« これが国会とメディアのレベル? | トップページ | 「市民ネット」対「利権メディア」 »

2010/01/23

良識ある報道を発見!

貧しいベンダソン家では、つい最近までおんぼろTVしかなく、BSも受信できなかった(涙)。ところがそのおんぼろTVもついに命脈尽きてしまったので、清水の舞台を飛び降りるつもりで、ついに液晶TVを買った。

そのフルハイビジョンとやらの画面の美しさにたまげたが、そのついてる機能にもたまげた。こんなならもっと早く買っておけばよかったとも思うが、根がケチなもんだから、古いものを大事にするとか何とか自分に言い聞かせ、今日まで来たというわけ。

マスゴミはインチキ情報しか載せないから、いつの間にか新聞購読はしなくなっていたので、TV欄も分からなかったが、地デジならいつでも番組表が見られるし見る予約もできるので、これまた便利。

で、へーこんな機能があるんだあ、なんて喜んでたら。BSフジでこんな番組を発見。

http://www.bsfuji.tv/primenews/caster/sorimachi.html

プライムニュースという、この番組では昨晩、小沢問題を扱っていて、例の郷原さん始め、ジャーナリストの魚住氏や佐々淳行、元検察OB(名前を失念)、北大教授(こちらも名前を失念)等が討論していた。

今回の小沢騒動では、地検特捜部の大本営発表を垂れ流しする様を見ていると、もう日本のマスメディアは総崩れだと思っていた。特に昨日のエントリーに書いた産経のレベルの低さと恣意性には、怒りを通り越して、哀れみさえ覚える。

ところが、この番組のクオリティの高さにはぶったまげた。佐々淳行氏だけが悪気は無いのだろうが非常にトンチンカンな発言ばかりして、出演者を白けさせていたが、後は郷原氏に負けず劣らずのニュートラル且つ高度な見解ばかりなので、いたく関心させられた。

地上波のように、やたら検察べったりではなく、かといってむやみに検察批判をするわけでも、小沢批判をするわけでもない。ほぼ出演者全員が、冷静なのがスゴイ。小沢氏は辞任すべきとの世論調査結果に対しても、まだ何も分かってない段階で、しかも本人は潔白を主張しているのだから、辞任云々は早すぎると検察OBが言い、皆がそれに同意する。

こんな冷静な報道番組が、この日本あったとは知らなかった。

ただ、不思議なのは、それがフジサンケイグループという点。新聞も地上波もとんでもなく低級な報道が目立つのに、何故この番組はこうもハイクオリティなのか不思議だ。視聴率の低いBSなら目立たないから、本来ジャーナリストとしてやりたい報道番組が創れるとでも言うのだろうか。

一度限りの視聴では断定的な事は言い難いが、これまで目にしてきた報道番組の中では、際立って秀逸、日本のメディアもやればできるじゃんと思った次第。

本日もこれ(だけ)にて。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« これが国会とメディアのレベル? | トップページ | 「市民ネット」対「利権メディア」 »

コメント

○ひとし様、コメントありがとうございます。
おっしゃる通りかと思いますし、お気持ちも十分良く分かります。
ですが、ま、ま、表現は上品に行きましょう(笑)。
*********************************************************************
○あらいぐま様、コメントありがとうございます。
情報ありがとうございます。今度見てみます。
*********************************************************************

投稿: ベンダソン | 2010/01/27 17:04

ペンダソンさま、はじめまして。
「PRIME NEWS」は毎日のように私も視ていましたが、今は見ていません。正直、質は日によって変わるのでキャスティングが大きく影響します。(団体の代弁者のようなゲストも多数出ています。)
「にっぽんサイコー!」は今でも毎週視てますが、田中良紹氏の話は秀逸で一押しです。
同じBS11の「INSIDEOUT」もナカナカ良いです。反民主のゲストの時は、悪口ばかりなので呆れますが(笑)

投稿: あらいぐま | 2010/01/25 06:26

こんばんは。今日一日報道見ているとヤクザより酷い。説明責任説明責任と連日大合唱。昨日説明したら本日早速納得いかない。今後納得いかないの大合唱。そんなにいつまでも犬殺とチンピラ報道は米国の奴隷で居たいですかね。民主党の救世主郷原弁護士に今回もまたお世話に。青ビョウタン民主党議員は今何を考えているのやら。まあ、会津の欲ボケ妬みボケ老人肛門様やることないからテレビカメラ見ると張り切っちゃう。強制入院でもいいじゃないの。痔瘻悪化で。

投稿: ひとし | 2010/01/24 22:44

○珍県民様、コメントありがとうございます。
おっしゃる通りかと思います。
*********************************************************************
○浮高亭瓢箪様、コメントありがとうございます。
>、同じ様な事をしても「誰をとっ捕まえるかは、検察の自由な判断」てなことになれば、おっそろしい社会になってしまう。
⇒その危機感からでしょうか、今日のサンプロでは、今までの慎重な郷原氏と違い、かなり弾けてましたね。
*********************************************************************
○とりごん様、コメントありがとうございます。
>河上は日テレの顧問弁護士だそうで。
⇒としても、そのこと自体は別に正当なことなので、何かを語る時は、その論点に関連した事実のみを語りたいものです。
*********************************************************************
○スロウ忍様、コメントありがとうございます。
>地上波は無料の風俗情報誌みたいな位置づけ?
⇒この言い方上手い! 確かにその通りです。
*********************************************************************
○一郎様、コメントありがとうございます。
メディアの情報伝達能力と、伝える情報のクオリティには相関関係が無いようです。
ご指摘のように、むしろ現実には受け手の数が多いメディアほど、質が低いという逆の現象が起こっていますね。大衆迎合によって読者を増やすという根本的なジレンマをかかえているのかもしれません。
*********************************************************************
○ペンタクロス様、コメントありがとうございます。
>多分不起訴に終わっても「小沢はズル賢いのでシッポを掴ませなかった」との印象づけで世間体を繕うでしょう。

⇒タブン起訴するでしょう。無罪判決が出たころには当人はすでに失脚したあとというのがこれまでのパターン。損得で言えば小沢氏に勝ち目がない事は明らか。だから、途中で辞任しろという声に屈しないことを祈るばかりです。絶対勝ち目が無いのに、戦うとはそういうことだと思います。
*********************************************************************

投稿: ベンダソン | 2010/01/24 16:13

ペンダソンさん、こんにちは。
検察と報道の「抜き差しならない関係」が鮮明になりましたね。多分不起訴に終わっても「小沢はズル賢いのでシッポを掴ませなかった」との印象づけで世間体を繕うでしょう。これはもう法治国家ではありません。旧体制闇支配組織との戦いはこれからです。

投稿: ペンタクロス | 2010/01/24 15:32

高井康行弁護士は、ライブドア事件で、ホリエモンの主任弁護士だった方ですね。同事件で、特捜部OBの高井弁護士は以下のように述べたらしいです。

「「絶対に証拠があるはずだと、見込みで逮捕した。ところが証拠がない。宮内には、ちょうどいい別件(特別背任・業務上横領)がある。なにが何でも堀江を起訴しなければ、特捜の威信に関わる。検察の威信のために、彼を犠牲にした。そういう検察を許していいのか」と高井弁護士は裁判終了後、記者たちを前に声を強めた。」(2007年01月26日20時24分 / 提供:ライブドア・ニュース)

ボクは、昨日、ニコニコ動画で、田原 総一朗氏司会「徹底討論!小沢幹事長と検察の説明責任」を見ました。ホリエモンも出演してました。お元気そうでした。
http://live.nicovideo.jp/gate/lv9970180

ニコニコ動画も、ご紹介のBSに劣らず面白かったです。システムにも強い将来性を感じました。今のマスメディア状況を考慮すると、新聞及び地上波の衰退は、加速しそうな気がします。

喜ばしいことです、とは思いません。しかし、今のひどい状況を考えると、それもやむおえないのかも、と感じます。

本当は、新聞及び地上波がジャーナリズムの本来の役割を果たし、更に加えて、参入したメディアと互いに切磋琢磨し、権力を監視してくれれば万々歳なのですが・・・・

投稿: 一郎 | 2010/01/24 13:17

テレビも差別化するようになったんですかね。
これからの地上波は無料の風俗情報誌みたいな位置づけ?w

投稿: スロウ忍 | 2010/01/24 11:50

河上は日テレの顧問弁護士だそうで。
たけしはのりピーの復活映画を作るそうですよ。ヤクザとズブズブなのでしょう。海外で賞をもらっても興行成績に結びつけられない映画を作るとしたらその資金源はどこでしょうかねぇ。

