« 危ない! | トップページ | 近代日本偉人伝 »

2006/12/01

藤田東吾氏を擁護する理由

何故藤田東吾氏を擁護するか、拙ブログでは別に藤田東吾氏を特別に擁護してはいない。彼は重大なことを言っており、故にそれを確かめたいだけだ。だから根拠も無く藤田告発を否定できない。つまりアンチ藤田ではないということだ。

blogランキング ←よろしければクリックしてやってください。

とは言え、藤田氏が証拠を見せろといっても見せなかったり、散々罵倒されてもダンマリを決め込む人々の客観的状況を見る限り、藤田氏の言い分に真実味があるのは事実。しかし、拙ブログ、偽装が発覚した1年前は、必ずしも藤田氏に好意的ではなかった。

当初はヒューザーと対立している印象があり、小嶋社長は無過失でも瑕疵担保責任はあると言い切っており、形式的責任を甘んじて受ける覚悟を表明していた。それに対して藤田社長の確認検査機関には落ち度が無いかのような主張やERIもやっているといった発言は、どこか責任転嫁しているようで、良い印象は持てなかった。

やはり確認検査機関として見落としは見落としだと思ったからだ。但しその時点でも、誰であっても偽装は想定外のことなので見破れないだろうと書いた。そう言った藤田氏への印象は、告発以後一変した。

その理由は、論理的説明が難しいが、こういうことだ。つまり・・・、

私や友人S氏は現実に談合と戦っているが、想像を絶する仕打ちがあり、既得権益と戦う事がいかにしんどいかはやったものでなければ分からない。

信念と正義を貫こうとすれば、無理やり溺れさせられ、一斉に石を投げられる。恐ろしいのはオンブズマンを称する市民団体たちは、全く無関心であることだ。誰も助けてはくれない。市民はどうでも良い重箱の隅はつつくけれども巨悪や根本的なことには全く無関心で、結果的に既得権益保護に手を貸している。

とにかく、信念や正義に関しては、ほとんどの市民は口先だけのパフォーマンスが多く、いかに目立ち自分をアピールするかを重視していて、決して自分の生活を賭してまではやらない。

そういった体験を踏まえると、直感的に藤田社長には、立ち上がり行動する人間の匂いを感じたのだ。そして本当に悪と戦う者の苛立ちが伝わってくる。これは実戦した者にしか分からない感覚、自分の身は安全なところにおいて人の行動を批判だけする机上論者には絶対理解できないことだと思う。故に論理的説明が難しいと言ったのだ。

以前藤田社長が拙ブログに反論した事があり、藤田支持者の方が心配した事があったが、真剣勝負をやっているのだから、つまらない妥協などするわけが無く、お互い直ぐに論点と解決すべき問題のプライオリティを理解できた。

この辺は問題を個人レベルでしか考えない人々には理解できないかも知れない。藤田氏が小嶋社長に有利な上申書を書いたことも、敵に塩を送るようで奇異に見えるだろうが、プライオリティは個人の問題よりも国民の安全に有るからではないだろうか。

確かに、藤田社長の支離滅裂さや、軽さは気になるが、孤軍奮闘なので仕方ないかなと思う。むしろ、自分はどう思われ様と構わんと、退路を断った故の開き直りに見えるのだ。

欠点は探せばいくらで見つかるだろうが、今まで彼のように国家権力に立ち向かい、身を賭してモノを言った人間がいただろうか。戦後知る限り(知ってはいないが調べた限り)では山口判事くらいなものだ。

彼が告発した内容の重大さは、彼への人格攻撃でどうにかなる次元ではない。再三言ったように、ガリレオを黙らせても地球は回るのだ。

ヤフーやEマンションの掲示板では、藤田派、反藤田派が激論(?)を戦わせているが、反藤田派の意見は、藤田のバカ、アホの類ばかり。せいぜいが、審議官のドアを叩いたのはウソだとかといった、発言の揚げ足取りがほとんどだ。

心情的藤田派は、こう言った反藤田派の冒涜に怒りを表わすが、こうなるとどっちもどっち、バカと言ったオマエがバーカみたいな、子供のケンカだ。先に、藤田氏が核心に触れれば触れるほど、人格攻撃が強まると書いたが、正にそのとおりの展開となってエスカレートしている。

匿名で議論するネット掲示板では、発言者の実態が分らず推測の域を出ないが、反藤田の意見がほとんど根拠もない感情論ばかりで、藤田告発の核心から論点をずらすそうとしている事から、当然に藤田告発で不利益をこうむる人々である事は想像に難くない。

だが、それ以外に、ヤジウマも相当数いて反藤田派を形成しているようだ。と言うのも、私の身の周りのそれなりの知的水準にある人々も、ああ、あれは責任逃れのための告発だろ、などと言っているからだ。

そう、ニッポンジンはこの藤田告発の内容よりも、誰がどういう動機で言ったのかという個人レベルでしかモノを考えないようだ。つまり、何を言ったかではなく、誰が言ったか、何の目的で言ったかを重要視しているのだ。巨大彗星が地球にぶつかるぞと言うとき、事実確認よりも、誰が言ったかを議論するのだろうか。

しかし、考えてみれば、そもそも人々は何を言ったかが重大なことだったので注目し、誰が何の目的で?と考えたはず。もうこの時点で論理矛盾、本末転倒しているではないか。重要なことは藤田告発の内容である事は皆分っているはずなのだ。

藤田支持者がどういう考えであれ、藤田氏がどうであれ、藤田告発とは何の関係も無く、藤田告発は国民経済の根幹に関る最も重要なことなのだ。にも関らず藤田がどうのこうのといった個人レベルに話を矮小化し、夫々の評論を開陳していったい何の意味があるのだろうか。

これでは、目先の関心事に目を奪われ朝三暮四でごまかされたエテ公と同じではないか、叩いた人に怒らないで、棒に怒りをぶつけるニホンジンだ。だから、反藤田派の人々には、分かった君の言うとおりだ、藤田はバカでとんでも無いヤツだ、何でもキミの言うとおり同意するから、真相究明のジャマはしないでくれよと言いたい。

大体、藤田バッシングをしたいなら、証拠を出せば済むこと。或いは罵倒された人々・企業が名誉毀損で訴えれば済むこと。何故に藤田氏の言動がどうのこうのと遠回りするのか、正にサル知恵、怪しいことこの上ないではないか。

何故そんな子供だましに同調するのか、いったい何の利益があるというのか、全くもって不可解だ。藤田告発が藤田氏の利益だと思ってのことだとしたら、他人の利益を気にして自分の不利益を省みないバカの極みだろう。

また、耐震偽装とは外れるが、架空増資の問題も、これで藤田社長が無罪とは言えないが、1昨日のエントリー「夕張破綻は粉飾ではないのか」と書いたように、粉飾が違法であり逮捕監禁されるなら、何故こういう事が何の咎めも無いのか、法律論云々というテクニカルなことではなく、事件の本質を何故見ないのかがマカ不思議だ。

藤田告発は何も複雑なことを言っていない、例えて言うなら列車に爆弾が仕掛けられた、或いはジュースに毒が入っているといっているに過ぎないから、調べたり、飲んで見せれば済む事だ。それを設計図が無くなっただの、何時何時彼が何を言っただの、いい加減にしたらどうだ。どんなに言い訳や話を逸らしてもムダなのだ。

藤田氏がバカでもアホでも良い、何でも好きなように言えばよい。否定はしないし、邪魔もしない。同意しろと言うなら一緒に藤田のばーかとも言おう。

だからエテ公ども、頼むからジャマだけはせんでくれ!

私は藤田告発の真偽を確かめ、安心したいだけなのだ。

blogランキング ←よろしければクリックしてやってください。

|

« 危ない! | トップページ | 近代日本偉人伝 »

コメント

●初コメ様、再レス、ありがとうございます。
メッセージの隠された意味を解説してしまうと、無意味になりますので、御想像にお任せします。
今後とも、よろしくお願いいたします。

● ジョンケイcaesar様、再レスありがとうございます。
>藤田東吾の重大発表の表紙に女性のモデルを募る必要があるのでしょうか?自分の顔で十分なんじゃないのでしょうか?何を考えているのでしょうか?お金を集めたいのでしょうか?それともお金を使いたいのでしょうか?

まあ、これはご本人の問題、本質には関わらないので好きにしていただくのが一番でしょう。(笑)
そっとしてあげましょう。ただ、お金を集めたいのか否かといえば、本を出版するんですから、藤田氏に限らず、普通前者ですよね。

ま、それはそれとして、彼を支持するならば、ご本人とか直接支援行動をしているスパイラルドラゴンさんに寄付したらいかがでしょう。もしご本人が受け取らないようでしたら、この本を買えるだけ買うのも手です。

代金が直接、本人の手に渡らないのは歯がゆいところですが、ベストセラーになれば、さすがにマスゴミも無視はできないでしょうから。

投稿: イザヨ・ベンダソン | 2006/12/02 23:12

「全く同感です」を投稿したジョンケイです。名前を書くの忘れてしまいました。藤田東吾氏を全面的にサポートして、出来る事あればお手伝いしたいと思っています。59歳ですが、過去を振り返ってみたとき日本は彼の言う通りの状態だと文句無く信じられます。ネットの世界でここまで明らかにされているにもかかわらず、同級生の多くは未だ未だ認めたくない様です。何と言う情けない人達でしょうか?でもアホは何処にでも居ます。ほっておきましょう。とにかく今出来る正しい事だけする事に邁進したいです。

話しは変わりますが、藤田東吾氏が今年中に本を出すそうですね!!物凄く期待してます。が、ただ一点、表紙のモデルの募集要項の案内でどうしても分からない部分があります。藤田東吾の重大発表の表紙に女性のモデルを募る必要があるのでしょうか?自分の顔で十分なんじゃないのでしょうか?何を考えているのでしょうか?お金を集めたいのでしょうか?それともお金を使いたいのでしょうか?

これは正直大きな疑問です。

投稿: ジョンケイcaesar | 2006/12/02 20:13

早速に意見を聞いていただき、益々貴ブログが好ましく、これからもよろしくお願いいたします。

<イエローモンキー>の言葉には、どんなにアメリカの支配層に入り込み,同化し、肩を並べた気でいても、黄色人種にまつわる差別感から開放されない。むしろ、そうした事実から目をそらさないで、日本の将来への布石を考えて欲しいという政府への要望があるかと思いましたが、違いますか。勝手に推論してすみません。

今後の展開を楽しみにしています。

投稿: 初コメ | 2006/12/02 15:20

【追記】
確かにご指摘の通りYahho japan!は不要ですね。その内じゃなく、今直しました。この方が良い。初コメ様、ありがとう。

投稿: イザヨ・ベンダソン | 2006/12/02 12:35

皆様、おはようございます。
拙ブログ、何故かアクセス数が増えるに従い、逆にコメントが減ってきて戸惑っていたところ、かくも沢山のコメント、ありがとうございます。このことは、マスコミの無視に反して、藤田東吾氏の耐震偽装告発にいかに人々の関心が高いか、その証の表れかと思います。

拙ブログにも書きましたが、既得権益や権力と戦うことは筆舌に尽くしがたい困難を伴います。何よりも辛くやりきれないのは、こういう戦いを個人のレベルで捉えられたり、市民が無関心であることです。

個人のレベルで捉えられることは話が矮小化され、また無関心は見殺しであり、これらは直接の敵よりもダメージがあります。ですから藤田氏に対して心情的に傾倒する必要は無く、何が重要で何が論点であるかを正しく認識し、自分の問題として広く国民が関心持つよう、共に支えましょう。

少し話はズレますが、Yahhoo!の表記は、確かにご指摘の通りです。これには経緯があって【試験運用中】としていてそのままでした。経緯を説明すると長くなるので省略しますが、気が向いたら、これは外しましょう。

またイエローモンキーは必要な表題と考えています、この説明はかなり長くなりますので同じく省きますが、誤解を覚悟で言えば、その目的は皆様を怒らせ、不快感を与える為です。一言で言えば、もう何度も書きましたが、拙ブログの重要テーマの一つ、「単語に反応するニホンジン」つまり「単語に反応するな」です。

ブログの文字に関しては、私も当初からココログには不満があるのですが、契約プロバイダの関係でどうしようもありません。有料なのに見栄えも悪いし、余談ですがSo-netのブログが一番見栄えが良いように思いますね。とりあえずで始めたブログですが、アクセスが日に2000を超えるようになると、URLを変える勇気が出ず、試験運用のまま続いてしまいました。

>「王様の裸」を指摘すればどうなるか?この物語の結末を書くのは、国民一人ひとりです。

「王様の裸」かどうかは、様々な見解や推理が働くところですが、結末を書くのは、国民一人ひとりであることはマチガイないでしょう。
上手く、まとめていただきました。

皆様、とり急ぎ、
よろしくお願いいたします。

投稿: イザヨ・ベンダソン | 2006/12/02 12:25

私は、藤田氏が当初「問題は偽装可能な大臣認定プログラムにある」と指摘した時から、この人の勇気に注目していました。誰もが「その通り!」と思ったことでしょう。でも人々は次の展開に恐れをなしました。「王様の裸」を指摘すればどうなるか?
この物語の結末を書くのは、国民一人ひとりです。

