« 三浦和義氏逮捕はよその国の話 | トップページ | 理不尽 »

2008/03/07

なめたらイカンぜよ

ものの考え方は人それぞれなので、こうじゃなきゃイカンとは一概には言えないけれど、はたして、コレ、一国の代表が言うセリフかねえと思っていたら、案の上というか中国からムッチャンコなめられた。オイ、チュンよ、福田がお追従ゆうたからって、国民全部がそうだと思ったら大間違い、あんましニッポンを、なめたらイカンぜよ。誰がお前らの食いモン買うか!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080307-00000052-san-pol

3月7日8時3分配信 産経新聞

<引用開始>

ギョーザ資料 首相の融和姿勢背景? 中国「ゼロ回答」

 中国製ギョーザ中毒事件を受け、日本政府が中国政府に資料提出を求めた約20項目のうち、中国側回答が製造元「天洋食品」の消毒剤購入状況など3項目にとどまり、ほぼ「ゼロ回答」となっていることが6日、明らかになった。中国は速やかな資料提供を約束し、温家宝首相も全国人民代表大会(全人代)で「食の安全強化」を打ち出しているが、中国側の不誠実な対応が改めて浮上した形だ。福田康夫首相の中国への融和的な対応も背景にあるようだ。

 日本側は、調査団が2月4~7日に訪中した際、河北省にある天洋食品の工場で製造されたギョーザのサンプルや、ギョーザから検出された有機リン系殺虫剤「メタミドホス」の同省内での回収・廃棄状況などの資料提供を求めていた。

 この際、食品安全を主管する国家品質監督検査検疫総局や河北省幹部らとの協議で要求、13日に公文書で正式に申し入れた。中国からは21日に3項目の資料が届いた。

 しかし、これらはいずれも天洋食品が保有する「いつでも出せるような資料」(外務省筋)ばかりで、中国政府や河北省にかかわる資料は含まれていなかった。その後も外交ルートを通じて複数回にわたり提出を促したが、今月5日現在、新たな資料は届いていない。

 一方、警察庁の吉村博人長官は6日の会見で、中国公安省が2月28日に自国での混入を否定する根拠となったメタミドホスの袋の浸透実験に関する資料提供を受けたことを明らかにした。

 だが、提供資料は溶媒の種類や機材など実験環境のデータが含まれておらず、再現実験するには不十分な内容。警察庁は引き続き情報や資料提供を求めていく考えだ。

 中国当局が自国での毒物混入を否定した2月28日、福田首相は「中国は非常に前向きだ。原因をしっかりと調査し、責任をはっきりさせたいという気持ちは十分に持っていると思う」と語り、中国側の不誠実な対応を批判するどころか逆に、評価する発言をしていた。

<引用終わり>

福田首相の「中国は非常に前向きだ。原因をしっかりと調査し、責任をはっきりさせたいという気持ちは十分に持っていると思う」発言をTVで見たときには、正直ぶった曲げた。TV局が違う質問をして、意図的に編集したのか?とさえ思ったものだ。

物事絶対なんて事はないし、情報が不足した状態では、毒ギョーザ事件を一概に中国側の責任とは断定できない。同じように日本側の責任も断定できない。愛国心や自己愛から、夫々の国民は自分たちが正しいと思うことも致し方ないだろう。

なのに、中国当局の対応は、どー考えたって、日本にケンカ売ってる。相手からケンカ売られ舐められているのに、一体何をどーすれば、こういう福田首相の解釈が生まれるのか、なんともハヤ不思議というか、情けなくなった。

その結果が、コレだ。案の上というか、めちゃくちゃ人をバカにした話だ。キチンとした物証・論証ならば、先に述べたように、絶対正しいなんてこと言えない以上、議論の余地もあるだろう。けれども、中国側がそー言った情報提供すらしないと言うことは、「まともな調査なんてやってるわけあるめい、ニッポンが悪いにきまってるべーよ」と言うことだ。

私が個人的に知っていて付き合いのある中国人は皆、立派な方たちばかりなので、十派一からげな言い方はしたくないが、一般的に中国人は質が悪いというのが実感。凶悪犯罪とか、とにかくイメージ悪い。

正直なところ、石原都知事の右傾化には引いてしまうけれど、中国蔑視発言には、うなずいてしまう。

むやみやたらとケンカして孤立してしまっては元も子も無いが、だからって、舐められっぱなしで文句言うどころか、イヤーありがとう、みたいな態度では、世界中から嘲笑されるだけ。同じ孤立するなら、バカにされて孤立するより一目置かれて孤立した方が良い。

トップの福田さんに期待したところでどーにもならんから、ここは国民が自ら意思表明するしかあるまい。何、簡単なこと、中国製品を買わなきゃ良い。勿論全部は不可能だし、そんな感情論に走ってもナンセンスだが、少なくとも食い物がヤバイのは、マチガイがない。

