« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/07

村上氏逮捕のつづき

この事件、例によって検察の一方的リークに踊らされた民族ヒステリーだと思っていたが、聞いちゃったインサイダー?から辿っていくと結構小生と同じ論調が多いので驚いた。こういうのを世間ではへそ曲がりというのかもしれないが、良し悪しはともかく自分の頭で考える人もいるのだなあと、好意的に見ていただければ幸い。

で、本題。こういうことがインサイダーになるなら、リークした方は罰せられないし、それがウソでもホントでも良いから、ライバルを押さえる為には喋ったもん勝ちになる。このことは、特段に証券取引法167条を云々しなくても、逮捕理由から直ぐ分かる結論だろう。

だから、株の持ち合いみたいに会社同士で手を握り、お互い「そのうちTOBかけようと思う」などと言いふらしておけば、誰も手が出せなくなるナ。なに、ホントに買わなくたって構わない、気が変わったといえばすむことだし。万一大量株が動いたらTOB掛けて、乗っ取りを目論む相手を逮捕させれば良いから、ボンクラ経営者は楽になるかもしれない。

ここからは、小生の勝手な推測だが、村上氏はトウに日本に愛想をつかしているのではないだろうか。現行法を無理やり拡大解釈しても、その罪には限界点があるからと底を見切って、村上氏は不必要に検察の言い分を呑み、彼らのロジックで自らの非を認めちゃった。そうすると、以後の検察のシナリオでは彼を追い込もうにも、それ以上追い込めない。

このままいけば、村上氏は有罪だろう。何しろ本人が認めているのだから。しかし、これが判例として確定してしまうと、先に述べたように喋ったモン勝ちが保障されてしまう。

村上逮捕が社会秩序を維持するための一罰百戒なら、一罰で維持した秩序よりはるかに大きな混乱を招いてしまい、検察はこの矛盾に悩むことになるかもしれない。

そのころには、彼は海外で活躍し、日本の株式市場は彼が残した亡霊のごとき判例で身動き取れず益々閉鎖的になるのだろうか。ちなみに、昨日ある人物と飲んだ席で、小生が持っていることすら忘れていたゼネコン株の話になった。たまたま彼はその会社の内部に精通しており、もう決して株価が上がることは無いので一刻も早く売るべきだという。彼はそのゼネコンと同じ旧財閥グループの優良企業の社員で、そのゼネコンに役員として出向していて資金繰りの中心人物だったとか。会談の目的は全く別にあって、彼がそのゼネコンの中枢にいたなんて全くの想定外。だから、仕事の話はこれまでとして、2軒目で酒が進んだ中での雑談で分かったのだったけれど、これで私が株を売ればインサイダーなんだろうか?もし、量の過多で決まるならば、その基準はあるのだろうか、などと考えつつ、実は売るのもメンドクサイので放っておこう。

全く余談だが、実際こういう机の中の小銭のように忘れ去られた株券って結構あるのではないだろうか。いつのころか銀行で両替を拒否されてから、我が家には小銭が増え続け、ゴミでしかないお金がある。決して我が家は裕福ではないのに消費税導入以来の珍現象が継続しているのだ。

多分、程度の差こそあれ、どちらさんのお宅でも似たようなモンではないだろうか。こういう忘れられたお金や有価証券を日本中から集めたらいくらになるだろうかなどと、しょうも無いことを考えてしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006/06/05

この国でしてはイケナイ事

Pn2006060501000835 ホリエモンに続いて今度は村上氏逮捕と相成った。

先のヒューザー小嶋社長逮捕もそうだが、今一つピンと来ない。小嶋社長の場合、耐震偽造関与の疑惑だったはずが、いつのまにか詐欺容疑で逮捕された。小嶋=悪党=逮捕の図式が最初にあった様に思える。つまり「逮捕」という答えが先にあり、容疑と言う式は後から考えるのだ。「そしてこの図式はホリエモン、村上ファンドにも当てはまるようだ。

3者に共通するのは成功した大金持ちで、お喋り。成功を決して隠そうとはせずチョット自慢気にしゃべる、だから、これはもう目立つ。要するに妬まれやすいから、人々は彼らを成り上がりと評価し、いつかコケる事を期待するのだ

この国では成功者はひたすら腰を低くしなければならない。さもなければ人々の嫉妬と怨念で抹殺されてしまうだろう。アメリカンドリームはあってもジャパニーズドリームは無い。その代わりジャパニーズジェラシーが結果平等主義を万延させ、稀有の資本主義という名の社会主義国家を生んだと思う。

外から見た場合、3者に共通する点は、容疑が不明確と言う点だ。何をバカなと言うなかれ、小嶋社長にしてもホリエモンにしても、はたして当初言われていた疑惑で逮捕されているか良く考えて欲しい。村上氏の逮捕に到っては相当に説明されなければ何の事か分からない。

例えばあなた自身マスコミ報道でそうだそうだと納得しているかもしれないが、はたして具体的に何がいけないかキチンと他人に説明し、自分が同じ立場にいたとして同じ事をしないと明言できるだろうか。

そもそも容疑事実がよく分からないが、マスコミが取り上げるほど極悪非道な犯罪なんだろうか。具体的に何がいけないかよりも、ケシカラン、トンデモナイといった批判が先行してはいまいか。

また小嶋社長は緊急避難的に見え無くも無いし、検察が言うホリエモンの容疑事実は確かに具体的だが、逮捕監禁されるほどの事なんだろうか、こういってはナンだが駐車違反で逮捕されたような違和感がある。これでは検察は「正義の番人」と言うより「睨まれたらオシマイ」を強く印象付けるものだ。

だから、どうあがいても村上氏逮捕は時間の問題だろうと思っていたらホントに逮捕されてしまった。

今後願わくば、あたかも本命は別だとか、別件逮捕みたいなことは止めて、具体的に何がいけないのかを事前に明確にして欲しいものだ。そうでなければ、恐ろしくてこの国には先駆者が出てこなくなるだろう。

一見庶民の敵をヤッツケ溜飲を下げたように見えても、そうなると誰もが二番煎じや、柳の下のドジョウ狙いばかりになり、誰も先頭を走らなくなるから、真綿で首を締めるようにこの国の活力を奪ってしまう。現にアナタの職場ではそうなっていないだろうか。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »