風潮だ。なにしろ、誰もが防ぎ得ない事に責任を問われるからだ。世の中のデベは皆いつ吊るし上げを食うか、住民はいつ事件に巻き込まれるか、保険以外に対策が立てられないだろう。

そもそもこのロジック(一般論)で行けば、住宅購入者←売主←施工業者←検査機関←元受設計事務所←下請け(通常は構造事務所)と夫々に責任を負うはずだが、みのもんたが元受設計事務所をあたかも被害者のごとく扱っていたのも不可解だ。

マスコミは肝心の契約関係やその時期について一切報道しないから判断し難いが、大半において姉歯は元受設計事務所の下請けだろう、ならば設計の責任は元受設計事務所にあることは明らか。お互い専門家であり下請けのチェックが出来ないなんて問題外だろう。この辺はいづれバッシングが始まるだろうが、一番に責任追及されるべきだ。

それ以上に不可解なのは建築確認審査機関への責任追求だ。国家が法のもとにこのようなシステムを作り、設計に関しては官民問わず審査機関が頂点に位置し、設計をチェックしお墨付きを与えているのだから、少なくとも設計に関しては国とこの審査機関が最終責任者だろう。法に基づくシステムで設計をチェックし、その結果に責任を持たないなら、何のための確認申請か意味が無い。これじゃタダの小遣い稼ぎじゃないか。ヤクザのミカジメだって保障はあるぞ。だが、11/23の拙ブログでも言ったように、こんなもの誰も見破れない、性善説が前提の建築確認システムの想像を絶する話だ。責任を問うなら、こういうシステムを創った国だろう。危機管理がなっていない。

最後に。

みにもんたが、あれだけヒューザーを頭ごなしにやっつけるのだから、それなりにウラを取っているのだろう。だったら開陳してもらいたい。まさか大衆受け狙いのパフォーマンスなどと言うことは無いだろうことを祈る。我々一般人には客観的な事実関係が良く分からないので、軽々しく責任追及は出来ないし、下手に擁護も出来ないが、辻褄の合わない点を指摘しておこう。

     ヒューザー幹部社員が家族もろとも問題のマンションに住んでいる事

     ヒューザーの工事発注はかなりが設計の前に出されているとの事

これらが事実だとすれば、コストダウンの為の計算書偽造と言う説は辻褄が合わなくなる。是非ともマスコミ各社はウラを取って欲しいものだ。

|

« 構造計算書偽造事件に見る民族ヒステリー | トップページ | ヒューザーへの果てしなき民族ヒステリーと公開リンチ(1) »

コメント

耐震強度偽造劇(演出 国土交通省)
(事例1)
12月1日は当地京都府でも2件の物件が発覚しました。京都府の見解としてテレビで聞きましたところ、問題の発生がわかってから最初は、担当機関で調査を行い問題なしと発表していたが、今回外部の建設コンサルタントに以来して再計算したところ不正がわかった。また確認審査の時点では構造計算書の再計算の義務はなかったと申しているらしい。ちなみにこの物件は京都府土木事務所が審査しております。
(事例2)
12月2日 事件の渦中にある民間検査機関の社長がテレビで「膨大な内容の構造計算書を確認審査の時点で詳査する義務はない」と発言しております。
(事例3)
12月5日これもテレビで大阪のホテルの耐震強度の偽造が見つかった、ホテル側が独自で再計算を依頼した結果でした。大阪市はその前に問題なしと発表していたらしい。この手の発表は他に多数あり。

行政でも民間検査機関(実質の検査員は殆ど行政出身者)でも堂々と確認審査の過程で構造のチェックをしていない事をのべております。みなさん何かおかしいとは思いませんか!建築確認審査で最も大切と思われる強度のチェックを殆どやっていないことを自ら表明してはばからない彼ら公務員及び元公務員の傲慢さ!何もしていないのだから責任も感じていないのですね。大騒ぎをしているわりには真相は掘り下げられていませんね。もはや人間喜劇を観賞しているようなものではありませんか。立派な官僚を上にいただく我々は、ただ感謝、感謝

投稿: 観客 | 2005/12/06 19:55

名前は忘れたが、この事件についてワイドショーに出演してるしゃべりすぎな社長さん、マスコミはこの人の高そうな自宅を写し、「こんな豪邸に住んでいる」みたいなことを嫌味に言っていたが、事件とこの人の住んでる家がどう関係あるのだろう?このひとが事件に関わって儲けた金で建築した家だというのなら話しはわからなくもないが、現時点で自宅にケチをつけるのは「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」にしか見えない。マスコミは真実よりその場のムードや空気に合ったものを演出したがる。

