« 畳ネクタイ? | トップページ | 何が問題か分かってない安倍内閣 »

2007/05/31

5000万件不明がミス?

納付記録5000万件が該当者不明になっているこの事件、余所の国なら暴動が起こっていても不思議ではない。だが、不思議なのはこればかりではない、何故発覚したのか、何故5000万件もあるのか。皆さんは、ここに疑問を感じないのだろうか?

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20070528ig91.htm

<引用開始>

年金支給漏れ ぬるま湯組織が残した負の遺産(5月29日付・読売社説)

不完全な年金記録の問題は、公務員組織のぬるま湯体質がもたらしたものだ。その点を見誤ってはならない。

 社会保険庁改革法案をめぐって国会が揺れている。社保庁を解体し、非公務員型の公法人「日本年金機構」を創設することが法案の柱だ。

 野党は、持ち主不明の“宙に浮いた年金記録”の究明が先だ、として対決姿勢を強めている。

 年金記録のうち5000万件が、だれのものか分かっていない。このままでは受け取るべき年金額が目減りするケースが相当な規模で生じかねない。制度の信頼を揺るがす重大な問題だ。年金の受給権が不当に損なわれないように、手を尽くさなければならない。

 だが、それを理由に社保庁改革を遅らせては本末転倒だろう。過去のでたらめを一掃するためにこそ、公務員の身分に安住してきた社保庁の組織を刷新する必要がある。

 年金記録の不備はなぜ生じたのか。

 1997年から、一人に一つの基礎年金番号が割り振られた。転職や結婚などで厚生年金から国民年金に移るなど、複数の年金に加入歴があっても、記録を一元的に管理する制度が導入された。

 ところが社保庁は、制度導入以降、本人の申請を呼びかけた以外に、記録を統合するための積極的な手立てを講じなかった。精査して記録統合に取り組んでいれば、基礎年金番号と結びつかない年金記録が、これほど積み残される状況は生じなかったはずである。

 窓口の対応や規定にも問題があった。あるはずの加入記録がない、と申し立てても、保険料の領収書がなければほとんどが門前払いだった。支給ミスを証明しても、過去5年を超えるものは、会計法で時効とされて支払われない。

 記録の統合を申請しない方が悪い、証明書類を保管していない方が悪い、という、典型的な“お役所仕事”が事態を悪化させたのである。社保庁改革に何が求められるかは自明であろう。

 組織を一新しつつ、正確な年金記録を整え、社保庁のミスで支給漏れが生じた人の救済に取り組む必要がある。

 政府・与党は、領収書がなくても加入記録の修正を柔軟に行うことや、特別立法で時効を適用しないなどの対策をとるとしている。

 持ち主不明の年金記録5000万件もすべて調査し、実態を明らかにするという。膨大な作業だが、国民の年金不信を解消するには不可欠だ。

 社保庁が残した負の遺産とも言うべき難題を解決しなければならない。

2007年5月29日1時58分  読売新聞)

<引用終わり>

■国家に巣くう政権マフィアの犯罪

結論を先に言おう、この事件は、国家に巣くう輩の犯罪だ。年金支給されない人々への救済措置に目を奪われて、野党も参院選の人気取りに夢中で、この事しか言わないが、トンでもございません。

一般会計のチェックを受けない国民年金特別会計法の盲点をついた、壮大な横領・詐欺事件の匂いがプンプンする。おそらく、抜かれた金は億どころか兆の単位だろう。巨額すぎるからそのまま個人の懐に入ったわけではない、ドロボーにも3分の理という訳で、国益の為と称し、税を勝手に流用した。そういう推理をしたくなってしまうのだ。

そう、あくまで推理だが、・・・。

□5000万件が、だれのものか分かっていない?

先ず、ここがヘンだ。たとえば千件だったらどうだ。やっぱり大騒ぎだろう。それが実は1万件だとしたら、さらにトンでもないと大騒ぎになるはず。ところが最初から5000万件だ、一瞬にして国民を思考停止にしてしまったのではないだろうか。も一度言おう、5000万件だ。この数をご理解いただきたい。

□国民の半数?それがミス?

何しろ全人口の役半分の件数だ、年金加入者数を母数とすれば、いったいどれほどの比率になるのだろうか。それがミス?って、ジョーダンが過ぎるぞ。ミスが5000万件も起こるか。誰かが、故意に仕組まない限り、そんな事は不可能だ。しかも証拠となる紙の記録が処分された後に発覚だ、この出来すぎは正に噴飯モノと言えよう。

□国家に巣くう政権マフィア

では、誰がそんな仕組みを考え実行したか。末端の入力作業者は指示通りの作業しかしないから、当然に相当に高級な官僚ということになる。さて、この国の不可解な動きに合理的な説明をつけようと試みる時、ピタリと収まる或る仮設が成り立つ。それが、高級官僚とそれらを連携し、国家に巣くう政権マフィア組織の存在だ。

マフィアとは便宜的に表現しただけで、勿論ヤクザや暴力団ではない、決して表舞台には出てこない、この国のエスタブリッシュメントの組織だ。常に時代を越えて国の中枢にいた血筋とその周辺とT大卒系の秘密結社とでも言おうか。

□国家の舵取りとコバンザメ

この国家に巣くう政権マフィアは、自分達を国の真の指導者・舵取りと位置づけ、合議制の外にいて主観的に国益を総合的に判断し、1000億円単位の資金を何の担保も無く動かす。それで国家の大事な舵取りが安定的に出来ている半面、そこにコバンザメのようにぶら下がる低級な輩は、彼らT大マフィアの国益思考とは別に、手数料やおこぼれで私腹を肥やしている。

例えて言えば、ODAで途上国に援助し、それを再び我が国に還元する、そういう仕組みだ。この仕組みを考える人々は国益を考える(と自負している)秘密結社だが、日本に金を還元する実行部隊は低俗な人種だ。

実はこの話、ある筋から教わった話で、私の創作ではない。実際はもっと具体的で、過去の本当にあった様々な出来事と結びつき、辻褄が合っている。ただ、辻褄が合っているゆえ、あまりにもリアル過ぎて、それでいて客観的証拠を示せないので、残念ながら具体名は明かせない。だから、想像の産物としておこう。

■何故今?

