« 惣菜選挙 | トップページ | 踊らされる人々 »

2008/09/12

事故米は第2の耐震偽装事件

事故米転売事件の災禍は広がるばかり。この様相は耐震偽装事件を彷彿とさせる。あの時は姉歯というイカレポンチの犯行だったが、今回はそれが三笠フーズに置き換わった。そして中心にいる人物達や事の重大性よりも、「オマエも旨い汁を吸ったんだろう」的な犯人探しに躍起になっているところも似ている。

事の重大性に順位付けすれば、

     食管を預かる農水省の共犯・教唆

     三笠フーズの犯行

     知っていて加担した業者は共犯

     知らずに加工した業者の危機管理能力

だろう。以下、この順で、ちょいとイチャモンつけよう。

1.食管を預かる農水省の共犯・教唆

農水省は、ウルグアイラウンドがどーたらこーたら、処分すると経費が嵩み、税金の無駄遣いになるから工業用に販売したと言うが、ナニ言ってんだ?一体誰が処分しろと言うのか。吉野屋が仕入れた牛肉に危険部位が入っていたとき食用以外にと卸したか?そしてそんな事を農水省が許すか?

だいたい、ウルグアイラウンドでは、粗悪品を輸出してもかまわないが、一度輸入したら返品不可なんて国際条約でもあるというのか。

輸入した食糧が汚染されていたならば、返品するのが先だろう。一体、何故それを返品しないのか。一民間企業がインチキ品を掴まされて泣き寝入りと言うのはあるが、国家がインチキ品を掴まされて泣き寝入りは無いだろう。ましてババを他に回すとは・・・。

何の権力もない民間業者だって、返品や、抗議、損害賠償くらいはやるだろう。

しかも、それが今年だけの事ではなく何年も続いていたとは呆れてモノも言えない。この国で最も力のある国家が、外国から毒入り食料をつかまされ続け、何ら対策もなく受け入れ(←受け入れた後で検査し、返品しないのだから)、原因をそのまま放置して「転売禁止」という形だけの言い訳を付してうやむやにしてしまう。いやはや。

しかも、その後の立ち入り検査を通告していたというのだから、開いた口が塞がらん。食品関係業者に食品に使ってはいけません、でも検査するときは教えるから証拠は見せないでねというわけだ。

医薬用ヘロインを、医療機関ならともかく、をヤクザに卸しておいて、横流しするなよ、でも捜査するときは教えるからねってなもんだ。たまらんなあ、オイ。これでは、未必の故意。農水省は共犯若しくは犯行教唆と言わざるを得ないではないか。

ここでアレッと気が付いた。この構図、改ざん可能な構造計算ソフトを用意しておいて、ろくなチェックをせず、姉歯というイカレポンチが改ざんして、そこいら中に被害を拡大していった、あの耐震偽装事件と同じではないか。

2.三笠フーズの犯行

国庫に保管されていた毒米を譲り受け、それを全国にバラ巻いたのは三笠フーズ。ナニをどー解釈しようが、この会社がそういう違法行為をしなければ災禍は生じなかった。ワザワザ毒を輸入し、大事に保管していた農水省が一番悪いが、その毒を全国にばら撒いた会社はとんでもねーイカレポンチだ。

先ず叩くのはココ。即刻、刑務所にぶち込むべきだ。

3.知っていて加担した業者は共犯

一々言うまでもなく、知っていて食品加工した業者は、三笠フーズの共犯だ。ただ耐震偽装と違う点は、耐震偽装の場合は偽装があるかもしれないが、あるとは断定できなかった事。でも、こちらはお値段安く出所がおかしいし、カビが生えてたりして分かり易い。

知りませんでしたは、通らんだろうー。

4.知らずに加工した業者の危機管理能力

一番の被害者は、知らずにマトモな料金を払って毒米をつかまされた食品業者だろう。お気の毒としか言いようが無い。美少年なんて、実に安くて旨い酒なのでホント気の毒だ。だけど、さらに気の毒なのは、口にした消費者だ。

歴史と伝統、信用ある酒蔵の製品を疑うなんて考えもしないし、仮に疑ったとて、確かめようもないではないか。だから、ちょい酷かも知れないが製造する側の責任はあると思う。耐震偽装事件では、耐震偽装になんら加担してもいないむしろ被害者と言えるような施主が別件逮捕されたり、バッシングを受けた。

法律的にも、瑕疵担保責任は原因の如何に関わらず施主にあるから、致し方ない面もあるが、食品加工は建物以上に即、人の生命に関わる事を考えれば、知りませんでしたで済むだろうーか。

5.何が危ないの?

