« 藤原選手の快挙に思う、無関係な事 | トップページ | 実録/少林サッカー!? »

2008/02/20

亡国のイージス艦事故?

View5952404 自衛隊最新鋭イージス艦が漁船と衝突とは、あってはならない事故だ。自衛隊に対する批判は免れないだろう。だが、コノ事故の最大の問題点は、事故そのものではなく、情報伝達体制の脆弱さと、それが以前から指摘されていながら、一向に改善されていない、或いは機能しない点にある。これは実は背筋が寒くなる話なんだが・・・・

とりあえず記事を引用しよう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080219-00000046-mai-soci

<引用開始>

<イージス艦事故>「仲良い父子」…漁師仲間ら無事祈る2月19日12時33分配信 毎日新聞

 千葉・房総沖で19日未明に起きた、海上自衛隊のイージス艦「あたご」とはえ縄漁船の衝突事故。海上に真っ二つになった漁船の残骸(ざんがい)が浮かび、周辺で海上や空から行方不明になった漁師の親子の捜索が続いた。現場海域は黒潮が通る漁場だが、普段から自衛艦を含め大型船が通る場所だったという。なぜ、最新鋭のハイテク艦が事故を起こしたのか。海域には不安と怒りが渦巻いた。

 「とおちゃん」「あんちゃん」--。吉清(きちせい)さん親子はこう呼び合い、近所では働き者で仲のいい親子として知られていた。「うちのあんちゃんが」。父親の治夫(はるお)さん(58)は普段から、うれしそうに話していた。自慢の息子だった。漁ができない日には、港の小屋で一緒に楽しそうにはえ縄の手入れなどをしていた。

 治夫さんは漁師歴約40年。中学を出てすぐに漁師になった。素潜りであわびを取るのが得意だったが、数年前に脳こう塞になり、船の漁だけになった。カツオやイカ漁をしていたが、最近、沿岸まで来るマグロを追って漁をしていたという。

 長男の哲大(てつひろ)さんは小さいころから漁師にあこがれていて、県立勝浦高(現・勝浦若潮高)を1年の途中で中退して漁師になったという。約5年前から治夫さんと漁に出掛けていた。

 川津港で釣り船店を経営する女性は「治夫さんは普段は物静かだが、船に乗ると厳しい人だった。哲大さんは『てっちゃん』と呼ばれ、おとなしいが、漁師の仕事に一生懸命だった。泳げないと聞いているので心配だ」と話した。

 川津港には、同漁船80隻が所属しているが、マグロ漁のはえ縄漁船は8隻。港周辺には治夫さんの同級生ら8人が訪れ、「私たちは見守るだけ。生きて帰って来て欲しい」とすがるような表情。「それまで1人だったのが息子が加わり、父親としてうれしそうだった。なんで自衛隊がぶつかるんだ。職務怠慢だ」と怒りをあらわにした。

 哲大さんと同級生の息子がいる川津港の漁師、吉清繁夫さん(52)は「息子が幼なじみで昨日も話をしたばかりと聞いた。心配だ」と話し、テレビのニュースを見ながら2人の安否を気遣った。2人は仲間の漁船数隻とマグロ漁に出たといい、「三宅島周辺でエサであるサバを取った後、八丈島方向へ向かったのかもしれない。イージス艦は最新鋭なのにどうして」と憤りをあらわにした。

 漁港近くではお年寄りが神社に集まるなどして2人の無事を祈願した。

<引用終わり>

先ず誰しも思うだろう事は、なんで最新鋭の、それもイージス艦が漁船に気づかなかったのか、それじゃあ、簡単に敵に接触されてしまうではないかという事だろう。これじゃあ、張子のトラといわれても仕方ない。

防空が主目的とはいえ、強力なレーダーや情報処理能力を有することを前提に考えれば、いくら海上とはいえ?だ。だが、タブンこれは素人考えなんだろう、イージス艦とはいえ海上監視は波のレーダー能力だから発見は無理なんだとか。ホンマかいな、漁船同士はレーダーで位置確認してるのに?

