« 村上氏逮捕のつづき | トップページ | 痴呆議員不要論(1) »

2006/07/20

理解不能:欽ちゃん球団やめる?やめない?

20060720org00m050001000p_size6_1連帯責任というのだろうか、高校野球などでよくある仲間の不祥事に対し、チーム全体で責任を取るという日本人のこの考え方、どう考えても理解不能だ。そもそもこの行為、誰が、誰に責任を取り、誰のためなんだろうか?

     誰が?

まず、ここからして分からない。この茨城GGの場合は、誰がと言えば欽ちゃんが謝っているが、山本某にレイプを指示したり、唆したのならともかく欽ちゃんは不祥事に関係ない。謝るのは山本某のはず。うーむ分からんよ、このメンタリティ!

     誰に?

でだ、いったい誰に謝ってるの?誰に責任取ってるの?或いは何に対する責任なのか、これも分からない。この欽ちゃんの場合に限らず、高校野球の場合もそうなんだが、誰に謝ってるのかといえば、どうも世の中というか大衆というかつまりTVや新聞を介した「私」つまりこれを読んでいる「アナタ」じゃないか?

しかし、私もアナタも事件には何の関係もなければ何の迷惑も蒙っていない。謝る相手は被害者のはずなんだが、被害者が欽ちゃんにチーム解散しろなんて言うはずもないし、欽ちゃんやチームに怒っているとも聞いてない。やっぱり分からんヨ、このメンタリティ。

     誰のために?

結局、誰のために謝っているかといえば、謝っている「本人」のためじゃないの?私は欽ちゃんのファンですが、「欽ちゃん」が「欽ちゃん」のために謝ってるとしか思えない。高校野球の不祥事もそう、当事者である野球部員や被害者のことなんてどうでも良くて、ただ感情的な攻撃が組織管理者に向けられるのがイヤで、自分を守るために謝ってるとしか思えないのだ。

とばっちりは一生懸命やっている選手たちに来るので、第二の被害が拡大する。とばっちりを受けた選手たちの恨みを事件を起こした本人に向けさせることで反省を促し、抑止効果を得るとでも言うのだろうか。だとしたら、原因を究明し事件再発を防止するのではなく、手段を選ばず押さえ込むという、完全に管理する側の発想でしかない。

ついでに言うと、ファンはどうなるの。彼らの楽しみや期待を裏切ることにならないだろうか、とすればそれって無責任だし、迷惑な話だと思う。

http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20060720i506.htm?from=main5

そうこうしているうちに、「やめないで」「応援している」などの電話やファクスが殺到した。ファンの反応を伝え聞いた萩本さんは「えらいことを言ってしまった」と話しているという。いやはやファンが、やめないでといえば、やめないのだろうか。じゃいったい誰のための謝罪だったと言うのだろうか。ただ単にファンを煽って人気を確認しただけじゃないか、アホくさ。

オイオイ、ベンダソン君そんなこたあ日本人はみな分かってるんだよと言われれば、それまでなんだが、そういう事実があることは分かっても、理解不能なんですよ。やっぱり日本人はミステリアスだ。

|

« 村上氏逮捕のつづき | トップページ | 痴呆議員不要論(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理解不能:欽ちゃん球団やめる?やめない?:

» 【人語290】欽ちゃん球団解散って!? [こぼ★ぶろ(cobouzBlog)]
 今日たまたま日中にヤフーのページを見ていて、極楽とんぼ・山本の不祥事のニュースを読んだ。その時に「吉本興業をクビ」はまあ止むを得ないよな、そうでなくても素行があまりよくなかったからな(テレビのネタにされるくらいお笑い芸能ネタに疎い僕でも知っていた)・・・と思っていたが、その日のうちにここまで来てしまうとは。欽ちゃんこと萩本欽一監督率いる社会人野球のクラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」が解散する意向を表明した。彼がこのチームのメンバーに加わっていたためだ。欽ちゃんらしいといえばらしいけじめのつけ方... [続きを読む]

受信: 2006/07/28 15:47

« 村上氏逮捕のつづき | トップページ | 痴呆議員不要論(1) »