« オバマ受賞に見るノーベル賞選考委員の「粋」 | トップページ | 広嶋・長崎オリンピック招致活動の憂鬱 »

2009/10/12

産経に求めたい説明責任と論理力(文章力?)

産経新聞のいかれポンチぶりは、以前から巷の噂にあったが、改めて異常だと思った。元産経新聞記者の山際澄夫氏がTVでドン・キホーテさながらのコメントを発する事に目が点になったが、やはりあれが産経新聞の体質なんだなと、妙な納得をしてしまった。

今更ながら改めて、産経新聞のドン・キホーテさながらのトンチンカン記事にたまげたのはこちらの記事。悪意もここまで来ると言論の自由を、無責任・特権と勘違いしているのではないか、キ○ガイに刃物ではないかと思った。↓まずはこちらをどうぞ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091012-00000055-san-soci

<引用開始>

西松 逮捕の元幹部 自民時代、亀井氏側に献金 前社長は仙谷氏に

1012757分配信 産経新聞

西松建設の裏金持ち込みやダミー献金など一連の事件で東京地検特捜部に逮捕された西松関係者3人が、亀井静香金融・郵政担当相側に個人献金していたことが11日、産経新聞の調べで分かった。一連の事件で引責辞任した西松の前社長が、仙谷由人行政刷新担当相側に個人献金していたことも判明。ダミー団体や下請け企業、子会社などを使って違法・脱法献金を繰り返していたとされる西松と、鳩山内閣の主要閣僚との政治献金を通じた新たな接点が浮上した形だ。(調査報道班)

 亀井氏の資金管理団体「亀井静香後援会」に個人献金していたのは、西松の元副社長と元総務部長、西松の子会社「松栄不動産」元社長。元副社長は、海外でつくった裏金7千万円を無許可で国内に持ち込むよう部下に指示したとして、外為法違反罪に問われ、有罪が確定。松栄不動産の元社長は共犯の容疑で逮捕されたが、関与が従属的だったとして不起訴となった。

 元総務部長は、政治団体「新政治問題研究会」など2つのダミー団体を通じた違法献金事件で民主党の小沢一郎幹事長の公設秘書とともに逮捕されたが、やはり従属的だったとして不起訴となった。


 政治資金収支報告書によると、元副社長は海外事業部長時代の平成9年、12万円を献金。松栄不動産の元社長は9、11、12年にそれぞれ12万円を献金。松栄不動産は、西松が献金のダミーに使っていたとされる。元総務部長は、談合が繰り返されていたとされる東北の副支店長から本社に戻り総務部長に就任した12年、12万円を献金していた。

 亀井氏は8~9年にかけて建設大臣(当時)。11~12年には自民党の政調会長の職にあった。西松の裏工作に関与した人物と、亀井氏との具体的な接点が明らかになったのは初めて。

 一方、仙谷氏の関連政治団体「仙谷由人全国後援会」に個人献金していたのは、西松前社長の石橋直氏。収支報告書によると、石橋氏は副社長だった20年2月、10万円を献金した。

 石橋氏は21年1月に外為法違反容疑で特捜部に逮捕された国沢幹雄元社長=有罪確定=の後任として、社長に就任。一連の事件の内部調査の結果を受けて6月、代表権のない会長に退いた。引責辞任を表明した会見では、ダミー献金について「耳に入っていた」と、以前から認識していた事実を明らかにしていた。

 産経新聞の取材に、亀井事務所は「担当者と連絡が取れない」とし、仙谷事務所は「個人の寄付はその方の厚意。適正に処理している」としたが、詳細については11日までに回答が得られなかった。

<引用終わり>

西松建設は個人献金を装って0708年に、毎年300万円を二階氏に提供していたが、なぜか不起訴になった。これを問題にしないで、仙谷氏や時効の彼方の亀井氏への個人献金10数万円を今更問題にするこの報道には、首を傾げる。

そして、意図的なのか文章力の限界なのか、言わんとするところも、伝えようとしている事実も非常に分りにくい文章だ。赤字にした部分がどうやら亀井氏への献金額を表しているようだが、何度読みなおしても目的語がないから、今一つ分りにくい。ここに書いてある12万円というのは亀井氏への献金額なんだろう(それも10年前のね)。

で、次が平成20年の仙谷氏への献金が10万円とのこと。二階氏みたいに収支報告書に指名を記載しないで良いように300万円を5万円以下の小口にばらまいて献金者名を隠している事にくらべたら、10万円の個人献金って、至極妥当なんじゃないの。

亀井氏にしても仙谷氏にしても、受けた個人献金が10万円とか12万円だが、これに何の問題があるというのだろうか。議員への個人献金は皆、これ以下が妥当だと言いたいのだろうか。あるいは献金者に問題があると言うのだろうか。

ならば彼らからの献金自体が悪であり、それを受けたのが亀井・仙谷氏だけであることが証明されて無ければ、そういう論理は成り立たない。だが既に直近で二階氏は西松のダミーの個人献金で300万円を受け、不起訴が分かっている。

産経が自民党シンパで反民主とは思っていたが、ここまで恣意的な報道をすると、ほとんど産経の記事はなんでもこんなもんかと信じられなくなり、かえって自分の首を絞めていると思うのだが、彼らのメンタリティは一体どうなっているのだろうか。

何でもない事を何でもあるかのように書けば読者を騙せるとでも思っているようだが、随分と人をバカにした話だ。新聞社がどのような意見を持つのも自由だが、こんな低級なプロパガンダはいかがなものか。何かを主張したいならば、キチンとした客観的な根拠を示してやってほしい。言論人としてはサイテーでおまけにテイノーでは、話にならん。

それにしても、先に述べたようにこの記事の文章はヒドイ。特に赤字の段落から後の文章は、単語だけ拾ってざっと流し読みするといかにも亀井・仙谷氏への個人献金に問題がありそうな印象を受けないでもないが、真面目に読むといったい何を言いたいのか、どんな事実を報道しているのかさっぱり分らない。

仙谷事務所は「個人の寄付はその方の厚意。適正に処理している」としたが、詳細については11日までに回答が得られなかった。

というが、産経新聞に公開質問したい。

     記事は何を問題としているのか具体的にお示しください。

     個人献金額なら何故30倍もの迂回献金が明らかな二階氏を問題にしないのか。

     個人献金の献金者が問題ならば、その根拠と、同人の他の個人献金を何故明らかにしないのか。

    自社調査報道班の調査で亀井・仙谷氏への西松関係者からの個人献金が分かったかのように報道しているが、ならば当然に何百人もの国会議員の収支報告書を調査したはず、他の議員には同じ様な献金がなかったのか、明らかにされたい。

     他の議員に同様の献金があったとすれば、少なくとも二階氏の300万円は明らかであるから、何故それらを報道しないのかその理由を開示されたい。

     もし、他の議員の調査をしないで、この故人献金が問題とし、偶然にも何百人もの国会議員の中から亀井・仙谷氏だけに事実を見つけたのならば、産経新聞は超能力者の集まりなのか。

私は超能力者ではないが、産経新聞の答えは100パーセント予測できる。答えは「答えられない」だ。だが、その辺のヨッパライが放言しているのではない。一応は新聞社を名乗っての報道だから、影響を受ける人も少なくない。

報道内容が単なる事実ならば問題ないが、そこに表現している事実の客観性に恣意性があったり、評価や意見が入っているならば、そしてその結果たとえ公人といえども、他人を批判するならば、その根拠についての説明責任があるのではないか。

単なる言いっぱなしで許されるならば、言論の自由とは言いたい放題の無責任と同じになる。この様な報道に対して、各社はどう考えるのだろうか。相互不可侵として無視するのも結構だが、言論の倫理に問題あると思う。報道倫理は何もエロ規制だけではあるまい。

無くなった中川元大臣は、ヨッパライを非難されたが、産経新聞が上記質問に答えられなければ、悪いけど、ヨッパライの記事にしか見えないのだ。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ 

|

« オバマ受賞に見るノーベル賞選考委員の「粋」 | トップページ | 広嶋・長崎オリンピック招致活動の憂鬱 »

コメント

今日初めてブログを知り投稿します。
もうかなり前になりますが、政府の経済政策を厳しく批判していた植草教授が手鏡事件で起訴された時、びっくりした。というのは物理的な理由から不可能なことで何故起訴できたか不思議だったのです。物理的というのは真っ暗なスカートの中から光源なしに、またエスカレーターという動く段差を乗り越えた状態で、光源反射(光の鏡に対する入射角と反射角は同じなので二本の足の間に手鏡を置く必要)の原理でしか経路を構成できない現象が起こりえただろうか?物理的に不可能ということは世界で過去例がないし、今後も起こりえない事件を意味する。また被害者の女性に関する報道も全くなかったように記憶している。被害者の告訴なくしてどうして1ケ月以上の拘留が許されるだろうか疑問に思った。1月以上の拘留の末、ついに自供させてしまった。1ケ月以上拘束されれば当然解雇されるし、ほとんどのヒトは拘束を逃れるために自供してしまうのではなかろうか?それにも係わらず、疑問を呈したマスメディアは皆無であった。
今回このようなコラムがあるのを知り、うれしかったが、イスラエル人であることを知り、日本にいる数少ない外国人にもかかわらず、西松事件報道などに関する報道に関しても問題点に素直に気が付くものだと感心した。
私のまわりにいる日本人は8-9割のヒトは新聞報道があればそのとうりの考えを持つ。

投稿: dick holy | 2009/11/30 11:56

○ 感想様、コメントありがとうございます。
>ニュースはつくられるのだなぁ、・・・

新聞報道にはその未だその傾向がありますね。その元凶は記者クラブです。記者クラブによって国民は情報を遮断され、プロパガンダされてきました。戦前の大本営発表だけではなく、この産経の記事が良い例です。ただしインターネットの普及によって、そこにチェックが働くようになり、国民は情報鎖国から解放されつつありますし、民主党政権になって、ついには記者クラブが開かれようとしています。

国民がマスゴミのプロパガンダには騙されなくなった事は、先の選挙で、相次ぐネガティブ報道にも関わらず、民主党が圧勝した事で明らかになり、報道各社、特にTV局は、徐々に情報鎖国が解放されつつある状況が飲み込めてきたように思います。

そんな状況の中、特に、一向に学習をしようともしてないのが産経新聞だと思います。おそらくデスクの方針なんでしょうが、ハッキリ言って知能に疑問を感じます。要するにバカ丸出し。
それが個人であれば、バカ丸出しでも個人の勝手ですが、公器を自認しているし、そういう権限を与えられているから、許し難いと思いました。

らむちゃのパパ様が「産経新聞は購読者層は限られた人たちですので、ほとんど亀井大臣が玄関を出てアリを踏みつぶした程度のニュースでも読者受けするのでしょう。」と言われるように、この新聞にしてこの読者あり、それがこのコメント欄にも表れているようです。

○ ペンタクロス様、コメントありがとうございます。

たしかに、まじめな社員がかわいそうです。

投稿: ベンダソン | 2009/10/13 09:35

ペンダソンさん、こんにちは。
「御用新聞」から「赤新聞」に転落してゆく哀れさを感じますね。まじめな社員がかわいそう。

投稿: ペンタクロス | 2009/10/13 07:06

blog主の指摘どおり私は産経のこの記事は低級なプロパガンダだと思います。事実のみ読むと逮捕された西松建設の関係者から大した額じゃない個人献金受けてましたという事でしょう。それよりも裏金7千万円は何に使うつもりだったんでしょうか?そっちの方が報道としての伝える必要性は大きいのでは?

伝える必要性の決定権は伝える側に委ねられているのだなぁ、ニュースはつくられるのだなぁ、メディアは主義主張や利害で伝えなきゃいけない事を伝えてないのかもしれないなぁ、怖いなぁと思いました。

投稿: 感想 | 2009/10/13 03:07

○とりあえず感想様、コメントありがとうございます。
何百人もの社員を擁し文章でメシを食ってる産経と、一人の素人ブロガーを比較いただくとは、光栄です。それにしても産経とはその程度だったのですか、私はそこまでヒドイとは思ってませんでした。

-----------------------------------------------
○ t様、コメントありがとうございます。
なるほど、産経の記事はあなたのレベルには合っているけれど、私には理解できないレベルという事なんですね。確かにおっしゃる通りだと思います。

-----------------------------------------------
○らむちゃのパパ様、コメントありがとうございます。
>産経新聞は購読者層は限られた人たちですので、

確かに、今良く分りました。おっしゃるとおりなようです。

----------------------------------------------
○wara様、コメントありがとうございます。
まあ、そう言わずに、ご本人たちは一生懸命なようですから、温かく見てあげましょう。

-----------------------------------------------
○かの様、コメントありがとうございます。
あなたのおっしゃるとおり、まったく同感です。ただ、この記事は、産経の記事に対して述べたもの。産経の記事をとりあげ、他社を非難はできませんので、この点ご理解いただければ幸いです。

-----------------------------------------------

投稿: ベンダソン | 2009/10/12 22:41

今までの、そして現在の朝日・毎日、(問題外だが)日刊ゲンダイの報道姿勢を考えたら、別にマスゴミとすれば普通。

むしろ、産経だけを問題視するあなたがおかしいと思うぞ。

投稿: かの | 2009/10/12 18:53

典型例だってw
大臣クラスだってバカ丸出しw
献金を受けていた当時は野党だよ。

自民ネトウヨはこれだから笑えるww

投稿: wara | 2009/10/12 16:43

産経新聞は購読者層は限られた人たちですので、ほとんど亀井大臣が玄関を出てアリを踏みつぶした程度のニュースでも読者受けするのでしょう。
公平とか客観的に説いて世論に問うとかいう視点はないのだと思いますよ。とにかく敵のアラ探し。そうすれば、ご褒美がでることになっているのでしょう。少なくとも客観的に物事を見たり考えたりできる読者を購読対象とはしていないことは確実ですね。
政権におもねることなくと言えば聞こえはいいですが、自公政権時代は政権におもねってばかりいたこの新聞社、民主党が政権についたからと言って、旧来からの政治システムを再構築できる筈がなく、ダムや高速道路の建設推進派がすぐに巻き返して、2年と経たないうちに自民党が再び政権を奪取すると考えているのでしょう。

投稿: らむちゃのパパ | 2009/10/12 16:23

大臣クラスだからに決まってんじゃん。
タイトルを頭に入れていれば目的語がなくても普通に理解できる。
そして何より新聞社に完全に客観的な会社などない。

投稿: t | 2009/10/12 15:26

はぁ、学のない人間が文章を書くとこういう馬鹿なことを書くという典型例ですね。あんたなんか産経以下じゃないか。

投稿: とりあえず感想 | 2009/10/12 13:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/46463834

この記事へのトラックバック一覧です: 産経に求めたい説明責任と論理力(文章力?):

« オバマ受賞に見るノーベル賞選考委員の「粋」 | トップページ | 広嶋・長崎オリンピック招致活動の憂鬱 »