« 守屋氏証人喚問の動画配信反対?って何寝言ってるんだろうか | トップページ | 小沢党首辞任劇と鰯の大群 »

2007/10/30

守屋氏証人喚問の問題点

守屋氏証人喚問は何が問題か。勿論接待ゴルフはケシカランが、それが100回とか200回なんて事は勿論問題ではない。国防を預かる事実上の最高責任者が、様々な防衛のための装備調達において業者と癒着し、便宜供与があったのではないか、ここが問題なのだ。

http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe8000/fe_071030_01.htm?from=os1

<引用開始>

癒着「告白」 膨らむ疑惑守屋氏 証人喚問

ゴルフ11年で200回以上 北海道・九州でもプレー

29日に衆院テロ防止特別委員会で行われた守屋武昌・前防衛次官の証人喚問では、4年以上にわたり次官として防衛省に君臨し、影の防衛相とまで呼ばれた守屋氏が、公私のけじめもなく出入り業者の接待漬けとなっていた実態が浮き彫りとなった。守屋氏は業者側への便宜供与などは否定したが、新たな疑問点も浮上。守屋氏をめぐる疑惑が収束する気配はない。(政治部 川崎英輝、小川聡)

■接待漬け

 「この委員会で私の接待疑惑に対して誠実にお答えすることで、委員会の審議が円滑に進むことを願うばかりだ」

 証人喚問の冒頭、神妙な表情でこう語った守屋氏の口からは、山田洋行の宮崎元伸・元専務との「癒着」の実態が次々と明らかにされた。「(宮崎氏とのゴルフは)11年くらいやっているので十分200回を超えているだろう」「賭けマージャンをしたり、韓国クラブにも行った」「守屋氏夫妻の偽名は『佐浦丈政』『松本明子』」――。

 ゴルフのプレー料金として、1回1万円しか払わなかったことについては、「大変能天気と言われれば能天気だが、ゴルフ場の正規料金を知らなかった」と述べた。宮崎氏と北海道や九州にもゴルフに出かけていたことも認めた上で、「資金は宮崎さんの方でお支払いになったと記憶している」と語った。

 あまりの実態に、自民党の田中和徳氏は「小出しにせず、この際、全部証人として話した方がいい。ほかに何があるのか」と問いただした。

 すると、守屋氏は「あの……ほかにと言われると、ゴルフを始める時に、私と妻のゴルフセットをいただいた。今から4、5年前にも(別の800ドル相当の)ゴルフセットをいただいた」と新たな事実を“告白”。さらに、宮崎氏から日常的に海外土産のネクタイやバッグなどを受け取っていたことも認め、「お歳暮やお中元を相互にやり取りしていた関係だった」と明かした。(筆者注:以下略)

<引用終わり>

あまりにも記事が長く、また拙ブログエントリーと直接関係無いので以下、省略した。

ここから拙ブログの始まり。

で、こんな事、言うまでも無い事であるけれど、マスコミ報道ではゴルフ接待の回数や授受品物の額を問題にしているようで、チト不安になった次第。まあ、外しはしないだろうが・・・・。

拙ブログのタイトル、「棒に怒る日本人」は、サルを棒で叩くと、叩いた人にではなく叩かれた棒に怒りをぶつけるということから、付けたタイトルだ。これは目先の感情に支配され本質を見失いがちな日本人を揶揄したものであるが、このタイトルに不快感を露にし拒絶反応を起こす人がいる。だが、それがもう答えであり、証明なのだ。

で、チョイと考えれば、その接待ゴルフ回数にしても、次官にまで上り詰める官僚だ、間違いなくアタマが良くしかも権謀術数に長けている事は想像に難くない。であれば、200回を軽く越えていると自ら認める事自体、疑問に思わなければおかしい。

我々小市民は、感情に支配されて、官僚が接待ゴルフ?ケシカラン!!!あるいはそんな昔から?となってしまい、ハナから癒着との前提に立ってしまうが、長期に渡り多くの回数となれば、逆に癒着ではなく個人の付き合いの色彩が濃くなる事に気付くべきだ。

何しろ、昔から次官であったわけではないのだから。お分かりだろうか、もしも調達に関与できる地位に無い頃からの付き合いとなれば、ゴルフ事態は調達との関連性が薄くなってしまうのだ。

ただ、こうした事は、先に述べたように、この問題の本質とは直接関係ないので、我々国民は感情に支配され事の本質・大問題から目を逸らされないよう祈るばかりだ。この問題は実に単純且つ悪質で、国防の任にある最高責任者が、調達において性能以外の要素で関与した疑いである事を理解すべきだ。

極端に言えば、商社からゴルフ接待を受けようと、或いは私生活がどんなに乱れようと、そのことと調達が無関係ならば、コレは単に個人のモラルの範疇なのだ。だが、もしも、無用に高額の調達であったり、最悪、性能が劣る機材・物資の調達であったなら、コレは個人の範疇を越え、国家に対する反逆であり、多大な損失を与えた事になる。

前者と後者とでは国家の更には国防への甚大な影響を与えると言う点で、比較にならないほどの問題となるのだ。万が一にも調達した航空機の性能に問題があり、件の商社への便宜から決まったとしたら、事が国防に関することだから、単に無駄とか損失では済まされない。同じ便宜供与でも、公共工事の調達なんぞとは次元が違うのだ。国民は先ずそのことの重大さに気が付かなければオカシイ。

もっと言うと、もしもそんな事がまかり通っていたなら、この国の国防は商社や外国資本の思惑で左右されてしまうことになり、国家の態を成さない。また今のところ噂の域を出ないが、沖縄基地の場所がこの次官の口利きで国防以外の思惑で決まったのなら、トンデモナイの二乗三乗だ。

もっと、ついでに言うと、そもそもこういった国防の調達を商社を通じて行うことのナンセンスさだ。自衛隊の○○基地で使う机といったレベルならともかく、航空機の納入などは、国家全体の調達だ、そんなものを何故商社を通じて行う必要があるのか。まったくバカバカしいほどの癒着構造ではないか。

も一つついでに言うと、この守屋氏と宮崎氏なる人物との交流が問題となっている。なんでも宮崎氏を通じて対米関係の情報と人脈を得たとか。例えば北朝鮮との交渉においてやれX氏がどうたらこうたら、またかと思う。

この国は、国防・外交がこんな個人レベルで左右されるのか。

たのむよもう、と言いたい。

本日これにて。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ


『藤田東吾を国会へ贈るかい??』に参加する http://groups.yahoo.co.jp/group/togotodiet/

|

« 守屋氏証人喚問の動画配信反対?って何寝言ってるんだろうか | トップページ | 小沢党首辞任劇と鰯の大群 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/16922474

この記事へのトラックバック一覧です: 守屋氏証人喚問の問題点:

« 守屋氏証人喚問の動画配信反対?って何寝言ってるんだろうか | トップページ | 小沢党首辞任劇と鰯の大群 »