« 守屋氏証人喚問の問題点 | トップページ | 単語に反応するニホンジン »

2007/11/06

小沢党首辞任劇と鰯の大群

このところ小沢党首辞任問題で、世間は揺れ動いているようだが、ふんバカバカしい。この様、まるで個々には意思を持たない鰯の大群が、ちょっとした刺激に反応して右往左往するに似ている。

そも、この問題は、

     小沢党首が、福田首相と党首会談し、連立を打診された」この事を、

     「小沢党首は即断せず党持ち帰った」ところ、

     「なぜその場で拒否しなかったのかと党内で批判が出た。政策協議を否定された。」

     それを党内批判と受け取った小沢党首が、責任を取って辞表を出した。

ということである。

これ以上でもこれ以下でもないだろう、何しろ単純な話だ。でもっと言うと問題となる事実はは①と②であり、③は単なる内部の誰かの意見だ、当然にその反対の意見もあっただろう、つまり独断しなかったのは有りがたいと言うような。ま、言える事はそれが民主主義というもの。

で、④は前提となる①②とは全く無関係に、③や世間を騒がせたたことに対する小沢流のケジメに過ぎない。だから、辞任の仕方に対する批判はあろうが、それは各論に過ぎず、更にはこの特殊解であるはずの各論を、ミンナが一般論でああだこうだ騒いでいるところが、実に鰯の大群している。

さて、ここで皆さん意見なり見解がおありだろうが、その皆様方の意見なり見解は、事実報道がされた瞬間から思い浮かんだことだったかどうか、胸に手を当てて、よ~くお考えいただきたい。

実際のところ、今現在皆さんが自分の意見感想と思っている事は、後でマスコミ報道を見聞きして、ほうほうと思った事を自分の意見としてはいまいか。

何を言うか、オレは小沢党首が、福田首相と党首会談した段階で、或いは連立を打診された段階で、はたまた持ち帰った段階で、今の考えに至っていたという方がいるなら手をあげて欲しい。ま、手を上げられても分からんが、それは言葉のアヤだ、突っ込んだりしないで先、行こう。

大半の方は、党首会談や連立を持ち帰った事の報道を聞いた時点では、何の感想も無く、せいぜいが、へ~、連立はないよなあ、位の思いではなかっただろうか。私が、この時点で思ったのは、政界の寝業師ともあろう者が、あ、はめられたなと言う感想だった。

ただし、何の根拠も無い。単なる想像だ。では何故そんな想像を働かせたか、簡単だ、先の参議院選挙で自民党は歴史的大敗を喫し、民主党が勝った。参議院だろうが衆議院だろうが、国政に対する国民の負託に変わりないから、同時に衆議院選挙をやっていたなら民主が勝っただろう。そんなバカと思う無かれ、参議院と衆議院でアナタ自身投票を変えますか?だ。

こういう前提で考えれば、民主党から連立を持ちかけても何のメリットも無い事は、直ぐに分かるはず。考えられるのは連立ではなく政策協議だ。そしてこの点は自民も民主いや小沢氏も共通している。

少し古いが、参院戦大敗後の自民党の政調方針が述べられているコチラを紹介しよう。

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-27670120070831

「抜本税制改革では野党との政策協議の場を提案へ=自民政調会長」2007年 08月 31日 19:29 JST

この記事によれば、連立には否定的ではあるが、政策協議の必要性と、そのこと自体が部分連合とも考えられる旨、自民党政調会長が述べている。

そしてコチラの記事。別に何所の記事でも良いが、一応小沢氏の辞任会見をほぼそのまま載せていると思われるので、「毎日」を紹介する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071104-00000070-mai-pol

<小沢代表辞意>安保政策転換、政策協議開始に値する11月4日20時16分配信 毎日新聞

両記事に共通しているのは、自民党も小沢氏も政策協議が大事と捉えている点だ。小沢氏談話は「これまでの我が国の無原則な安保政策を根本から転換し、国際平和協力活動の原則を確立するもので、私個人は、それだけでも政策協議開始に値すると判断しました。」(「」内、部分引用、以下同)とある。