各家庭では、中国産をボイコットしてもレストランで使っていては、口に入ってしまうので、そこら辺も、きっちりとレストランに念押ししよう。

以上、本日コレまで。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« 三浦和義氏逮捕はよその国の話 | トップページ | 理不尽 »

コメント

ひさびさに様、コメントありがとうございます。

>ちょっと報道見ただけで興奮せず、いつものように冷静な分析をお願いしますよ。

う~む、確かに貴兄のご指摘通り、私は興奮しすぎ、短絡的です。反省します。
ただし、コレは自分でも最初から分かっていたこと。アホかいなと思いつつ書いてます。つまり半分は確信犯ね。

裏にどんな陰謀、深慮遠謀があろうとも、それが深慮遠謀であればあるほど、ふざけた話には素直に怒るべきと考えます。とゆーか、スジですね。最低限のスジは、どんなに高度な判断が裏にあろうとも、キッチリ通すべき。コレが私の判断というかアイデンティティです。

ですが、コレが損得で言えば正しいかどうかは私自身、自信がありません。体験的には、智に働けば角が立って、意地を通せば窮屈なばかり、ろくな事が無いようです。どちらを選ぶかはその人の嗜好性の問題でしょう。ま、コレは余談です。

で、本題。スジを通しっぱなしで良いかと言えば、トンデモナイ、そこから先には、高度な政治的判断や駆け引きもアリです。とゆーか、スジを通すところから既に駆け引きは始まっているんじゃないでしょうか。

とゆーわけで、マスコミや国家が中国食品ボイコットを指示してるわけじゃなし、たかが、ベンダソンだか何だか知らない、へたれブロガーのたわごと、一緒に怒る国民が増えて、仮に大合唱となったところで、それは単なる流行に過ぎません。国家の方針ならともかく、その国の国民の自発行動を、他の国がとやかく言ったら、それこそ噴飯物、そーはならんでしょう。

あと、念のためですが、私が怒っている点つまり論点は、①日本国の代表としての福田首相の発言と、その後の②中国の公式見解と証拠資料を開示しない対応方針です。

取り急ぎ、
よろしくお願いいたします。

投稿: ベンダソン | 2008/03/08 13:35

久々にお子ちゃまに戻ってしまったようですね。せっかく最近はいい感じだなぁ、と思って読ませていただいていたのですが。
文書表現力は貴兄は素晴らしいので、あとは目先のことに振り回されないことに心がけていただきたいものです。まぁ日本の報道からだと仕方ないかな。
中国も日本もお互いの主張のうち、事実の面は間違っていないと思いますよ。まぁかの農薬が袋を浸透するか否か、についてはお互いの主張が違っていることがありますけど、それ以外は事実でしょう。ただそこから推測することが日本側はあまりに単調すぎるし、真犯人を突き止めようとする気持ち、これはバカ正直な国民性でしょうが、それがあまりに強すぎる。中国はそれをするとお互いの国のためにならないことをわかっているから、話をはぐらかそうとするが、その方法が稚拙なだけ。今回稚拙すぎて訪日前の胡錦涛の逆鱗に触れたようですし。
これは単なるイタズラじゃないことは明白でしょう。もちろん工場の問題ではない。これをきっかけに、日中両国の国益を損なわせたい連中の仕業、ってことは明白です。だから「中国が悪い」「日本が悪い」ではないんです。それをみんな振り回されちゃって日本側は「中国悪し」、中国側は「日本悪し」で国民が振り回されちゃっている。そうなればなるほどその連中の思う壷、ってことがわからないんでしょうか。だがよほどの確証がない限り、また色々な国際的な複雑な関わりから簡単に真犯人を公表することができない。たぶん両国ともわかっていると思いますよ。だから福田首相も今の時点ではとぼけざるを得ない。まぁたしかにとぼけ方が素直すぎて、国民を騙してでも「真犯人を追及中!」のポーズを取ればいいんでしょうけど。
「分断して統治」は帝国の世界統治戦略です。日本と中国のような近隣且つそれなり力のある国同士は、仲悪い状態に保ちたい連中がいるんですよ。仲良くなったら力がさらに強くなるので、立ち向かってくるかも知れないですからね。とにかく今世界を統治している連中は臆病もんですから。
だからそれを見てこういうところで「けしからん」などと煽っているようでは、その連中の思う壷に荷担しているようなものですよ。いい文書書かれるんだから、ちょっと報道見ただけで興奮せず、いつものように冷静な分析をお願いしますよ。

投稿: ひさびさに | 2008/03/08 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/40408744

この記事へのトラックバック一覧です: なめたらイカンぜよ:

« 三浦和義氏逮捕はよその国の話 | トップページ | 理不尽 »