« 情報は本当だった、イーホームズ処分取り消しを要求しよう!耐震偽装はパンドラの箱ではない! | トップページ | 藤田東吾の地位回復は法治国家としての踏み絵 »

2007/02/04

耐震偽装はパンドラの箱ではない

Yahooの掲示板に「藤田東吾参議院議員のミッション」が設置されました。設置者は、togotodietさんです。

【説明】
この掲示板は、「仮に国会に藤田東吾参議院議員がいたとして、彼が取り組むべきミッションは何か」に関する話題を話し合うトピックだそうです。【注:2/6訂正、下記URLはyahooにより削除されたとのこと、存在しません=設置者よりmixiを通じ報告】

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&board=1835561&tid=fa3edel8cbb25d1a15d0wa4na5dfa5ca57a5ga5s&sid=1835561&mid=1

■TVが騒がない
それにしてもまあ、堰を切ったように続々と出てくる。ところが、TVが今一つ騒がない。これはどうゆう事?

■期待される一般被害者?

もっとも、一昨年の耐震偽装発覚の時も、最初はそれほどの騒ぎではなかった。被害者が出てから大騒ぎになったように記憶している。だからこれからどれだけ一般人の被害者が出てくるかで、騒ぎの大きさが決まるだろう。

■国交省の方向転換―パンドラの箱ではない事に自信を持った?

一昨日の国交省の発表は、藤田東吾の告発を真摯に受け止めているかのような印象を与える。http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/07/070202_.html

次官が代わって、自分達の過ちに気が付いたって事なんだろうか?一つの推測なんだが、国交省は、耐震偽装がパンドラの箱ではない事に気付き、実態を公表しても対応可能との自信を持ったのでは無いだろうか。

■パンドラの箱じゃないので首は飛ばない?

パンドラの箱ならば、対応しきれず責任追及をかわす事が出来ないので、イーホームズやヒューザー等をエスケープゴートにして、矛先をかわしたが、その後の調べで、どうにか解決できそうだとなったのかもしれない。恐らく実態を公表しても自分達の首が飛ぶ事は、避けられそうなんだろう。

■サンプリングは自信の裏付け?

国交省が全国のマンションを無作為でサンプリング調査すると言うのも、その裏付があっての事ではないか。先に81年の新耐震以前の建物に違法ではなくても耐震強度不足を印象づけておけば、その後の新耐震新基準以後に偽装が見つかっても、建替えなければならないとはならないからだ。

建替えのパニックが起きなければ、国交省の身は安全だ。そういう見極めが付いたのではあるまいか。そう思えてならない。

■強度不足対策は偽装とは別

もう少し、妄想を膨らまそう。81年施行新耐震基準以前の建物はゴマンとある。あるどころか大半がそうだ。その大半の建物が違法ではなくとも、今の基準の耐震基準の以下である事が分かれば、そして耐震偽装が同じ位の強度は持ってるいれば、偽装=キケン取り壊しとはならず、違法性だけを裁けばよい。

■耐震偽装はパンドラの箱ではない

強度不足対策は、偽装とは別に必要な基準を設け、措置を講じればよい。と、まあこう言う事かも知れない。と言うより、そうすべきである事は再三述べたとおりだ。耐震偽装はパンドラの箱ではない、実態を見もしないで不安に怯え、臭くも無いのに蓋を閉めて、却って腐らせてしまう害の方が大きいのだ。

クリックよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓


藤田東吾を国会へ贈るかい?参加はこちら

人気Blogランキング

|

« 情報は本当だった、イーホームズ処分取り消しを要求しよう!耐震偽装はパンドラの箱ではない! | トップページ | 藤田東吾の地位回復は法治国家としての踏み絵 »

コメント

皆様コメント有難うございます。
● 富山市民様
>イーホームズ、が、耐震偽装補強対策の緊急プロジェクトの主体となって全国の不安に息をひそめている居住者のために立ち上がって頂くことを望んでいます。

そうですね、しかし藤田社長は全ての権限を剥奪されて孤軍奮闘です。ですから、先ずは地位の回復が先でしょう。地位が回復すれば、何も国会議員だけが彼の活躍の場とは限りません、専門知識と稀有の経験を生かして、学者、審議委員、或いはビジネスとしてでもこの問題に取り組む事が考えられます。そうなれば、国民にとって心強い味方となるでしょう。

>社長のお墨付きで始めて財産保全も補強工事も疑念払拭が可能です。

イーホームズが復活したら、正に安心保障かもしれません。いろいろ批判はあるでしょうが、私なら、コレだけの体験をした会社ならば信用しますね。アトは知らぬ存ぜずでほっカムリしていたんですから。

● 仏の金さん、
>自分自身に置き換えた場合、彼のような行動が出来たか自問自答しています。

全く同感です。私は談合と戦っていて、同じく孤軍奮闘のため残念ながら今、敗れようとしていますが、それ故に彼の行動のしんどさが良く分かるので応援しています。悪と戦っているのに、市民に無視しされ足を引っ張られる悔しさ、空しさは本当に戦った者にしか分りません。

彼は私の談合などとは桁違いの巨悪に一人立ち向かっています。皆様できる限りの応援をヨロシクお願いします。応援とは、関心を持っていただくだけでよいのです。

投稿: ベンダソン | 2007/02/06 18:04

はじめまして。奈良県在住の通称仏の金さんと言います。藤田氏の行動に感激しています。出る杭は打たれるとか、長いものには巻かれろとか言いますが、きっと心の葛藤があったと察しております。自分自身に置き換えた場合、彼のような行動が出来たか自問自答しています。彼のような方が総理になって、美しい国作りと再チャレンジを言って欲しかったです。PS、本も読破しました。ミスプリもメールしておきました。

投稿: 仏の金さん | 2007/02/06 00:12

富山市は50棟もの水落物件があるのに、現在、静かに、穏便に偽装隠蔽進行中です。    市長、行政、マスコミ、政治、いつもどうりの談合連合です。これからは、全国一の”安普請都市”富山、となってしまいます。  藤田社長の参議院議員も良いですが、その前に社長、イーホームズ、が、耐震偽装補強対策の緊急プロジェクトの主体となって全国の不安に息をひそめている居住者のために立ち上がって頂くことを望んでいます。(本来は国、国交省自治体、が任命すれば良いのですが)  藤田社長以外の調査では、どんな権威でも疑心が残ります。社長のお墨付きで始めて財産保全も補強工事も疑念払拭が可能です。アパ、サーパスマンションの本場、”安普請都市富山”を手始めに、全国へ展開して頂けるような方法、仕組みが出来ないものでしょうか。  富山市民

投稿: 富山市民 | 2007/02/05 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耐震偽装はパンドラの箱ではない:

« 情報は本当だった、イーホームズ処分取り消しを要求しよう!耐震偽装はパンドラの箱ではない! | トップページ | 藤田東吾の地位回復は法治国家としての踏み絵 »