まあ、その通りだろう。政事家として至極当然の見解で、考え方はいろいろ有ろうが、だからといって、ことさらこれが批判の対象にはなるまい。

で、これに対して、「2日夜の民主党役員会で福田総理の方針を説明し「政策協議を始めるべきではないか」と提案したが、残念ながら認められませんでした。それは、私が民主党代表として選任した役員から不信任を受けたに等しいと考えます。よって、民主党代表として、また党首会談で誠実に対応してもらった福田総理に対し、けじめを付ける必要があると判断しました。」と、言うことらしい。

これまた、人それぞれだから、ナンとも断定できないが、それなりに筋が通っている上、一国の総理が所信表明した後突然辞めてしまったのとは次元が違う。所詮党内の問題だ。

なにしろ、党首会談から辞任までこの一連の小沢氏の行動が、何か直接国政に影響を及ぼしたかと言えば、勝手に周りが騒いでいるだけで、何一つ影響は無いのだ。例えば、党首会談は国政に関するロビー活動ではあるけれど、その事が直接国会審議に影響を及ぼさないし、実際の会談結果を見ても連立したわけではないから、何一つ、会談前後で変わるところがない。

小沢代表が、連立も福田首相から持ちかけられようか、小沢代表が持ちかけようが、どの道無い話なので、「そんなの関係ない!」のだ。現実に存在しない話を、言ったとか言わないとか騒いで、一体何のメリットがあるのか、チョイと考えれば直ぐ分かる。

それは、あたかも意味ありげに騒いで得するマスコミと、そのことで民主党のイメージダウンになる自民党のメリットだ。例えば、今朝のワイドショーで、某評論家が、「小沢代表自身、民主党に政権担当能力がないと認めている」と、鬼の首を取ったかの様に騒いでいたが、So what?だ。

そもそも誰かの発言(この場合小沢氏)イコール真実であるとするなら、小沢氏が同じフレーズの中で前置きに言っている「自民党もダメだが」を何故取上げないのか。恣意性を排除して発言全体を読めば、自党を戒める言葉に受け取れるが、いかがだろう。

こうした事はほんの一例で、この一連の騒動と批判は、その対象となる事実そのものよりも、そこから派生する憶測や、それに対する見解が、更に憶測を呼んで、それを聞いた国民が、あたかもそれを事実を知っての自分の意見のように勘違いをしているようだ。

これは、ナインボールのビリヤードで、初球の結果バラバラに散ったボールを見てから、あたかも最初からそれを予測していたかの様に、あれこれ勝手に理屈をくっ付けているようなものだ。

タマが散らばった瞬間は、極当たり前のことで何も感想を言えないが、2回3回と玉を打つ様子から、アレは最初からあそこに球が行くように計算していたのだとか、イヤイヤ単なるラッキーなのさとか、外野が騒いでいるに過ぎない。

そしてそれを聞いていた外野が、更にあれこれ尾ひれをつけて大騒ぎだ。実際、この先どうなるかというか、どう評価したものか、マスコミ各社も評論家諸氏も実はよく分かっていないと思う。理由は簡単、冒頭の繰り返しになるが、元々なんでもない事だからだ。

これには、たまたま何でもありそうな噂と風貌の人物がやったから、何かあるにちがいない、乗り遅れまいと騒いでいると言うのもあるだろう。これが寝技なんか出来そうも無い(やりそうもない?)岡田氏だったらどうだろうか。ま、でもこういう言い方は主観的だから止めておこう。

ならば、最初に戻って、「党首会談」や「連立」、「小沢党首は即断せず党持ち帰った」と言った事実の報道に対して、アナタ自身が最初に何を思ったのか思い起こして欲しい。おそらく「・・・・」ではなかったか、つまり何も特段に批判も賛成もなかったのではないのか。そう、言いたい。

さて、ここからは全く私の見解だから、参考程度にされたいが、私の結論は、読売新聞辺りが面白おかしく事件を仕組んだら、予想外に大当たりして、今もって悪乗りし続けているのではないのかというもの。

それに、今まで通り政府与党に乗っかっておれば、特段に大怪我をすることも無いので、各誌が乗せられた。でも、もともと根っこが無いから、ともかくも乗り遅れまいと、何がしかの見解をくっつけるのだが、乗せられる闇の意図もはっきりしないから、藪にらみで各誌バラバラと言う状態なのではないかと思う。

正に、個々においては何ら全体観がなく、ただただちょっとした刺激に誰かが反応し、一斉に向きを変え、また誰かが反応しては一斉に向きを変える鰯の大群そのものだ。困るのは、その鰯の大群を操っているのが、実は誰もいないこと。

国政に空白が、などというが小沢氏が空白を造っているのではない、元々なんでもないことを勝手に深読みし騒いでは、鰯の大群を右往左往させているマスコミ人の責任なのだが、そのことに当のマスコミ人も国民も気が付かないで、お互いがお互いを乗せて、お祭り騒ぎを演じているのだ。

ニホンジン バカ アルネ。

かの国では、そうほくそえんでいるかも知れない。ともあれ、民主党が小沢氏を慰留しようがしまいが、それは党と小沢氏の勝手。これを民主党の混乱と喜ぶなら自民党もオソマツだし、煽るマスコミのバカさ加減と、それに乗せられる国民のバカさ加減にも辟易する。

まあ、いづれにしても、今のところ、大方の共通した見方は、これで民主党は大損したと言うところなんだろうが、それもこのバカ騒ぎにお互いが乗っている間のこと。事実としては、政策協議もおこなわれていないのだから、国政には直接間接いづれも何も影響も無い、どうでも良い事なのである。

だからいづれ、アホなマスコミも、アレレと気が付き出すだろう。だから、その前に、先ず民主党がこのバカ騒ぎから一抜けたをやって欲しい。マスコミがどう騒ごうが、所詮憶測合戦だ、そんなの関係ない!

小沢代表の会見の言葉尻を捉えて、民主党に政権担当能力が無いと認めたなんて言われても、だから何だ、そんなの関係ない!

ハッキリ言って、小沢代表のアノ風貌は、いかにも古い自民党の権化みたいで好かん。民主党各位もそう思うのか、或いはもっと上のレベルで嫌ってるのなら、この際辞任を受けて新しい党首を選べばよい。所詮、アナタ達の勝手だ。

だが、少なくとも、小沢氏記者会見の全文を読む限り、筋は通っていて論理に破綻は感じられないから、ありゃ、民主党内部に対する渇!だなと思う。だからとりあえず、続投で、雨降って地固まるみたいに団結を強くすれば、かえってこの一連の騒動をプラスに転化できるだろう。もっとも元々降ってもいない雨だが・・・。

当然ながら私は小沢氏が、どういう人物なのか全く知らない。よくマスコミでは政界の寝業師とか、豪腕とか言っているが、それは報道する側の見解に過ぎず、具体的に何のことかサッパリ分からない。とにかくナマの具体的情報が少ない。

例えば、前原氏の場合は、引き合いに出しては気の毒だが、例の永田メール事件でアホ丸出しの事実を見聞きしているので、自分自身それなりの感想や評価をできるが、小沢氏にはそういった客観的に評価できるナマの事実報道がほとんど無いのだ。

だから人相で判断するしかないのだが、ハッキリ言ってよろしくない。かと言って今更整形するわけにいくまい。そして、会見でもマスコミは事実無根を流していると怒っているのだから、だったら今後はも少し、マスコミを上手く利用するよう心がけてはどうだろうか。