投稿: 匿名希望 | 2005/11/28 14:21

名前は忘れたが、この事件についてワイドショーに出演してるしゃべりすぎな社長さん、マスコミはこの人の高そうな自宅を写し、「こんな豪邸に住んでいる」みたいなことを嫌味に言っていたが、事件とこの人の住んでる家がどう関係あるのだろう?このひとが事件に関わって儲けた金で建築した家だというのなら話しはわからなくもないが、現時点で自宅にケチをつけるのは「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」にしか見えない。マスコミは真実よりその場のムードや空気に合ったものを演出したがる。

投稿: 匿名希望 | 2005/11/28 14:21

はじめて、自分と似た論調のblogにあたりました。

あとは、爆笑問題の大田光さんくらいです。

投稿: gskay | 2005/11/28 00:27

1

投稿: | 2005/11/26 10:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/7322929

この記事へのトラックバック一覧です: 耐震強度偽造事件 報道の怪:

» 耐震強度偽造問題1週間 [かきなぐりプレス]
耐震強度偽造問題から1週間、また新たな事実がボロボロ発覚してきた。 まず、姉歯に構造計算を発注した設計事務所の社長が行方不明になり家族から捜索願が出されていること。誰が姉歯に偽造計算を指示したかを知るキーマンの存在だけに、なにやらきな臭さが。死人に口ナシ、なんてことにならないことを祈るだけだ。 次に姉歯の偽造計算を見抜けなかった節穴、イーホームズの審査担当者10人全員が市役所のOB。天下りだったこと。公務員時代に建築確認業務の実務担当者だったわけだが、担当者らは「建築士が書類を作ったので、改... [続きを読む]

受信: 2005/11/26 10:53

» 耐震強度偽造問題1週間 [かきなぐりプレス]
耐震強度偽造問題から1週間、また新たな事実がボロボロ発覚してきた。 まず、姉歯に構造計算を発注した設計事務所の社長が行方不明になり家族から捜索願が出されていること。誰が姉歯に偽造計算を指示したかを知るキーマンの存在だけに、なにやらきな臭さが。死人に口ナシ、なんてことにならないことを祈るだけだ。 次に姉歯の偽造計算を見抜けなかった節穴、イーホームズの審査担当者10人全員が市役所のOB。天下りだったこと。公務員時代に建築確認業務の実務担当者だったわけだが、担当者らは「建築士が書類を作ったので、改... [続きを読む]

受信: 2005/11/26 10:54

» 広がる不信:「耐震強度偽装問題」 [時評親爺]
とにかく分譲マンションなどに不信感が広がり始めている。例の姉歯建築設計事務所、それと民間の指定確認検査機関であるイーホームズ及びそれらの関連業者らを巡る、耐震強度偽装問題(構造計算の偽造)だ。一番の当事者である姉歯建築士の会見模様については、その態度について既にかなりの批判の声が上がっていたわけだが、イーホームズについてもその建築確認について問題が指摘されつつある。とりあえず、以下に主要な報道記事(リンク)を纏めておく。項目タイトルは当該報道記事のヘッドラインなので注意。 1.イーホームズ社を... [続きを読む]

受信: 2005/11/26 12:14

» 建築物の安全性も金次第 [兄やんの一言モノ申す]
千葉県の姉歯建築設計事務所によって作成された「構造計算書」に耐震強度の値に偽造があり、建設されたマンションなどは、震度5強で崩壊する恐れがあるとのこと。 兄やんとしては、他にも同じようなことが明るみになるだろうというだけでなく、これからこういった建築物が....... [続きを読む]

受信: 2005/11/26 12:35

» 東急不動産らのマンション「アルス町田ブライシス」が販売中止 [東急不動産東急リバブル不買宣言]
☆政治経済法律電網討論 http://www.geocities.jp/shouhishahogo/ 買ってはいけない東急リバブル・東急不動産 東急不動産・東急リバブル不買運動 ☆★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆ 東急不動産らのマンション「アルス町田ブライシス」... [続きを読む]

受信: 2005/11/26 15:25

» 耐震強度偽装  〜業界に構造的な問題はないのか〜 [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
[耐震強度偽装]「業界に構造的な問題はないのか」 建築確認審査に不備、検査機関の処分検討 耐震強度偽造 耐震計算書偽造 一斉点検で安全確保急げ 耐震強度偽装、マンション住民に横浜市が説明会 構造計算書偽造建築士の資格取り消しへ 国交省 強度偽装、国交省が....... [続きを読む]