となると、漁船の灯火の状態や見え方が問題。でもこれは検証が難しいと思う。ただ、いづれにしても、事故が起きたのは東シナ海や日本海ではない。千葉県沖だ、しかも漁港の沖合いたった40kmの地点を航行するに際して、航行海面の監視を怠ったというのだろうか。ちと考えられない。

東京湾の直ぐ近くの沿海域を航行するのに軍事的に灯火管制をして航行する必要性は感じられないから、目視が困難ならサーチライトを照らせばよいだろう。だから、要するにこのイージス艦の怠慢といわざるを得ない。

で、そーなると、イージス艦が事故⇒イージス艦の怠慢⇒自衛隊の怠慢⇒自衛隊なんてぶっ潰せ。といった論調が出てきはしまいかと気になるところだ。冒頭述べたように、コノ事故と自衛隊そのものの是非論とはあまり関係ない。

ここで問題とされるべき事は、①事故原因究明、②問題点の整理、③問題解決策及び再発防止策の検討だろう。原因が人為的なものであれば、周知徹底。イージス艦の能力不足なら機能改善となる。

私は、もともと交戦権を持たない自衛隊は張子のトラに過ぎず、実際の国境警備に効果を発揮しているのは海上保安庁(国土交通省)だと思っているので、自衛隊組織を擁護する気は無いが、国防は国家存続の要、絶対必要な国家機能と思っているので、国防機能を否定する事には組しない。

ゆえに、コノ事故が、自衛隊否定に結びつき、国防不要論に傾くことを危惧する。イージス艦がコノ程度の能力では心許ないから、自衛隊は役に立たない。そこまでは異論無いが、役に立たないから不要という人がもし居たなら、それは論理が繋がっていないよと指摘したい。

だって、自分が使っている車あるいはパソコンがポンコツで役立たずだから、車もパソコンも要らないとはならない。厚生省が役立たずだからといって、医療制度は不要とはならない。このように或る機能が必要な時、その手当てとしての組織や装置の効果が上がらなかったとしても、必要な機能を否定は出来ないからだ。

もっとも、さすがに今回の事故では、自衛隊の体質非難は起こっても、そこまで短絡的な論調は無いようだから、単なる私の考えすぎだったようだ。原子力とか防衛といったことになると、やたらヒステリーを起こす人々が少なからず居るモンでね。スマン。

で、まあそれはそれでオシマイにしてだ、なんとも解せないのは、防衛大臣に報告が行くまでに2時間も掛かってた事だ。これはハッキリ言って背筋が寒くなる。これじゃあイージス艦もヘンタクレも無い。

平和ボケも極まれりだ、不測の事態に遭遇したら皆さん頭がパニクって、通常通りの連絡報告経路しか浮かばなかったというわけだ。条件反射的に先ず直属上司に報告し指示を仰ぐとゆー訳ね。おそらくパニックとパニックじゃなくとも独断専行のそしりを恐れて、誰一人として、緊急連絡体制を頭に浮かべなかったのじゃなかろか。

これって、すげー大問題だ。いくら高性能な情報収集能力があっても、その情報のプライオリティーの判断能力と対処能力がないんじゃ、張子のトラどころか、道具の使い方すら分かってない事になる。

<亡国のシナリオ>

レーダー監視員:あっ!北がミサイルぶっ放した。タイヘンだ、主任に報告だ。主任殿、ミサイルが飛んできますぜ。

主任:なぬ?!タイヘンだ、係長に報告しよう。

係長:おえっ、タイヘンだ、課長に報告すべい。

課長:何、オーマイガー!部長・・・・!

