« 福田サンは民主党だった? | トップページ | 亀田家のヒールは本物だった »

2007/10/03

邦人ジャーナリスト射殺事件に感じる違和感

Ntv_m_200710030230100view ジャーナリストの長井さんが、ミャンマーで射殺された事件は痛ましい。その生き様は、正直カッコ良いと思う。それ故に残念でならない。ご冥福を祈ると共に、民衆に発砲する軍に憤りを覚える。だが、こうした長井さんに対する追悼の意とは別に、この事件には日本政府の対応はじめ、妙な違和感を覚えてしまう。

先ずは、少し古いがアサヒコムから、珍しく素早く出された政府対応方針について。

http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/K2007092803860.html

<引用開始>

政府、処罰要求を検討 武力弾圧は3日連続に 邦人銃撃(2007年9月29日(土)01:09)

 ミャンマー(ビルマ)軍事政権による武力弾圧で、市民たちによる反政府デモを取材中に銃撃されて死亡したカメラマンの長井健司さん(50)は、至近距離から撃たれた可能性が強まっている。日本政府内にも軍政への厳しい声が広がっており、政府は責任者の処罰要求なども辞さない姿勢だ。最大都市ヤンゴンでは28日、デモの市民への武力弾圧が3日連続で続き、治安部隊は威嚇発砲や警棒での殴打を繰り返した。デモや弾圧の様子を伝えてきたインターネットなどの通信規制も厳しくし、強硬姿勢を一層強めている。

福田首相は28日夜、首相官邸で記者団に「(藪中氏の派遣で)向こうの政府に真相究明を求め、善後処置をしてもらう。同時にG8の国々の要請を受け、ミャンマー政府にいろいろと話しかけをしていく。一日も早く、こういう状況は止まってほしい」と述べた。

 藪中氏は30日にも現地入りし、ミャンマー政府に対して事実関係の説明を求めるとともに、遺憾の意を伝えるものとみられる。

 長井さんへの銃撃をめぐっては、在ミャンマー日本大使館の医務官が「流れ弾というより、近い距離から撃たれた傷跡に見える」と言及した。政府内では「故意に銃撃したとも伝えられており、大変憤激を覚える」(高村外相)との声が上がっており、外務省幹部は28日、銃撃が故意とわかれば、「国際法上はミャンマー政府に責任者の処罰や謝罪、補償を求めることも考えられる」と語った。

 一方、制裁の可能性について、町村官房長官は28日午後の記者会見で、「国連安保理の議論もこれからで、国連人権理事会の対応もある。そうした動きを見ながら我が国として独自に検討していく必要がある」との考えを示した。政府高官も同日、「あらゆる頭の体操をしている」と語った。

<引用終わり>

■相手がミャンマーだから?

というわけで、その後外務省藪中審議官が現地入りし、強い抗議やビデオ返還要求していることは皆様ご存知の通りだ。また、昨晩のTVニュースでは、警察庁が国外犯適用を検討しているとも伝えた。これを聞いて、えっ何かの間違い?と思ったのは私だけ?確かに2003年の刑法改正で国外犯が規定されたし、スペインはイラクでそういう要求をしたけれど、日本はやってないだろ。何故?紛争地域だから?相手がミャンマーだから?

■既に危険地帯が明らかだったミャンマー

確かに、あのような長井さんの惨い射殺は、許しがたいので、そうだそうだ、まだまだ手緩いぞとは思うので、そのこと自体には異論無い、是非ともそのように進めて欲しいとは思う。

だが、チョッと待てよ、長井さんが取材していたのは、既に僧侶のデモに軍隊が発砲していたミャンマーだ。突然に観光ビデオを撮っていて撃たれたわけではない。危険極まりない、内戦状態に近い状況が分かっていてのこと。

■バグダッド郊外で邦人ジャーナリスト2人が殺害された時は?

私が感じる違和感が、お分かりだろうか?コソボやイラクその他の紛争地帯と、どう違うのか。2003年にイラクの北部のティクリートで外務省の奥克彦参事官と井ノ上正盛三等書記官が射殺され、2004年にはバグダッド郊外で邦人ジャーナリスト2人が殺害された事は、そんな昔の記憶ではない。しかも彼らは、それなりの身なりと装備の上でだ。

はて、これらに対して政府は、今回の長井さん射殺事件のような抗議行動を取っていたっけ?勿論抗議はしていたが、今回とは違っていたぞ。またマスコミの対応も違っていたように思う。イラクでは、ジャーナリスト(自称?)やNGO活動家が人質になったとき、その危機管理をボロッカスに、非難されてなかった?

参考までに、以下は、外務省HPからの引用だ。

<引用開始>

これまでに複数の日本人がテロや誘拐事件に遭遇しています。200311月にはティクリート近郊で外交官2人が殺害され、20044月にはファッルージャ近郊でNGO活動家等5人が相次いで拘束され(後に解放)、同年5月にはバグダッド郊外でジャーナリスト2人が殺害されました。また、同年10月には旅行者が拘束・殺害される事件が発生しました。

さらに、200558日、民間警備会社に勤務する日本人を含む一行がアンバール県ヒート近郊を車列で移動中に、何者かに襲撃される事件が発生しています(事件の翌日(9日)付けで、イラクの武装勢力「アンサール・アル・スンナ軍」(当時)がウェブサイト上で犯行声明を出しています)。