ところで、最後に不思議な事がある。まあ、いつもの事だけれど、犯人捜しに夢中で、実際どんな害があるのか、最も肝心な点がさっぱり報道されない。

カビやメタミドホスが猛毒である事は分かった。とんでもなく強烈な発ガン作用もだ。では実際に市場に出回った焼酎や日本酒がもたらす危険度はいったいどーなんだ。肝心の事が分からん。

事故米といったところで、実際の汚染度はどうなのか、そしてシロート考えだが、焼酎には蒸留の工程があるので、その汚染物質がそのまま焼酎に溶け込むとは考えにくい。だって中学校の理科の実験では溶融液体から解けた物質を分離する方法として蒸留を習ったのだから。

確か、塩水やら砂糖水を蒸留して、水と塩や砂糖に分離したと思う。だから日本酒はともかく、焼酎の原料が汚染されていたからといって、蒸留した後も汚染物質が混ざっているとは思えない。

とはいえ、材料によって蒸留酒は独特の香りと味があるから、蒸留したからといって、成分が完全にアルコールと分離されるわけではないのだろう。だから実際のところどーなのか知りたいもんだ。

①原料を汚染している物質が危険なのは分かったが、②実際の汚染がどれくらい危険で、③その2次製品が実際どれくらい危険なのかが分からなければ、驚きようがないではないか。現状では、何も分からず、クマ公よろしく、てーへんだてーへんだと騒いでいるにすぎない。

それと、時系列で並べれば①⇒②⇒③だが、知るべき情報の優先順位は③⇒②⇒①だ。なのに現状では①ないしは②しか報道されてない。毎度の事ながらマスゴミ人のみなさん、頼むよ。

で、余談ながら、実際に焼酎がさほど汚染されてないなら、廃棄なんてもったいねー、こちらで処分してあげるんだが・・・、いや、決して飲んだりしないってば。でも、調査するときは前もって言ってね。

でもな、飲んだらたちまち癌になるんじゃイヤだけど、もしも毎日飲み続けたら30年後に癌になるなんて程度なら、屁でもない。もっともその前に肝硬変でアウトだろう。ではまた。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ  

|

« 惣菜選挙 | トップページ | 踊らされる人々 »

コメント

とし様、コメント有難うございます。

>どうも、メディアは、話題の中心をメタミドホスに集中させ違っているような気がします。

その通りですね。この恣意性がいかなる理由かは、情報の乏しい私達には分りません。貴兄の推論も、想定できる理由の一つでしょう。或いは単純に記者諸士の勉強不足、怠慢かもしれません。もっと言えば単にアホナだけかもしれません。

私は案外、最後の理由かとも思いますが、いづれにしても、知りたい情報を的確に伝えないで、「煽り」に夢中になるのは、報道の義務や思考を放棄したアホそのものです。

我々市井の民が、煽られることなく冷静になれば、彼らも少しは気付くかもしれません。疲れますが・・・・。先ずは具体的に何がどれくらい危険なのか、それを把握したいものです。

現状では危険物質の説明だけで、我々に降りかかる危険度の具体性が不明ですから、様々な憶測を呼んでいます。憶測する人々は他意は無いのでしょうが、結果的に「煽り」に参加して喜んでいます。これではマスコミ共々不安を煽って問題の本質から目をそらす事に加担することになります。

故に冷静に事実を確認したいもの。犯人探しや、おったまげるげるのは、その後。何が起こっているのか分らなければ話になりません。

投稿: イザヨ・ベンダソン | 2008/09/14 12:24

お久しぶりです。
私個人としても、関心を持っていましたが、個人的な解釈としてはこんな感じです。

・メタミドホスはそれほど重要な問題ではない

なぜそう思ったのか?というと、NHKをはじめとして、テレビ朝日以外のテレビ局が、アフラトキシンのことは一度説明程度に取り上げただけでそれ以上の説明はしなかったのに、メタミドホスのことだけは散々追及していたということ。また、朝日・産経新聞にアフラトキシンのことは掲載していたが、それ以外の新聞は、アフラトキシンのことは一言も書かなかったこと。
あと、GATTの話で言うと、

http://www.nouminren.ne.jp/dat/9903/99032201.htm

をご覧になるとお分かりになると思うのですが、MA米を輸入する義務があるというのは、実際のところウソのようです。

さらに、

http://www.fsc.go.jp/senmon/anzenchousa/anzenchousa19keikaku.html

食品安全委員会の『平成19年度における食品安全確保総合調査実施状況』というところで、アフラトキシンに関する調査だけ、中止になってしまっています。途中で断念しているということです。

それらのことから考えると、メタミドホスというのは、焼酎の場合はそれほどでもないかもしれませんが、それ以外の加工食品、あるいは、ブレンド米のようになってしまっている米に関しては、相当危ないのではないでしょうか?

どうも、メディアは、話題の中心をメタミドホスに集中させ違っているような気がします。

ただ、ここ2、30年での関西地方における肝臓がん発症率が異様に上がっているというのも、これに関係しているのではないか?とも言われていますが、それを証明するのはほとんど不可能でしょうし、できることとすれば、関西以西の地域においては、米関係の料理は食べないようにするとしか言いようがありません。

ただ、メタミドホスの場合であれば、即行性があるのですが、アフラトキシンの場合は、遅効性と言われているため、どのタイミングで発症するのか?というのはいまいちわからないところです。

まあ、個人的には、関西に住んでなくてちょっとホッとしたかなぁってことくらいですかね?

ただ、アフラトキシンの扱いがどうなっているのか?というのを基準にしてメディアの報道姿勢を見ると、割と冷静にメディアの報道の内容を評価できるのではないか?と思った次第です。

またきます。

投稿: とし | 2008/09/12 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/42453341

この記事へのトラックバック一覧です: 事故米は第2の耐震偽装事件:

» 【日記】保坂議員の国替え、9.11 ************** [散策]
今週は、社内A氏からの突っ込み予防で、一本エントリーを書いたのだけど、それをリンクして次へ。 [続きを読む]

受信: 2008/09/13 09:15

« 惣菜選挙 | トップページ | 踊らされる人々 »