« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009/09/30

八ッ場の追記

このところ八ッ場ダム問題について書いてきたが、その中で書こうか書くまいか逡巡していたことがある。それはかなりの内部事情であったり、直接自分の目と耳で検証してないからだが、事実とすればマスコミが絶対に取り上げることも気が付くこともなさそうな、本当に困窮している人の事なのでやはり書こうと思う。

続きを読む "八ッ場の追記"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

政権交代雑感

鳩山総理の外遊の評価とともに夫人に対する内外の評価が非常に高いようだ。メディアによっては音楽外交と言われてるらしい。確かにあの声は魅力的だ。さ~く~ら~、さ~く~ら~、と、どっかいっちゃってるでもない感じで唄うあの声は、ハリがあって実にいい。CDにならないかなと、期待してしまう。

続きを読む "政権交代雑感"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/09/25

八ッ場ダムを考える(2)

目下進んでいるのは、ダム本体工事ではなく、周辺の基盤整備や環境整備なのだ。その基盤整備にしても、JR移設の新駅造成工事は進んでいるが、線路はまだ移設してない。大がかりなバイパス整備は進んでいるが、これらは、ダム建設が中止になったからと言って壊すわけではない、役立つ施設だ。

続きを読む "八ッ場ダムを考える(2)"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009/09/24

八ッ場ダムを考える(1)

20090924k0000m010018000p_size5 前原誠司国土交通相が、八ツ場ダムの建設予定地がある群馬県長野原町を訪れ、住民との話し合いに臨んだが、白紙を求める住民らは話し合いをボイコットしたという。いったい何を考えているのだろうか、目が点になる。ボイコットが本当に住民の総意なのだろうか。ボイコットした人々は責任を取れるのだろうか。

続きを読む "八ッ場ダムを考える(1)"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009/09/23

信じ難い事

20090831piquet

世の中には、真実と言われても信じ難い事がままある。F1における

ピケの故意クラッシュには、いくら世界最高峰のドライブテクニックとは言え、にわかには信じ難いが、ルノー自身が認めてるから間違いないのだろう。へたすりゃ死んじまうぞ。

続きを読む "信じ難い事"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/09/18

単語に反応する人々

鳩山新内閣が、公務員の勝手な記者会見を禁止したら、気象情報も流せないって?「会見」と「情報開示」の区別がつかないのだろうか。イヤハヤ付ける薬がないぞ。気象庁の官僚は、バカを装っているのか、政府にケンカ売ってるのか、どちらにしても使えない。

続きを読む "単語に反応する人々"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/09/17

余談~形の不思議

今の若者は、車に興味がないと言う。私がガキの頃は、車はステータスだったせいか、ケッコウ憧れていたけれど、今やそんなもの当たり前どころか、大気を汚す元凶でダサイとさえ思われているようだ。

続きを読む "余談~形の不思議"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/09/13

これがスキャンダル?

予想したように、早くも民主党議員のスキャンダル(もどき?)が出てきている。一つは、田中美絵子氏のヌード騒動、もう一つは渡辺義彦氏(53)の破産だ。いづれも使われている単語は何やら刺激的だったり興味をそそるが、ではいったい何が問題なんだろうか。

続きを読む "これがスキャンダル?"

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2009/09/08

ドン・キホーテがTV主演してびっくり

昨日のTVタックルを見ていてたまげた。ハゲチャビンのじいさんが老害まき散らすのは毎度のこととて、さらに上を行くとんでもおじさんがTVに出ていた。元産経新聞記者の山際澄夫氏がそれ。日頃産経新聞の偏向ぶりには首をかしげるものがあったが、これが産経の体質かと妙に納得してしまった。

続きを読む "ドン・キホーテがTV主演してびっくり"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009/09/07

官僚は目の敵?

環境省課長補佐が、民主党の環境政策の矛盾点を指摘する批判論文を朝日新聞に投稿し、4日付朝刊に掲載されたことが論議をよんでいるようだ。でも、例によってなんかヘンだ。何が問題なのかよく分らない。いつものパターンで単語に反応して踊らされているだけではないか。

続きを読む "官僚は目の敵?"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/09/02

輿論とかけ離れたマスゴミ・評論家にもお灸を!

敗者に鞭打つつもりはないが、一国の代表ともなれば、そうもいかない。丁度1年前2008/09/22の拙ブログでは、「麻生総理で良かった」これでまたトンデモ国政をやらかし流石の自民党ファンもこれで愛想を尽かすだろうと揶揄した。

続きを読む "輿論とかけ離れたマスゴミ・評論家にもお灸を!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »