« 付ける薬が無い首相発言だが、そこにはとてつもない恐怖が | トップページ | 無くそうとしないから無くならない冤罪 »

2009/06/01

救い難いマスゴミ

人が何に関心を持ち、どういう評価をしようとその人の勝手ではあるけれど、関心の持ち方或いはその関心事への批判の仕方によっては、はて、これはどうしたものかと思ってしまうことがある。とはいえ、こういう批判をする自分だって、傍から見れば同じことかも知れないと考えると、そうそう他人を批判出来ない。

それを分かった上で、それでも尚言わざるを得ない。このマスゴミはいったい何を考えているのか、どーだっていいじゃないかそんな事、他に書くこと無いのか?

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090601/stt0906011940009-n1.ht

<引用開始>

民主役員室のドアが黒から半透明に 鳩山新体制を象徴?

 民主党本部(東京・永田町)役員室入り口のガラス扉に張られていた目隠し用の黒色のフィルムが、白いメッシュ状のシールに変わった。

 役員室には鳩山由紀夫代表ら党幹部の個室があり、小沢一郎代表時代の平成20年1月から、黒のフィルムが扉を覆い、フロア内が見えない状態が続いていた。改装を終え、党本部を訪れた岡田克也幹事長らは1日、「ずいぶん明るくなった」と笑顔を見せた。

 党の透明性をアピールしようと、鳩山氏は透明に戻す意向を示していたが、側近議員は「社長室が見える企業はない」として反対。結局、中が見えにくい状況は変わらぬ中途半端な“化粧直し”となった。

<引用終わり>

別に、役員室入り口が黒でも白でも、何でもいいなあ、好きにして。産経新聞の記者がこの色にしてくれと言ったら、あっそうと直してくれるんじゃないか。そしたら、ちょっとクレーム付けただけで簡単に方針を変えてしまう民主党とでも揶揄するのかね。

ま、どーだって良いが、余りにバカバカシイので、ちょい突っ込んでみたくなった。だけど産経新聞の役員室は当然透明なんだろうな、なんて恥ずかしくて言えない。アホらしいから本日これまで。とりあえずこちらのクリック、よろしく。ふう。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« 付ける薬が無い首相発言だが、そこにはとてつもない恐怖が | トップページ | 無くそうとしないから無くならない冤罪 »

コメント

皆様コメントありがとうございます。

>ペンタクロス様、
確かにおっしゃるとおりです。放って置きましょう。

>やきとり様
読売、産経、いづれも申し訳ないが、こういう低脳なマスゴミを、お金を出して買う人がいること自体不思議ですね。

>らむちゃのパパ様、
やきとり様へのレスにも書きましたが、こういう自称一流中身三流紙は買わないようにしましょう。またアホな記事書いてると嘲笑する分にはネットで十分。泥棒に追い銭です。と言っても既に皆さん、そうしてますよね。

投稿: ベンダソン | 2009/06/02 21:19

鳩山民主党が中途半端で中身がわかりにくいという印象を読者に与えたいだけの記事のようですね。本来、マスコミは政権与党が良い政治をして貰いたいという理由で、政権の批判をし、その延長線上で野党を応援するものですが、最近は、与党が崖から落ちて余命幾ばくもないからか、ひたすら与党擁護、野党攻撃に余念がないようで、読者側としては三流記事に辟易することばかりですね。

投稿: らむちゃのパパ | 2009/06/02 10:26

はじめまして。拝読しながらいつも溜飲を下げさせてもらっています。さて下記の読売の記事も酷かったですが、産経はさらに上を(下を?)行ってますね。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090524-OYT1T00330.htm

もし役員室の壁を透明にして、変なのが鉄砲持って乱入して事件でも起きたら、産経の人はどうするつもりなんでしょう。自らの手を汚さず、言外に「オマエら、行け!」と右翼を煽る記事を垂れ流す週刊新潮と変りませんね。

投稿: やきとり | 2009/06/02 00:44

ペンダソンさん、こんばんは。
低購読率に喘ぐ3K新聞、放って置きましょう。

投稿: ペンタクロス | 2009/06/01 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/45205367

この記事へのトラックバック一覧です: 救い難いマスゴミ:

« 付ける薬が無い首相発言だが、そこにはとてつもない恐怖が | トップページ | 無くそうとしないから無くならない冤罪 »