« 自衛隊は、放置国家の妙? | トップページ | 記事の訂正とネットの可能性 »

2007/10/20

イーホームズ藤田東吾氏 衆議院選に出馬!

Fujita 真実報道という点では、今や新聞やTVより信用できそうなネットメディア。中でも、風評には一切組せず独自の見識で、真相に迫り、考察に定評あるのが江口氏の記事だ。そこに、藤田東吾氏の衆議院選に出馬について書かれたと、ブロガー三介氏からコメントいただいた。

JanJan』の記事はこちら

http://www.news.janjan.jp/government/0710/0710184136/1.php

公職選挙法では、今の時点で衆議院への出馬表明は、タブン違反だと思うけれど本人が直接言ってるわけではなく、本人の胸の内を第三者が語っているのでOKだろう。

何故、こんな重箱の隅をつつく話から始まるかといえば、それは藤田東吾氏だからだ。拙ブログの読者なら、もう言うまでも無く充分認識されている事だろうが、彼は正に官憲の言いがかりにより別件逮捕され、集団リンチされた。

罪状は、電子公正証書不実記載とかいうションベン刑だ。法をこれでもかというくらい厳密に適用し、しょっ引いた。これでは日本人はいつ何時逮捕されるか分らないのだ。厳密に法を犯してない人は居ないと断言できる。

○月○日、あなたはゴルフコンペで接待相手と賭けをしましたね、賭博容疑と贈賄容疑でタイホする、なんてことでしょっ引かれても文句言えないのだ。で、翌日の新聞に、「社用族、賭けゴルフを装ってと贈賄!」なんて書かれたらもうアウトだ。

要するに、官憲(←古いなあ、この言葉、でもリアル)に目を付けられたら一貫のオワリということ。その典型が藤田東吾氏だった。ただ救いは、彼が有名人だったこと。それ故に支持者も多く、元々の逮捕理由の筋が悪すぎたので、さらにその輪が広がったことだ。

但し、これは両刃の刃で、彼が失ったものも大きかった。そんな訳で、目を付けられた藤田氏があまりメジャーになったり、力を付けられると、目を付けた側には具合悪い。そう考えると、どうしても疑心暗鬼にかかってしまうのだ。老婆心ながら用心に越した事は無いだろう。

その藤田氏に対する期待と出馬の意味だが、これはもう江口氏の記事にある通りだ。 

<引用開始>

筆者も、民主党が最もふさわしいと思うが、上記のマニフェストに関する限り、どの野党も推薦するには異論ないだろう。ともかく、“別件逮捕と冤罪のお得意な警察・検察と国交省の連携”による“必死の妨害”には、くれぐれも注意してほしい。今度こそは、『国策捜査』に対し、国民も厳しく監視の目を光らせたいものだ。

<引用終わり>

と。

これに尽きる。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ 


『藤田東吾を国会へ贈るかい??』に参加する http://groups.yahoo.co.jp/group/togotodiet/

|

« 自衛隊は、放置国家の妙? | トップページ | 記事の訂正とネットの可能性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/16815630

この記事へのトラックバック一覧です: イーホームズ藤田東吾氏 衆議院選に出馬!:

» 東急不動産「新宿余丁町計画」建築確認取り消し考察 [買ってはいけない東急リバブル・東急不動産]
東急不動産「新宿余丁町計画」の建築確認が取り消された事実はマンション建設反対運動に大きな示唆を与える。マンション建設反対運動は全国各地で起きている。実際、東急不動産物件では湘南袖ヶ浜レジデンスやブランズシティ守谷、アルス桜上水、東急ドエルアルス溝口ヒルト..... [続きを読む]

受信: 2007/10/21 14:31

» イーホームズ藤田東吾氏、衆議院選への出馬記事 [東急不動産東急リバブル不買宣言]
イーホームズの藤田東吾社長が衆議院議員選挙に出馬するとの記事が掲載された(江口征男「イーホームズ藤田東吾氏 衆議院選に出馬!」JanJan 2007/10/19)。衆議院東京都第23区(町田市・多摩市)から立候補するという。同選挙区の現職は、姉歯秀次らによる耐震強度偽装事件の... [続きを読む]

受信: 2007/10/21 14:46

» 首都圏マンション販売不振で東急不動産株価下落 [東急建設東急不動産東急リバブル不買運動]
不動産株が軒並み下落した。東急不動産の株価は前日比47円(4.0%)安の1123円に落ち込む(浅野文重「不動産株が下落、首都圏マンション販売の不振続く−価格高止まり影響」ブルームバーグ2007年10月17日)。 首都圏のマンションの初月契約率が好不調の境目とされる70%を2... [続きを読む]

受信: 2007/10/22 22:26

» 積水ハウス物件構造計算書偽造 [東急電鉄東急リバブル東急不動産反発]
積水ハウス(大阪市)が計画した分譲マンションで構造計算書が偽造された。マンションは「グランドメゾン横濱紅葉坂(仮称)」(横浜市西区宮崎町)で、設計者は元請けが松田平田設計(東京・港)、構造設計の一次下請けが構造計画研究所(東京・中野)、二次下請けが藤建事...... [続きを読む]

受信: 2007/10/23 21:59

» ブランズ札幌桑園駅前販売中止 [嫌悪東急不動産東急リバブル]
東急不動産・東京建物は建設中の分譲マンション「ブランズ札幌桑園駅前」の販売を一時中止した。両社は「関係機関との協議に時間が必要で早急に結論を出せなくなった」としており、近くのモデルルーム(マンションパビリオン)も閉鎖した。 ブランズ札幌桑園駅前は地上十五階地下一階、百八十一戸で、2007年6月に着工された。販売の一時中止とするが、販売開始の具体的な時期については明言を避けた。明言しない理由として東急不動産は「お客さんに期待を持たせてはいけないと考えた」と答える(「マンション販売を一時中...... [続きを読む]

受信: 2007/10/25 21:48

« 自衛隊は、放置国家の妙? | トップページ | 記事の訂正とネットの可能性 »