« 無くそうとしないから無くならない談合 | トップページ | 阿Qのごとき自民公明 »

2009/06/29

東国原知事

東国原英夫知事が、どうやら自民党総裁候補や国会議員になるというのは本気らしいという。

最初古賀氏が出馬要請し、自民党総裁候補や地方分権推進を条件に出したと聞いた時は、よくぞそこまで自民党をコケにできたもの、アッパレと思っていたが、だんだん様子が分からなくなってきた。

その東国原氏は、本気モードをアピールし始めたので、多くの人々は戸惑い、批判が巻き起こっているようだが、これって、マジに受け止めて考えるような発言なんだろうか。まあ、今やそのまんま東ではなく、東国原知事だから、その発言には重みがあるとは思うが・・・。

こういっちゃなんだが、知事といっても半分タレントで、そのまんま東の知事としての芸名が東国原知事という感じがぬぐえない。別にそれが悪いと言っているわけではない。県のセールスマンとしてはそれもアリだと思う。

一生懸命やってるというのも分る。だが、それは特定地域のガバナンスを担う政治家と言うより、セールスマンとしてだ。政治家としての見識は一応地方分権を前面に出してはいるが、根っこが甚だ心もとない。たとえば彼が知事選出馬表明したとき談合を必要悪として容認する発言をしたので、所詮はゲーノー人の底の浅さと拙ブログでは非難したものだ。

だが、その後知事になってからは、見事に知事として宮崎をアピールし全国に売り込んだので、おやまあヤルではないかと見直してはいたが、もし仮に東国原知事が本気で国政に打って出ようとしているなら、図らずも馬脚を現したと言わざるを得ない。

そもそも、宮崎のためなんて、ローカルな理由で国政に関わられてはタマラナイ。確かに本音の部分ではそういう代議士や、地域住民がいることは事実だと思うが、だから正しいなんてことはないのだ。たとえ事実としてあっても、間違ったことならば、フツーは口には出せない。

それを平気で言ってしまうところがスゴイ。つまり、現場たたき上げ独特の凄さを感じるのだ。根っこの理念がなく、実利ばかり追って成り上がる上昇志向という感じだ。なんか、こういうと東国原知事をボロッカスに叩いているようだが、結果としてそうなる。

結果としてそうなる、なんて持ってまわった言い方になるのは、先に述べたように、この一連の東国原知事の話がそもそも、そんなマジに反応するような事かい?というのが先にあるからだ。真面目に相手にするのもバカバカシイ。

なので、気にはなってたけれど、拙ブログでは、特に扱うことなく、世間の様子を横目で眺めていたのだが、こうも世間がマジに反応するところを見ると不思議な気がして関心を持ってしまったのだ。ひょっとしたら民主党岡田幹事長も同じ思いだったのかもしれない。

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090628AT3S2701A28062009.html

<引用開始>

「言っていることが支離滅裂」 民主・岡田氏、東国原知事を批判

 民主党の岡田克也幹事長は27日のテレビ東京番組で、自民党から次期衆院選の出馬を打診された宮崎県の東国原英夫知事について「政策で支持政党を決めると言いながら総裁選に出してくれるなら自民党から出るとか、言っていることが全く支離滅裂だ」と批判した。(以下略) (28日 22:30)

<引用おわり>

岡田さん、そうマジになることもあるまいとも思うが、言わんとするところはよくわかる。もし東国原知事のここ一連の発言が本気だとするならば、まったく同感だ。小生には、どう見ても東国原知事一流のブラックジョークとしか思えないのだが・・・。

本日これにて。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« 無くそうとしないから無くならない談合 | トップページ | 阿Qのごとき自民公明 »

コメント

ご返答ありがとうございます。

小渕首相を「政治家」として高く評価するわけではありませんが、少なくとも「政治家」ではあった、ということです。
小渕首相の急死により「政治家」の名に価しない人たちが、次々と首相になり、対米従属一辺倒の政策によって、日本を没落へと追いやってきました。
小渕氏は自分の失策をカバーする機会も永久に失ってしまったのです。

今や性犯罪の前科を持つお笑い芸人が、首相の座を伺う、という、なんとも馬鹿げた情況を産み出したのは、小渕氏の急死に由来するものです。
人が死んでしまったことに、責任は問えませんが、「首相」つまり「政治家」には責任があるはずです。「サメの脳味噌」に後継を委ねてはいけません。

小渕首相は、歴代首相のなかでは、最後のまともな政治家ですが、まともな首相の中では、最低レベルの首相、ということになります。
 

投稿: 珍県民 | 2009/07/05 14:16

>nobusukegou様、コメントありがとうございます。

確かに、今の自民党では「官僚が仕切るので、誰がなっても同じ」でしょうね。私は、このところ官僚(それもかなりの高級)や元官僚・国務大臣とお会いする機会に恵まれてますが、話を聞けばなるほどと思う部分もあります。

リコールされない限り4年は保証される首長と違って、国務大臣は何時変わるか、もってせいぜい1年あるかないかですから、それも仕方ない面があります。とはいえ、そう仕向けているのは国会議員ですので、別に官僚が国事を牛耳っているわけでもなさそうです。

結果として官僚頼みになってしまったと言うことでしょうね。これはやはり長期政権が原因ですので、変えるしかないでしょう。

>珍県民様、コメントありがとうございます。」

珍県民様に限らず、概ね知識人の間では故小渕恵三総理の評価が高いようですね。ドラマチックな最期も影響しているのかも知れません。そして小渕さん以降は常にドタバタの自民党首班指名だったように思います。これは人気の小泉氏といえども同じ。むしろドタバタの中での一か八かの潔さが人気の源泉であったようで、実際の政策面では今、さまざまな批判が上がってきているようです。

村上春樹の「ノルウェイの森」の中に「時の洗礼を経たモノが本物だ」というような下りがあって、その時とは50年だったように記憶してます。50年後、100年後、誰がどう評価されているのか、それを見てみたいと思いますが、寿命を考えると物理的にその結果を知ることができないジレンマに陥りますね。

投稿: ベンダソン | 2009/07/03 12:23

小渕恵三は小人物なりと雖も、政治家らしく、かの江沢民と対中援助を廻ってサシで渡り合った事もあるのです。
江沢民が来日したときに、中国側が要求したのは、その年の6月30日にクリントン米大統領が上海で表明した「三つのノー」のうち、国連など主権国家で構成される国際組織への台湾の加盟を支持しないことや、日中戦争時代の謝罪を共同声明に盛り込むことなどについて、小渕首相が拒否。口頭での謝罪だけに終わりました。

このとき、円借款の期限にあたり、江沢民は新たな円借款調印を断る、と脅しをかけてきた。ところが、それならこちらも調印しない、と啖呵を切ったとか。
その後、本当に中国側から円借款は断ってきたが、さすがにその時、予定した金が入らないのは困るらしく、渋々と調印。その代わり、宮中晩餐会に人民服姿で現れた江沢民が昭和天皇の戦争責任について論じたのです。
円借款=対中援助は、日本経済の生命線だったらしく、これ以来対米貿易一辺倒となった日本経済は、崩壊?に向かってまっしぐらとなりました。

もう日本には、使える政治家はいないのでしょうか。
唯一使える政治家は、国策捜査で・・・・

投稿: 珍県民 | 2009/07/02 23:45

官僚が仕切るので、誰がなっても同じと言うことではないでしょうか?

小淵さん以降の顔ぶれを見てみると

森  (商店街を仕切っている魚屋の親父)
小泉  (外国かぶれのやくざの3代目)
安倍 (愛国かぶれの田舎の青年団々長)
福田 (インテリと勘違いしているサラリーマン総務部長)
麻生 (町を支配している牧場経営者の息子)
とても一国の首相の風格があるとは言えない。

「芸人崩れの禿げのマンゴー売り」でも首相は務じゃないかな・・・だけど世界に向かって何をセールスするのかな?

地方の町の助役風だった小淵さんが政治家らしく見えてくるから不思議です。    失礼しました。

投稿: nobusukegou | 2009/07/02 18:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/45492780

この記事へのトラックバック一覧です: 東国原知事:

« 無くそうとしないから無くならない談合 | トップページ | 阿Qのごとき自民公明 »