投稿: ペンタクロス | 2006/12/02 09:54

はじめまして。
藤田東吾氏の告発啓蒙活動は、日本人の良心として、擁護応援すべきことだと考えていた私には、こんなに嬉しいブログとの出会いが今日になったのが不思議です。他のブログのTBで、存在は知っていましたが、タイトルを目にして、内容の真剣さを窺う事ができませんでした。
<Yahhoo!、イエローモンキー>などの表示は必要なのですか。表題だけで,あんまり時事問題に関心のない人は、引いてしまいそうで、残念です。
それと、エントリーの活字が謄写版で刷ったみたいに、読みにくいのです。他の無料のブログでも、エントリーを公開して、藤田さんのような、良心的で正義感の強い日本人、徒党を組まなくても大丈夫だった人が思わぬ攻撃や、陥穽に嵌っている状況を糾弾して、救いの援護をお願いします。
記事の内容が良い場合、読みづらい図がままあります。

投稿: 初コメ | 2006/12/01 22:15

このコメント全てに同意します。

国民が考えている安全と、業界人間(行政、学者を含めて)の考えている安全に大きな隔たりが有る事が裏に隠されています。

国が言う「倒壊しない」・・・人命に危険が及ばないで、避難する時間的余裕が有る(連続する余震等で最終的には崩壊する事もあり得る)
消費者やデベの営業マン、経営者の認識は、地震が収まれば使用、生活出来る。
再使用は殆ど不可能と言う認識は無い。

こんな根本的違いを国土交通省は言おうとしない。
確認、国のお墨付きは絶対と言う神話の崩壊につながる事を回避し、一部の不届きものせいにして決着したい。

突き詰めていくと。
構造基準の曖昧さ、本来確認業務は確認であって品質の保証では無かった事、書類上の合法性を示していたこと、行政が権益拡大に利用していたこと等
とても国民には説明付かないでしょうね。

投稿: nobusukegou | 2006/12/01 21:22

全く同感です。藤田東吾氏は誰が聞いても正しいと思える事だけを非常に分かり易く説明しているだけです。彼の言っている事の全てに納得が行きます。私からみれば文句の付けようのない正論です、中でも彼自身の行動を彼が表現する時に、憲法を引きあいにして、単に国民の権利と義務を行動に置き換えているだけ。というところが特に納得出来ます。

底の見えない大きな敵との戦いにただ一人で挑んでいます。人々を納得させるにはオオモトのその元である憲法を引き合いに出し、そこに正しいと書かれている正しい事をして、間違っているものは正さなければならない。と言う単純な判断基準に沿って大上段から攻めるのが、最良最短、かつそれしか無いーー特に真剣勝負なら。

彼はいつ見ても、何回聞いても真剣です。彼なりに一生懸命です。なにしろ説得出来なければ、巨悪に負けてしまうからです。彼はたった一人で挑んでいます。ときたま彼の表現が多少飛んでも、語りが走りすぎてもそれは真剣に伝えたいから、限られた時間内に伝えたいからそうなると思います。彼は話しが上手だから話している人でなく、文才があるから書いている人でもなく、巨悪を葬りたいその気持だけでなりふり構わず話しまくります。そんな彼を軽いとか、支離滅裂だとかで決めつけるのは、絶対に慎むべきです。話しが上手な人以外は正しい事を言えなく成りますね。

今私達が目の前にしているのは、国民をあざむき続けて来た闇の巨悪と、勇気あるたった一人の男が死にもの狂いで闘っているという正直な姿だと感じるから、意気に感じているのです。彼には時間がありません。私はなんとか出来る限り支援したいと思っています。

投稿: | 2006/12/01 21:11

まさにおっしゃる通りだと思います。
疑いのある建物を検査すれば済むこと。
その費用は国か自治体に負担してほしい。
国民の生命と財産に直結する事案だけに
税金を使っても真偽をはっきりさせるべき
だと思います。
誰も文句は言わないでしょう。
人々の記憶が風化しないうちに
是非とも実施してほしい。

投稿: | 2006/12/01 13:57

御意。

息長く行きませう。

投稿: 疑問詞 | 2006/12/01 11:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/12886800

この記事へのトラックバック一覧です: 藤田東吾氏を擁護する理由:

» 朝日の決意 天木・筆坂の熱血 魚住の炯眼 [耐震偽装と報道責任]
2006年12月1日付けの朝日新聞の朝刊を読んでたら、「朝日新聞こう改革します」というフレーズが目に飛び込んできました。 読んでみると、「記者行動基準(抜粋)」というのがあって、素晴らしい決意が述べられていました... [続きを読む]

受信: 2006/12/02 00:28

« 危ない! | トップページ | 近代日本偉人伝 »