« 今そこにあった危機 | トップページ | 耐震偽装―敵を見間違うな! »

2006/11/17

偽装発覚1年、いいかげん本質を見ようよ

Photo_9 耐震偽装が発覚して、今日でちょうど1年。相変わらず問題の本質を誰も見ようとはしない。誰も気が付かなかった偽装事件を世に知らしめた藤田社長は、騒ぎを起したとしてお家断絶の処分、気が付かなかったり、知らん顔した公共団体や民間の検査機関はお咎めなし。この国では犯罪の原因や犯人を追究せず、告発者や被害者が罰せられるのか。

そう言えば、牛肉偽装を告発した冷凍倉庫業者は干されてしまった。犯罪を通報したら悲惨な制裁を受ける。逆引きで考えれば、この国は犯罪者だらけ、法を守るは異端者か。スゲー国だ。北朝鮮をチョイト金持ちにしてミンナ無責任にしただけじゃないか。

blogランキング ←よろしければクリックしてやってください。

■殿中毒饅頭騒動外伝

市中に売られている饅頭が毒饅頭かどうか証明するには食えばよい。藤田殿は、毒饅頭だと言い、川崎殿は違うと言う。食って見せれば済む事であるが、川崎殿は作法を問題にして食わない。藤田殿は人の命と作法どっちが大事か、責任者出せと詰め寄った。すると、川崎殿、今度はその物言いを問題とした。

黒船の異人達は、町民たちが何故怒らないのか不思議に思い、聞いてみた。すると町民達は瓦版に書いてないから知らんという。そこで、これこれこうだと教えたところ、町民達は藤田殿を生意気とか、気に食わないと言って取り合わない。

異人達は、一同顔を見合わせ、話が通じてないので再び「役者の話デナイヨ、そもそもフジタ殿役者じゃナイヨ、毒入り饅頭危険ネ、それ売ラレテルノ分カル?」と。すると、町民曰く「藤田殿が言う筋合いではない!」と、誰が言ったかを問題にし始めた。

「あ、アノネ、別に藤田殿ガ言ったトカはドウーデモヨクテ、言ってる内容が問題なのヨ、ニッポンジン、そこ分からない?」

異人達は思った「この国の国民バカね、単語にしか反応シナイヨ。狂牛病持ってくるヨロシ、どうせ騒ぐの最初ダケネ、ほっとけばイイアルヨ」、殿中毒饅頭騒動はこうして、人々から忘れ去られたが、異人達から笑われ脳がスカスカの国民は益々増えていったとな。殿中毒饅頭騒動外伝、日本滅亡記序章の巻これにて。ベベーン(三味入る)。

■やっぱり逃げた川崎市

昨日らくちんランプさん配信の、藤田社長の川崎市訪問ビデオを見ると、なんともやるせない。だからばかばかしいたとえ話もしたくなってしまうのだ。実際問題、もうアホらしくて、怒るのも言うのもイヤになってくる。藤田社長は誰が毒を入れたかを問題にしているのではなく、「毒」の存在つまり耐震偽装の普遍的存在と、「毒の原因」つまり耐震偽装が起きた原因を明らかにし、その先の巨悪に迫ろうとしているように思う。

■行く手を阻む小悪党

ところが、巨悪に至る、ほんの入り口で、小悪がバレルのを恐れる小悪党達に行く手を阻まれている印象だ。彼の言動を見れば、小悪の追求は巨悪に至る単なる手段であって目的ではないことは分かりそうなもの、そんなに自己保身に汲々としなくても良いのでは、と思う。これが政令指定都市の役人かと思うと、実に情けない。

ビデオでは川崎市の職員が、急に開き直り、イーホームズが川崎市に行った日時、社員名等重箱の隅のような本質と関係ないことを誇らしげに言っていた。そして、オタクの社員が適法ですと言ったのだというように聞こえたが、アレは何を言いたかったのだろうか。それで偽装の事実が無くなるとでも言うのか。全く論点が分かってない。先の江戸町民だ。

■誰が言ったかではなく、何を言ったかが問題なんだが

誰が何を言ったかなど議事録の真偽なんて、私は関心無い。もっと言うと藤田社長にも関心ない、誰が言おうと関係ない。言ってる内容が問題なのだ、論点が違うぞ。国は誰が書いた分からない自殺予告で緊急会見し、対応してるではないか。或いは列車に爆弾仕掛けられたと誰かが言ったら、ちゃんと手続きしろなんて言うか?こちらは、実在の確認検査機関の代表が、自分の専門領域で関った事件を告発しているのだ。しかも耐震偽装事件は退去命令まで出したではないか。

■川崎市は偽装関与を認めた?

それなのに、この期に及んで未だ資料を出さないとは、誰がどう見たって川崎市は偽装に関与してましたと認めているようにしか見えない。挙句に元社員を連れて来いだの本質に関係ない話だ、ひょっとしたらその辺に藤田社長の弱みでもあると思ったのかも知らんが、いかにも減点主義で育った役人らしい。この場合の論点は耐震偽装の有無であって、告発のプロセスや人品ではないのだよ。だから、仮に藤田氏が減点されたり人格攻撃されても川崎市のやったことの評価には何の影響も無い。

■敵を見間違うな

川崎市によらず、ネット上の反藤田の論調は、彼が言った内容よりも、彼の人格攻撃ばかりしている。誰が言ったではなく、言っている内容を何故問題にし、検証しようとしないのか、芸能人の話ではない、人の一生の生命財産に関る問題ではないか。また、渦中の建て主は検証中というが、彼が告発して半年が過ぎているのだ、そんなに時間掛かるはずが無いぞ。さっさと公表し、問題ないなら藤田社長を訴えたらどうだ、おかしいぞ。

http://www.fujimitsu-kensetsu.co.jp/

http://www.apa.co.jp/h1862.pdf

検証の結果、藤田社長の言うとおりだとすれば、建て主も被害者として国を相手に藤田社長と共闘すればよいではないか、現に天敵(失礼!)だった小嶋社長は藤田社長に助けられているではないか、なにか出来ない理由でも?

この続きは、「敵を見間違うな」として明日かあさって。

blogランキング ←よろしければクリックしてやってください。

|

« 今そこにあった危機 | トップページ | 耐震偽装―敵を見間違うな! »

コメント

これも馬鹿番組で洗脳した成果でしょうか??ww

もう笑うしかないですね~。

くやしいけど、俺もイエローモンキー カモン!て感じで納得・・・。
 
ただ、国民を忙しくしておくと、そういった思考を停止させることができるのでは??
以前勤めた会社は、盆暮れ以外ほとんど休みなしでした。
すると、会社側の理不尽に誰もNOを言わないような感じがします。
実際自分もそうでしたし。

ミクシィーの日記にメディア批判と、藤田氏からの返信メッセージをUPしたら、変わり者扱いされてるようです・・・・。ww

投稿: かなぶん | 2006/11/17 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/12720658

この記事へのトラックバック一覧です: 偽装発覚1年、いいかげん本質を見ようよ:

» Blog開始の理由 [耐震偽装と報道責任]
はじめまして。 耐震偽装と報道責任というテーマにタックルしよう、と思います。 理由はこんなかんじです。 「イーホームズ社長の藤田被告に有罪判決 東京地裁」 2006年10月18日。なにげなく、ネットで「イーホ... [続きを読む]

受信: 2006/11/17 20:01

» 偽装発覚1年、いいかげん本質を見ようよ [頑張れ藤田東吾(イーホームズ藤田東吾社長を応援します)Mission for freedom and democracy]
藤田社長の川崎市役所でのビデオを「あっ!と驚く放送局」で拝見させていただいた。 川崎市役人の予想どおりの対応(いや予想以上・・・)であった。というところでイザヨ・ベンダソン怒りのコメントです 続きを見る... [続きを読む]

受信: 2006/11/18 00:12

» 報道の質 −「マンション強度不足 滋賀・彦根」(朝日新聞)に寄せて [いわいわブレーク]
今日の朝日新聞 朝刊【大阪版】にこんな見出しの記事がありました。 「マンション強度不足 20階建て建設中 図面読み違え、解約 滋賀・彦根」   ネット上で探したけど無いので、内容を書いてみます。 滋賀・彦根で建設中の20階建てマンション(131戸)で各階床部分の..... [続きを読む]

受信: 2006/11/18 12:13

» 「耐震偽装」発覚から1年。それでも事実を報道しないわけね…マスコミは [にほん民族解放戦線^o^]
昨日(17日)で、耐震偽装問題が発覚して1年だったそうで、大手新聞のいくつかは特集記事を組んでいた。 例えば、マンション耐震強度偽装(asahi.com) http://www.asahi.com/special/051118/ 要するに耐震偽装は、組織的な犯罪ではなく、姉歯がやったことだ…みたいな、トカゲの尻尾切りの話が結論だ。ちょこっと申し訳程度に、「まだ危険な建物はあるよ」みたいなことも書いてあるが、今ブログ... [続きを読む]

受信: 2006/11/18 23:57

« 今そこにあった危機 | トップページ | 耐震偽装―敵を見間違うな! »