« 国家反逆に匹敵する年金詐欺事件 | トップページ | 法の権威が言えば、マヌケな理屈も通る? »

2007/06/15

総連本部売買 あまりに筋の悪い話だ

中日新聞社説が掲げる、この表題、全くその通りだと思う。朝鮮総連云々とは関係なく、そう思った。根っこから筋の悪い話は、屁理屈好きで偏屈な私が、どう好意的解釈をつけようと思っても無理が有る。人権派で鳴らしてきた土屋弁護士だけに残念だ。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2007061502024227.html

<引用開始>

中日社説】総連本部売買 あまりに筋の悪い話だ  2007615

 朝鮮総連を助けようとしたのだろうか。元公安調査庁長官が代表を務める会社が総連中央本部の土地・建物を購入したという話は、不可解で法に触れる疑いもある。どう見ても筋の悪い話だ。

 まず、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が東京都千代田区にある中央本部の土地と建物を、日本の投資顧問会社に売却するというのは異常だ。しかも購入した投資顧問会社の代表取締役が元公安庁長官というのも理解に苦しむ。

 東京地検特捜部は、元長官らの事情聴取を行い、自宅などを家宅捜索した。土地売買の実態がないのに、所有権移転を行った疑いだ。

 元長官は、検察出身で高検検事長も務めたこともある。法の網をくぐるような取引に手を染めたとすれば、ゆゆしきことだ。

 公安調査庁は破壊活動防止法に基づき、総連を調査対象にしてきた。いまは民間人とはいえ、かつての最高責任者が総連を取引対象とすれば、疑惑を招くのは当然である。

 「強制執行妨害の仮装売買ではなく、違法ではない」

 元長官は違法性を否定するが、総連は整理回収機構(RCC)から提訴され、十八日には判決が出る。

 総連系の十六の朝銀信用組合は一九九〇年代に破綻(はたん)した。架空名義などを使って総連に融資した六百二十八億円が焦げ付いたまま、総連はRCCから返還を求められている。敗訴の可能性が大きく、そうなれば中央本部の土地と建物など総連の財産は差し押さえられる。

 今回の売買はその矢先のことである。「五年後に総連が買い戻す条件付きで三十五億円で契約し」、総連は従来通り本部を使用する。

 しかも購入した方の会社は昨年九月に設立され、元長官は四月に代表取締役に就任したばかりで、購入代金はまだ支払われていないという。強制執行逃れの仮装売買を疑われても仕方がない。

 「中央本部は実質的に北朝鮮の大使館の機能を果たしている」「在日朝鮮人の権利擁護の拠点だ」

 元長官は今回の取引の動機をこう説明するが、総連は、本国の軍事独裁体制を唯一の指導理念とし、「約五千人が非公然活動に従事」している。かつて本人が国会で説明したとおりだ。活動家が北朝鮮による日本人拉致にかかわったという情報もある。

 今回の売買は資金が集まらず白紙に戻される可能性もある。自業自得だろう。総連は在日朝鮮人の人権、権益を守るという基本に立ち返るのでなければ、困難は続き、支援も得られない

<引用終わり>

事件を知らない方はこちらを

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2007061401000409.html

<引用開始>

【中日新聞/社会】

「犯罪とは関係ない」 土屋元日弁連会長が会見(2007年6月14日 13時07分)

元公安調査庁長官の緒方重威弁護士(73)に在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物の売買取引を持ち掛けた元日弁連会長の土屋公献弁護士(84)が14日、東京・霞が関で記者会見し「仮装譲渡ではなく本気で売買するつもりだった。全く犯罪とは関係ない」と述べ、違法性を否定した。

 土屋弁護士は、代金の決済を完了しないまま所有権移転登記をした理由を「お金を出したのに万一登記できなかったら困るという出資者の意向で、先に登記した」と説明。「判決当日まで入金が必ずあると信じている」と強調した。

 一方で「間に合わなければ、契約を撤回し、元の登記に戻す予定だ。裁判所による強制執行を妨害するつもりはない。不正を働いたように作り上げるために検察まで登場したが、非常に心外」と主張した。

 土屋弁護士によると、知人に頼んで売却相手を探していたところ、緒方弁護士を紹介されたという。(共同)

<引用終わり>

土屋弁護士の事務所は、銀座1丁目にある。昨日ティアラが強奪された宝石店のある銀座4丁目とは、僅か500メートル、歩いて数分だ。両事件は何の関連も無いが、同じ日に、社会面を賑わす出来事が、日本一の繁華街の狭い範囲で起こった事が興味深い。

ところで土屋弁護士は、元日弁連会長で人権派として知られていて、自治体の顧問弁護士も務め、多くのスタッフを擁している。そんなわけで好意的に解釈したいのだが、チト無理があるようだ。

<本日はこれにて> 

と言う訳で、よろしければ、また今日もポチっとクリックしてやってくださいな。

(励みになります/涙)

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« 国家反逆に匹敵する年金詐欺事件 | トップページ | 法の権威が言えば、マヌケな理屈も通る? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/15441378

この記事へのトラックバック一覧です: 総連本部売買 あまりに筋の悪い話だ:

» 総連本部売却のなぜ? [zara's voice recorder]
大物法律家、朝鮮総連になぜ関与…緒方元長官と土屋弁護士 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物をめぐる移転登記問題の発端となった訴訟の判決が、18日に迫っている。朝鮮総連の敗訴が濃厚な見通しで、焦点は、判決が出るまでに元公安調査庁長官が代表..... [続きを読む]

受信: 2007/06/16 23:13

« 国家反逆に匹敵する年金詐欺事件 | トップページ | 法の権威が言えば、マヌケな理屈も通る? »