部長:なんで今頃報告するんだ馬鹿モン。じゃ俺も上に報告するか。

幕僚長:なに、1時間前?じゃもうタブン官邸には報告は届いてるな。

部下:タブンじゃまずいですよ、確かめたらどうです。

幕僚長:そ、そーだな、でも、マチガイだったら赤っ恥だからなあ、じゃ、どーすっか皆で考えよう。オイ、もっと正確な情報を集めろ。

部下:ハイ了解しました! あれっ、ところで東京方面にキノコ雲が上がってますが・・・・。

幕僚長:エっ?

(官邸に届いたのは情報ではなくミサイルだった・・・・完)

という訳で、本日これまで。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« 藤原選手の快挙に思う、無関係な事 | トップページ | 実録/少林サッカー!? »

コメント

イナカ税理士に問う

ではどうすれば?
貴方は平和ボケでは無いのか?
チョットではなく、かなり言い過ぎだ。
どれほどの組織を動かした経験がお有りか知らないが
少なくとも自衛官は命を国家に預けている。
誰の為か? 貴方や自分自身を含めた国民の為だ。
利権と言うが、税理士も利権族の一部ではないか。
なにびともそうそう他を非難するには、それなりの
おのれ自身で無ければならない。
屋根の下で数字をいじくるのとは訳が違う。タワケ!
それを「言い過ぎではない」と書く似非人間ベンダソン
台風、自身災害や戦争にでも成れば真っ先に自衛隊の
救助を頼む口だろう。 タワケ!

投稿: 不偏標準人 | 2008/08/27 03:53

自衛艦を避けない漁船がイケナイ
国防に携わる船と対等と思う姿勢がイケナイ。
自衛官、防衛省の役人ドモの魂に気合が入っていない。
それらを無視して、漁船側を擁護し、国防従事者を
一方的に非難するマスコミドモもイケナイ。
目の前に危険な国だらけの日本人が、国防について
非常識な事を言いたい放題。中韓朝露の思う壺に
なっている。諸外国に戦争を仕掛けない日本になった。
しかし、仕掛けられる日本に成った事を知らねばイケナイ。
敬意を払い、一歩も譲られない自衛隊が国民を守るとき
悩ませる事になる日本人の現状を大いに反省したまえ。

投稿: 不偏標準人 | 2008/08/27 03:40

nobusukegou様、コメントありがとうございます。

ご意見ごもっともです、全てに同意します。

それにしても、緊急システムがありながら、機能しない国防体制とはどうしたもんでしょう。

しかも同じ過ちを繰り返し(←事故の事ではなく、緊急対応のこと)、その国防体制の致命的欠陥をさらけ出している。
4兆円を超える防衛費は、関係者の生活支援のため?といわれても仕方ありませんね。

ちなみに、この防衛費、赤字国債を除けば実税収の1割です。

投稿: ベンダソン | 2008/02/21 10:03

久しぶりにコメントさせて頂きます。

ヒステリックに自衛隊無用論は言いませんが。
国防と言えば何でも通り、高い買い物が許される事には疑問が有ります。(国防の第一は外交力、それを補完する軍事力
と思っています)
効果がが無い・・・無駄な費用は省くべきと思いますが。

投稿: nobusukegou | 2008/02/20 23:19

イナカ税理士様、コメントありがとうございます。

いや、全然言い過ぎではありませんよ。
国民はもっと怒るべきだと思います。

或いは、もっとバカにするべきか。

投稿: ベンダソン | 2008/02/20 18:46

イヤー!!これはあり得ますね・・・政府といい・議員といい官僚といい・・・防衛庁の制服組までもが危機感無しの平和ボケ!!考えているのは自分の利権と天下り。この国に税金払う意味があるのか?(チョット言い過ぎかな)

投稿: イナカ税理士 | 2008/02/20 13:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/40193281

この記事へのトラックバック一覧です: 亡国のイージス艦事故?:

« 藤原選手の快挙に思う、無関係な事 | トップページ | 実録/少林サッカー!? »