« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/06

名作映画について

Photo 私は映画が大好きだ。だから自宅には150インチ5.1チャンネル・サラウンドのホームシアターを造っちゃいました。もうずいぶん前からですがね。DVDのおかげでビデオの荒い画面と違って、音も映像も映画館に引けを取らない。で、ソファにひっくり返って酒を飲み・屁をひりながら映画を見るのだ。何をしようと自由、前のくそ親父の頭が邪魔だったり、べちゃくちゃしゃべるバカモノもいない。ホームシアターは最高、おすすめです。

今まで見た映画でお気に入りは、キューブリックと一部を除いた黒澤作品。キューブリックの作品は、どれ一つ取っても完璧で駄作が一つもない。対して黒澤作品もすごいが、残念ながら自分には理解できないものが少しある。

キューブリックで特にお気に入りは「2001年宇宙の旅」、但し難解で良く分からない、良く分からないけどスゴイ、感動した。この辺が良く分からないままで終っている黒澤作品との違いかな。「2001年宇宙の旅」をきっかけにキューブリック作品で見られるものは統全て見たが、どれもが全く違ったジャンルでしかも全て超一級品だ。

この辺が一発当てたら、その路線を踏襲する並みの監督とは違う、「ドクター・ストレンジ・ラブ」「シャイニング」「バリー・リンドン」「時計仕掛けのオレンジ」等々どれも全く共通点や脈絡無くバラバラのジャンルだ、要するに何を作らせてもサイコーなのです。あえて共通点を探せば、「時計仕掛けのオレンジ」が2001ほどではないが、ちと難解という点くらいだろうか。他の作品は特別に難解なものはないと思う。いや、一つあったか、晩年の「アイズ・ワイド・シャット」は正直よく分からなかった。

黒澤明も同じ位スゴイと思うが、邦画で残念なのは彼だけが際立っていて後がいないこと。とにかくハリウッド映画と比べると邦画のオソマツさは目を覆うばかり。日本人の体型や日本の風景が映画には馴染まないのだろうかと思っていたら、韓国映画の「シュリ」を見て、ぶっとんだ。姿形・街の様子も日本とそっくりな韓国でこれほど雰囲気満点の映画が出来るとは、この彼我の差はいったい何なんだろう。

最初は予算の関係かとも思ったが、どう見ても金をかけてないような韓国映画にも秀作が多いところを見るとそういうことではなさそうだ。タブン国策としてやっているので、映画作りの環境が違うのかも入れない。

しかし、環境や予算云々以前に邦画のどうしようも無いところは、監督の質が悪すぎる点だと思う。そう思ったのは北野武の作品が良く出来ているからだ。だから環境のせいではあるまい。北野作品はかつての巨匠ほどには至らないものの、一作一作確実に進歩し、初期の頃の素人くささが抜け、斬新さに進歩・昇華しつつあるように思えるからだ。今や巨匠と言っても良いのではないだろうか。

その北野作品にあって、最高傑作は「タケシーズ」だと思う。映画館ではなくレンタルで見たが、あまりのくだらなさ、稚拙さ、脈絡のないストーリーに最後まで見る気がおきず途中で止めてしまったが、間違いなく最高傑作だと思う。

では何故それほどくだらない映画が最高なんだろうか、それは正にそのくだらなさだったのだ。映画の中では功なり名を遂げた現実のタケシと、しょぼくれたクソオヤジ役のタケシが二役で登場する。陽と陰、勝者と敗者、誰にも分かるこの対比に、その区別が付かないアンポンタンな娘が、しょぼくれたクソオヤジを本物のタケシと錯覚し絡んでくる。

そして、ストーリーは延々と脈絡無くくだらないシーンを流し続けるのだ。しかもこれまでの進歩が全部後戻り、初期の素人くささが前面に出ている。カンベンしてくれろだ。ところが見ていてハタと気付いた。タケシにはめられたのだ。全くくだらない内容をタケシの作品と言うだけで見ている自分がいて、いい加減気付けよということ。自分の頭と感性はどうしたとタケシは投げかけていたのではあるまいか。

