« 共謀罪という名の治安維持法復活 | トップページ | 村上氏逮捕のつづき »

2006/06/05

この国でしてはイケナイ事

Pn2006060501000835 ホリエモンに続いて今度は村上氏逮捕と相成った。

先のヒューザー小嶋社長逮捕もそうだが、今一つピンと来ない。小嶋社長の場合、耐震偽造関与の疑惑だったはずが、いつのまにか詐欺容疑で逮捕された。小嶋=悪党=逮捕の図式が最初にあった様に思える。つまり「逮捕」という答えが先にあり、容疑と言う式は後から考えるのだ。「そしてこの図式はホリエモン、村上ファンドにも当てはまるようだ。

3者に共通するのは成功した大金持ちで、お喋り。成功を決して隠そうとはせずチョット自慢気にしゃべる、だから、これはもう目立つ。要するに妬まれやすいから、人々は彼らを成り上がりと評価し、いつかコケる事を期待するのだ

この国では成功者はひたすら腰を低くしなければならない。さもなければ人々の嫉妬と怨念で抹殺されてしまうだろう。アメリカンドリームはあってもジャパニーズドリームは無い。その代わりジャパニーズジェラシーが結果平等主義を万延させ、稀有の資本主義という名の社会主義国家を生んだと思う。

外から見た場合、3者に共通する点は、容疑が不明確と言う点だ。何をバカなと言うなかれ、小嶋社長にしてもホリエモンにしても、はたして当初言われていた疑惑で逮捕されているか良く考えて欲しい。村上氏の逮捕に到っては相当に説明されなければ何の事か分からない。

例えばあなた自身マスコミ報道でそうだそうだと納得しているかもしれないが、はたして具体的に何がいけないかキチンと他人に説明し、自分が同じ立場にいたとして同じ事をしないと明言できるだろうか。

そもそも容疑事実がよく分からないが、マスコミが取り上げるほど極悪非道な犯罪なんだろうか。具体的に何がいけないかよりも、ケシカラン、トンデモナイといった批判が先行してはいまいか。

また小嶋社長は緊急避難的に見え無くも無いし、検察が言うホリエモンの容疑事実は確かに具体的だが、逮捕監禁されるほどの事なんだろうか、こういってはナンだが駐車違反で逮捕されたような違和感がある。これでは検察は「正義の番人」と言うより「睨まれたらオシマイ」を強く印象付けるものだ。

だから、どうあがいても村上氏逮捕は時間の問題だろうと思っていたらホントに逮捕されてしまった。

今後願わくば、あたかも本命は別だとか、別件逮捕みたいなことは止めて、具体的に何がいけないのかを事前に明確にして欲しいものだ。そうでなければ、恐ろしくてこの国には先駆者が出てこなくなるだろう。

一見庶民の敵をヤッツケ溜飲を下げたように見えても、そうなると誰もが二番煎じや、柳の下のドジョウ狙いばかりになり、誰も先頭を走らなくなるから、真綿で首を締めるようにこの国の活力を奪ってしまう。現にアナタの職場ではそうなっていないだろうか。

|

« 共謀罪という名の治安維持法復活 | トップページ | 村上氏逮捕のつづき »

コメント

個人的な好き嫌いを別にして考えても今回はそれほど違和感が無いのですが...

単純にインサイダーであって、インサイダー以外の何者でもないと理解しています。
で、インサイダーっていけないの?と言う議論では、駄目と規定してある以上駄目です。
もうひとつ言えば、駐車違反でも駄目なんです。違和感なんてありません。

投稿: さんた | 2006/06/07 08:57

トラックバックしてみました。ちょっと、ネタが違いますが……。
事件自体は、真剣に検討すれば、それなりに意義があると思いますが、司直もマスコミも、お仕置きにしか興味がないみたいなのが残念です。
小嶋元社長の容疑も、このインサイダー取引も、認識や解釈の問題で、容疑者も検察も、一か八かで開き直っているような気がします。
とはいうものの、マスコミでの取り上げられ方をみれば、今のところ、検察が一枚上手かしら。
将来的には、どう転ぶかわからない事件になりそうな気がします。一方的な、極端な見方は慎むべきだと、さらに感じています。

投稿: gskay | 2006/06/06 19:09

お久しぶりです。所長です。
こちらもこのところブログさぼりぎみでしたが、さすがにこのネタだけは…ということでTBさせてもらいました。
「出る杭は打たれる」という過去の伝統復活という感じですね。やれやれ。

投稿: 所長 | 2006/06/06 16:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/10408184

この記事へのトラックバック一覧です: この国でしてはイケナイ事:

» 聞いちゃったインサイダー? [21世紀生活研究所]
 個人的な好き嫌いでいえば所長は村上ファンドは嫌いである。しかし、そういう好き嫌いと今回の逮捕劇はまた時限の違う話である。今回の逮捕劇はあまりにも「筋悪(すじわる)」な話だからだ。  どういうふうに「筋悪」かという点については、 isologueさんの「村上氏、インサイダー取引認める(どうなる、投資実務の今後?)」 「ふぉーりん・あとにーの憂鬱」さんの「村上氏が残すもの」 といった方々のブログを参照していただければよーくわかるのでいちいち書かない。しかし、マスコミがステレオタイプな議論しかし... [続きを読む]

受信: 2006/06/06 16:05

» 篠塚明元東京支社長@NNNドキュメント [「揺れるマンション」顛末記]
6月4日のNNNドキュメント'06で、日本テレビが制作した「独白…耐震偽装  キーマンとの150日」というタイトルの木村建設の篠塚明元東京支社長への密着取材が放送されました。 世の中の風潮やマスコミの一般的な姿勢から一線を画した内容だったと思います。 他の記者やレポーターたちは、群がってつるし上げるような雰囲気を作っていました。あれでは、新しいコメントが取れるわけがない。コメントが取れるわけがないのに、みんなが同じことをしているのは、無駄です。その上、わざと怒らせるような挑発をしておいて... [続きを読む]

受信: 2006/06/06 18:59

« 共謀罪という名の治安維持法復活 | トップページ | 村上氏逮捕のつづき »