« 迷走する検察と新聞+前原困ったチャン | トップページ | 大山鳴動鼠一匹のヤケクソ起訴 »

2009/03/20

屈すれば同じこと続く

小沢代表は、昨日鳩山由紀夫幹事長と会談し、「検察がどういう判断をしようと、これからも徹底して戦う。もし国会議員が屈したとなれば、政権を取ったとしても同じようなことが続くだけだ」と述べたという。

今日は、同じ時事通信の記事を3連発取り上げよう。

まずはこちら。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=200903/2009031901105&rel=j&g=pol

<引用開始>

検察との闘争宣言=「屈すれば同じこと続く」-民主・小沢氏

 民主党の小沢一郎代表は19日夜、都内の日本料理屋で鳩山由紀夫幹事長と会談した。西松建設の違法献金事件で自身の公設秘書が逮捕されたことについて、小沢氏は「検察がどういう判断をしようと、これからも徹底して戦う。もし国会議員が屈したとなれば、政権を取ったとしても同じようなことが続くだけだ」と述べ、秘書と自らの「潔白」を改めて主張した。
 鳩山氏によると、小沢氏は「この身はどうなっても構わない。自分の身分に未練があるとか、そういう話ではない」と強調。その上で「ここで戦わなければ、国民のためにならない。政権交代を阻止したいというさまざまな力に対しては、徹底的に戦う」と語った。 (了)
2009/03/19-22:39

<引用終わり>

ということだ。そして、この記事の1分後、興味深い記事がアップされた。どうやら、どうやっても屈服しそうにない小沢代表に、検察はなす術が無いようだ。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009031901107

<引用開始>

小沢代表聴取、見送りの公算=「必要性なし」-公設秘書の違法献金事件・東京地検

 小沢一郎民主党代表の資金管理団体「陸山会」が西松建設から違法献金を受けたとされる事件で、東京地検特捜部が小沢氏本人の参考人聴取を見送る公算の大きいことが19日、関係者の話で分かった。同氏は陸山会の代表だが、これまでの調べでは、会計責任者の公設第一秘書大久保隆規容疑者(47)の政治資金規正法違反容疑に関与した形跡が浮かんでおらず、特捜部は「聴取の必要はない」と判断したとみられる。
 また、同法には政治団体代表者が会計責任者の選任および監督を怠ったとき、罰金50万円以下とする規定があるが、特捜部は立件困難と判断したもようだ。(2009/03/19-22:40

<引用終わり>

やれやれ、検察もあきらめたかと思った矢先、本日15時の記事がこちら。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009032000274

<引用開始>

企業献金禁止「ゆがんだ議論」=民主・前原氏

 民主党の前原誠司副代表は20日、神奈川県厚木市で講演し、小沢一郎代表が企業・団体献金の全面禁止に前向きな姿勢を示したことについて「企業献金が悪で、個人献金がいいという議論は若干ゆがんだ議論だと思う。思いを込めたお金は、企業だって個人だって同じだ」と疑問を呈した。
 前原氏はその上で「透明性を高めて、額は少なく、皆さん方に広くお力添えをお願いするのが本来の企業献金のあるべき姿ではないか」と指摘した。(了)(2009/03/20-15:06

<引用終わり>

この前原という男、ホントにどうしようもない。言ってる事は「単独」で聞けば間違いではない。だが時期と立場を考えれば、いかれポンチもいいとこだ。はっきり言ってアタマ悪すぎ、根性悪すぎ。

小沢氏は揺るぎない政権与党だった自民党を飛び出した。サラリーマンが、社長の座を目前に1部上場企業を飛び出したようなもんだ。では前原氏は?

自分は、やらかしたことに指して責任も取らず、安全なところにいて、それでいて自分を庇護してくれている党首の足を引っ張る。個人的にどんな確執があるのか知らないが、前原発言は言論の自由とは違うだろう。

今、問題とされているのは、小沢氏への企業献金だ。その献金の報告の仕方の手続きにいちゃもんが付けられていて、秘書の逮捕にまで行っているのだ。はっきり言って、いったい誰が対処できるというのか。

小沢代表以上の対応が、あり得るというなら、具体的に、小沢代表はこの場合どうすべきだったのか、前原クンに聞いてみたい。キミならどう対処したのかね?

その上で、いちゃもん付けられ秘書が逮捕され、ネガティブキャンペーンを打たれるのなら、それがそんなに悪いことなら、止めてしまえというのは至極理屈が通った話ではないか。前原クンが言う透明性が何たらかんたら言うのは、あたかも小沢党首が不透明であるかのような印象操作に聞こえてしまう。前原クン、キミはいったい何を言いたいの?

透明で、手続き的にも何ら問題ないから、この国でもっとも強大で誰もが逆らえない検察に逆らい、屈しないのではないか。逆にこれが前原クンであったなら、どうなんだと問いたい。今回の事件は異例中の異例というべき、いきなりの秘書逮捕だ。果たして前原クンはどうしただろうか。

おそらくは誰しもが同じ想像をするだろう。小沢代表ほど信念を持って、堂々と対応できはしまい。強気のハッタリと信念は似て非なるもの。前原クンがかつて、偽永田メール事件で示したのは単なるハッタリだったから、すぐボロがでてしまったではないか。

最初はルックスにだまされるが、人間の器の小ささは、言動の端々に表れ、器が小さいゆえに、自分では気がつかず、さらに恥の上塗りをやって尚気がつかないものだ。ここ一連の前原発言には、それが端的に現れている。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« 迷走する検察と新聞+前原困ったチャン | トップページ | 大山鳴動鼠一匹のヤケクソ起訴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/44411408

この記事へのトラックバック一覧です: 屈すれば同じこと続く:

« 迷走する検察と新聞+前原困ったチャン | トップページ | 大山鳴動鼠一匹のヤケクソ起訴 »