本物としょぼくれた偽のタケシは実は、そう勝手に観客が思うだけで、劇中どちらが本物つまり主役かは分からない。そして何も分からない少女ファンも本物を追いかけているのか偽者を追いかけているのか分からない。すべてが何が真実か、テーマか分からない中で、観客は、心のどこかでオカシイと思いながらも、「あのキタノ・タケシ」の映画なんだからと見入ってしまうのだ。

全く人を食った映画だが、自分がもし映画監督であったなら、やはりこういう映画を作って見たい。単品では全く下らない内容を堂々と金を取って見せるには、タケシ作品全体の評価があって初めてなしえることだ。こんな映画を処女作で作ったら、誰も相手にはすまい。

いきなり難解なピカソの絵を、その辺の展覧会で見て感動する人がいったいどれほどいるだろうか、予備知識としての評判があっての感動がフツーではないか。そう、人の感動・喜怒哀楽も実は、他人の評価や風評に相当左右され、いったい何処に個人の人格や感情があるのか、それがアナタ分かってるの?というのがタケシーズのテーマではないかと思った次第。

そのテーマを表現するために、タケシはそれまでの作品群とその評価をも材料として観客自身を映画に巻き込んだのだ。巻き込まれたまんま、何も分からず「スゴイデスネー感動すますた」と言うも良し、「分からん」と言うも良し、或いは私のように深読み?し屁理屈並べるも良し、全てはタケシの術中なのだ。と、まあこういう理由で、めちゃくちゃ下らない故、めちゃくちゃスゴイ映画で、そういうことを仕組んだ北野タケシはやっぱりスゴイと思ったのだった。

以上、私の論を決して深読みしないように、書いてあること以上でも以下でもないのでそのまんま受け取られたい、念の為。

ふう、疲れた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/04

戦犯について

Yokosuka_d4y3 靖国問題に続いて、戦犯について言っておきたい。A級戦犯が本当に戦犯かどうかではない、事後法によって裁かれたものが無効であるのなら、では戦争責任は誰が取るのか。あの当時は誰も戦争突入を避けられなかったと「空気」のせいにする向きがある。それはそれでもっともなところもあり、そうだろうなと思わせるところもあるが、それは開戦のいきさつのことだろう。

それとて誰にも責任が無いなどということはあるまい。もしもそんな理屈が通るなら、国家の舵取りに対して誰も責任を取らない全くの放置国家となるからだ。こんなことは言うまでも無いことだけれど、「空気」のせいにして真顔でこんな理屈を言う人々がいるのも事実。まあいいや、先行こう。最も問題にしたいのは負けると分かっている戦争に多くの国民を駆り出し、死地に追いやった責任だ。こういうとんでもないことが行われた事を皆さん忘れてはいませんか。

戦争遂行において、神風特攻隊を考え、生きて虜囚の辱めを受けずと命じた責任は無いのか、兵站無くして死地に兵士を送り込み、戦って死ぬならまだしも餓死させた責任はどうか、古今東西の歴史の中で、こんな惨い戦争の仕方をした軍隊が有っただろうかと言いたい。

戦争とは勝つことを目的としたクールなものだ。勝つためには損害の見積もりをし、より少ない損害を選び、戦略目的に見合うか検討し実施する。だから時には兵士が捨て駒として見殺しにされることもある。しかし、戦う武器や食料も与えられず、捕虜になるなら死ねと命令される軍隊では、いったい何が目的なのか、兵士を死なせる以外に目的が見出せないではないか。

だからだろう、日本の戦争体験者による戦記小説には戦闘シーンがほとんどない。例外なく軍隊組織内部の理不尽さ、悲惨さ、戦略の無謀さを恨む記述ばかりで、肝心の戦いの記述がほとんど無い。いったいどうやって戦ったのかサッパリ分からないのだ。

例外は戦闘機乗りの戦記ものくらいだろう、どういうわけか、空中戦だけは具体的だ。例えば、空中戦は命のやり取りをするから負けたら即、死であり後がないから常に全力で戦う、ここが体力を温存して逆転KOを狙えるボクシングスポーツとは決定的に違う、といった記述がある。聞けばその通りだが、命のやり取りを経験したものでなければ書けないだろう。機体をバンクさせ、横滑りで機銃攻撃をかわしたり、海面スレスレの低空飛行で敵の追撃をかわすというのも、読むまでその合理性に気づかなかった。

話がそれたが、こういった戦闘機もの以外はとにかく戦いに関する記述が全くといってよいほど無い。ただひたすら、軍隊組織の理不尽な虐めや、非人間性、飢餓地獄が延々と綴られている。いくら負けたからといって、これはオカシイ。戦闘の仕方を書くことがタブーなのかとも考えたが、昨今の逆説・仮想戦記小説ブームを見るとこれも当てはまらない。

横道ついでに言うと、日本で実戦体験を正面から捉え記述している作家は柘植久義氏ぐらいだろう。ただし同氏は旧日本軍軍人ではない、インドシナでの仏軍傭兵や米軍グリーンベレーにおける体験がベースだ。

いづれにせよ、実戦の話が小説にしろ、身近な体験談にしろほとんど聞こえてこないということは、それほど先の戦争における日本軍の軍隊生活が惨いものだった証だろう。何しろ赤紙一枚で召集され死を前提の神風を命令されるのだ。

いくら国のためとは言え、勝つ見込みがないのだから、全く無実の若者に死刑宣告するようなもの。こういう戦法を考え、命令した責任が無いはずが無い。たとえ考案者が自ら志願したとしても、本人の大義名分に他人を巻き込んで自殺に人を道連れにするようなもの、罪は免れまい。

何年か前に東条英機を扱ったプライドなる映画を見たとき、東条英機に対する見方が変わり評価も変わった。確かに東条英機は国家を憂い重責を担っていただろう。しかし、彼は自ら「生きて虜囚の辱めを受けず」と戦陣訓を公布しておきながら、それを守らなかった。言い分はあるだろうが、戦陣訓のもと多くの兵士を死地に追いやったことを考えれば責任なしとは言えない。

極論すれば、世界平和を唱え、同胞をポアした教祖との違いは何だというのか。東条英機を始めとするA級戦犯が本当に戦犯かどうか、あるいは人格者であろうとなかろうと、多くの同胞を無意味に死なせた責任においては当たらずとも遠からずだろう。

極東軍事裁判の是非と戦争責任は全く関係なく存在する問題だ。犯罪者がいて、それを偽裁判官が裁こうが本物が裁こうが、犯罪であることにはなんら関係なく、裁き方の基準が問題なだけなのだ。裁き方の基準が問題ならばそのことを議論すればよいのであって、決して戦争犯罪人を忘れてはならない。

繰り返すが、敵国に殺されたのではない、

     戦うことすらさせず、飢餓地獄で同胞を大量殺戮した罪

     民衆を洗脳し、バンザイクリフから飛び降りるよう仕向けた罪

     終戦となれば、軍人が守るべき国民を置いてきぼりにして我先に脱出し、なぶり殺しさせた罪

     戦争とはいえ、国際法に違反した731部隊を創設し命令した罪

等々、挙げれば限がないくらい自国民や占領地国民を死に追いやった罪がある。当然にそれを発意し命令した犯人がいるはずなのだ。私に言わせれば犯人はキチガイである。

先の戦争死者の分類をしていったならば、おそらく敵と戦って死んだ人よりも、国策によって死んだ人の方が多いのではないだろうか。侵略戦争と言われ中・韓の犠牲が取りざたされるが、キチガイの最大の犠牲者は日本人だろう。

なのに、日本人自らこのキチガイ犯人を裁こうともしない。まるで1億総羊の沈黙だ。以前「生まれて~、働いて~、食べられて~」とコマーシャルが流されたTVゲームがあったが、日本人の自虐ネタなんだろうか。日本人は殺されても文句言わない民族に見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »