« 三車火宅の自民党 | トップページ | バラエティが取り上げた耐震偽装のその後 »

2007/09/22

前代未聞の敵前逃亡宰相を評価?何が問題か分ってない!

昨日、TVの大田ソーリがどうたら言う番組を見てたら、台湾の金さんとか言うオバハンとか評論家達が、安倍総理はあれだけ立派な事をしたのに、マスコミが悪いと盛んにまくし立てていた。

■辞めたことではなく辞め方が問題なんだが

あのね、安倍ソーリが、どういう立派な事をしたかどうか知らんが、そんな事は論点じゃあない。ついでに言うと、この金さん、昔はたいそうな美人だったのじゃなかろか、と言うのも論点ではない。

問題は辞めた事ではない。職責を放り出した辞め方、つまり責任放棄が問題なんだが、これを全く理解していないコメンテーター(でいいのかな?)のアホさ加減には、ぶった曲げた。

■最高司令官の敵前逃亡?

一国のソーリが、こういう風に責任放棄する事は前代未聞、言ってみれば敵前逃亡だが、あろうことか最高司令官が、これをやってのけたのだよ。コンナ事想定の範囲外だから特段に法の罰則規定も無いが、これは犯罪だ。犯罪を犯したことの是非と、その犯人の人柄や実績とは全く無関係。そんな当たり前のことが分ってない。

兵士が突然、敵前逃亡をしたとき、彼は立派な人物だとかっていうだろうか、ましてそれが最高司令官だ。ヨッパライ運転で事故を起こしたら、彼は幾つもの法案を通した立派な総理大臣だからなんて議論するか?

一国の最高責任者が、突然責任を放棄して、いったいこの国の若者たちに、無責任はいけませんなんて誰が言えるだろう。

ヘイ ユー そう思わんか!

■普遍的な首相の責任論と感情論がゴッチャ?

しかも、その首相が良いとか立派なとか言う判断は、全て金オバサン個人の主観だ。バカバカしくて、もう涙が出る。人それぞれ好きキライはあって当然だが、普遍的な首相の責任論を論ずるのに、個別の好き嫌いを持ち込んで、ああだこうだ公器を使って言い放つのは如何なものか。

■見直したぞ、石破サン

そんな中、石破元防衛庁長官は、ハッキリと責任放棄を詰っていて、至極筋が通っていた。金オバサンは、自分の意見を開陳したつもりかも知れないが、だったら台湾ナントカと言う肩書きは外したほうが良い。台湾の恥さらしだろう。

■クソヤローが気の毒?

安倍クン(←今となってはクン付けももったいない、クソヤローだ)が、立派な宰相か、独裁者かは、それぞれの評価があり、個人がどう評価するかは、好き好きだ。実際、私自身、この辞任劇までは、一生懸命やっているのにマスコミで叩かれ、気の毒だなあとも思っていた。

■無能のマジメ

だが、マスコミに叩かれなかった首相はいない。むしろ、アパ問題など、不思議にマスコミの突っ込みが無く、マスコミが密かに味方してると言う印象さえ受けたくらいだ。安倍ソーリがやった事を誉める人もいれば、けなす人もいて様々だろうが、どちらにしても一生懸命と言う印象は有った。

ただし、過去ログにも書いたが、線の細さ、能力の低さも同時に感じたものだ。端的に言えば、能力の無い人が、独り善がりで一生懸命頑張っているという印象だ。国家の舵取りとしては不安だなあと、まあ、ココまでは私個人の主観的印象だ。

■前代未聞の責任放棄は客観的事実

ところが、辞めるべき時に辞めず、臨時国会を召集、所信表明後に辞めちゃった。世界の近代民主主義、立憲主義国家の歴史において、こういう責任放棄は前代未聞であり、有りえない事、主観的評価が入る余地の無い愚行であるは、客観的事実なのだ。

■内外に晒されたトンでもねえバカ宰相

この意味するところは、トンでもねえバカ宰相である事を世界に向けて証明しちゃったと言う事だ。だから、こうなると安倍クンどころか、クソヤローと言いたくなってしまうのだ。この一件が無ければ、安倍さんの政策は良いの悪いのと、主観的評価が入る余地が有ったが、今となっては、全てバカ宰相がやった○○○と言う評価になってしまう。

論理的には、客観的に無責任宰相が証明されたので、仮にどんなにスバラシイ政策を実施していたとしても、それは無責任宰相のやった、単なる偶然に過ぎないとなるのだ。

■直接損害30億円?

それにしても、最後の最後に、内外に向けてなんとも恥さらしな事をしでかしてくれたが、そういう国家の定性的な被害もさることながら、定量的被害でも国会空転の損害が一日3億円という。仮に10日とすれば30億円だ。

安倍クンは、この被害額を弁償してくれるんだろーか。なにしろ、参院戦で惨敗し、辞任コールを無視して自らの意志で続投を強行した挙句の、勝手な辞任なんだから。所信表明後に辞めろなんて事はさすがのマスコミも誰~れも言ってない。キミの勝手だ。

■安倍クン弁償せよ!

飛ぶ鳥、後を濁さずと言うが、無茶苦茶な混乱を置き土産に責任放棄だ。国会空転ばかりではないこの被害は相当なものだが、考えるのも腹立たしいから、せめて直接の損害30億円で良いから、キミのポケットマネーで払ってくれろ。たのむぞ。

(と、ここで西岡スミ子が登場)

西岡スミ子だよ・・・。念のため言うとな、安倍クン。もしトヨタの社長が株主総会で続投を宣言した直後、勝手に辞めてだ、目に見える直接損害が30億円だったとするなら、フツー株主から損害賠償請求されると思うゾ。あのな、ついでに言うと国の株主は国民な、ブッシュじゃあないよ。ワカルナ?ん。

■気になるアパとの関係

さて、安倍クンといえば、拙ブログではアパとの関係が気になるところ。国民の老後の不安として年金問題が取りざたされるが、今現在元気な人々の生命財産に直接関わる耐震偽装問題が、矮小化されてしまったのはなんとも気になるところ。

時が経てば、親の敵でも忘れてしまうのが、この国の良いところでもありオバカなところ。だが、どんない眼を覆い、忘れても、事実には何の変わりも無い。アナタの一生の財産が粗大ゴミ或いは危険物である可能性を棄てきれないのだ。

■安倍政権崩壊で解禁?

安倍政権崩壊で解禁されたのかどうか知らないが、久々に耐震偽装問題がTV放送される。

http://www.tbs.co.jp/tv/daily/20070923.html

コチラを見ると、明日日曜日(9/2313時からの「噂の東京マガジン」で耐震偽装事件を取上げるようだ。題して、「噂の東京マガジン姉歯事件!法改正で家が建たない▽母と祖母の顔」

この番組、番組自体はバラエティとしてけっこう軽めだが、以前から都市問題をよく取上げていて、日曜午後のヒマな時などに良く見る。シリアスな事態に陥った都市問題、例えばマンション紛争とか開発許認可に関連する近隣問題などを扱っていて、地味だけど生活に直結した問題をケッコウ真面目に取り上げている。

その番組姿勢は評価できるが、意あって力足りずというか、都市問題のかなり専門的なことを扱っている割には、基礎知識が欠落しているのが惜しい。このため突っ込みが今一歩素人臭いところが難点だが、耐震偽装問題を取り上げるだけでも有りがたい。

本日、これにて。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ


『藤田東吾を国会へ贈るかい??』に参加する http://groups.yahoo.co.jp/group/togotodiet/

|

« 三車火宅の自民党 | トップページ | バラエティが取り上げた耐震偽装のその後 »

コメント

Twistor様、コメント有難うございます。

本論は、冒頭第一に、論点を「安倍氏の実績評価」や「辞めたこと」ではなく、「辞め方」であると明示しました。また、安倍氏の実績を主観的にどう評価するもその人の勝手とも述べています。

にも関わらず、貴兄はこの「安倍氏の実績評価」や「辞めたこと」についてのみ述べています。つまり私が論点外であるから、どうぞお好きにと申し上げていることを、あなたは論じています。よって、ああそうですか、としか言い様がありませんので、悪しからず。
今一度,ブログタイトルにもありますように「何が問題か」本論をご確認いただければと思います。

投稿: イザヨ・ベンダソン | 2007/09/24 16:43

大勢で寄ってたかって叩きのめした相手が,このままではまともな行動ができないと判断して身を引いたのを評して敵前逃亡はないでせう.今回安倍叩きに狂奔したのは民主党,マスコミ,そして(陰で)官僚ですが,安倍さんにとって一番堪へたのは国民が安易にマスコミや野党に乗せられて安倍批判に加はったことでせう.金美麗氏の言ふ通り,多くの国民は安倍首相のやらうとしたことを全く理解しようとしませんでした.
今回の安倍首相辞任は,これまでの自民党内閣が政治課題にすることもできなかった重要な法案を次々に成立させる安倍政権の存在に危機感を抱いた左翼勢力が,そのじり貧状態を一気に覆すべく撃って出た反撃が功を奏したと言ふことです.彼らのやり方は正に戦術至上主義であり,卑劣極まりないものです.それを批判せず,安倍首相をさらに叩かうとする貴台の感覚にはついて行けません.最近このブログを発見し,なかなか鋭いものの見方をする,と思ったのですが,根本的な感覚がくるってゐるのではどうしやうもありません.がっかりしました.

投稿: Twistor | 2007/09/24 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/16531818

この記事へのトラックバック一覧です: 前代未聞の敵前逃亡宰相を評価?何が問題か分ってない!:

« 三車火宅の自民党 | トップページ | バラエティが取り上げた耐震偽装のその後 »