« 目くそ鼻くそ | トップページ | 警察・検察の裁量とは?森田健作氏の逮捕起訴は何時? »

2009/03/26

図らずも検察が証明してしまった小沢氏の潔白

今まで、金に関する嫌疑をかけられた政治家で、会見を開いて質疑に答えた政治家はいただろうか。小沢代表が初めてな気がする。そして、検察が秘書を別件逮捕して、何も出なかった例はあっただろうか。

秘書が逮捕された理由は、政治資金収支報告書虚偽記載容疑だったが、虚偽記載は自民党もやっているから小沢氏秘書だけを逮捕する理由には不自然だった。このことに対する検察の説明責任は一向に果たされていない。

そして驚くべきことは、結局額面通り虚偽記載容疑以外何も出てこなかったことだ。マサカだ、金の事で叩いてほこりが出ない政治家がいるとは、誰も思っていないのではないだろうか。ところが、結局小沢代表への事情聴取も無ければ、斡旋利得等の嫌疑は無く、腹いせのような秘書起訴と、嫌がらせのごとく続く検察リークだけだ。あれれ、小沢氏に金権疑惑があったんじゃなかったの?。

人は、命令されたり思い込みが強い場合など答えが先にある場合、答えの誘導に固執してしまうため、視野狭窄に陥りやすい。

今回の結末は、秘書だけの起訴であり、しかも従来ならば修正で済んだ形式犯だ。さて、これをどう見るかだ。小沢ファンは(起訴は)ケシカランと怒り、アンチ小沢はこれまた(起訴されるとは)ケシカランと怒り、頭に血が上ることだろう。

だが、ちょいと冷静になってほしい。検察は小沢氏をついに起訴できなかった。落ち着いて考えれば、検察が捜査した結果、西松の裏金疑惑や斡旋利得やら収賄など金にまつわる嫌疑は無かった。或いは立件できる証拠が見つからなかったということ。つまりシロだ。

順を追って整理すると

     西松建設の裏金捜査していたら、献金を受けた国会議員が22人いた。

     22人のうち小沢代表だけは調べた結果シロが確認された。

     シロは起訴できないから、秘書を書類記載ミス(=虚偽記載)で起訴した。

     残り21人は、まだ調べてない。

ということ。

分かりやすく言えば、22人のうち、検察によって小沢代表の潔白だけが証明された。冷静に引いて見れば、こういうことが見えるはず。

秘書が起訴されたから小沢辞めろと騒ぐ人々は、「起訴」という単語に反応し、何の容疑での起訴なのか理解できてない。そもそも「起訴=犯人」「容疑者=犯人」ではない上、小沢氏は起訴はおろか事情聴取も受けてないのだ。

さらに今まで、この事件で報道された「客観的証拠」は何一つ無い、一見まことしやかに証拠のごとく報道された事実は、いつの間にかあやふやになり今となっては、確たる証拠は何も示されてはいない。念のため言う、報道されてきた証拠が「何の」証拠なのかあやふやなまま証拠であるがごとく報道されたのだ。

人々が期待(?)してたのは、小沢氏の斡旋利得とか収賄といった金権政治に結びつく証拠であったはず。そして期待通りにそれらを匂わす報道が相次いだ。西松建設の受注や談合、献金の請求書などだ。だがこれらは小沢氏の金権を匂わす印象操作にはなるが、論理的つながりが無いから何の証拠にもならない。

例えば、今日、アナタにスピード違反の疑いが掛けられたとしよう。他人が「いつだったかもの凄いスピードで走っていた」とか、「アイツは凄いスピードの出る車を持っている」とか言われ、これが証拠だと言われ、周りからもそうだそうだと言われるようなモンだ。

さらに、「アイツは立ちションしてた。これがその証拠写真だ」と写真が出てきて、動かぬ証拠だと言われたらどうだろう。確かに立ちションをしたが、スピード違反の証拠じゃないジャン!?オマエだって立ちションしてるじゃないか、と言いたくなるだろう。

さて、もうお分かりだろう。これまで散々に報道されてきた小沢側が、西松建設に便宜を図ったかのような報道が事実であれば証拠として小沢代表を逮捕起訴すればよい事に気がつくはず。小沢氏を逮捕起訴しようとして秘書を別件逮捕したが、どうやっても西松建設に絡む裏金や収賄に結びつかなかったことは、これ以上潔白の証明は無い。

同じメーカーのチョコがある。一つには「毒入り食べたら死ぬで」と書かれていたので、ヤバイと調べたら毒は入ってなかった。もう一つは将軍様が食べるチョコなのでいつも通り検査したら安全なのでお出しした。この両者には何の違いも無い。疑惑の追求と無実の証明は、動機は違うが、内容は同じなのだ。

「検察が全力を尽くして調べても立件できなかった。」と「検察が全力を尽くして潔白を証明した。」は同じなのである。

西松建設の裏金にまつわる献金疑惑は22人にあり、そのうち小沢氏の潔白だけが検察の全力捜査で明らかになったのだ。秘書の起訴は、毒入りチョコ疑惑に対して定価を間違って張りつけ店頭に並べたようなもので、論点となる疑惑には関係ない。

残り21人についてもこれから検察は、無実の証明をしてあげなければ不公平というもの。私が二階氏ならば、疑惑が晴れないから何故オレも捜査しないのだと抗議するのだが・・・・、勿論自分にやましい事がないことが前提だ。やましければ怖くてそんな事言えません。(笑)

そういえば、小沢氏は当初からどのような捜査・聴取にも応じると言っていたな、はて二階氏は?・・・・と思ってたら、こんな記事が、

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009032601013

二階経産相側に事務所提供=西松建設、賃料肩代わりか-地検が資料押収

先ほどTVではこの社長がインタヴューに答えていたから、小沢氏の場合のような風評ではなさそうだ、つまり動かぬ証拠。とはいえ、これも例によってリーク情報が元だろうから、あわてて飛びつくのも考え物、少し間をおいて考えるとしても、「証拠」のレベルは小沢側とは比べ物にならないくらいハッキリしてそうだ。

二階氏はじめ21人の議員さんは、小沢氏同様記者会見し、質疑に応じなければならない。そうでなければ、少なくとも質疑応答した小沢氏に説明責任が足りないと問うのはおかしなことだ。

こうした動きの中、思わず噴出しそうなTVニュースがあった。平田耕一財務副大臣の辞任報道がそれ。記者からの「大臣規範に反するのでは?」との質問に「微妙だ」と繰り返すばかり。説明責任を果たしてないと言うのは、こういう強弁を言うのである。それでいて自分が辞めるのに小沢代表は辞めないのかとは正に噴飯ものだった。

もう、マンガだ。これ、一国の国政の場で真顔で言うのだから、脱力してしまった。ふう。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« 目くそ鼻くそ | トップページ | 警察・検察の裁量とは?森田健作氏の逮捕起訴は何時? »

コメント

検察は本当にこれで撤退なのか。

誰がどう考えたって、あんだけいかがわしく怪しい売国奴をのさばらせてどこに正義が立つというのか。

検察は本邦の国益国柄を守る最後の砦として、それこそ決死の覚悟で、この傲慢卑劣な売国奴を追い詰めてその悪行の限りを天下の晒しものにしてもらいたい。

投稿: KK | 2010/02/05 03:07

皆様、コメントありがとうございます。

⇒okoribito様
>皆さん、ぜひ私の質問状を読んでいかに検察がウソだらけか事実を確認して確かめて下さい。

okoribito様のブログ拝見いたしましたが、質問状の中身がドコにあるのか分りませんでした。大変、申し訳ありませんが、私は日本ファースト証券(NFS)未公開株事件についての知識を持ち合わせておりませんので、ドコまでお役に立てるか分りませんが、URLをこのコメント欄にアップするなり、或いは承認しますのでトラバされてはいかがでしょうか。

⇒BB様、
>論理的反論のできる人材が欠乏していると共に、「小さな正論を振りかざしてよい子になりたい」議員が多いように思えます。

そうですね。よく言われる「企業は名を隠して献金していては利益が得られないから、小沢は企業献金を知っていたはず。献金元を調べないのか。」との理屈もモノスゴイ論理矛盾なんですよね。

本来献金者に便宜を図ってはいけないことですから、献金の原資が何所からの金かなんて知ろうとする事自体がおかしな事なんですが、小沢憎しに固まってしまった人々には、何とか小沢のアラを探そうと夢中で、その論理矛盾に気が付きません。

民主党諸氏には、その辺の論理矛盾とか、検察が起訴できない事の矛盾をキチンと述べて欲しいものです。

投稿: ベンダソン | 2009/03/29 22:43

まったく同感。私は先日民主党あてに「検察総がかりでしらみつぶしに調べてなにも出てこなかった小沢代表は、身辺整理をきちんとされており、民主党として誇りにすべきことです。」という趣旨の意見を送りました。民主党には、論理的反論のできる人材が欠乏していると共に、「小さな正論を振りかざしてよい子になりたい」議員が多いように思えます。
 権力闘争は、以前なら武力で奪取したものです。今回の一連の事象はまさに「権力闘争」ですから、攻撃は激烈で当たりまえです。この闘争を戦えるかどうかで、民主党の本質が見えてきます。

投稿: BB | 2009/03/29 08:53

小沢秘書逮捕と迎合マスコミの総崩れ許せません。

ジャーナリストの良心など最早ないのですね。
ここまで堕落しきっていたとは
今回よーくわかりました。

この件に関し
私は日本ファースト証券(NFS)未公開株詐欺被害者会代表として3/25付で検事総長に公開質問状を出しました。

それは証券会社役員が自社未公開株を発行して
8000人から150億を詐取し、死者まで出して
現在も悪事を続けるNFSをいくら告発しても
放置し、
他方で何の罪もない秘書を極悪人にしたてあげる
地検が許せず、両者の比較をすべてあげ

いかに不当起訴と不当不起訴の両面で
検察がひどいかを問いただしたものです。

全部事実の証拠があるから
検察は回答不能に陥るはず。

皆さん、ぜひ私の質問状を読んで
いかに検察がウソだらけか
事実を確認して確かめて下さい。

皆で意見広告を出すことも考えています。
賛同者がいたら教えて下さい。

投稿: okoribito | 2009/03/29 08:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/44475858

この記事へのトラックバック一覧です: 図らずも検察が証明してしまった小沢氏の潔白:

» ニューキャピタリズム・資本活性化を促すガイトナープラン [米流時評]
   ||| ガイトナーのレガシープラン |||  ウォール街が気に入った!ガイトナー提案の「レガシーローン」は日本がお手本? 今回の「つき出し」は、金融システムでの政府介入の度合い……みたいな話題に関する、前号のコメント欄でのやりとりです。 <バンコク愚連隊さんのコメント> オバマのすごいところは その視点の基礎が 「一般的常識」におかれている点ではないかと思います。 今までの発言を見ていると、旧来のしがらみにがんじがらめにされていた 今までの政治家と目線が違いますよね。 ... [続きを読む]

受信: 2009/03/28 17:04

» 林雨 第四十一回 国家考 [木霊の宿る町]
林雨 第四十一回 「国家考」 小野冬生 http://www.japancanadajournal.com/ ★大上段なタイトルで気が引けますがこういう見方もあるかと読み流した上でお考えくださると嬉しいです。 あらかじめ断っておきますが筆者はいわゆるノンポリ、是々非々で生きています。これまで特定の政治団体に属したとか支持する政党があったとかいう経験は一切ありません。 ★1984年、西ベルリンから東ベルリンへ入る時にパスポートを調べる係官たちの表情を映画の一場面のように覚え... [続きを読む]

受信: 2009/04/03 03:43

« 目くそ鼻くそ | トップページ | 警察・検察の裁量とは?森田健作氏の逮捕起訴は何時? »