« この国の修理は? | トップページ | 有名人じゃなくて良かった。 »

2007/12/03

仮設住宅がいけないって、単語に反応してないか?

中越地震の仮設住宅を、県から出向している復興管理監が利用していたことが、問題なっていると言う。記事を読む限りでは、この方はむしろ英雄ではないかと思う。一体、何が問題で住民はクレームをつけるのだろうか?

先ずはこちらから。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071203-00000050-san-soci

<引用開始>

長岡の仮設住宅、市幹部が無資格利用 2年間 「被災者と同目線で12381分配信 産経新聞

 平成16年に発生した新潟県中越地震で被災者向けに建設された長岡市内の仮設住宅を、県から出向している長岡市の渡辺斉復興管理監(54)が入居資格がないまま2年間にわたって利用していたことが2日、分かった。渡辺復興管理監は、「県と市に口頭で了解を得て利用した。被災者と同じ目線で復興に一緒に頑張ろうという気持ちだったが、誤解を招いたとすれば残念だ」と説明しているが、仮設住宅の住民からは不適切だとの声があがっている。

 中越地震の仮設住宅は国の補助を受けて県が設置、市が管理してきた。同市では震災で当面の住宅を確保できない被災者がピーク時で約5000人が生活した。自宅が新潟市内にあり、被災もしていない渡辺復興管理監には入居する資格はなく、仮設住宅の住民の一部から「利用はおかしいのでは」との声が出ていた。

 復興管理監のポストは、市長、副市長に次ぐ特別職。2年間にわたって仮設住宅を利用できたのは、県で仮設住宅整備を陣頭指揮し、震災復興担当ポストに就任した渡辺復興管理監から「仮設住宅を見守る責任がある。入居者の様子を見たいし、夜の住民集会にも出られる」という申し出があったため。

 仮設住宅を管理する市建築住宅課は、基本的に空室の利用であり、渡辺復興管理監は自宅から通勤しながら勤務が夜遅くにまで及んだ場合などに利用し、光熱費や水道代も自己負担するということで、「時々なら問題はなかろうと判断した」としている。

<引用終わり>

この記事の最後にはこう書いてある。

「 仮設住宅を管理する市建築住宅課は、基本的に空室の利用であり、渡辺復興管理監は自宅から通勤しながら勤務が夜遅くにまで及んだ場合などに利用し、光熱費や水道代も自己負担するということで、「時々なら問題はなかろうと判断した」としている。」

全くその通りで、何ら問題ないどころか、記事から判断する限り、むしろその職務熱心さを褒めてあげるべきではないだろうか。

最初、記事の見出しを読んだ時、仮説住宅が不足しているのだろうと思った。ところが、利用したのは空き室で、しかも自腹を切っているのだ。私がこの復興管理監上司なら、特別報奨金を与えたい位だ。別途宿泊代として別途請求させ、例え僅かでも自己負担に上乗せしてやるが。

本当にこの記事の通りの事で、住民はクレームをつけているのだろうか?もし本当にこの記事の通りだとすれば、被災住民の精神構造と、この復興管理監を守ってやらない組織にも疑問を感じてしまう。

よく戦争アクション映画などで、英雄が陰謀によって、裏切り者扱いをされるストーリーが有るが、それを連想してしまった。

と、ここまで書いて、どうも腑に落ちないので、念の為調べたら、こういう記事も有った。ちと、古いが。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/76233/

仮設住宅の入居不許可に苦情相次ぐ 中越沖地震の柏崎市08/13 08:00)

とあって、仮設住宅への入居が認められなかった被災者から苦情が相次いでいる。と報道されている。住民の気持ちは分からんでもないが、そのことと、この復興管理監の問題は関係あるんだろうか・ところがその後の報道では、

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/77930/

柏崎の仮設住宅2割「空き」 キャンセル続出08/19 13:19

とある(いづれも8月の記事だ)。だから、やっぱり、この復興管理監が仮説住宅を利用したことで、被災者に害があったとは思えない。一体何が問題なんだろうか?

もしも、この復興管理監の熱意(?⇒が有ったかどうかよく分からないが)を無視して、重箱の隅を突付く様に、厳密に規則や法を盾にこの復興管理監を責めるならば、轢かれそうな子供を助けた人を、信号無視で罰するようなものだ。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ 


『藤田東吾を国会へ贈るかい??』に参加する http://groups.yahoo.co.jp/group/togotodiet/

【訂正の追記】

記事アップ後12/5に「たまたま」様より下のコメント欄にあるように、引用記事混同のご指摘を受けた。たしかにその通りで、問題の1番目の記事は中越地震の事であり、後の2つの記事は中越沖地震のもの。

ウム、単語に反応していたのは私自身でした(汗)。よって、「と、ここまで書いて、どうも腑に落ちないので、念の為調べたら、・・・」以降は、直接には本ブログ主張に結びつかないので、無視していただきたい。

要するに念の為調べたのがマチガイだった。但し、拙ブログの主張は、このことに関係ないので、変わるものではありません。

|

« この国の修理は? | トップページ | 有名人じゃなくて良かった。 »

コメント

皆様、コメントありがとうございます。

○ とし様、
産経新聞の早とちりかどうかは、分かりませんが、記事に書かれている内容から判断する限り、不可解で、指桑罵楷な印象を受けました。

別件の罪が棒に当るとのご指摘は、視点によりますね。社会制度を大きく俯瞰して見ると、相対的に正にご指摘の通りだと思いますし、警察にも疑問を感じます。耐震偽装問題がその典型でしょう。一方、罪すなわち法令順守の観点からは、罪は棒ではなく当体そのもの。この場合、罪自体ではなく罪人の追及の仕方が棒である場合がありますね。ホリエモン事件などは、コレでしょう。


○ たまたま様、
ご指摘ありがとうございます。全くその通りで、単語に反応していたのは私自身でした(反省)。
YAHOOで一番目の記事の関連記事として紹介されていたもので、ウッカリ勘違いしました次第。慌てて訂正追記を加えました(汗)。

私は、オッチョコチョイで、誤字脱字のオンパレードですが、内容に関するマチガイは見過ごせませんので、今後もこのような間違いがありましたら、是非ともご指摘の程、よろしくお願いいたします。

投稿: ベンダソン | 2007/12/06 11:06

たまたま検索で辿りついたものです。
筆者様、中越地震と中越沖地震を混同しています。

1番目の記事は長岡市(中越地震)についてのもの。
2番目、3番目は柏崎市(中越沖地震)についてのもの。
長岡市の復興管理監は、柏崎市に対する権限はありません。
地理的に近く、同じような災害にあった箇所ですので、情報交換等の支援などはしているでしょうが、直接的には無縁です。

投稿: たまたま | 2007/12/05 23:27

すいません。

「無いよう」→「内容」です。

失礼いたしました。

投稿: とし | 2007/12/05 18:57

あいも変わらず鋭いご指摘で。

これはあくまで予想ですが、この件というのは、確かに疑問を感じている住民はいたが、あからさまに不満を感じている人はいなかった。あるいはいたとしても、事情を知らないで、早とちりをしてしまった人のコメントを産経新聞は載せてしまったのではないか?(所詮産経新聞ですから)と思うんです。

なので、最も問題なのは、この記事の無いように「誇張」はなかったのか?ということでしょうね。

さすがに、このくらいのことと言ったら失礼かもしれませんが、「捏造」をすることの意味があまりありませんし、しかし、記事として注目して欲しいとするならば、誇張をしなければならないというようなものが、もはや本能的に働いてしまうのではないか?と感じた次第です。

ところで、全く関係の無いことを言って申し訳ありませんが、このブログのタイトルは、こと、犯罪について考えた場合、棒に当たるのは「罪を犯した人」になると思うのです。

なぜなら、本当に追及して無くさなければならないのは「罪」であって、「人だけ」をいくら追及したところで、その根っこを見つけて抜き取らない限りは、違う人が同じ罪を続けることになりますからね。

もっと言えば、人を罰することはその場の抑制程度の効果はあっても、解決には絶対にならないということであって、つまりは「無駄」だからです。

警察って本当に「罪を消そうとする努力」をしているんでしょうかね?
疑問です。

またきます。

投稿: とし | 2007/12/05 18:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/17261497

この記事へのトラックバック一覧です: 仮設住宅がいけないって、単語に反応してないか?:

« この国の修理は? | トップページ | 有名人じゃなくて良かった。 »