« ペリカン文書? | トップページ | ウインドサーファーのものすごい冒険 »

2009/03/12

ひょっとして地検は追い込まれてる?

相変わらずマスゴミから流されるクズ情報には辟易する。この指桑罵櫂(桑の木を指しながら、全く似ても似つかない槐の木を罵る。)ぶりは、いったい何なんだろうか。全く見当違いの情報を垂れ流すマスゴミとそれに乗せられる人々のアタマの構造は、どうなっているのか不思議極まりない。

先ず昨日の拙ブログ記事の補足から・・・。「ニュースステーション」と書いたが、正しくは「報道ステーション」のマチガイ。アホ報道の痕跡を検索していて気がついた。で、有ったのだ。堂々と見当違いのインチキ報道を文章化して残していたのである。

http://www.tv-asahi.co.jp/dap/bangumi/hst/news/detail.php?news_id=6133

<引用開始>

2009年3月11日 (水)

献金システムの一端示す「請求書」を入手

報道ステーションは、民主党の小沢代表が代表を務める政党支部が2004年に西松建設の下請け業者に出した請求書を入手した。西松建設は下請け業者に呼びかけて、「松和会」と呼ばれる団体を結成。会員1社あたり50万円を小沢代表の政党支部に献金させていたという。下請け業者の社長は「西松建設から、団体に入ってくれと言われた。西松建設は元請けだから従わざるを得ない。しばらくすると請求書が届いた」と話す。西松建設からの献金は、大久保隆規容疑者の逮捕容疑となった“ダミーの政治団体”を含めて3ルートあるとみられている。今回入手した請求書は、下請け業者を使って献金するルートだ。このルートは企業から政党支部への献金であり、違法ではない。大久保容疑者は西松建設と相談して各ルートの配分を決め、年間2500万円が小沢代表側に渡るようにしていたとされる。一方、二階経済産業大臣と西松建設をめぐる新たな疑問が浮上した。2007年9月の毎日新聞は、自民党二階派が「新政治問題研究会」のパーティー券購入について記載漏れがあったと伝えていて、西松建設のOBが作った関連団体であることも指摘している。11日の参院予算委員会で共産党の井上哲士議員は「この団体と西松建設の関係は、いつ認識したのか」と追及。二階大臣は「新聞等で報道しているが、私自身、いまだにその認識はない」と答えた。

<引用おわり>

赤字で示した部分に注目いただきたい。そして記事のタイトルにご注目。「献金システムの一端示す「請求書」を入手」だ。「違法献金システム」とは書いてないからウソではないにしても、恥ずかしくないのかね。

そして自らの記事に、「違法ではない」と明言しているから書いてる事にウソは無い。しかしこのタイトルだけ見て(昨日の放送ではキャプションとナレーション)、単語に反応する人は「ほらやっぱり」と思うだろう。小沢代表側の違法献金の有無が問題となっているのに、全く違法ではないと明言して、小沢サイドの行動を報道するなら、タイトルは「違法性無かった献金システム」とすべきではないか。視聴者を土人と思っているのだろうか、たまらんな、もう。

さて、次なるトンチンカン記事は、こちら。ただし、これは記事がトンチンカンではなくて検察がトンチンカンという意味だ。まあ、御覧いただきたい。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090312k0000m040125000c.html

<引用開始>

西松建設:受注資料提出を東北の自治体に要請 東京地検

 準大手ゼネコン「西松建設」(東京都港区)の違法献金事件で、東京地検特捜部が小沢一郎民主党代表の地盤である東北地方の自治体に対し、同社が受注した公共工事に関する資料の任意提出を求めていたことが分かった。特捜部は今後、入手した資料を分析し、小沢氏側が同社に便宜を図った疑いがあるとみて調べるとみられる。

 関係者によると、自治体側が特捜部に提出したのは、過去約10年間に西松建設が受注した公共工事や、同社が参加した入札に関する資料。02年以降、同社は小沢氏の地元の岩手県に加え青森、秋田、山形、宮城の各県で16件約351億円の公共工事を受注したことが判明している。

 西松建設は小沢氏の資金管理団体「陸山会」に違法な企業献金をしたとされ、前社長の国沢幹雄容疑者(70)や陸山会会計責任者の大久保隆規容疑者(47)らが政治資金規正法違反容疑で逮捕された。

<引用おわり>

素直に記事を読むと、「公共工事を受注したことが判明している。」から小沢氏側が同社に便宜を図った疑い」があるので、「東北地方の自治体に対し、資料の任意提出を求めている。」と言う事だ。

ハア?危うく昼飯を噴出すところだった。これ日本語に翻訳しよう。「小沢は、入札に関与する権限がないので、自治体発注者に不正疑惑がある。自分でその証拠を集め、出しなさい。」ということだ。

こんな事、検察が本気でやるか?もし本気なら、相当イカレてる。こんなんで、小沢氏側が便宜を図ったとなるなら、その何倍も発注者が悪質と言う事、当然に直接不正発注した担当者とそれを指示した上司が真っ先に逮捕されなければならない。そしてその証拠を本人に出せと言う。

いやはやメシは噴出さなかったが、コーラならブワッと噴出すところだ。正気の沙汰とは思えない。これ、印象操作のつもりなんだろうか。一体何が狙いなのか、この指桑罵櫂ぶりは理解を超えている。逆に検察が追い詰められて、八方破れになってしまい、「ほら、ほら小沢はこんな意悪いヤツなんだよ」と、わめき散らしているように見える。

検察は、らしくないと。いままで各個撃破でやっつけた耐震偽装のようなスケープゴート達個人とは違う。相手は次期総理になろうとしている野党党首、組織が相手だ。こんなチンケな手では、却って民主党側の言う国策操作を印象付けるだけではないか。

現に、私は小沢氏個人をさほど評価していなかったが、この件でかなり支持する気になった。有名な「●●●のブログ」(一切引用禁止と書いてあるので伏字)でも、半年前は小沢氏に批判的だったと思うが、この件では大声援を送っているようだ。そのほか、ネット上の意識が高そうなブログは押しなべて、小沢支持に廻っているように思う。

その理由は、検察の行動原理が不透明で有る事と、小沢氏の言動にぶれが無く筋が通っているからだろう。

と言うわけで、本日補足まで。

↓ ↓ ↓  

人気blogランキングへ  

|

« ペリカン文書? | トップページ | ウインドサーファーのものすごい冒険 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/44322515

この記事へのトラックバック一覧です: ひょっとして地検は追い込まれてる?:

» 【今週気になったニュースとブログ】田中直毅さん、佐久間達哉特捜部長、漆間さん、植草さん [散策]
日経新聞を見ていたら、田中直毅さんの名前をちらちら見ました。 「郵政民営化委、民営化の原則堅持訴え 「意見」まとめる」 http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090313AT3S1302313032009.html [続きを読む]

受信: 2009/03/14 14:30

« ペリカン文書? | トップページ | ウインドサーファーのものすごい冒険 »