投稿: とりごん | 2010/01/24 10:29

昨夜、BSフジの「PRIME NEWS」を覗いたら、ゲスト出演者が「山口二郎(北大教授)」「魚住昭(作家)」「高井康行(元特捜部検事)」「郷原信郎(元検事)」「佐々淳行(危機管理評論家)」たちであったので、思わず観てしまった。
話題は当然、今日行われる「小沢幹事長に対する事情聴取」に関することになるわけだが、司会の反町理氏など、みなさんが真面目に話している中で一人、バカで的外れな発言をしていた人物が「佐々淳行」という警察庁上がりの評論家で、何が何でも「小沢は悪いやつだ」と云う事だけを言い続けて、失笑を買っていたのが印象的であった。

高井康行と云う人はホリエモンくんの裁判で、ホリエモンの弁護人を務めていた「やめ検弁護士」だが、検察は基本的に「国破れて正義あり」を貫けばいいと思っている…と話していた。
つまり、日常的に「この国の正義を守るのは俺達しかいない」という自負心で仕事をやっているから、少々行き過ぎることもある…と云うのだ。「国益」なんかどうでもよく、自分たちなりの正義を貫けばいいというのである。
まあ、たいそうな自負心は結構だが、思いあがって「国政を左右するのはおれたちだ!」なんてことになれば、この国は「検察主導国家」になってしまう。

この話から「この国の立法と行政を監視している検察が間違う可能性がある」と云う話になり「間違った検察をだれが監視できるか、チェックするのか」と云う話題になった。

当然「それは、メデイアでしょう」となるのだが、今回のような状況になると「検察とメデイアが完全にべったり」なわけだから、チェック機能が働かないまま「正義(と思っている)の検察の暴走」が始まって止まらなくなってしまうのである。

佐々淳行など、「検察審査会と云うものがありまして…」などと、つまらない説明を偉そうにしていたが、郷原氏に「検察審査会は、検察が本来起訴すべき事件を不起訴にしていていた場合に、審査会がその事件は起訴して下さい…と云うための機関でして、検察が起訴したり逮捕した事件をチェックする機関ではありません」と指摘されて、黙り込んでしまっていた。
こんな耄碌した「清和会一辺倒の評論家」などは、「塩川正十郎」同様に引退していただきたいものだ。

この番組でも、郷原氏が指摘していたように、「検察の正義」というものが「検察の無謬性(検察は絶対に間違わない)」に直結しているように思うのは、間違いであること。「検察の主張が本当に正しいのか」「裁判所がどう認定するのか」ということをチェックするメデイアの存在が不可欠であること…などの重要性が取り上げられていたが、これが「現代の常識」というものである。

さらに、郷原氏はこのように言っていた。

「メデイアは、石川さんの逮捕を、単なる小沢幹事長の元秘書・使い走りが逮捕されただけのように矮小化していますが、石川さんは国会議員です。昨年の選挙で十数万票の支持を得て、自民党の中川昭一氏に勝って当選した議員です。
その国会議員が逮捕されたのです。政治資金規正法違反と云いますが。国会議員を逮捕するほどの、従来ありえなかったことが行われて納得できるほどの悪質な事件であったのかどうかを問い直そうともしない・・・というのは、おかしいと思います」・・・ふむ。この人の言うことは、実に冷静である。
「法の下での平等」という精神からいえば、同じ様な事をしても「誰をとっ捕まえるかは、検察の自由な判断」てなことになれば、おっそろしい社会になってしまう。
「ネズミ捕り」を仕掛けて、交通違反のキップを切るのとは、わけが違うのである。

投稿: 浮高亭瓢箪 | 2010/01/23 17:04

こちらで、以前の放送分が見られます。

BS11 田中康夫のにっぽんサイコー!
http://www.love-nippon.com/BS11.htm#17

投稿: 珍県民 | 2010/01/23 16:52

私も見てました。

NHKのBS1なども、地上波とは一味違うところがありますよ。

今夜は、10:30からBS11で、新党日本の田中康夫議員が出演する「にっぽんサイコー!」という番組がありますよ。

テレビを見ていると馬鹿になる、というデマは、こういった番組を見させないためかも。

日本テレビの、爆笑問題や河上和雄なんかの出ている番組なんか、見ていれば馬鹿になりそうですが。

最近は、たけしの出る番組も相当ひどいですね。

投稿: 珍県民 | 2010/01/23 16:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/47368980

この記事へのトラックバック一覧です: 良識ある報道を発見!:

« これが国会とメディアのレベル? | トップページ | 「市民ネット」対「利権メディア」 »