« 事業仕分けとUR | トップページ | クジラ »

2010/04/28

いい加減飽きたけど、説明責任を求める人々の説明責任は?

つい一昨日前に、西川のりお氏のTV番組についてとりあげ、同番組で「不起訴と言う明確な決着がついているのに、あたかも違法行為のごとく説明責任とバカの一つ覚えのごとく言う自民党はどうかしていると一刀両断。」と取り上げていた事を書いたばかりだが、その矢先に小沢幹事長の不起訴不当なる検察審査会の決議がなされた。

ネット上では、検察が一年も国策捜査して起訴出来なかったのに、これからまた捜査したところで新たな事実が出るわけがないから、さらに不起訴⇒再度不起訴不当⇒自動的に起訴となるだろうと言う見方が多いように思う。

では、拙ブログはどう言った見解か?と言えば、ハッキリ言って

「どうでも良い」だ。このブログ主は飽きっぽいのでホント、もうどうでも良いと思っている。まあ起訴される側からすれば、どうでも良いは無いだろうが、茶番に飽きたと言うのが大方の見方ではないだろうか。

モノを深く考えない、マスゴミにミスリードされるままの人々でさえ、ここまで来ると、さすがに白けちゃったんじゃなかろか。マスゴミは一生懸命笛を吹いてるけれど、さあはたしてどれくらいの国民が躍るんだろうか。

では、ここでマスゴミ各社の笛の吹き方を見てみよう。「社説比較くん」と言うとっても便利なブログがあるので、本文はこちらからお読みいただきたいが、拙ブログではメンドクサイのでここから各社社説の見出しだけでも拾ってみよう。

http://shasetsu.ps.land.to/index.cgi/event/322/

     朝日新聞 20100428

「起訴相当」 小沢氏はまだ居直るのか

     毎日新聞 20100428

小沢氏「起訴相当」 全員一致の判断は重い

     読売新聞 20100428

小沢氏起訴相当 「公判で真相」求めた審査会

     産経新聞 20100428

小沢氏「起訴相当」 やはり議員辞職すべきだ

各社社説の中身を読んでみても、概ね見出しの通りだ。大きく分けると朝日と産経は「小沢辞めろ」、毎日と読売は「小沢は国会で説明せよ」と言う論調だ。朝日と毎日、読売と産経に分かれるかと思っていたので、これはちょっと意外。

で、朝日と産経の「小沢辞めろ」には、一応これこれこう言う理由で辞めろと一応形式的には根拠を付けた文章構成だが、ハッキリ言って形式だけ根拠の形だが中身は全く客観性に欠けていて単なる論説委員の思い込み見解に過ぎない。

まあ、何を言おうと新聞社の勝手だとは思うので、起訴されたら議員辞職しろと言うのなら、それはそれで一つの見解ではあるだろう。だが、だったらそれを普遍的な条件とするのがオピニオンリーダーと言うものではないか。

起訴されたら議員辞職と言うのを、人によってはそうではないなどと言うのでは、公平な論説ではあるまい。だから、もし言うとすれば、国会議員は起訴されたら無条件で議員資格をはく奪すると言う内規を決めろと書くべきだろう。

勿論そんな事は憲法違反になるが、それは単なる法技術の話だから、憲法に抵触しないように表現すれば良いだけの話。自動的に議員辞職勧告とでもすれば良いだろう。要は何人であろうとも、国会議員に関しては疑わしきは罰するのだと決めればよいだけの話だ。

そうすれば、疑わしきは罰せずではないのかなんて言い分も一刀両断に却下すれば良い。だってみんなで決めた取り決めだもん。そういう事を決めないで、疑われただけで辞職しろなんて主張するようでは、クマ公ハチ公のヨタ話に過ぎず、とても公器を自認する社説のレベルではあるまい。

産経には元々誰も期待等してはいないだろうが、朝日もそんなレベルかと思うと、もはや巷の噂通り朝日の権威は地に落ちているのかも知れない。そこへいくと、まだ国会で説明せよと主張する毎日と読売は、この件に関してはまだマシだろう。

惜しむらくは、一体何が説明責任なのかを明示してほしいところ。小沢氏はこれまでの政治家と比べればはるかに説明してきたと思うので、具体的にこれ以上は、どういう事を説明すれば説明責任を果たしたことになるのか、それこそ新聞社は説明責任があると思うのだが。

タダ説明責任を果たせでは、一体何のことなのか分からん。またこうしたマスゴミの論調に相変わらず乗せられる人々も、一体何が説明として不足し、何を聞きたいのか、自分の気持ちなんだから分かるハズなので自問自答してほしいものだ。

さて、当然ながら小沢氏続投のようだが、どうでも良いからどうでもよい。検察もさっさと起訴すれば良いのにと思う。そして起訴されても小沢氏は屁のカッパ、」カエルの面にションベンを決め込んでほしいものだ。

元厚生省局長の村木被告は、どうやら冤罪の可能性大のようだし、冤罪と分かってもおそらく地位は復活しないだろうから、この悲劇と合わせて、もういい加減「起訴されたら責任取れ!」式のヒステリーはオカシイとみんなが気がついて、新しい常識を定着させてほしいと思う。

と言ったところで、本日これにて、

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« 事業仕分けとUR | トップページ | クジラ »

コメント

○BB様、コメントありがとうございます。

それ以前に論理が通らない国なので、法治国家と言うのも放置国家に近く、ご都合主義がまかり通っていると思います。

日本国債は、一応95%国内償還と言われてますが、それ故に、国民金融資産を食いつぶす寸前に来ており、どっちにしても10年後早ければ5年後には紙くずでしょう。

投稿: ベンダソン | 2010/04/30 16:53

今回の小沢事件の今後の成り行き次第では世界中に衝撃を与えるでしょうね。なにせ日本は「法治国家ではない」ことを世界中に示すわけですから。気に入らない奴は皆で寄ってたかった難癖つけて引きずりおろすことが出来る国日本。日本株・日本国債は早めに処分しないとやばい事になるかもしれません。

投稿: BB | 2010/04/30 16:33

○ペンタクロス様、コメントありがとうございます。


「心象有罪」、ナルホド言い得て妙です。
ところで、今日あるパーティで、尊敬すべき先輩が、聞く耳持たない感じで、小沢・鳩山は有罪に決まっているとまくしたてたのには唖然としてしまいました。

一旦植え付けられた「心象有罪」はぬぐい去る事は出来ないのでしょう。困ったものです。

投稿: ベンダソン | 2010/04/29 22:44

ペンダソンさん、こんにちは。
これは「心象有罪」という新しい法解釈ですね。

投稿: ペンタクロス | 2010/04/29 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/48207994

この記事へのトラックバック一覧です: いい加減飽きたけど、説明責任を求める人々の説明責任は? :

« 事業仕分けとUR | トップページ | クジラ »