« いつまで続く検察のサル芝居 | トップページ | 小沢憎しで違法性まかり通る »

2010/01/10

衝撃の笑劇・・・言ってる先からこれだ

今朝、テレ朝のサンプロを見てたら、例の小沢土地問題を取り上げていて、郷原教授が小沢さんの04年の収支報告書に4億円件はちゃんと記載されてるが、なぜメディアは収支報告書に記載されてないと間違った情報を流すのか・・・法的に何が問題なのか?と指摘した。

■衝撃の笑劇

すると、番組スタッフも毎日新聞の編集長も、エエーッ!収支報告書に記載されてるの?それは衝撃だとびっくりして(いるフリ?)いた。それを見ていたベンダソンは食っていたピザトーストを吹き出し、愚妻はコーヒーを鼻から噴き出した。

何が衝撃だって、そんなことを、郷原教授から指摘され、今初めて知ったという彼らマスコミ人の遅れ具合が衝撃だったからだ。ホントに収支報告書に4億円が記載されていたことを知らずに、記載されてないと騒いでいたのか。

私は新聞各社は、すでに今回の騒動はインチキと知った上で、収支報告書に4億円が記載されてないとウソを書いている確信犯だと思っていたので、知らなかったと真顔でいう編集長や、番組スタッフの発言にはホントたまげた。

だって、この話、ネット上では常識化してるぞ、と思っていて、今日あたり官報をネット検索してブログに書こうかと思っていたからだ。今やマスコミよりもネットが先行してしまったということか。素人のブロガーが知ってることを知らずにウソの情報を垂れ流しするならば、もうマスコミは完全にいらないじゃないか。

だからタイトルに「衝撃の笑劇」と付けた、ブロガーが知ってることをマスコミが今更「衝撃」だといって驚く事の方がよっぽど衝撃ならぬ笑劇というわけ。

念の為補足すると、私がこの件、つまり土地購入に関して、小沢氏が4億円を貸し付けたことを収支報告書に記載してない嫌疑がウソで、実は04年の収支報告書にきちんと記載されているという事実を知ったのは前エントリーをアップした直後だ。

我が鬼嫁は、どういうわけかヤフー掲示板によく目を通していて、ときどき面白い書きこみを拾ってくるが、その中に、小沢氏の4億円はちゃんと収支報告書に記載されているという書き込みがあった。

掲示板の書きこみなのでウソかホントか分からないが、収支報告書は官報に記載されてるから、直ぐ真偽が分かると思ってたし、すでに昨日あたりには多くの有名ブログで指摘されていたので、これはもう少なくともネット上では知れ渡った事実だろうと思っていた。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000047155.pdf#page=162

(↑の162ページ右の列に記載。こんなこと、ベンダソンみたいなヘタレブロガーでも簡単に確認できるぞ。いかにマスゴミが働かないかかよく分かる。)

だから、そういうことも知らないマスコミ関係者にびっくりしたのだ。そして彼らはホントに取材も思考も放棄した人種なんだなと、改めて思った。毎日新聞の編集長は、検察リークをそのまま垂れ流しているのではないかとの指摘に、そんなことは無いと一生懸命否定していたが、そのむないしいこと・・・、素直に反省でもすればまだ救いはあるのだが。

■言ってる先からこれだ

もう一つのタイトル「言ってる先からこれだ」は、そのまんま、言ってる先からこれだと言いたい。拙ブログではこのところのエントリーで、「検察は何を追求したいのか、どんな悪事をあばきたいのか、そういう疑惑があるなら最初から、何法に違反すると具体的違法性をリークすればよいではないか。途中からリークする疑惑が変わるという事は、もともと何もないということを表している。」と書いたが、言ってる先から、もうリーク疑惑が変更された。

アホな文字メディアよりは、検察はネットに目を通してると見えて、「4億円が収支報告書に記載されてない」事がウソとばれたからだろうか、早速次のリークに変わった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100109-00000009-jij-soci

<引用開始>

ゼネコン献金6億円=小沢氏関連団体、7年間で-陸山会へ「迂回」

19233分配信 時事通信

 小沢一郎民主党幹事長の関連政治団体が、200006年の7年間に、ゼネコン側から計約6億円の献金を受けていたことが8日、分かった。献金の大半は、関連団体を迂回(うかい)する形で、土地購入にゼネコンの裏献金を使った疑いが浮上した資金管理団体「陸山会」に移動されていた。
 小沢氏の公設第1秘書大久保隆規被告(48)の公判で検察側が提出した証拠資料などによると、小沢氏の関連政治団体は04年までの5年間に、ゼネコン8社から毎年9000万~11000万円の献金を受けていた。業界による脱談合宣言があった05年以降は減少している。
 企業からの寄付については政党支部「民主党岩手県第4区総支部」が、パーティー券収入については政治団体「小沢一郎政経研究会」が、それぞれ受け皿となっていたが、両団体の収入の約8割は、最終的に陸山会に移動していた。

<引用終わり>

あるいは、後述するようにこんな見出しの記事もある。

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100108ddm001010006000c.html

組織対策費:民主・小沢代表時、22億円を2議員に 会計担当へ、使途明かさず。

メンド臭いから引用しないが、言ってる先からこれだ。これ昨年の3月辺りからの秘書逮捕と全く同じパターンだ。小沢側から西松への請求書があるとのリーク記事で、言い逃れできない証拠があるかのように印象付け、これがウソッパチと分かると、やれ企業献金がいくらあるとかないとか、人々の嫉妬心を煽るやり方で印象操作を進めていく。

毎度おなじみと化した、このパターンで、いつまでも国民が騙されると思っているのは、文字メディアくらいなもんだろう。すでにネット上ではネタが割れているのに気がつかないのがイタイ。

■プライオリティの判断ができないマスコミと検察

率直にいうと、小沢氏が精錬潔白とは思ってない。おそらく多くの小沢支持者も同じ思いではないだろうか。では小沢氏は悪人かと言えば、そうとも思ってない。政治の世界は悪党も大勢いるし、キレイ事だけでは物事進まないから、ある程度清濁併せ呑む度量が求められる。その濁の程度の問題なのだ。

この点を郷原教授は実に上手く整理していた。つまり、①無問題、②政治家として好ましくない、③法に抵触する、④明らかな法律違反、大概こんな風に整理した上で、どのレベルの論議かを明確に区分すべきだろう。

①や②の問題を③④として議論するかのような、今の報道の在り方には大いなる疑問があるというわけだ。私の小沢氏への認識は、小沢氏が完全潔癖と思ってないので①問題なしとは思わないが、②政治家として好ましくないレベルでは無いという認識だ。だから③④に至っては論外。

なぜ③④が論外かと言えば、もう何度もこのブログで書いてきたが、そういう違法性の疑惑があるならば、具体的に何法の何に違反するのかそこをハッキリとリークせよということ。毎回のように何か悪い事やってるぞというような印象操作の情報ばかりで、具体的容疑が不明だからだ。具体的容疑や違法性が不明なものに素人が違法性があると思う方がどうかしてるだろう。

鳩山氏の場合もそうだが、何の容疑かも分からずに、皆して大騒ぎするのは一種の集団ヒステリーだ。拙ブログへのコメントに、こう騒がれるとどうしても疑いを持ってしまうというようなコメントがあったので、具体的にどんな疑いですかと質問すると、「よく分からないが、追徴金を払ったのは罪を認めた事になるのではないか」というような答えが返ってきた。

だがそんな事実は無いし、報道もされてもいない。しかし「鳩山 追徴金」でネットを検索すると山のようにブログや、掲示板の書き込みはヒットする。つまりいつの間にか追徴金を払ったと完全に洗脳されてしまっているのだ。ひとたび洗脳され、こうだと思いこむと人は間違いを指摘されても、自分が否定されたと思い、思っている「事実」を修正するには至らないものだ。これが恐ろしい。事実とは無関係に事実が既成化してしまう。

くどくど書いて申し訳ないが、要は、小沢氏の何がいけないのか、そのいけないレベルは、好ましくないレベルなのか違法性の疑義なのか、そこを明確に区分し、違法性があるならば具体的な法律の何に反するのか、それくらいはキチンと認識したうえで騒ごうよ、じゃなきゃただの烏合の衆じゃないの、ということなのだ。

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100108ddm001010006000c.html

↑の毎日新聞記事によれば、「民主 小沢代表時 22億円2議員に 会計担当へ組織対策費使途明かさず」という大きな見出しが躍っている。見出しからすると、何か違法なことをしているかの様な印象を与えるが、今の法律に沿っていることなので、具体的に何が違法なのかは一切書かれてない。

自民党も幹事長に一度に何億というお金が組織対策、政治活動費として支出されている。国民に誤解を与える様な報道はやめてもらいたい。法律が不備と言うなら、「改正しろ」と指摘して、国民に喚起するのがメディアの役割だろうに。

こうした報道が出るたびに思うのだが、企業・団体献金、政党助成金は廃止すべきである。そして、透明性の確保を図り、公開基準をもっと明らかにし、国民に理解される法律にしなくてはならない。そうした方向に持っていくのがメディアの役割だと思うのだが。

上記青字部分は鈴木ムネオ氏のブログ「ムネオ日記」を読んで、まさに我が意を得た思いだったので、参考にさせていただいた。ただしそのブログには無断転載禁止とあって連絡先が無いから、あくまでベンダソンの意見として理解いただきたい。

http://www.muneo.gr.jp/html/diary201001.html

先に述べたように①無問題、②政治家として好ましくない、③法に抵触する、④明らかな法律違反という風に、事件の内容を吟味し、きちんと整理・区分した上で、そのプライオリティに応じた評価や報道をすることはそんなに難しい事なんだろうか。

少なくとも、今ではネットで直ぐに真実が知れてしまうから、恣意的な報道やウソは直ぐにバレるということをマスゴミ諸氏、特に文字メディアはいい加減に気づいてほしい。検察の情報リークじゃありませんなんて言ったところで、白々しいばかりだ。

真実が知れると言えば、ネット上では、先日の「辺野古問題でアメリカ大使が激怒した」とか「駐米大使にクリントン長官から異例の呼び出し普天間問題で米国の立場は不変」とする産経記事は全くの捏造であることが知れている。

マスゴミ報道の真偽を確かめる手段が無かった10数年前とは違い現代ではインターネットで当のアメリカ政府の見解や報道に直にアクセスできてしまうから、インチキ報道は直ぐにばれてしまう。もし産経記事が意図的ではないとすると、産経には英語を理解する記者が居ないということになる。

だが、どちらにしても産経記者は根性曲がりかバカしかいない事を証明したことになる。ま、これは余談だが、今や文字メディアはそんなレベルかもしれない。

検察の情報リークにいたってはもう、何も言う気がしない。前エントリーに書いたように、いつまでも国民はそんな茶番には付き合っておれん。

記者クラブの談合体質に胡坐を書く大手文字メディアは相変わらず、取材もしなければ調べもせず、とっくにネタばれした記事を書いているが、定期購読ではなく日々の売り上げで勝負する日刊現代などの新聞や、視聴率が勝負のTV等は、そろそろ本当の世論に気付き始めたらしい。

某ブログによれば、19日付日刊ゲンダイの一面は、「藤井辞任 お粗末自民遠吠え」「連日流される根拠薄いカングリ報道」「自民党政権時代にはどんな悪政が続いてもヨイショばかりしていたくせに政権交代したら何年も放置されている小沢一郎の疑惑を突然追及し始める社会の木鐸の正体」「露骨な民主政権つぶしアリアリ」、二面では「法律に規定されていない原資まで問うえげつなさ」「普通のことを意味深長に伝える嫌がらせ」「新しい政治の始まりをつぶす報道機関と捜査機関」、三面では「自民幹部は病人を殺す気らしい」「国民は冷笑自民幹部の遠吠え(予算案を作った人が国会審議前に辞めるのは異例異常だ)」「では聞くが、所信表明演説をした首相が2日後に辞めたあんたの党はどうなんだ」「民主を批判する資格なし」と書かれている。という。

本日これにて。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« いつまで続く検察のサル芝居 | トップページ | 小沢憎しで違法性まかり通る »

コメント

悪態をつく通りすがり(あほか!)様、コメントありがとうございます。

珍県民様へのレスと入れ違いになったようです。御声援ありがとうございます。

すでに、お気づきかと思いますが、拙ブログへの反論はどういうわけか、ものすごく低レベルなものが多いような気がします。

一応は、レスしますが、あまりにもレベルが低く、論理で負けると意地になって食いついてくるので、少しスルーも考えようかと思うこのごろです。

件の方は、意地にならないだけ、まだ知性がおありかと思いますので、暖かい目で見ましょう。

投稿: ベンダソン | 2010/01/11 22:59

珍県民様、詳細なレポートありがとうございます。

小生は、正月を遊び呆けたツケで、今夜徹夜でレポート作業です(涙)。


>世間の人々がそれほど無知だと思っているのでしょうか。

⇒そう、思ってるのでしょう。実際そういう人がいますから。

先ほどテレ朝のニュース番組では、昨日のサンプロを全く無視するかのように、相変わらず収支報告書不記載声高に取り上げ、「何が問題か・・・」と前置きしていたので、まじに視聴したら、前フリだけで結局何も言わないのでガッカリしました。

「何が問題か・・・」と、いかにも問題がありそうに前フリして、何も言わないとは、ホント国民をばかにした話です。解説をした大谷氏は、さすがに呆れて、検察非難をしたのがせめてもの救いですが、ホントにこの国のマスゴミは腐りきってると思いました。

投稿: ベンダソン | 2010/01/11 22:48

>投稿: 一部分の報道だけで決め付けるのは・・・ | 2010/01/11 12:17
>投稿: 不確かで申し訳ない | 2010/01/11 14:33

>小沢氏から4億借りて定期預金を組んだ、それを担保に銀行から4億借りた
つまり借入は8億
うち4億しか収支報告書に記載していない
これは新聞等ではきちんと説明されています
TVではコメンテーターや郷原氏がきちんと内容を把握していなかったのではないですか?

↑↑↑
なんだ、このキモいおっさん?苦し紛れのデタラメもいいところですね。毎日新聞にそんな説明はどこにも無かった、と自信を持って断言できます。

新聞の説明はどこも一字違わず横並び(だって検察リークだもん)。とっくに周知のとおり、陸山会は小沢さんからの借入金4億円のみで、銀行からの借入金はありません。

朝日新聞がご丁寧に図入りで解説していますが、これ、毎日新聞とまったく同じですよね。
http://www.asahi.com/politics/update/0110/TKY201001100256_01.html

コメント主は何度も声に出して読み返して、頭を整理したらいかが?実はとっくに分かっているのかもしれませんが。

たっだ~し!この解説ですら真っ赤なウソの可能性は大です。なんせ検察官の顔色リークですから(by 某岸井)。

それから、肩書きだけご立派な年配の検察官ほど、このご時世にネットも知らん年収数千万の高給取りがゴマンといるそうですよ。恫喝・誘導・ねつ造にかけてはCIAを凌ぐグローバルスタンダードでしょうが・・・。

「収支報告書に載っているのを知った上で小沢をはめようとした」といった謀略説もあるようですが、真実はそんなカッコいいもんじゃないでしょ。間違いなく、小沢憎しで血走った目では旧字体を検索できなかっただけ、ですね~かわいそうに。そういう頭のレベルの「言いがかり」ですから、これは。

ペンダソンさん、こんな輩に負けずにブログがんばってください。応援してます!!

投稿: 悪態をつく通りすがり(あほか!) | 2010/01/11 22:42

 陸山会が小沢一郎氏個人から4億円を借りたのは2004年、
同2004年10月に土地代金3億4千万円が支払われており、登記は売り手の不動産屋の都合により、2005年1月7日に行われています(と新聞に書いてある)
マスコミが記載されていないと騒いだのは、この4億円のことで、誰がどう見ても官報に記載されています。

陸山会名義の預金担保で、銀行から4億円を借りたのは2005年であり、
2005年度中に、銀行からの4億円を返済したかまたは預金と相殺(満期?)し、
小沢氏にも2億円を返済したものと見られ、2005年度の借入残高は2億円のみ、
2006年度には、残高が0になっており、残りの2億円も返済したものと見られます。
つまり、銀行に利息を払っていた期間はそう長いものではなく、新聞が言うような損な取引とは限りません。もしいくらか損したとしても、銀行に儲けさせたという実績ができ、後で融資が受けやすくなります。

また、陸山会は不動産の名義人になることはできない組織であり、小沢氏個人の名義を借りていますから、銀行から借りるという形式によって、会の土地取引であることを表現しているものとも取れます(このような方法は、税務署の推奨するところです)

検察やマスコミは、不動産の登記が年度を跨いで実行されることが、ごく普通に行われていることを知らないのでしょうか。
12月までに登記すると、売った側は、すぐに翌年3月の申告となりますが、1月に登記すると、そのまた翌年3月の申告で良いのです。これは、税務署でも公式に認められています。というか、登記した年度分としてしか申告を受け付けません。また、買う側だって、不動産取得税の納期限などが半年位先送りになります。

また、預金担保による借り入れがごく普通に行われれていることも知らないのでしょうか。銀行が、融資に当たって、常に預金残高を要求することも知らない?「歩積み両建て」なんて言葉は聞いたこともない?

あるいは、世間の人々がそれほど無知だと思っているのでしょうか。

投稿: 珍県民 | 2010/01/11 22:07

普段図書館で新聞を読むので日付まで覚えていないのですが確か私が見たのは毎日新聞だったと思います。

投稿: 不確かで申し訳ない | 2010/01/11 14:33

一部分の・・・様、コメントありがとうございます。

定期を担保に4億借りたことは誰もが知ってるかと思いますが、だから8億円を収支報告書に記載しなければいけないとは初耳ですし、理解に苦しむところです。具体的にそのような指摘をしている記事を御紹介願えないでしょうか。

投稿: ベンダソン | 2010/01/11 14:26

土地取引に関して陸山会は2004年に以下の取引を行っています

小沢氏から4億借りて定期預金を組んだ、それを担保に銀行から4億借りた
つまり借入は8億
うち4億しか収支報告書に記載していない
これは新聞等ではきちんと説明されています
TVではコメンテーターや郷原氏がきちんと内容を把握していなかったのではないですか?

投稿: 一部分の報道だけで決め付けるのは・・・ | 2010/01/11 12:17

○鉄馬様、コメントありがとうございます。
>BPOにおこられますかね。

⇒みんなで、クレームをつけましょう。私は対象を全ての放送局とし、「ネットで直ぐにウソがバレるんだからインチキ報道はやめろ。ちゃんと取材しウラを取れ。放送の倫理を持て」と↓コチラに送信しました。諦めず意思表示することが大事かと。
http://www.bpo.gr.jp/audience/send/index.html
************************************************************************
○setu55、コメントありがとうございます。
>「新聞はリーク報道はなく 検事の顔色を見て記事の裏を取っている」なんて、信じられない理屈を述べる事態には、ただあきれるばかり。

⇒まったくです。官報をネットで検索すりゃ素人でも直ぐ分かる事を調べもしないで、検事の顔色を見るのがウラかよ、です。青汁かなんかのCMで白クマが口の周りを緑にして、ボク飲んでないよ、と言うのがありましたが、アレを思い出しました。

この岸井氏の発言を日本語に翻訳すると、「はい、リーク垂れ流しです。ウラなんてそんなメンドクサイ事しませんて。」となります。
************************************************************************

投稿: ベンダソン | 2010/01/11 11:13

----私も見ました----
高野氏が出てなかったが、郷原氏が席に座っていたので期待して正座して発言を待っていました。
官報の収支報告書コピー用紙を提示したときに郷原氏の決意を感じた。わざとフリップ(ボードに貼る)を使用しなかったのは、番組関係者に事前に相談せず事前に情報が漏れないように配慮したのだと推察しました。

新聞関係の岸井氏と星氏は慌てていましたね。全く知らなかったのはどうやら本当似たいですね。彼らの狼狽ぶりは凄かった。その影響でしょうか、リーク報道について、「新聞はリーク報道はなく 検事の顔色を見て記事の裏を取っている」なんて、信じられない理屈を述べる事態には、ただあきれるばかり。

これからは、千葉法務大臣にリーク報道の調査をしてもらいたいし、検事総長の選任を政権与党が決められるように頑張ってもらいたい。
霞ヶ関役人が、選挙で選ばれた与党より優位性があるなんて思想は打破してもらいたいと思います。

ただ、マスコミは今回のことは報道せず、スルーして小沢氏の悪口ばかり報道するのだろうな~と 確信している私も情けない。

投稿: setu55 | 2010/01/11 07:52

こんばんわ。

わたしはサンプロは菅さんまでしか見てませんでした。郷原さんが出ていたのですね。

>私は新聞各社は、すでに今回の騒動はインチキと知った上で、収支報告書に4億円が記載されてないとウソを書いている確信犯だと思っていたので、知らなかったと真顔でいう編集長や、番組スタッフの発言にはホントたまげた。

マスコミはウラを取らないというのがバレましたね。BPOにおこられますかね。

投稿: 鉄馬 | 2010/01/11 01:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/47255546

この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃の笑劇・・・言ってる先からこれだ:

» 04年の収支報告書に記載されていた!小沢氏から4億円借入したことが! [ふじふじのフィルター]
 昨日、「国民主権は、マスコミの翼賛報道を乗り越えてこそ。」に、「東京地検」に「 [続きを読む]

受信: 2010/01/11 00:17

» 新聞記者ほど気楽な稼業はないときたもんだ!…お呼びでない?…これまた失礼いたしました! [野球・ソフトボール そして つけ麺・ラーメン]
ここ最近はネットやPCの発達のおかげで大学の卒論もコピペが蔓延していると聞いて久しいのですが、今の新聞記者の実践部隊はこの「コピペ」世代が主流ないんですかね? つまり自らの考察や裏付けもなく情報を垂れ流しているだけなんですね~! テレ朝のサンプロで(普段..... [続きを読む]

受信: 2010/01/11 14:27

« いつまで続く検察のサル芝居 | トップページ | 小沢憎しで違法性まかり通る »