« でっかい数の捉え方 | トップページ | 口は災いのもと? »

2008/08/23

ウンが良くて悪い話

若ノ鵬が大麻所持容疑で逮捕された。ロシア人のこの少年、ものすごく運が良くて、ものすごく運が悪い。ナニがって?、落とした財布に大麻を入れていて、それが交番に届けられたなんてねえ、不謹慎だが、噴出してしまった。

御参考までに、先ずはこちら、

http://www.asahi.com/national/update/0818/TKY200808180276.html

<引用開始>

大相撲・若ノ鵬が大麻所持容疑 警視庁逮捕

 大麻成分を含むたばこを所持したとして、警視庁は18日、大相撲の幕内力士、若ノ鵬寿則容疑者(20)=ロシア出身、間垣部屋=を大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕した。「六本木で外国人からもらった」と供述しており、使用容疑でも調べる。

日本相撲協会によると、十両以上の現役力士が逮捕されるのは前例がないという。

 組織犯罪対策5課と本所署によると、6月24日、東京都墨田区錦糸1丁目の錦糸町駅前の路上で、大麻成分を0.368グラム含有するロシア製たばこ1本を所持した疑いがあるという。

 たばこが入った財布を落とし、通行人の女性が拾って近くの交番に届けた。財布の中から外国人登録証を発見。たばこを鑑定したところ、大麻成分が含まれていることがわかった。自宅マンションと間垣部屋を家宅捜索し、マンションから吸引具も見つかったという。本人も落とした当日に別の交番に「財布を落とした」と届け出ていた。

 若ノ鵬容疑者は05年春場所に初土俵。07年九州場所で新入幕を果たした。今年の名古屋場所は自己最高位の西前頭筆頭で4勝11敗と負け越した。

<引用オワリ>

ロシアでは、大麻が合法なのか御法度なのかは知らないが、たぶん日本ほど厳しく取り締まられないのだろう。実際のところ、大麻にそれほど害はなさそうだけど、日本では違法だからそんなの関係ない。大麻も覚せい剤も一緒くたに罰せられる。

まだ私が若かりし頃、ごく真面目な友人の友人が大麻所持で逮捕された。そんな犯罪をやるような人物に葉見えなかったけれど、彼の人生はそれで終わった、・・・と思う。

何しろ、逮捕となったとたんに皆、友人達は離れていったようだし、さして親しくも無いから付き合う事も無く、その後の事は知らないが、日本では麻薬と言うぐらいだから、ヘロインやなんかと一緒で重罪だ。あっち側の人間となっては、まともな人生が歩めるとは思えない。

あっち側の人間とは要するに、ヤクザとかのアウトローの世界だ。同じ犯罪者でも、ゲバ棒とかだと、正義感の出し方がズッコケテいるだけで、たまたま時の権力者にはむかったから犯罪者となった根っこは善人という感じな気がする。ただしどっちにしても、私を含めノンポリのフツーの市民は近づきたがらないだろう。

で、この若ノ鵬クン、財布を落としたのが外国なら、先ず100パーセント還ってこなかっただろう。いや日本だって、そうは還ってこない。いつだったか私は車検の費用を入れた財布を落としたことがあるけれど、還ってはこなかった。普段、そんな大金は入れてないのに、この日に限って20万円を入れていたのだ(涙)。

だから、この若ノ鵬クンは実に運が良い。だけど、その運のよさが運のつき。

お気の毒というか、身から出たサビだからそんな事は言えないが、かの国ではいったいどーゆー扱いになるんだろうか。戦前の日本では、大麻は禁止されてなくて疲労回復として吸引してたとか、でも今は犯罪なので、法律はよく知っとかないとね。ではまた。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ 

|

« でっかい数の捉え方 | トップページ | 口は災いのもと? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/42249211

この記事へのトラックバック一覧です: ウンが良くて悪い話:

« でっかい数の捉え方 | トップページ | 口は災いのもと? »