« 棒に怒らない日本人 | トップページ | ところで何を議論してるの? »

2005/12/09

世界一優秀な民族

ikari このブログのテーマである「日本人の悪口」に反して、実は日本人は世界一優秀な民族だと思う。優秀過ぎるから、優秀な人間がうじゃうじゃいて、自分が優秀だと思っているから、特に優秀な 人間に驚きもしなければ認めもしないで、足の引っ張り合いに陥るのかもしれない。島国根性を好意的に見るとこういうことかなとも思う。(何処が好意的なんだ?)

で、何をもって優秀かと言うと、総じてと言っておこう。人に得て不得手があるように、評価は様々だけど、とにかく器用。この器用と言うのは手先のことではなくて、物真似上手で、何でも直ぐマスターしてしまうことなのだ。

これは、科学技術に限らず、努力ではどうにもならない本来才能で決まるはずの芸術分野でもそうだ。例えば、30年前の日本の音楽シーンにおける技術水準は、相当に低かった。いや、ホント。楽器か演奏できるだけでプロと称し、音符が読め多少の音感があるだけで作曲家を名乗ったりできた。だから、当時の映画やドラマでは、ほとんどまともなBGMが無い。アメリカのTVドラマでは各シーンにオリジナルのBGMが入っていたけれど、日本のドラマでは既存の音楽を取ってつけたように流していてチープそのものだった。

ソレが今や、当時であれば超一流クラスの演奏者はうじゃうじゃいるし、TVドラマでは、明らかにオリジナルに作曲し、独自に演奏したものを惜しげもなく流している。身近なところでは昨日もロータリーの忘年会に、聞いたことも無い奏者たちが来ていたが、レフト・アローンなんか鳥肌が立つほどウマイし、プッチーニを披露したオバサンは超絶の声量と美声でオッタマゲタ。たった30年で民族が替わったのかと思うくらいの進歩なのだ。

要するにだから、特別な天才はいないが、何をやってもそつなくこなす、平均値を取れば際立って優秀な民族と言えよう。ところが、この優秀な民族は性格が悪い。全部ではないが一部に、際立って根性の悪い人たちがいて、大多数が付和雷同型。で、この両者が「嫉妬」で一体となって見た目の世論を形成するが、実態は、少数派の悪い根性の人々が牛耳っているということを、このブログのスタート(4月)で書いた。

ここのところ話題となっている姉歯問題などはその典型で、日本中がヒステリーを起し、心ある人がいくら冷静に考え、訴えても、嫉妬に狂ってしまった人々は、完全に思考を停止し、そこに付け込んだマスコミや議員などの人気商売(敢て政治家とは言うまい)がこれを煽り立てている。

で、不思議なことは、では誰がこういった風潮をコントロールしているのかだ、この異常さは、誰かが火をつけ煽ったからなのは状況から見れば明らかなんだけれども、どうもハッキリしない。で、それを考えていくと日本人に普遍的に共通する「やっかみ」が源なんだろうと思っちゃうわけ。

だって、そうでしょう。国会議員や評論家が堂々と、安いからには問題が有るみたいなことを平然と言うんだから。責任追及の論理としては何の根拠にもならないが、嫉妬心を煽って人を陥れるためには有効な手段ではある、こういう発言がまかり通るという事は、大多数の同意が得られることが、極自然現象のような当たり前のこととして予測できるから、言うんだろう。ひょっとしたら、いやタブン、当人達は無意識かも。オソロシヤだ。

TVタックルで、三宅ナントカという評論家が、あんな安いもの、おかしいと思わなかったのか、そんな被害者を救済するのに国の金使うのは反対だと、放言していたが、ナントモハヤ、個々の物件の品質に国が関与し、お墨付きを与えた事と、天災や詐欺等の単なる被害を区別せず、「救済」という言葉だけに反応してはばからない点がスゲー。

もっとスゲーのは、「安い」ものを買ったことに責任があると言い切ってしまうことだ。デベロッパーが「破格のお値段」とか「格安物件」と言って売り出したら逮捕されなきゃならんナ。

何にしても、こういう事がまかり通るのは事実なんだから、このあたりを学問として「日本人学」とかナンとか研究したら、いとも簡単に日本を支配できるかもしれない。おおっそうだ、いや、待てよ既に誰かやってるのかな?なんて妄想膨らませても仕方ないか。

|

« 棒に怒らない日本人 | トップページ | ところで何を議論してるの? »

コメント

当然ながら世界一優秀な民族にも、本当に優秀な人もいれば、アホもいる。
その典型が、ここに寄せられた2つのコメント。方や怜悧な理論派、方や典型的サル棒日本人。

ただ後者は同じ事を何度指摘しても繰り返し、ハンドルネームでヒステリーを起こす点が実に興味深い。

投稿: ベンダソン | 2005/12/13 15:21

波が去ったんじゃなく
あきれただけだよ
なんら的確な反論がなっかたじゃん
軸なんて存在しない
外人なんだから自国の不備を言えよ
日本のことは大きなお世話
なんで島国根性が関係がある?
建築業界のこと何も知らないだけじゃん
下請けなんてあんたら外人にはわかんないよ
理解してとも思わないし国際化なんて
白人至上主義が名前かえただけじゃん
フランスの暴動は報道もされないけど
明らかな移民の失敗じゃん
そんじゃ二度と来ませんので
エルサレムに平和を!

投稿: 半兵衛 | 2005/12/13 14:15

gskay様、コメントありがとうございます。
心配するだけで、結局何のお役にも立てないことを心苦しく思っております。

いつもながら冷静で見事な文章ですが、コメントにもそれが貫かれていて、ほとほと感心いたします。

確かに軸は正常に近づきつつありますね。少しホッとしました。

投稿: イザヨ・ベンダソン | 2005/12/10 10:36

考えなければいけない問題に、複数の軸があったとします。
この時、ある軸の極端から、別の軸の極端に話が進み、もともとの軸の反対の極端に振れ、別の軸の反対の極端となった後、結局、もともとおのある軸の極端に戻るみたいです。

これが、御心配いただいたここ数日の総括です。

だれも、適当な塩梅をみつけることなく、不毛な議論のまま、波が去ったような気がします。

投稿: gskay | 2005/12/10 02:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/7538430

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一優秀な民族:

» 新着ブログ [ぴろぴろ]
クラブ好き、でも中身は腐女子の日記 [続きを読む]

受信: 2005/12/14 17:35

« 棒に怒らない日本人 | トップページ | ところで何を議論してるの? »