« と言う事は・・・ | トップページ | 事故米は第2の耐震偽装事件 »

2008/09/10

惣菜選挙

ここのところの自民党総裁選報道の、儀祝儀か、自民党支持率が上がったとか。支持率を上げるには、福田首相、あんたが辞める事だよ、とは、よく言われたジョークだが、ホントにそうなるとは、シュール過ぎる。

でもって、今日はその告示日だが、出馬を断念した人も含めて、まあなんと賑やかなことか。ワルイけど、皆さん本気で日本の事考えてるとは思えんな。次の選挙を睨んで、この際名前を売っとこうって、カンジだ。

数があればいいってなもんでもあるまいに、ゆえに、総裁選挙ならぬ惣菜選挙というわけだ。同じ店頭に並ぶ商品なれば、お互いにケチ付けるわけにもいかず、さりとて出来るだけ自分をアピールしたいってな訳で、相変わらずバラ色の未来と鉄壁の決意やら信念を語る抽象論ばかり。

なのに、御祝儀だかなんだか知らんが、自民党の支持率が上がるとは、いやはや。何度も言うように、戦後60年間、この国はほぼ自民党が独裁してきたんだから、この閉塞感は自民党の責任なのだよ。

国家が、年金詐欺を働くなんて前代未聞の醜聞も、途中に政権交代が無かったんだから、これ、ぜーんぶ自民党の責任だ。ウソの選挙公約で、いままで、何回騙された事か。国民は誰も公約が実現されるとは思ってもいないし、実際、反故が当たり前になっている。

民主党が政権をとっても、同じかも知れないが、同じではないかもしれない。なにしろ一度も政権を取ってないのだから。方や政権を独占してきたのだから、1度ある事は2度3度どころではない、記憶では戦後48代内閣中46代の自民党内閣ぜーんぶ、嘘つきだったのでは?

なのに、そういう政党を支持する?イデオロギーの対立が無い中で、こういう現象を一体どう説明すればよいのだろうか。ある評論家が、民度の低さだと言っていたが、まったくその通りだと思う。

なんか分からんが、自民党というコトバが大事なんかね、と思ってしまう。だったら、この際民主党は自民党と改名したらどーだろーか。自由民主党対自民党なんて、訳わかんなくて良いと思うけど。

何故そういうわけの分からん事を言うかと言えば、これ単に似たモンだから。ただし、似たモンとはイデオロギーであって、根性は違う。だから選択肢が広がり、意義があるのだ。公約でバラ色の未来を約束したって、どーせ国民はバカだから、すぐ忘れる、とばかりに嘘を吐き通しても自民党の牙城は崩れなかった。

ところが、ねじれ国会になってからは、そーはいかなくなってきた。民主党の力が強くなって、今までみたいな横暴は通りにくくなってきたし、何より、いい加減な事をやってると、民主党に政権の座を奪われる危機感が、自民党を真面目にさせたのだ。

この功績は大きい。一向に進まない年金問題解明、官僚組織の抵抗に逢い桝添大臣は苦労してるが、自民安定政権であったならば、これだって、国民世論なんて屁のカッパ、問題すらもみ消し、調査するフリすらしなかっただろう。民主の陰に怯えるからこそ、泣きながら大臣は、官僚のケツをひっぱたくのだ。

どーも、御祝儀相場で自民党支持率が上がったところで、11始めの解散総選挙は確定した様子だが、この事をどー捉えるのか、日本国民の選択が問われ、その意義は今までと違い歴史的な意義を持っていると思う。

ただ、歴史的な意義とはいっても、公に周知認識されている訳ではない。かといってベンダソンの独りよがりな妄想でもない、公に周知認識されてはいないけれど、状況はそうなっていると言いたいのだ。

明治維新の最中は状況としては維新の真っ最中だが、明治維新が維新と言われたのは。明治維新の後だ。チョイとオーーバーに言えば、今の状況はまさにそれだ。誰もが、このままではいけないと思い、皆それなりに危機感を覚え行動を始めてはいるけれど、ナニが本流かは確信が持てない。そんな状況ではないだろーか。

維新の登場人物は、勤皇、統幕、譲位・・・等々、様々だけれども、みんな変化を求め、それぞれの理想や思惑で行動した。その結果、志半ばで暗殺された人、した人、失敗した人、成功した人、明暗が分かれた。

つい先日、ある民主党のパーティに誘われ参加したが、必ずしも1枚岩ではなく、そこには勝ち馬に乗ろうという様々な思惑とレベルの差が見え隠れしていた。まあ、これは仕方ないことで、民主に限らず、自民、共産、公明その他みーんな思惑はあるだろう。問題は根性だ。

ひん曲がった根性の悪党が、政治家になると、これは獅子身中の虫となって、この国を危うくするから、退治しなくてはならない。どんな根性が真っ直ぐか否かなんて分かりにくいと思うかも知れないが、そーでもないだろう、イデオロギーとか考え方が正しいかどーかなんて事と違って、その人の言動が、公の利か、私の利に立脚しているかは、そんなに難しい判断ではないと思う。

小泉さんの改革が正しかったか否かは、一概に断定しがたいけれど、自民党をぶっ潰すといった彼の姿勢には、多くの国民が「私利」よりも「公利」を感じ、支持したのではないだろーか。福田さんにはソレが感じられないから支持率が下がったのだろう。

福田さんの政策の良し悪しなんて、殆どの国民はフィーリングでしか受け止めてないはず、具体的政策論を指摘しての批判なんてほとんど誰にもできまい。そんなもんだ。政策が正しいか正しくないか以前に、信念を持ってガンとして譲らないと言うような気迫が無かったから、何を言ったりやったりしても白々しいだけなのだ。

今の自民党政治家のイメージは、支持者には申し訳ないが、福田さん同様、公利のためという気概が全く感じられない。政権交代が必要なのもそのためだ。もっと言えば政権交代は手段であって目的ではない。

自民党政治がしっかりしてくれるなら、別に自民党で何ら問題ない。だが戦後この方自民独裁、派閥政治にドップリ浸かってきた自民党に、自浄作用が働くとは到底思えない、それゆえブッツブすしかないだろう。

そして繰り返すが、政権交代は手段であって目的ではない。目的はこの国の健全な民主主義の確立にあるのだ。だから民主党の中にも根性曲がりや権力欲の塊みたいな悪党がいるとすれば、これを退治しなくてはならない。

そーなれば、政界再編しかあるまい。到達点は民主党の政権奪取ではなく、正常な民主主義の確立だからだ。党としては腐りきってるイメージの自民党だが、改革の志に燃える議員もいる。民主党その他にもそれは言えるし、その逆もある。

最終的には、この国の政治を一度ガラガラポンする必要があるけれど、そーなる前に2大政党政治がつぶれてしまったらどーにもならないから、仮に政権交代が起こらなかったとしても、決して民主諸氏はあきらめることなくモチベーションを保って欲しい。

逆にそーなれば、悪党はさっさと鞍替えして民主党を飛び出すだろう。それもアリかなとも思う。

では、また。

↓ ↓ ↓ 

人気blogランキングへ  

|

« と言う事は・・・ | トップページ | 事故米は第2の耐震偽装事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/42433979

この記事へのトラックバック一覧です: 惣菜選挙:

« と言う事は・・・ | トップページ | 事故米は第2の耐震偽装事件 »