□意図的漏洩?

次に、何故今かだ。紙ベースの記録から、コンピュータのデータ化に入力した時の入力ミスということだが、先に述べたように百件とか千件のオーダーではない。5000万件も野入力ミスなど有りえようハズが無く、明らかに意図的漏洩と言わざるを得ない。

□予定調和

と言う事は、最初から予定されたミスであるから分かっていた事。それが何故今になって発覚したかだ。5000万件ものミスをこの一ヶ月で見つけたとでも言うのだろうか、もし本当にミスなら、いきなり5000万件ではあるまい、最初の数件から始まり相当長時間掛かるはず。

□自民・公明の大敗

もしコンピュータ操作により瞬時に分かると言うならば、では何故今かと言う疑惑は、もっと深まる。どう見たって参院選絡みだろう。誰にどういう思惑があったのかは、全く計り知れないが、少なくとも5000万件もの国民の血税の入金記録が不明などと言う事件は、暴動が起こってもおかしくない。つまり国民の意思の反映として、与党自民・公明がこの参院選では大敗しなければオカシイ。

□安倍政権の危うさ

本件も含めて、このところの安倍政権の強行採決には、かなりの危うさを感じる。恐らくそう思っている人々は、政権マフィアにもいるのかも知れない、或いは国家の中枢にいて危機感を感じる人々なのか、はたまた何らかの思惑で安倍降ろしを考えた人々なのか。いづれにしても、誰かが、このままでは危ういと感じたのだろう。

もし、このまま安倍政権の議会制民主主義を無視した、強引なやり方が国民の審判を経てまかり通ることになったら、本当にこの国は翼賛が復活し、ヤバイ局面に一気に突入するだろう。

<本日はこれにて>

と言う訳で、よろしければ、また今日もクリックしてやってくださいな。

(励みになります/涙)

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« 畳ネクタイ? | トップページ | 何が問題か分かってない安倍内閣 »

コメント

お久しぶりです。

私も自分なりに書いてみましたが、基礎年金番号導入時にもっとキチットやっておくべきだったでしょうね。
あのときなら年金の仕事を市町村でもやっていたので、タイアップしてデータベースを作成することもできたのに、と思います。

投稿: カルロス | 2007/06/03 12:56

5000万件というと、国民の半分ではなくてもっと多いんじゃないでしょうか。
20歳以上の年金を払っている人口のうちの5000万件ですから、相当なものかと。
しかも、公務員労組の反対で未だにコンピュータ導入も済んでないというのですから、一日も早く非役所化すべきでしょう。

投稿: その蜩 | 2007/06/01 16:58

ペンタクロス様、コメント有難うございます。

>事件の入口から誤魔化されていますね。

ですよ。5000万件なんて数字、完全に国民をナメきってます。
今更ですが、何も言わないマスゴミ、何とかならんものですかね。

投稿: ベンダソン | 2007/05/31 17:42

ペンダソンさん、こんにちは。
「消えた年金」というフレーズが使われていますが、全くのトリック。正確には「消された年金」です。
事件の入口から誤魔化されていますね。

投稿: ペンタクロス | 2007/05/31 15:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/15266519

この記事へのトラックバック一覧です: 5000万件不明がミス?:

» 腰の引けた日本。米国の言いなりの情けない日本という変な国 [ファンキーブラボーな独り言]
記憶にもまだ新しい沖縄の民間の大学構内に米軍のヘリコプターが墜落炎上した事故。 死傷者は出なかった物の、一歩間違えれば大惨事になる所だった。こんな大きな事故を 起こしておいて米軍側の対応は全くの誠意を欠いたものであ... [続きを読む]

受信: 2007/05/31 17:41

» 年金法案 攻防ヤマ場 動画あり [zara's voice recorder]
年金法案、攻防ヤマ場/議長あっせんは不発 社会保険庁の年金記録管理不備問題などをめぐる与野党の対立は31日、一段と激化し、野党側は河野洋平衆院議長のあっせんで与党提出の年金時効撤廃特例法案の「採決確認」を行う予定だった衆院厚生労働委員会への出席を拒否、委..... [続きを読む]

受信: 2007/05/31 22:44

» 「宙に浮いた年金」、どうなっているんだ社会保険庁 [カルロス・ハッサンの「今日の一言」]
宙に浮いた年金記録が5000万件などという数字に何の根拠があるのか政治家もマスコ [続きを読む]

受信: 2007/06/03 12:52

» 年金 5000万件の気になる話 [保険と年金の気になる話]
保険と年金の気になる話を紹介します。未入力1430万件を照合=厚生年金記録、来年5月までに政府・与党政府・与党は5日、年金記録漏れ問題に関する連絡協議会を開き、新たな対応策を決定した。基礎年金番号に統合できていない5000... [続きを読む]

受信: 2007/07/06 03:34

« 畳ネクタイ? | トップページ | 何が問題か分かってない安倍内閣 »