<引用終わり>

■ミャンマー政府側の立場で考えると・・・

ここで、逆の立場つまりミャンマー政府側の立場で、長井さん射殺事件を見てみよう。先ずは、軍事政権やスー・チーさん軟禁の是非はともかく、ミャンマーは独立国家だ。民族自決に他国が口を挟む筋合いは無い。客観的に見て軍事政権はオカシイと思うが、それは平和な日本に住む私や、皆さんが感じる、勝手な感想だ。かつて日本が軍国主義国家であったころを思い起こして欲しい。

■撃たれた事の是非以前の問題

国際的に見て、軍事政権がオカシイというなら、ミャンマー国民を圧制から救うため国連で決議し、制裁を加えるべきだろう。そうでなければ、あくまで、私やあなたの勝手な考えであり、正しいとは限らない。

そして、この軍隊は既に、この国でもっとも地位の高い僧侶たちに発砲しているのだ。そのデモの群集に紛れて、防弾チョッキも着ず、半ズボン、サンダル履きの東洋人がホームビデオで撮影をしていたら、撃たれる事は想像に難くない。これは撃たれた事の是非以前の問題だ。

■内政干渉

では、撃たれたのが長井さんでなく、ミャンマー市民だったらどうだろうか。恐らくというか当然に、こんな騒ぎにならない。何故、そんなカッコウで長井産は群集に紛れていたのかと、軍は頭を抱えた事だろう。日本政府に抗議される軍側にしてみれば、内政干渉だ。

■違和感

で、こんな騒ぎかた抗議の仕方を日本政府は、他の国では起こしていない。これは何故なのかだ、そこに違和感を感じる。イラクで邦人ジャーナリストが、かようなカッコウと装備で取材中に射殺されたなら、果たしてこのような捉え方をされただろうか。

■長井さんだけ特別?

長井さんを派遣した通信社や、仲間の報道各社が抗議するのは至極自然で、当然の事だが、それは、今回に限らない。ところが日本政府の抗議の仕方は、今回の長井さん殺害事件に特化されている。

■今後の国の方針?

今までは今までとして、この特化された日本政府の抗議行動が、今後我が国の方針として、相手国がドコだろうとに関わらず継続するのなら、何ら違和感無く、是非ともそうしてもらいたい。だが、ならば、北朝鮮に対しても、イラク、中国その他に対しても同じように対応すべきだ。

少なくとも北朝鮮や中国は紛争地帯ではない。中国で日本人がボコボコにされても、日本政府は形ばかりの抗議だったように思うが・・・。

■北朝鮮にも?

特に北朝鮮は、危険地域に行く意志はおろか、渡航意志も無いフツーの日本国民が、我が国領土内において、主権を侵害され拉致誘拐され、北朝鮮に連れ去られたのだ。刑法改正以前の主権侵害もはなはだしい、領土侵犯、国際法違反だ。

■単なるパフォーマンス?

結局のところ、新内閣が国民にアピールする為に、ODAで援助していて文句を言いやすい国に、クレームを付け、さらに大衆受けを狙いスー・チーさんに会わせろと、イチャモン付けているように見えてしまうのだ。つまり、福田内閣をアピールする為のパフォーマンスという訳だ。

強い国にはあまり文句言えないが、弱い国には居丈高になる。そんな印象を受けてしまう。もし、そんな風に外国から見られるなら、日本は恥ずかしい国だ。だからそうならないためには、相手がミャンマーだろうと、イラクや北朝鮮、中国だろうと、或いはアメリカだろうと、同じ様に、日本政府は対応して欲しい。パフォーマンスであってはならんよ。頼むぞ、福田さん、と言いたい。

今日のところはこれまで。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ


『藤田東吾を国会へ贈るかい??』に参加する http://groups.yahoo.co.jp/group/togotodiet/

|

« 福田サンは民主党だった? | トップページ | 亀田家のヒールは本物だった »

コメント

三介様、コメント有難うございます。

その後、日本政府はさっぱりな気がしますね。
やはりパフォーマンスでしょうか。

投稿: ベンダソン | 2007/10/12 17:48

今晩は。ベンダソンさん。
>どこだろうと、同じ様に、日本政府は対応して欲しい
賛成です。
援助・支援の使い道にも、それ相応の『縛り』要りますし、政策的な検証も有権者に説明する義務ありますからね。

投稿: 三介 | 2007/10/04 22:01

日本のマスコミはすでに中国共産党に支配されています

報道の自由がある日本でそんなことはありえないと思った人は下の動画を見て下さい

http://jp.youtube.com/watch?v=scCM-3jif9E

これはけっして大げさな話ではなく、このままだと日本は中国に飲み込まれてしまいます

投稿: あ | 2007/10/04 12:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/16647443

この記事へのトラックバック一覧です: 邦人ジャーナリスト射殺事件に感じる違和感:

» 政治・経済ニュース [政治・経済ニュース]
政治・経済ニュースを紹介します。 [続きを読む]

受信: 2007/10/03 15:22

» ミャンマーのテロ 長井さんは銃撃された直後も意識があった可能性 [よし君のニュース日記]
ミャンマーのテロ 長井さんは銃撃された直後も意識があった可能性  「ビルマ民主の声」が新しく公開した映像を観ると、 銃声の後、長井さんが自力で右肩を上げて起き上がろうとしているように見える。 即死ではない。 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20071001/20071001-00000036-nnn-int.html ... [続きを読む]

受信: 2007/10/04 02:31

« 福田サンは民主党だった? | トップページ | 亀田家のヒールは本物だった »