受信: 2005/11/26 16:12

» 姉歯事務所に構造計算発注の設計業者が所在不明  [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
『耐震強度偽造問題で、姉歯(あねは)建築設計事務所(千葉県市川市)に構造計算を発注した東京都内の設計事務所を経営する50代男性の所在が分からなくなり、家出人捜索願が警視庁調布署に出されていることが25日、分かった。 関係者によると、男性が都内の自宅に戻....... [続きを読む]

受信: 2005/11/26 16:13

» イーホームズ [(有)ロジカル・コミュニケーションのブログ]
偽造構造計算書による建築基準以下の耐震強度物件が発覚した問題で、マンション販売会社のヒューザーが「建て替えまたは補修工事」の方向から「販売価格の106%で買取」する方針を表明した。 これによって、ちょっとワイドショー的とも言えるマスメディアの報道も問題の本質論へと変わっていくのではないかと思う。 色々な方がブログでも書かれているが、ここ数日のマスメディアの報道は「世論などの感情論」、「一般論による責任追及」、「問題に関与した関係者のキャラクター」を中心にした番組や記事の構成になっていたように... [続きを読む]

受信: 2005/11/27 11:43

» 公表 [「揺れるマンション」顛末記]
公表するのが、早かったのか遅かったのか。公表にいたるプロセスがどうだったのかということが話題になっています。これも、悪者探しの一環のようです。 辛い告知には、タイミングはとても重要です。そして、その告知の後の対策も重要です。対策もないのに、不用意に告知するのは、愚かです。真実を伝えることは必要ですが、対策と伝え方の工夫があってこそです。 そういう意味では、伝え方の工夫が足りないメディアが多いと感じています。 随分、昔に新聞を読むのをやめました。自分の日々の暮らしのほうが面白く、知恵... [続きを読む]

受信: 2005/11/28 00:47

» ロウアーミドルのマイホーム願望 [SIPPO]
最近マンション探すのが趣味で。お気に入りフォルダにはそんな情報がぎっしりなわけですよ。住みたい場所とお値段を考えたら、私の収入では戸建を目指すのは無理なんですね。分譲マンションペット可をウキウキ夢見るのが楽しみのひとつだったんですね。もともと住宅カタログ見るのも好きなんですけれど。ここから覗いたら・・とかこのお風呂は・・とか想像するのが。欲しい物が補償能力のない個人の、素人には検証不可能な書類の改ざんと、売主の責任回避発言で、なんだかわからない不安なものに変わってしまった気がします。これら住宅の住... [続きを読む]

受信: 2005/11/28 05:30

» 建築確認検査制度について議論はされないのか? [(有)ロジカル・コミュニケーションのブログ]
阿川佐和子さんと爆笑問題が司会をする「スタメン」で爆笑問題の大田光さんが「ヒューザーの小嶋社長は、パニくっている状態で頓珍漢な事を言って、またそれをマスコミが突っ込んでいるんじゃないか。たたくのはみのさんだけに任しておけばいいんじゃないか」と多少、オチも含んだ彼独特の言い回しで表現していた。 イーホームズの藤田東吾社長が公表前の打合せで「小嶋社長の隠蔽工作」について言っている。 マスコミは小嶋社長に「前にしゃべった内容と違うだろ」とまた突っ込むだろう。 その打合せの時の小嶋社長や藤田社長、... [続きを読む]

受信: 2005/11/28 06:59

» 存在の耐えられない軽薄さ [んなアホな!]
建築士、1カ月前まで偽造 「悪いという認識なし」(産経新聞) --- 記事引用開始 ---   マンション、ホテルの建築確認に使う構造計算書を偽造したとされる千葉県市川市の姉歯建築設計  事務所の姉歯秀次(あねは・ひでつぐ)一級建築士(48)は18日、自宅兼事務所前でインタビューに応  じ「仕事の量が増えて、スピードアップしていかなければならない状態だった。2003年から1カ月ぐら  い前まで(偽造を)やっていた」などと答えた。     姉歯建築士は「業界の全体的な風潮の中で、コストを... [続きを読む]

受信: 2005/11/28 09:12

» 耐震強度偽造問題 [禁煙日記 禁断症状]
他人事じゃないかもね、手抜きマンション。 先週末から偽造構造計算書が発覚して、蜂... [続きを読む]

受信: 2005/12/01 02:02

« 構造計算書偽造事件に見る民族ヒステリー | トップページ | ヒューザーへの果てしなき民族ヒステリーと公開リンチ(1) »