« リアル過ぎる妄想 | トップページ | 無くそうとしないから無くならない談合 »

2009/06/24

手順が狂った与謝野・渡辺スキャンダル?

「与謝野馨財務・金融・経済財政担当相と渡辺喜美元行政改革担当相が総務省に後援団体として届け出ていた政治団体が、商品先物取引会社「オリエント貿易」(東京都新宿区)などグループ5社が企業献金をするためのダミー団体だったことが分かった(毎日新聞)」さて、どうする?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090624-00000004-maip-soci

<引用開始>

迂回献金 先物会社が与謝野氏、渡辺喜氏に ダミー通じ

62435分配信 毎日新聞

 与謝野馨財務・金融・経済財政担当相と渡辺喜美元行政改革担当相が総務省に後援団体として届け出ていた政治団体が、商品先物取引会社「オリエント貿易」(東京都新宿区)などグループ5社が企業献金をするためのダミー団体だったことが分かった。5社は団体を通じ92~05年、与謝野氏側に計5530万円、95~05年、渡辺氏側に計3540万円を迂回(うかい)献金していた。後援団体への寄付者には所得税の一部が控除される優遇制度があり、5社は毎年幹部社員ら約250人の給与から計約4000万円を天引きして団体に寄付させ、控除を受けさせていた。

 ◇後援団体として届け出、寄付社員の税控除

 与謝野、渡辺両氏はいずれも金融担当相を務め、先物取引の規制問題にかかわった。後援団体指定が違法性の強い献金を支えていたことになり、両氏と団体との密接な関係が問われそうだ。

 問題の政治団体は、81年に設立された「政経政策研究会」(政経会)。政治資金収支報告書などによると、オ社の加藤幸男社主が代表を、関連会社の社長らが会計責任者を務めている。加藤社主が経営から退く06年まで、団体事務所はオ社東京支社に置かれていた。

 政経会から政治家への献金は5社の幹部社員らの給与から天引きした寄付金が原資で、政経会をダミーにした企業献金だった疑いが強く、政治資金規正法(第三者名義の寄付・企業献金禁止)に違反するとみられる。

 与謝野氏は81~01年、政経会を後援団体として旧自治省・総務省に届け出ていた。00年の衆院選で落選したことから、01年途中から08年まで渡辺氏が後援団体として届け出た。

 政経会は92~05年、与謝野氏の資金管理団体「駿山会」に年250万~650万円を献金した。このうち680万円は、与謝野氏が先物取引を指導・監督する旧通産相時代(98~99年)だった。また金融担当相だった06年には、一部の先物取引を規制する金融商品取引法の成立にもかかわった。駿山会の報告書には政経会の所在地を「オリエント貿易(株)内」と記していた。

 一方、渡辺氏の資金管理団体「温故知新の会」も95~05年、年100万~600万円を受けていた。渡辺氏は金融担当相だった07~08年も政経会を後援団体に指定していた。

 オ社は07年にエイチ・エス証券の完全子会社になり、08年に商号をエイチ・エス・フューチャーズに変更した。加藤社主が経営から退き、エイチ・エス証券が経営参画するようになった06年以降、オ社社員からの寄付もなくなった。【杉本修作、長野宏美】

 ◇献金は返却しない

 ▽与謝野事務所の話 政治家として育てたいと応援してもらった。どのように資金を集めていたのか全く知らない。知っていれば初めからもらわない。職務に関して頼まれ事は一度もない。きちんとした扱いの献金であり、返却することはない。

 ◇疑念は抱かず

 ▽渡辺事務所の話 個人から集めた資金を用いて政治献金を行っている団体と聞いており、その説明に疑念を差し挟むような事実はこれまでなかった。先代(故渡辺美智雄衆院議員)からの付き合いで(団体の)推薦を受けることになった。今後の対応は相談のうえ適切に対処する。

 【ことば】▽後援団体と寄付金控除制度▽ 後援団体は国会議員、都道府県知事らを「推薦または支持することを目的とする」団体。政治資金規正法は政治家が総務省や選挙管理委員会に「被推薦書」を提出することが必要と定める。後援団体に個人献金をした者には、租税特別措置法で所得税の一部を控除する制度がある。控除を受けるには、総務相が後援団体を通じて発行する寄付金控除証明書が必要。個人献金の促進が目的で、最大で寄付金の約4割が確定申告後に還付される。

<引用終わり>

2009062400000004maipsociview000

  Nishimatsu

この図は、上記記事の説明図と過去の西松事件の図だ(共に毎日)。2つを比べて何がどう違うかよくご覧いただきたい。固有名詞やデザインが違うだけで構図としては、ほとんど同じだ。

その前に、まず与謝野・渡辺・小沢各氏の言い分、これが全く同じだから吹き出してしまう。曰く「どのように資金を集めていたのか全く知らない。知っていれば初めからもらわない。職務に関して頼まれ事は一度もない。きちんとした扱いの献金であり、返却することはない」

ただし小沢氏は何度も記者会見しこの言い分を含め説明したが、与謝野・渡辺両氏はどうだろうか。また過去このような疑惑で、記者会見を開き何度も説明したのは、小沢氏以外記憶に無いが、どういうわけか説明責任を果たしていないと責められている。

説明した方が説明責任を問われ、しない方は問われないのなら、説明しない方がよいのかもしれない。正直藻は馬鹿を見る典型のようだ。

次にその内容の違いは?と言えば、与謝野・渡辺側は・・・、

     オリエント貿易が後援団体

     そのダミー献金団体の住所がオリエント貿易であり、明らかにダミー

     オリエント貿易の経営に直接影響する法案の担当大臣

という点だ。

元検事の郷原弁護士によれば、迂回献金の争点は知っていたか否かではなく、政治団体としての実態の有無だそうだから、客観的に見ても献金企業内にある政治団体に実態があると言うのは無理がある。

しかも明らかに献金する側と受ける側は利害関係にあって、片や法を創る側だ。もともと法的制度的に何の権力もない野党議員が「天の声」で談合を仕切ったと云々と意味ありげに匂わせる疑惑とは次元が違う。

しかもその証言は罪を認めている西松建設前社長だ。もし、この証言がホントなら何故直接の関係者つまり発注担当者を逮捕しない?検察は「国策逮捕ではない。犯罪の証拠があれば取り調べ、逮捕するのは当然」と言っていたのでは?

明らかな実行犯や政治資金規正法違反を捕まえないで、いったい何の正義か!と言いたい。西松前社の言った言わないの話ならウソかホントか分からず偽証罪にもならないからと、執行猶予狙いと揶揄されても仕方あるまい。ここのところの一連の検察の行動は、いったい何を焦っているのか、噴飯モノが多すぎる。

いったいどんな説明でつじつまを合わせるのだろうか?前エントリーで、これから政権交代に対して検察は必死で妨害をするだろうと書いたが、自民党への疑惑解明は民主党の支持に結びつくから無視というわけか。唾棄すべきは御用マスゴミばかりか検察も、というわけだ。

この疑惑、ほとんどTVニュースには取り上げられないが、マスコミの中にも活動の場の確保のために妥協しつつも、報道精神をなんとか保っている人々がいて、この毎日の記事もそういう人々の良心のなせる技なんだろうか。

一方では、明日6/25発売の週刊新潮で鳩山代表の大スキャンダルが載ると噂されている。ま、売らんがためのヨタ週刊誌のことだから、この与謝野・渡辺疑惑と同列の疑惑を、針小棒大に書き立て、わからなくしてしまう類だろう。

そう考えると、与謝野・渡辺疑惑報道は、記者の良心というより、週刊誌に対する対抗意識からかなとも思う。本来の筋書きは、先の小沢事件と同じように、鳩山スキャンダルを先に起こして、その騒ぎの陰に与謝野・渡辺疑惑報道を持ってきたかったのが、マスゴミの競争意識まではコントロールできなかったのでは、とも穿ってしまう。

手順が狂った与謝野・渡辺スキャンダル?というわけだが、どちらにしても、そんなことはどーでもよくて、はっきり言って、何が正しくて正しくないかをわからなくしてしまい泥仕合に持ち込もうとするやり方には、もうウンザリだ。

もっとウンザリなのは泥試合で国民をウンザリさせてしまうやり方が通ってしまう事だ。我々(←異論あろうが敢えてこう言わせてもらう)国民は、ほとんど全くと言ってよいほど、ここ数年は政策論での自民党の優位性を見聞きしていない。

常に、自民党は、民主党のホップ・ステップ・肉離れによる自滅の相対評価で、なんとか政権を維持している。明確なビジョンがあっての政権ではなく政権を維持するための政権にしか見えない。

だから意味不明の東国原氏出馬要請となり、いいようにコケにされても、コケにされたことを怒るばかりで、コケにされる原因には思い至らないのだろう。ま、この辺は今更言っても仕方あるまい。

それよりも、国民をウンザリさせて思考停止にさせてしまい政権維持を狙う動きがあるということを真剣に考えたいものだ。ウンザリしてしまう気持はわかるが、それで思考停止してしまったら、道端で駄々をこね、天に唾するようなもの。全部、我々国民に返ってくる。

この際、本人には気の毒だが、小沢が悪党と言うならそのとーりと言おう、鳩山も悪党?OK、管もみんな悪党で結構。何が大事をよーく考え先ずは政権交代をさせようではないか。そして、そのうえで尚各氏が悪党と言うならば、民主党でも自民党でも悪いヤツには取り合えずみんな離党していただこう。

もっと大事なのは、政界再編だ。拙ブログでは以前から言ってるように、民主党議員の中にもヘンな考え方をする議員は少なからずいる。勝ち馬に乗ろうと、すり寄ってきている人々も少なくない。

まずは政権交代し、それから政界再編に向けて新生日本があるように思う次第。

本日これにて。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« リアル過ぎる妄想 | トップページ | 無くそうとしないから無くならない談合 »

コメント

setu55 様、コメントありがとうございます。

>おおお 誉めすぎか!!!【^^;...】

ハイ、誉めすぎデス。ハズカシス。

ま、それはさておき、ここしばらくは、単純に「政権交代」これを最上位に置きましょう。すべてはその後。結果、自民に戻すもよし、政界再編もよし。

いづれにしても、大事の前の小事に惑わされないことが肝要かと思います。

投稿: ベンダソン | 2009/06/25 13:17

このところ驚く事ばかりです。しかし、このブログで勉強させてもらって、最近はまともな見方ができるようになりました。
(1)核を米国が持込んだことを事務次官OBが証言してみたり
(2)津軽海洋だけを3海里に縮めて 核持参の空母を通過させることが証言されたり
(3)東京新聞が急に特捜の不合理を紙面したり
(4)東国原氏の人気取りパフォーマンスがあり
(5)週間新潮の鳩山兄への政治資金の疑惑報道が起りそうだし
(6)相変らず古館氏の困った顔をして自分が正義のジャーナリストを演じようとしたり
(7)無罪の菅家さんを犯人に仕立てたマスコミ報道は 反省無いままに、また他の事件で視聴率だけを目指すし

たくさんの事が 西松事件をきっかけに湧出てきた感じがする。
しかし最近の私は動じない。人間の本質(政治家の資質/ジャーナリストの資質/評論家の資質/報道各社の資質)があぶり出されている(これは「国会探検」の影響)と感じています。

いまこそ、あぶり出された本質をよく見て、これからの私たちの 判断基準にしていきましょう。

そのためにも、本質がぶれない このブログは、原点に返る意味でも 勉強に成ります。。。おおお 誉めすぎか!!!【^^;...】

投稿: setu55 | 2009/06/25 11:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/45439270

この記事へのトラックバック一覧です: 手順が狂った与謝野・渡辺スキャンダル?:

» 自民党は大慌て? 与謝野馨大臣の迂回献金。 東国春知事の自民党総裁選出馬?? [自分なりの判断のご紹介]
昨日は自民党にからんだ おおきな話題が二つ発生、 メディアを賑わしました。 一つは毎日新聞の スクープ。 今、自民党の中では もっとも、落ち着いて いて信頼感のある 政治家タイプ。  何しろ、あの 「君死にたもうことなかれ」... [続きを読む]

受信: 2009/06/25 17:59

« リアル過ぎる妄想 | トップページ | 無くそうとしないから無くならない談合 »