« 屈すれば同じこと続く | トップページ | 神も仏もあったWBC、無かった起訴 »

2009/03/23

大山鳴動鼠一匹のヤケクソ起訴

共同の記事によれば、西松建設の巨額(?)献金事件の結末は、政治資金規正法違反の罪で、小沢代表の公設第1秘書を、拘置期限の24日に起訴する方針を固めたようだ。はあ?

■大山鳴動鼠一匹、結局叩いてもほこりが出なかった

何ともはや、拙ブログで言い続けてきた、新たな疑惑・別件にはとうとういたらなかった訳だ。結局叩いてもほこりが出なかった訳だが、腹いせに、まさかホントにションベン刑で起訴するとは信じられない。まるでヤケクソというか、大山鳴動鼠一匹。でも社会的には抹殺でき、先の耐震偽装事件と全く同じ構図だ。

まあ、法は法であるからして、小沢氏秘書の行いが違法というなら、それはそれで粛々と法に基づき職務を執行すればよい。

■これが検察の本性?

だが、一体全体その他の自民党諸氏への嫌疑はどうするのだろうか。こんなに国民をバカにした話は無い!話を小沢氏秘書個人に特定し、個人を血祭りに上げれば、国民は騒がないということなんだろう。残念ながら検察の日本国民の見切りはある程度正しいかもしれない。これが検察の本性なのだろうか?ホントに正義と思っているのだろうか?

■天に唾

この国の国民は、話を個人に矮小化してしまうと、誰も助けようとはしない。だが、それは天に唾するようなもの、いづれ自分に跳ね返ってくるのだが・・・。

まずはこちらから、

http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009032201000211.html

<引用開始>

小沢氏秘書、24日起訴へ 

逮捕容疑と同じなら代表続投も

 西松建設の巨額献金事件で、東京地検特捜部は22日までに、違法な企業献金を受領し収支報告書に虚偽を記載したなどとして政治資金規正法違反の罪で、小沢一郎民主党代表の公設第1秘書で資金管理団体「陸山会」の会計責任者大久保隆規容疑者(47)を、拘置期限の24日に起訴する方針を固めた。最高検や法務省などと協議、了承を得たもようだ。

 小沢氏は24日にも自らの進退を表明する見通しで、党内には「逮捕容疑と同じ罪での起訴だけなら、代表辞任の必要はない」と続投容認の声が浮上。処分内容と衆院選への影響を見極めて進退を判断する意向だ。

 小沢氏と距離を置く枝野幸男元政調会長は22日のテレビ朝日の報道番組で「捜査が拡大せず小沢氏が代表職にとどまる意向ならば、それを覆すまでの要素はないのではないか」と指摘。小沢氏自身に捜査が及ばなければ、代表辞任は必要ないとの考えを示した。

 小沢氏は、これまで進退について「政権交代のため衆院選で勝利しなければならない。今後の行動はそれを基準にしたい」としている。

 ただ小沢氏側がゼネコンから巨額献金を受けていた事実は残るだけに「地元の声は厳しい」(若手議員)と衆院選への影響を恐れ、辞任を望む意見も根強い。

 事件が今後新たに展開した場合、小沢氏は続投してもなお難しい判断を迫られ続けることになり、枝野氏は「小沢氏は政権交代にマイナスになるならば、しかるべき判断をするだろう」とも述べた。

 続投を決断した場合には、小沢氏が緊急役員会で説明する方針。両院議員総会の開催も検討されているが、党内の亀裂が露呈する懸念がある。

 小沢氏側への献金について西松建設関係者は「東北地方での公共工事受注で便宜を期待した」と供述していることが既に判明。特捜部は受注調整に関与したとされる大手ゼネコンの支店幹部らから事情聴取し、小沢氏側の影響力などを引き続き調べている。

2009/03/22 23:04   【共同通信】

<引用終わり>

■狙いは小沢失脚

この事件、どう考えても辻褄が合わない。結局、政治資金規正法容疑で起訴すると言うのなら、明らかに収支報告書に西松建設の住所を記載している自民党諸氏秘書を何故、逮捕起訴しないのか。単なる思い付きか、小沢失脚を狙っているとしか思えないからだ。

■何故巨額裏金を追求しない?

そもそもの発端であった、西松建設の裏金問題はいったいどうなったのか、誰しも裏金の行き先は個人の着服か、そうでないならば、権力者つまり政権与党に行ったと考えるのが普通だろう。そこが一切不明のまま、全く無関係の表金の特定個人の書類上の形式的なミスだけを取り上げるなんて、をどうかしてると言わざるを得ない。

■何故自民党諸氏をとっ捕まえない?

あまりにも、検察の行動は、常軌を逸していて横暴という印象を免れない。何度も言うように、別に小沢氏秘書の行動が起訴すべき事件であるならば、もっと明白な証拠が公然事実化している自民党諸氏を何故とっ捕まえないのか。

小沢が立ちションしたかも知れないから取り締まるが、自民党は立ちションの証拠があっても取り締まらない。そして、その事をさして問題視もしないならば、いったい何を問題視するというのか。

■否定の文化

件局、この問題で、分かったことは、いまさらではあるが、日本民族は自分の頭でモノを考えない否定の文化ということ。否定の文化とは、積極的或いは前向きではなく、常に誰かの足を引っ張るということだ。

■都合の良い国民

だから、「逮捕」とか「起訴」という言葉を聴いただけで、その内容のいかんに関わらず、「違法行為の犯人」とのレッテルを貼って、そこから先を考えない。実際はどうかなんて関係ない、とにかく悪いうわさがあれば先ずはペケ×というわけである。権力側には実に都合が良い国民だ。

■罪は罪?

こうしたときの批判する側或いは取り締まる側の言い分は、罪は罪であるとする論理構成だ。分かりやすいのは交通違反だろう。なんで自分だけが捕まるのかという違反者に対して、違反している事実に変わりないだろうというもの。

■不特定の公平と特定の不平等

ただしこういった場合、とっ捕まった人も、見逃された人も不特定多数だから、特定の人物に加担しているわけではないから、捕まったのは単に運が悪いだけだ。これが特定の人物となれば、法の平等性を逸脱して権力の横暴となる。

今回の、小沢氏秘書逮捕事件は、小沢氏だけが狙い撃ちされているから、正に権力の横暴といえよう。検察が秘書を起訴するのは確たる証拠があるならば、法の番人として当然の処分ではあるが、それは、そこだけを取り出した見方であり、不平等極まりないから、法が持つ秩序維持の目的から大きく外れ、公権力の暴走でしかない。

■知りたくない事実

記事は、{小沢氏側への献金について西松建設関係者は「東北地方での公共工事受注で便宜を期待した」と供述していることが既に判明。}としているが、巨額の企業献金を自民党に払っている企業に、同じ事を聞けばどう答えるか、知っていての記事に違いない。聞かないから分からない事は、そういう事実が無いことではない。事実があると分かっているから聞かないだけなのだ。

■要は小沢代表が怖い

献金のメリットは政権与党の方がはるかに大きく、それゆえに野党とは比較にならない巨額献金を受けているのだ。企業は見返りを期待しているから献金するのだと、したり顔で言う人は、何故その論理を小沢氏だけに適用するのか。

結局のところ、なんだかんだ言ってはいるが、要は小沢代表が怖いから何とか潰したい、或いは潰さなければならないからと言うことだろう。なりふり構わずなんとか小沢批判を仕立て上げなければならないから、「小沢=悪」との答えが先にあるようだ。

■全体観が欠落

「小沢=悪」の答えに結びつきそうな事なら、なんでも手当たり次第に並べ立てている。悪口を言い立てる側はその一点だけだから、全体観が欠落していて、落ち着いて全体を俯瞰すると矛盾だらけだ。

■便宜って何?

例えば、西松関係者の弁なる「東北地方での公共工事受注で便宜を期待した」などは、ホント噴飯もので、「便宜って何?」と聞けば一発で論理が破綻してしまう話だ。発注権限の無い小沢氏側がどんな口利きができると言うのか。

■因果関係が無い証拠

何らかの口利きがあったとしても何ら強制力はあるまい。原因と結果に因果関係が無いのに、関係者の思い込みを証拠に罪に問えるとは考えがたいし、そもそも、それが罪ならば、談合を仕組んだ発注担当者、談合を仕切ったゼネコンが先ず処罰されなければならない。

集団で暴走する族の見物していた小沢が、ひょいと頭を掻いたら、突撃の合図となって抗争となり死人が出た。族や人殺しは置いといて小沢を捕まえろと言うようなもんだ。

あるいは、地球温暖化の気候変動グラフの凸凹と歯並びが同じだから、温暖化の犯人は小沢だというようなもの。因果関係の説明がないまま、当人ではない側の当人の心の内の勝手な解釈を証拠に逮捕され起訴とは、あまりにもあからさま過ぎよう。

■結果は国民に

こういった新聞報道される記事は、「バカだからバカ」と言う論調で、推論の初歩的基礎が全くなっていない。ほとんど感情だけ、答えが先にあるノータリン記事といえそうだ。

だがノータリンと揶揄していても、事実は着々と進んでしまう。それこそが、この国を危うくする。検察と小沢代表のこの勝負、国民次第であり、その結果は国民に降りかかってくることを忘れてはならない。

■「起訴=罪人」

こういった場合の常套手段は小沢代表「個人の問題」としてしまうことだ。その上で秘書を起訴すれば、裁判が決着するまで何年もかかるから、仮に無罪になったところで検察は痛くも痒くも無い。しかし「起訴=罪人」のイメージが強いから、小沢降しが内外から巻き起こり、小沢代表は潰されるだろう。

■魔女裁判

悪人は、悪いことをやった人間のことであり、疑われた人間のことではない。風評流布でライバルを倒す、この日本の伝統的な人の社会的抹殺手法が通用するかぎり、日本の民主化、近代化は程遠い。与謝野鉄幹に限らず、最近では藤田東吾氏など多くの人が、魔女裁判のような、この悪しき伝統で葬られてきた。

■人々が口を閉ざす時

検察のやり方ならば、キリストやマホメッドもブッダも皆極悪人に仕立て上げられるだろう。

これが、このまま通ってしまうならば、今は検察を批判している文化人達も次からは次第に口をつぐみだし、戦前の特高が復活する。すでに、その予兆が映像として記録されているのだ。

http://www.tv.janjan.jp/0811/0810310570/1.php

横断歩道を渡ったら、「公妨だ!」と逮捕されてしまう。この事件、最初、話を聞いたときサヨクのプロ市民が騒いだのだろうと思っていたが、どうもそういうことでは済まされない。公安に目を付けられたらこうなるのかと言う恐怖の映像だ。ツルッパゲのおっさんが「公妨だ!」と叫び、指揮する様子にゾッとした。もう、何でもありじゃないか。

ホンントにこの国は、最初に「答え」があり、式は後から付けられるようだ。しかも式と答えが繋がってない。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« 屈すれば同じこと続く | トップページ | 神も仏もあったWBC、無かった起訴 »

コメント

はじめまして。
突然のご連絡失礼いたします。
バラエティちゃんねる、管理人の北野武と申します。

サイト名:バラエティちゃんねる
URL:http://tvs.uah.jp/tv/

この度は、相互リンクのお申し込みのため御連絡させていただきました。

既にこちらのサイトの方にはリンク(http://tvs.uah.jp/tv/link/dir-33.html)を設置して紹介させていただいております。

よろしければ相互リンク宜しくお願い申し上げます。

投稿: 北野武 | 2009/04/05 01:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/44442761

この記事へのトラックバック一覧です: 大山鳴動鼠一匹のヤケクソ起訴:

« 屈すれば同じこと続く | トップページ | 神も仏もあったWBC、無かった起訴 »