« ウインドサーファーのものすごい冒険 | トップページ | 屈すれば同じこと続く »

2009/03/16

迷走する検察と新聞+前原困ったチャン

今に始まった事ではないが、小沢代表献金騒動における検察と新聞報道の迷走ぶりは、傍目で見てて滑稽極まりない。ひょっとしたら、やってる事、書いてる事には、マチガイ無いのかも知れないが、暴走族が走り廻る横で、うるさいと怒鳴った人間を、大声を出すなと非難しているような違和感がある。

本当に悪を悪として、糾弾し、とっ捕まえてくれるなら、少々のマチガイや勇み足があろうとも文句は無い。けれど、知ってか知らずか、巨悪を見ずに、特定個人のあら捜しに躍起になられては、文句も言いたくなる。

小沢代表が清廉潔白な人物かどうかは、個人を知らないのでなんとも言えないが、少なくともこの国の暗部にメスを入れようとしている事、堂々と主張する事に矛盾が無い事は分かる。

官僚政治を言葉だけではなく、具体的行動や制度改革で打破しようとしているし、疑惑を掛けられた時、堂々と会見し質問に答えた政治家は今まで、小沢氏以外に見た事が無い。現に同じ嫌疑を掛けられている二階氏は、従来のぬらりくらりを繰り返しているではないか。

不思議な事に、1昨日辺りのTV報道から、すっかり小沢献金事件がパッタリ途絶えた。お決まりの覆面証言もどこかのTV局ではやっていたようだが、この手ももう無い。ラジオではないから、単なる噂ばかりで現物が無ければ、放送に限界があるから、流せるネタが尽きたと言う事だろう。

一方、新聞は文字だけで、読者の想像を掻き立てられるからだろうか、恣意的な報道が目立つが、ネタバレそのものであるから、落ち着いて読むとなんとも滑稽だ。小沢代表には申し訳ないが、この一連の事件報道は風刺コメディとしては最高に面白い。

新聞の迷走ぶりはひどいもので、記者は全くの素人ではあるまいに、やれ西松社員が選挙の応援をしただの、談合関与だの、事件とは何の関係もない、しかも政権与党のお家芸を、さも小沢氏だけの事のように報道している。

しかし、ゼネコン社員が応援してない自民党建設畑議員(例えば元国交省次官とか)がいたらお目にかかりたいもんだ。小沢氏を応援する西松社員は当然いるに決まっているが、それ以上に自民党を応援しているだろう。

実態を知らない人々はこんな底の割れた記事でも騙されるのだろうか?思わず噴出してしまう記事ばかりだ。そこで、このコメディの見所を数々の疑問点として整理してみた。こうしてみると余りにも不自然な点が多すぎてビックリしてしまう。

1.      論点は企業献金?

(1)  企業献金が多いのはどっち?

企業献金が問題になってるようだが、だとすると、自民党は比較にならないほど巨額の企業献金を受けているのに、何故これを追求しない?

(2)  何故、疑惑や証拠がある方を調べない?

自民党に対して西松建設は会社名で献金しているのに、何故名を伏せて献金した小沢側を問題視する?「これは怪しい金です」という献金は良くて、「これは怪しい金ではありません」と言われた献金は調べられる?ヘンなの。

http://www.asahi.com/special/09002/TKY200903120263.html

<部分引用開始>

西松建設献金、小沢氏側にダミー経由 自民には会社名義(3/13)

民主党・小沢代表の資金管理団体「陸山会」に違法な献金をしていたとされる準大手ゼネコン「西松建設」が、小沢氏が政権を離れた00年以降は、同代表の関係団体に社名を伏せる形でしか献金していないことが、分かった。以後、社名を明らかにしての政党の政治資金団体への献金は、小沢氏が党首だった自由党(当時)や民主党向けには全くしない一方、自民党には続けていた。

<引用おわり>

(3)  何故、小沢氏だけ捜査?

西松側から献金を受けていていたのは、ほとんどが自民党議員なのに、何故小沢氏だけ捜査を受けているのか。どう理屈つけてもおかしな話なんだが、自衛隊を軍隊ではないとして受けてしまう国民なら有り得る?(注:私は自衛隊不要論者ではない。位置づけに疑問を呈してるだけ)

(4)  何故、見当違い証拠で騒ぐ?

企業からのダミーの個人献金であると疑惑はハッキリ示されているのに、何故無関係の政党団体献金の証拠でメディアは騒ぐ?それがいけないなら何故、明らかに西松名義の献金を受けた自民党を非難しない?何これ。

(5)  何故、自民党は騒ぐ?

自民党議員で、小沢氏を批判する人がいるが、その論理はそっくり、自民党にあてはまる。「小沢は辞めるべき→西松献金を受けた自民党議員も辞めるべき」、「企業献金は受けるべきではない→自民党の方が多いけど」等々、自民党議員はバカ?

(6)  何故、献金者人数が変わる?

当初、小沢氏秘書逮捕報道の頃は、西松献金を受けた議員は22人と報道されていたと思う、その翌日には19人になったように思うが、正確を期そうと、ネット検索すると、主な献金先は12人になってる。ま、たいした問題ではないけれど、へんなの。

2.      論点は収賄?

(1)  何故、談合疑惑で小沢関与だけ調べる?影響力持ってるのは誰か考えよう

小沢氏の談合関与を調べてるとのこと。是非取り締まって欲しいが、前提として、当時日本全国で行われていて、何故関与権限の無い小沢氏だけがターゲット?何故権力のない野党を調べて、権力側の与党を調べない?へんなの。同じように調べれば、日本中のゼネコンと議員はほとんどムショ入り確実では?

(2)  何故犯人を逮捕しない?

談合をしたゼネコンが犯人、もしくは官製談合を仕組んだ発注者が犯人なのだ。とっ捕まえるならこちらであって、発注権限の無い小沢の関与を立件するなんて出来るの?

(3)  何が証拠になるの?

本狙いが、口利きとか収賄だとして、では一体何が証拠になるの?何を求めてるの?見当違いの印象操作ばかりでは、結局検察の恣意性が強調されてソンだと思うのだが?ヘンなの。

3.      小沢氏差別化が出来てない、他の西松献金を受けた議員との違いは何?

こう考えてくると、疑惑も証拠も自民党側が多いのに、何故小沢氏側だけを調べるのか、何故圧倒的に企業からの献金額が多い自民党側を捜査しないのか、小沢氏の差別化が全然出来てない。ヘンなの。

4.      国策逮捕疑惑に対する説明責任は?

(1)  何故、この時期に前例無き逮捕

これ、どう考えても変。少しくらい説明あっても良いのでは?説明出来ないのは恣意的逮捕だから?

(2)  何故、漆間副長官はあんな発言をしたのか?

繰り返しになるが、何故小沢?どうやって自民党議員と差別化するの?そこに漆間副長官発言だ。国策調査ではないとどうやって説明する?ヘンなの。

(3)  何故、明確な当事者を逮捕しない?

何故疑惑の当事者ではない現小沢秘書を逮捕したり、前秘書に事情聴取する?何故当時の献金システムを考えた前々秘書を逮捕しない?自民党だから?余りにも国策逮捕を印象付けるのだが?へんなの。

(4)  何故、迂回献金が論点?

検察出身桐蔭横浜大学法科大学院教授郷原氏によれば、迂回献金が論点ではなく、ダミー政治団体の実体の有無だという。だとすれば、実際自民党では迂回献金が当然のごとく行われているのに、何故こんな事を論点にする?これ、検察はアホじゃないはずだから、何故こんな見当違いで騒ぐのかホント謎だ。

(5)  何故、検察にメリット無い情報流す?目的は何?

見当違いの論点や疑惑・証拠や捜査のリークは、立件には何のメリットも無い。むしろ検察の無能ぶりを晒すだけだが、ものを考えない人々には小沢氏の悪印象を与える。そう考えると、小沢氏立件は当初から目的ではなく、風評流布が目的としか思えない。ヘンなの。

(6)  何故、裏金捜査と繋がる?

これ、単純なギモンなんだけど、西松建設の海外裏金事件捜査の結果と報道されていて、いかにも西松建設の裏金が流れているかのような印象を与えるが、献金は裏金でも何でもない表の金だ。裏金捜査はどこ行ったの?

西松建設が社員のボーナスに上乗せして献金したと言うのなら、これで小沢氏だけを責めるのはムリがある。政治家のパーティ券を買ってるのは誰か。業界人なら誰しも知ってる話だ。

よく政治家の後援会に名前だけ貸してくれとゼネコンから頼まれる。耐震偽装事件の最中、某立候補予定者の後援会にも誘われた。会費やパーティ券は?と聞くと件のゼネコン社員が払うと言う。彼は当然に経費として清算するわけだ。

他にもオカシイ事だらけだが、何と言っても一番のおかしさは、検察はバカではないはず。なのに、不自然な「時効」を逮捕理由にしたり、素人目にも立件できるとは思えない捜査情報のリークだ。ワザワザ検察は何故、間抜けブリを晒すのか。そこに一体何のメリットがあるのかだ。

導き出される落としどころは、結局時間切れを装って、数々の疑惑を残して捜査打ち切りというストーリーではないだろうか。そう考えれば、数々の印象操作も生きてくる。岡目八目ではないが、一連のバカ騒ぎを横目で見ていると、検察担当者の苦悩が目に浮かぶ。

上からの指示で動いてはいるものの、自分たちでもどうにもならない矛盾に気付いていて、それでも、政治家を叩けばホコリが出ると思ったら、意外と手ごわい抵抗にあって八方塞がり。

叩けばホコリが出るだろうとは思いつつも、小沢氏だけを特定する根拠が自分の心の内にはギモンとして残るし、無理がある事も分かっているならば、一見、小沢バッシングに繋がるような捜査情報をリークし、ほらほらちゃんとやってますよと上にアピールするしかないのだろう。

そうすれば、上に対しては無言の抗議にもなるだろう。後はどう振り上げた拳を下ろすのかだが、耐震偽装事件のような民間の個人が相手ではないから、余りにあからさまなションベン刑では、小沢相手では自分たちも血を見ることになる。

さらには、自民党にも捜査の手を回さざるを得ない。よほど小沢氏だけを特定し自民党には全く無関係な罪を見つけなければならないから至難の業だ。だったらもう、振り上げた拳を下ろす事をあきらめ、上げっぱなしでウヤムヤにするしか道はあるまい。

となれば、時間切れに持ち込んで、「本当は確固たる疑惑と証拠があったけれど、残念ながらもう一歩のところで時効になってしまいました。」というところだろう。ただし、これは容疑全部が時効に懸かる場合だ。

その辺が良く分からない。一部が時効に掛かるだけなのが不自然との報道がされているので、時効を捜査打ち切りの理由に出来ないなら、何としても立件するしかないので、一体どんな罪で立件するのか、楽しみではある。

何しろ、現時点までリークされている容疑情報は、印象操作には効果的だが、違法性の立証にはリアリティが無さ過ぎるのと、小沢氏を特定するには弱すぎるからだ。

あと、話は変わって、民主党の獅子身中の虫には困ったものだ。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090315ddm002040155000c.html

「西松建設献金事件:「合法でも問題ある」 前原氏、小沢・民主代表に苦言」との記事だ。以前から疑問に思っていたが、この男、己のボンクラ頭のせいで、民主党を危機に陥れておいて、よく民主党にいられるもんだと思う。

議席数確保のため、党首辞任で収め、議員辞職には至らなかっただけだろう。「合法でも問題ある」なんて、今となれば皆分ってる事だ。それをこのタイミングで、外に向かって言う事か? 

そもそも「合法でも問題ある」と言うなら、言う相手は先ず自民党だろう。民主党内では小沢代表の献金額は多いだろうが、自民党と比べれば微々たるもの。内側しか見ない正真正銘のボンクラぶりには、呆れてしまう。偽メールに簡単に乗ってしまうのも、このオツムでは仕方あるまいが、誰か黙らせろ!今何が大事か全然分ってない!

今は政権交代の大事な時期だ、そんな分りきった事は政権交代した後、きちんと立法化すればよいではないか。言ってる事は正しいが、今党首の足をひっぱってどうする。バカでも分かる事を、ほらほらボクはちゃんと指摘してますよと、アピールしたいのだろうか。

この男、付けるクスリがなさそうだ。2度ある事は3度ある、いつか再びトンデモナイ失態をやらかす獅子身中の虫と見た。では本日これにて。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« ウインドサーファーのものすごい冒険 | トップページ | 屈すれば同じこと続く »

コメント

皆様、コメントありがとうございます。

●一郎様、
情報、ありがとうございます。
今回の事件では、郷原 信郎氏の存在は非常に大きく、プロ中のプロたる彼の言説は多くの人の判断のよりどころとなっているようですね。私もその一人です。

ところで、昨日はやっとイチローがヒット打ちましたね。それも3塁打。
って、カンケイないか。すみませんイチロー違いです。

●nobusukegou様、
おっしゃる様に、ものを考える力のある人は、逆に今回の事件で小沢氏支持に回った方が多いと思います。小沢氏と自民党諸氏との格の違いが歴然です。

つい最近、この件とはまったく関係無い総理候補に名前が上がる方といわゆる政府高官を交えて、メシを食いましたが、TVで見る華やかさとはまったく違う生気の失せた印象と、中身の軽い会話には、これがホントに総理候補かとガッカリしました。

会食の趣旨が違うので今回の事件には一切触れませんでしたが、あの生気の無さは潮目の変わりを実感しているのでしょう。

投稿: ベンダソン | 2009/03/20 10:04

何となく小沢はな~と拒否反応していた(知的水準が高い)人の中で、小沢会見や発言を聞いて小沢氏を積極的に評価する人が現れた事が救いです。

これだけの見識と信念を持っている(勉強し、成長した)政治家は現在の日本には小沢一郎以外いないと思っています。


投稿: nobusukegou | 2009/03/18 19:12

郷原 信郎教授による興味深い記事(2009年3月17日付日経ビジネスオンライン)があったので、ご紹介します。

『「ガダルカナル」化する特捜捜査』(郷原 信郎)

「「大本営発表」に惑わされてはならない
極めて重大な政治的影響が生じるこの時期に、比較的軽微な政治資金規正法違反の事件で強制捜査に着手した検察側の意図、捜査の実情、今後予想される展開が、おぼろげながら明らかになってきた。」

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090315/189047/

投稿: 一郎 | 2009/03/17 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/44364864

この記事へのトラックバック一覧です: 迷走する検察と新聞+前原困ったチャン:

« ウインドサーファーのものすごい冒険 | トップページ | 屈すれば同じこと続く »