ま、これは大きなお世話だろう。国政がそんなレベルであっては困る。でも、今回の騒動は、そのレベルの話だ。あ~あバカバカしい。と、言う訳で、この稿終わり。

と、書いたところで念のためニュースを見たら、小沢氏続投とあった。ま、いいんじゃないかな。

↓ ↓ ↓ 人気blogランキングへ 『藤田東吾を国会へ贈るかい??』に参加する http://groups.yahoo.co.jp/group/togotodiet/

|

« 守屋氏証人喚問の問題点 | トップページ | 単語に反応するニホンジン »

コメント

とし様、コメント、ありがとうございます。

>やっぱり、本当のボロを出す可能性が高いのは自民党のほうですから。

その通りです。全く中身の無い話を、さも意味ありげ某紙がでっち上げ、それに追い詰められた自民党がほくそえんだと言うところでしょう。

でも、さすがに中身が無いので、いくら乗せられやすい国民とて、はて、何が問題なんだっけ?と気が付くはず。

まあ、時間の問題でしょう。

投稿: ベンダソン | 2007/11/07 12:51

お久しぶりです。
相変わらずの鋭い指摘で。

結局、この騒動は、何がどうなって起こったのか?なんてのはわからずじまいで、私達見ている側が「こうだ!」と断定することができないんです。それだけ不可解なことが多いですから。

ただ、1点だけわかるとすれば、マスコミが報じているほど実は大したことが無い、つまりは、ご指摘のように「中身がない」話であって、私達がそれにのっかってしまえば、バカを見るだけの結果になると思いました。

実際、私自身、ブログで「これだ!」というものを囲うと思ったのですが、書いているうちにわからなくなってきて、結局「わからない」と書いた方が良いと判断して、詳細についてはわからないということにして記事にしました。

そして、小沢が留任したことは、おそらくですが、最初のうちは小沢が言っていたように、産経・毎日・読売などを中心に批判が展開されるでしょうが、いつの間にか「そんなことあったっけ?」くらいの状況になってしまうのではないか?と思います。

つまり、今、視聴者などが持っている関心というのは、マスコミにつられた一瞬の「お熱を上げた」だけに過ぎず、テレビなどが報道しなくなれば、そこで国民の関心もおしまいなんだと思います。

私の感想としては、小沢が留任したのは、最初はマスコミ発信でダメージを受けてしまうのは否めないでしょうが、それでも民主党有利の展開は変わらないとは思います。

やっぱり、本当のボロを出す可能性が高いのは自民党のほうですから。

また来ます。

投稿: とし | 2007/11/07 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/16999571

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢党首辞任劇と鰯の大群:

» 民主党 小沢党首のご紹介 [ナイスなママがお届け最新時事ネタ秒速瞬間ニュース速報!]
菊田衆院議員初当選から4周年のバースデーパーティに支持者1000人近くケンオー・ドットコムさらに、福田首相と小沢党首の会談で大連立の話が浮上したことは「皆さんと同じように本当に驚き、言葉もございませんでした」、「政治の世界... [続きを読む]

受信: 2007/11/07 01:15

» 小沢一郎辞任の背後にあるものは? [日本を守るのに右も左もない]
小沢一郎の民主党代表辞任問題で、様々な分析が出始めている。その中の一つを紹介し... [続きを読む]

受信: 2007/11/08 19:59

» 小沢一郎党首 民主党 中傷報道に厳重抗議 [耐震偽装と報道責任]
小沢党首 辞表提出 進退を執行部をはじめ同僚議員に委ねる 2007年11月4日、民主党党首小沢一郎さんは、民主党本部で緊急記者会見を開きこう述べました。 「福田総理の求めによる、2度の党首会談で総理から要請のあった、... [続きを読む]

受信: 2007/11/09 10:48

« 守屋氏証人喚問の問題点 | トップページ | 単語に反応するニホンジン »