« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/29

痴呆議員不要論(2)

痴呆議員の具体的なお話の前に、国会議員と痴呆議員の格差について言っておきたい。

まあ、結論を言えば、市町村→県→国の順に上に行くほど、議員の資質は対数的にレベルが上がる、逆にいえば下に行くほど信じがたいレベル低下があると言いたいのですよ。

過日、頻繁にTVで見る衆議院議員E氏の秘書から私の専門領域について意見を聞きたいとコンタクトがあった。そこでの雑談がきっかけで、専門以外の意見交換にもお誘いを受けた。

E氏はTVで見る限りでは、やたらにスルドイ論客とのイメージだったが、実際に接してみると落ち着いた感じで、昔からの知り合いのごとく自然に話ができてしまうのが不思議だった。

国会議員といえば、なにか魑魅魍魎のごとき煮ても焼いても食えない奴というイメージがあるが、実際会ってみると、その人間的魅力にコロリとやられることが多い。余談だが、先年自殺したN代議士は私の先輩でもあり、田舎の料理屋で口角泡を飛ばし熱く国政を論じていたことを思い出す。

さて、このE議員、余談だが、堂々と格差を肯定し私と同意見だったのには驚いた。拙ブログにも書いたが努力した結果の格差は当然であって、機会の格差が問題なのである。

また議員宿舎が贅沢ではないかと誰かが言うと、E氏は内装が豪華かどうかは知らないが、宿舎がないと議員は地元と国会周辺と家を2軒持たなくてはならなくなるからと、これまた肯定する。当然だと思う。小生はこういう批判、全くナンセンスで、フツーに国会の議会活動を議員に望むなら当たり前の措置で、問題にする方がどうかしていると思っているが、当の国会議員が有権者を前にこれを言うには勇気がいるだろう。

ま、こういった比較的軽い話から始まり、最後は靖国問題にまでなったが、この辺はちと長くなるから別の機会にとして、痴呆議会失礼!地方議会についてお話ししたい。E氏曰く、国会議員は国益を、県会議員は県益、市町村議員は街の利益を考えて当然、しかし市町村議会は機能していない、と。

おー、良く分かってるじゃないか!(当たり前か)で、さらに地方議会に与党はいらない、と言うか論理的に有り得ないのに与党化している、これはナンセンスだ、と言う。全くそのとおりだ、共に直接選挙で選ばれているのだから、首長は執行権者として政策を立案し実行し、議会はこれを監視すべきなのだが、現実は与党化するか敵対するかだ。

挙句に、狭い地域のなかで利権誘導に奔走し、地域のボス(大抵は土建屋か)の手先になっている。地方分権の意味も問題点も全く彼らの関心外なのである。だからE氏は市町村議会は定員を減らし少数精鋭にすべきと言う。

しかし、この点について小生は逆で、議員選挙そのものが不要、住民代表として自治会長がその任に当たれば良いと思う。当然にボランティアが前提、議員数は膨大になり、特定の利権や根回ししようにも不可能だし、大勢の中での議論となれば、力より理が支配する。言ってみればより直接民主主義に近づくと思う。しかし、これはあくまで私の考える理想であって、既得権益にしがみつく議員がOKするはずもないから絵に描いた餅だろう。こういう考え方も有るのかと思っていただければ幸いだ。

ともかく、痴呆議会をどうするかについては、自浄作用が働かないので、自治体レベルの条例では制度改革は不可能だと思う。となれば、国の法律措置で変えていくしかないだろうが、さりとて宦官化した痴呆議員の権益剥奪に直接結びつく制度改革は彼らの反発を招くことは必至だ。

そこで、痴呆議会をオープンにする(実際は監視する)システムを法制度化すれば、これには反対し難いだろうと思う。具体には、地方議会を委員会も含めてすべてインターネットでリアルタイムで画像配信を義務付けてしまうのだ。もともと傍聴できるのだから問題無いはずだが、これをやられると議員達のバカな発言や怪しい言動が白日の下に晒され、うかつなことが出来なくなるので地元の条例レベルでは恥も外聞もなく議員が否決してしまうが、国の法制度では反対自体が明るみに出てしまうので誰も反対出来にくいだろう。

近いうちにまたE氏に会う機会があるので、この法制度化を提案しようと思う。何故、ここまでして痴呆議会を監視しなければならないのか、それは市民の無関心故であるが、その結果どのような悪事が横行しているのかについて、次回具体例をお話しようと思う。

冒頭に国会と痴呆議会は対数的レベル差があると言ったが、国と痴呆の議員の資質や心根には100倍から1000倍くらいの開きがあるのです。もっと言えば、痴呆議会は時にほとんど犯罪集団化しているとさえ言えるのだ。

【余談】

E氏に我愚妻が、最近タケシのTVタックルにあまり出ませんねと聞いたところ、編集されてしまい発言ニュアンスがほとんど曲げられてしまうからとのこと。ナルホド、さもありなん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/27

痴呆議員不要論(1)

議員)議員は市民の代表であります。清き一票を

市民)じゃ、俺たち市民の意見を政治に反映するの?

議員)当然です!

市民)意見言っていい?反対して潰したりしない?

議員)勿論です、ご意見を。

市民)じゃ、正確を期するため、住民投票しようじゃないか。

議員)住民投票には反対です。

市民)!?

http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/shiga/news/20060717ddlk25070223000c.html

地方自治体に議会はいらないように思う。あったとしても県議会くらいか。少なくとも市町村の議会はほとんど機能していない。上記は県議会の例だが、市町村の議会のオソマツさは、想像を絶するものなので、是非一度傍聴をお勧めする。

たとえば、財政破綻した夕張市では自主再建の案すら出せない。要するに無能の地方政治関係者ということなんだが、この期に及んでもなお議員報酬を下げようとはしない。何にも機能しなければ役にも立たないのに給料だけはしっかり頂こうというこのメンタリティこそが、今の日本の地方政治をよく表している。ワープロが痴呆政治などと変換すると、思わずひざを打ってしまうのだよ。

で、こういう痴呆政治のお粗末さ、怪しさをネットを検索していくと妙に土着の問題として生々しい情報にブチ当たる事がある。そこでその地域の情報をさらに検索するとトンデモ情報がザクザクあって、論理的につなぎ合わせると、どう見ても不正じゃないかと思わせる事件に遭遇したりするのだが、次回はこの例をお示ししよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/07/20

理解不能:欽ちゃん球団やめる?やめない?

20060720org00m050001000p_size6_1連帯責任というのだろうか、高校野球などでよくある仲間の不祥事に対し、チーム全体で責任を取るという日本人のこの考え方、どう考えても理解不能だ。そもそもこの行為、誰が、誰に責任を取り、誰のためなんだろうか?

     誰が?

まず、ここからして分からない。この茨城GGの場合は、誰がと言えば欽ちゃんが謝っているが、山本某にレイプを指示したり、唆したのならともかく欽ちゃんは不祥事に関係ない。謝るのは山本某のはず。うーむ分からんよ、このメンタリティ!

     誰に?

でだ、いったい誰に謝ってるの?誰に責任取ってるの?或いは何に対する責任なのか、これも分からない。この欽ちゃんの場合に限らず、高校野球の場合もそうなんだが、誰に謝ってるのかといえば、どうも世の中というか大衆というかつまりTVや新聞を介した「私」つまりこれを読んでいる「アナタ」じゃないか?

しかし、私もアナタも事件には何の関係もなければ何の迷惑も蒙っていない。謝る相手は被害者のはずなんだが、被害者が欽ちゃんにチーム解散しろなんて言うはずもないし、欽ちゃんやチームに怒っているとも聞いてない。やっぱり分からんヨ、このメンタリティ。

     誰のために?

結局、誰のために謝っているかといえば、謝っている「本人」のためじゃないの?私は欽ちゃんのファンですが、「欽ちゃん」が「欽ちゃん」のために謝ってるとしか思えない。高校野球の不祥事もそう、当事者である野球部員や被害者のことなんてどうでも良くて、ただ感情的な攻撃が組織管理者に向けられるのがイヤで、自分を守るために謝ってるとしか思えないのだ。

とばっちりは一生懸命やっている選手たちに来るので、第二の被害が拡大する。とばっちりを受けた選手たちの恨みを事件を起こした本人に向けさせることで反省を促し、抑止効果を得るとでも言うのだろうか。だとしたら、原因を究明し事件再発を防止するのではなく、手段を選ばず押さえ込むという、完全に管理する側の発想でしかない。

ついでに言うと、ファンはどうなるの。彼らの楽しみや期待を裏切ることにならないだろうか、とすればそれって無責任だし、迷惑な話だと思う。

http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20060720i506.htm?from=main5

そうこうしているうちに、「やめないで」「応援している」などの電話やファクスが殺到した。ファンの反応を伝え聞いた萩本さんは「えらいことを言ってしまった」と話しているという。いやはやファンが、やめないでといえば、やめないのだろうか。じゃいったい誰のための謝罪だったと言うのだろうか。ただ単にファンを煽って人気を確認しただけじゃないか、アホくさ。

オイオイ、ベンダソン君そんなこたあ日本人はみな分かってるんだよと言われれば、それまでなんだが、そういう事実があることは分かっても、理解不能なんですよ。やっぱり日本人はミステリアスだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »