« 抱腹絶倒の藤田映像!だが笑ってる場合じゃない | トップページ | 国家改造10ヵ年計画/教育基本法改正について言いたい事(イントロダクション) »

2006/12/15

頑張れ!熱海市長

blogランキング←おかげさまで瞬間1位となりました。まずクリック!

4512145c002  熱海市の財政危機宣言に関するニュースがチョイ気になった。先日のスーパーモーニングでも取り上げていて、いかにも迷惑そうにホテルや旅館関係者がイメージダウンになると嘆いて見せていた。

ところで、拙ブログで指摘したこの番組のヤラセ疑惑はどうなったんだろう。ここのところTVを見てないが、その後、例の詐欺師は逮捕されたのだろうか。 まあ、いいや、先行こう。で、熱海市の財政危機宣言で関連記事をネット検索したうち、最新記事ではこうなっていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061212-00000075-mailo-l22

<引用開始>

忘年花火大会:海岸輝く 「財政危機宣言」なんの、熱海は「元気だぞ」 /静岡

12月12日12時1分配信 毎日新聞

 熱海市で10日夜、忘年花火大会が行われた。斉藤栄市長の「財政危機宣言」が観光業に与える影響を懸念する声が広がる中、大空中ナイアガラなどの豪快な光の輝きや、三方の山にこだまする「ドーン」という破裂音は、「元気だぞ」と観衆に訴えているようだった。
 熱海海岸を舞台にする海上花火は同日午後8時20分から30分間、4000発が一気に打ち上げられた。市内のホテルや旅館はほぼ満杯。花火が終わると、斜面に広がるホテルや別荘などの窓明かりが一斉にともり、夜景美が際だった。花火大会は23日にも行われる。
   ◇   ◇
 「宣言」撤回を求め市内経済・観光関係団体は請願書の提出準備を進めているが、市議会の最大会派などは「要望を受け『決議』を行う」方向で調整中。最終日の20日の本会議で決議を行い、斉藤市長に再考を求める。【鈴木道弘】

12月12日朝刊

<引用終わり>

■引いて見ると直ぐボロが出る批判

そのほか、田島秀雄県議は「別荘税アップが心配なので、別荘を売りほかに移りたいとの声が届いた」と話した。といった記事などがあったが、なんと言うかアホらし。別荘を取り壊したならともかく、売ったからって熱海の税収に何の影響がある?単に所有者が変わるだけではないか。

ニホンジンは単語に反応し文を理解しようとしない。マスコミや選良を自認する人々は、そこを利用し、自分の発言の全体構成を深く考えもせず、単語を並べて発言するから、怪しい話と言うのは、チョイト引いて見ると直ぐボロが出る。この県議の発言などその典型だ。

■代案無き批判

要するに寄ってたかってこのワカゾー市長にイチャモンつけてるだけじゃないのか、と思った次第。テレ朝の報道でも言っていたが、この市長、今は年間5億円程度の黒字が有るが、来年度から補助金が1.5億円減り、少子高齢化を控えこれまでのサービスを維持していくと財政破綻は避けられない、と言う。

オイオイ、立派な市長じゃないか、立派な発言じゃないですか。一体この発言の何が問題なんだ。観光関係者は熱海のイメージダウンになるから撤回しろと言っているが、ホントか?単にイチャモンつけてるだけだろう、現に花火大会ではホテルが満杯じゃないか。

財政破綻の危機があると言ったらいけなくて、言わなければ良いのか、それで財政破綻が避けられると言うのか、一体どういうロジックなんだ?

市長は、このままでは破綻するから危機感を持ってくれと言っているのに、水道料金値上げがケシカランとか、別荘税増税を懸念したりイメージダウンがドッタラコッタラ、全く論点がかみ合ってない。

もしかみ合っているなら、「財政危機宣言」を撤回しろとは、随分と無責任な要求だ。じゃあ、財政破綻はどうやって防ぐというのか。国の補助は減る、税収や公共料金は上げない、高齢者増で支出は増えるでは、破綻は目に見えているではないか、本当に財政破綻してしまってはイメージダウンどころではないぞ。代案無き批判はアホがダダをこねるに等しい。

市の財政を食いつぶす輩?

それに比べれば、この市長が言っているのは財政破綻したと言っているのではない、破綻しないよう危機感を持ってくれと言っている。黒字にも関らず「財政危機宣言」をしているのだから、やる気ある姿勢満々、どう考えたってイメージアップではないか。

ハッキリ言おう、外から見る限り、「財政危機宣言」を撤回しろなんて事を言う市民は余程のバカか、市の財政を食いつぶす輩にしか見えない。TVや新聞の報道を見る限り、そういう印象を持たざるを得ないのだ。

■ひょっとしたらマジメな市長?

そこで念のため、市のホームページを見るとタウンミーティングを頻繁にやっている様子、また新庁舎の設計コンペの経過報告では、評価点の配分詳細まで情報公開されていた。また「財政危機宣言」の説明もマットウなものだ。

http://www.city.atami.shizuoka.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1165395071827&SiteID=0000000000000&FP=toppage

で、思った。あくまでこれは推測だが、この市長、ひょっとしたら非常にクリーンでマジメなんじゃないだろうか、と。となれば当然に、利権派とは対立するだろう。そう考えると、県会議員が、「別荘税アップが心配なので、別荘を売りほかに移りたいとの声が届いた」と言うのも、よくある人を悪く言うための印象操作に夢中で自分の発言の矛盾に気が付かない典型だが、さもありなんと納得できる。

■一体誰がイメージダウンさせている

さても可笑しいのは、冒頭にご紹介した新聞記事。ここには「市内のホテルや旅館はほぼ満杯。花火が終わると、斜面に広がるホテルや別荘などの窓明かりが一斉にともり、夜景美が際だった。」とある、一体ドコがイメージダウンというのか。少なくとも私の目には、「財政危機宣言」を撤回しろといっている観光業者達の方が遥かにイメージ悪い、ああいう連中が牛耳る熱海に行ったら、ボッタくられるんじゃないかと思ってしまうゾ。

【追記】

熱海市長の事も、観光業者のことも、個人的には全く知らない。拙ブログ記事はマスコミ報道の行間を読み、推測したもの。もし客観的事実に誤認があれば、お知らせください。ただし見解の相違は除きます。

blogランキング

|

« 抱腹絶倒の藤田映像!だが笑ってる場合じゃない | トップページ | 国家改造10ヵ年計画/教育基本法改正について言いたい事(イントロダクション) »

コメント

熱海カジノ構想!!

熱海カジノでネット上をググってみればわかるでしょうが。。

参考までに以下に
http://www.shizuokaonline.com/webreport/20040929111901.htm

またカジノ構想に対する意見の代表は以下に
http://www2.tokai.or.jp/triangle/newspaper/casino/page-02.htm

賛成派の森田金清氏、・・って、なんだか如何にも○日的なお名前で。。。熱海聚楽ホテルの社長です。

慎重派(反対)の二見氏は熱海の老舗名門?の釜鶴の社長(慶応大学卒)です。

投稿: ズキズキ | 2006/12/27 21:38

先日ここにカキコしましたズキズキです。
ベンダソンさん、お名指し?でのコメントありがとうございました。(笑)

地元の人に確認したところ、熱海にカジノを作る話し自体は大分前にすでに内定しているそうです。
しかし、熱海が温泉街で、有力ヤクザ(最近までは稲川会)が明らかにいて、色町?の香りもあるやなしやというところに、「カジノ」とくれば相当怪しい感じになりますよね!

今は風俗系のお店は表向きありませんが、そういうものもカジノに合わせて作る構想もあるそうなので反対が強いそうです、したがって地元民や事業者の中にもいまだに反対が根強くあるそうです。これ以上怪しい街にはしたくなしと・・・

また余談ですが、当人達や、利害関係当事者間では自覚はないようですが、
賛成派、反対派は日本人と在日の対立色が色濃く見えます(笑)
これは私のように外から見てるものの話しですが・・・
更に昨日の朝には、みののんたの朝ズバでもこの熱海財政危機宣言の問題が取り上げられていましたが、まあ、TBSですから・・・その筋の力?反映してますかね?

そこでも、熱海は破綻は今すぐではなくても現状が続けば近いうちに陥る可能性があるならどうしたらいいのかそれが問題だと、日本人と思えないような?山本寛才がほえてました。(笑)
具体的な熱海の街の活性化策が出されていない今は、近くある市会議員選挙で前川口市長の息のかかった連中を落とすためのブラフに見えます。今のところ斉藤市長の主張の方が普通に考えればまともに見えますからね・・・

私はうまい話には裏があるというほうですから。。。これで世論(メディアやテレビのあおりで)が市長に付けば、市議会も握った暁には熱海活性化の具体策の目玉?としてカジノの解禁に動く可能性がありありです。
なぜいま時の権力と近い山口組が熱海にはいってきているんでしょうか?
おいしい話ですよね?? 

投稿: ズキズキ | 2006/12/27 15:23

ズキズキ様、たれこみ(?)有難うございます。

いろいろな噂が、ありそうですね。
噂が噂なのか真実かは、確認の使用もありませんが、辻褄あわせで真実の行方は見えてきそうです。

今後の展開、反対派の動きがそれを証明するでしょう。

今後もよろしくお願いいたします。

投稿: ベンダソン | 2006/12/26 11:48

前回コメント続き

先日、この今回の熱海の市長発言に絡む背景についてコメントしましたが、追加にてコメントします。

斉藤市長の宣言、行動に反対する?市議会の構成メンバーは殆ど前川口市長の子飼いであることは地元民は知っていると思います。

今年行われた市長選にはあのアントニオ猪木のお兄さんも立候補したりして話題?になりましたが・・・斉藤氏は民主党の支援を受けていまして(本人も民主党の議員秘書)、当選した日には民主党の渡辺周も来ていました。

さて政治は結局、権力闘争ですから、背景にはややこしいこともあるのは常ですが、
前市長の川口氏が長期政権だった大きな理由は、彼が多賀地区の名士?地主であり資金力があるということです、そして現在の議会の議員の多くが川口市長から借金している関係で川口氏の言うことを聞かざるを得ない状況がズット続いているということです。

ただソウカも多い中で公明党と自民党が支持した川口氏が敗れたことは、地元民もこれは何か大きな変化の予兆だろうとは感じたのは事実のようです。
また、いま前川口市長は自分の不正がばれるのを恐れて入院中ですが!(笑)普通の地元民は川口氏がそうとうヤバイ状況になっているのはウワサでよく聞きます、今の議会は選挙してませんから、川口氏の影響力が生きているのは当然で、また川口氏と一緒に不正?してきたいまの議会(議員達)が斉藤氏と対立するのはこれまた当然です!! その対立関係を利用しようとしている利益追求の大きな力?がさらに存在するのもこれまた当然なわけです。

大体が、熱海市役所の職員が隣の伊東町の人が多いというのも(熱海住人が少ない)おかしな話しなのもなんだかなあ?という感じがします。ここの闇の勢力も変わったことで・・・

投稿: ズキズキ | 2006/12/25 18:30

観光業者、市長のどっちが正しいのか分かりませんが、背景を少し・・、
ここは今までは、広域暴力団の稲川会が仕切っていました。

が昨年、親分が亡くなって、跡目相続で揉めたりもしていますが、最近ではもう稲川会の実体はほとんどなく、明らかに山口組が進出しています。

また有名旅館の蓬莱や石亭、百万石他などもオーナーが代わっています。
(一旦潰れて買いとられている)またそのバックには大物?(レストランなどの事業などで有名)が熱海全体を買い占めるかのような動きも見えます。
そして、その先には熱海カジノ構想がズットいわれておりますが、イメージ的な面から反対も多いです。(市民感情)
斉藤市長はその大物たちとの関係も言われています。(一説には送り込まれた?)

財政危機宣言はカジノ導入のキッカケのされているのが実態です。

前の川口市長の無策ぶりと、私腹を肥やしたのがバレそうでいまは入院中とか(笑) 財政が厳しいのはこの川口市長の問題といわれています。
このあたりが語られずに表面的な騒動見ていては間違える可能性があるかもしれません。

私は熱海住人ではありませんが、神奈川県から遊びに行くので、そういう話が聞こえてきます。

ここの観光業者が儲からないのは、多くの場合商売が下手なだけで、観光人口が減ったといってもまだ年間約300万もいることは市の数字が示しています。それで大きな変化を望まなくてもなんとか食っていけるというある種の恵まれた?実態があり、熱海の地元のみんなの本音はあまり大きな変化を望んでいません、つーかレベル低いところで満足してしまっています。

さらに最近特に韓国人が増えてきたり、もともと在日の人も多いという(sokaも多い)事情もあります。
変化すれば自分達が一番最初にヤバイのを薄々感じてるのではないでしょうか?
よく熱海は外からビジネス参入するのは難しいところともよく聞きます。大手ゼネコンなども言っていたのを聞いたことあります。そんな理由があるからかも知れません。

ここも日本気質の回復傾向もすこし見えます。

とくに花柳界も世代交代が急速に進んでいるようです。糸山栄太朗のハレンチ騒動も以前はありましたが・・・

投稿: ズキズキ | 2006/12/20 19:14

皆様、コメントありがとうございます。
出来たら、こちらへ熱海市長に激励のメールを送ってあげてください。
hisho@city.atami.shizuoka.jp

●建つ三介様、

>『島国根性』≒『内々主義』を脱却するいい機会ですが、
この記事のようではね~。

全くです。

●初コメ様、
>理性的で,なおかつ、視点が面白いのですね。

ありがとうございます。でも私は理性的ではありません、時々プッツンしちゃいます。その時はご容赦を。(笑)

投稿: イザヨ・ベンダソン | 2006/12/16 15:03

こんにちわ。以前の文章を読ませていただいていると、ほんとに理性的で,なおかつ、視点が面白いのですね。

日本の良さを生かして、世界に認めてもらうには、温泉の価値をもっとアピールして、医療に役立て、日本列島全体を人類の宝の癒しの地にしたら良いのにと、私はおもっていました。
特に、イラクで、傷ついた罪のない子供たちを、日本の不況の温泉地を貸切り、治療と共に、緑の中で、癒してあげたら、その子供は一生親日家でいてくれるでしょう。一生、日本の良き語り部になってくれるでしょう、と地元の新聞記者に話したことがあります。
温泉地の不況のニュースに、思い出しました。

投稿: 初コメ | 2006/12/16 12:04

今晩は。
つい先日の国会で、観光立国法というのが通過したようで、
内容はまだ読めてませんが、
海外からのお客さんが頼みなのかな?って気がしてます。
幾つかの報道を観ていて。
資本も労働も観光も相互交流が深まっていくのは確かです。
『お金』だけ落としてくれる言うわけには行かないでしょうね。
『アツレキ』も『意思疎通の齟齬』も増える。
『島国根性』≒『内々主義』を脱却するいい機会ですが、
この記事のようではね~。

でも、賽は投げられた。です。やるしかないんでしょう。

投稿: 建つ三介 | 2006/12/16 00:52

周爺様、コメントありがとうございます。

同じご意見の様子、心強く思います。
こういう話、分かる人には分かるんですが、分からない人には、全く分かりませんね。

予報が雨でも、雨と言われると怒るので、晴れるよと言われ喜ぶ人々。で、結局、傘を用意せず、ずぶ濡れ、棒に怒るサルです。

投稿: イザヨ・ベンダソン | 2006/12/16 00:42

全く同感です。
財政危機宣言を出した市長のどこが悪いのでしょうか、むしろ熱海のイメージを悪くしたのは「宣言」反対の方だと思いますがねえ。
熱海市の観光団体が市長に財政危機宣言撤回を本気で求めているのでしょうか。
観光業者が本心で、こんな宣言はイメージダウンで迷惑だ、と思っているのなら一度全部が倒産して出直した方がヨロシイのでは。
市長がこれほどビジネスチャンスを与えてくれたと言うことが分からない観光業者はアホバカマヌケなのでやがてその他の市民に迷惑をかけることになるので、早い内に消えて頂いた方がヨロシイでしょう。
経営者失格と言うことです。
市長の「財政危機宣言」で健気な市長の意気に感じて新幹線を途中下車しても熱海で一泊しようかと思っても、観光業者団体が「宣言撤回」が動くとなると、「なんで熱海なんかに行くものか」と言う気になります。
今の熱海は日本人の観光客の比率が下がっているので、観光業者の反応はこんなものかもしれません。

投稿: 周爺 | 2006/12/15 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/13075724

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張れ!熱海市長:

» ドーハ・アジア大会に寄せて。 [いわいわブレーク]
夕食を食いながら、NHKの7時のニュースを見た。 国会がトップニュースやったけど、それは(しばし)置いといて、アジア大会金メダル50個について、 ちょこっと・・。 [続きを読む]

受信: 2006/12/15 23:55

» 貫一お宮もびっくり!財政危機宣言の是非に熱海がゆれる [あれは,あれで良いのかなPART2]
今年9月に熱海市長に就任した斉藤栄市長が,熱海市の財政が危機に瀕しているということで「財政危機宣言」をしたところ,議会や観光協会などを中心に「そんなことはない。イメージダウンだ。」ということで宣言の撤回を求めており,市長との攻防が続いているようです。 「財政危機宣言」の撤回を求める決議採択 熱海市議会(朝日新聞) - goo ニュース 危機感を持つに越したことはないのでは? まず,このニュースを聞いたと�... [続きを読む]

受信: 2006/12/25 01:51

« 抱腹絶倒の藤田映像!だが笑ってる場合じゃない | トップページ | 国家改造10ヵ年計画/教育基本法改正について言いたい事(イントロダクション) »