« 平気でウソをつく人 | トップページ | 噂の東京マガジン »

2010/05/05

ホンマかいなの普天間問題

鳩山首相の普天間飛行場の移設問題についての対応は厳しい状況となったようだ。或る民主党若手議員に聞くと、この問題は鳩山首相とごく一部の党首脳だけで動かしていて、全く情報が流れてこないとのこと。

とは言え、徳之島とか沖縄訪問はフェイントで、本命は海外移転では?と水を向けると、基地は海兵と一体でなければ抑止力として機能しないから、海外移転は有り得ないと、昨日の鳩山首相と同じことを言う。これを聞いたのはその前なのだ。

だから、全く首相近辺のみで考え、情報が伝わらないと言うのは全部を額面通りには受け取りがたい。ま、そういった詮索はともかくも、先ずは昨日の首相沖縄訪問に関する報道を見てみよう。

http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20100505k0000m070107000c.html

<引用開始>

社説:首相の沖縄訪問 今さら「県内移設」では

 鳩山由紀夫首相の就任後初の沖縄訪問は極めて厳しいものだった。住民との対話集会や首相を迎える沿道では怒声も飛んだ。首相への県民の不信はますます深まっている。

 首相は、仲井真弘多沖縄県知事、高嶺善伸県議会議長、稲嶺進名護市長らと相次いで会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題について話し合った。

 「すべて県外に(移設)というのは現実問題として難しい。沖縄の皆さんにご負担をお願いしなければならない」「沖縄にも、徳之島にも、普天間移設で負担をお願いできないかとおわびしてまわっている」。これが、県外移設を求める沖縄県民への首相の回答だった。

 昨年の衆院選で「最低でも県外」と主張し、国会などで「県外」を繰り返したのとは大きな違いだ。県内移設の方針を明言したのは初めてであり、「県外」白旗宣言だ。(後略)

<引用終わり>

これは毎日の社説だが、総じて報道は似たり寄ったりだと思うし、また国民の思いも鳩山シンパ以外は似たようなものだろう。拙ブログは第三者から見れば鳩山シンパに見えてきたことだろうが、さすがにこれが本当ならば擁護しきれない、マサカ?!の思いだ。

4月23日にアップした拙ブログ記事「普天間問題の憂鬱」では、自分のレベルで鳩山首相の考えを推量して非難してはなるまい、海外移転の満塁ホームランがあるのでは?と書いたが、この状態ではマサカのマサカ、「毎日」が言うように「県外」白旗宣言だ。

よく言われる事に、何故自ら首を絞めるように期限を区切ったのかがある。全くその通りだと思う。首相の心のうちは知る由もないが、米大統領にトラスト・ミーとまで言ったのだから、単なる思い付きで期限を区切った訳ではないだろう。何らかの勝算があったに違いない。それがここまで後退するからには、この間何が有ったのか説明がほしいものだ。

鳩山首相は、抑止力に対する認識不足が有ったと、自らの勉強不足を認めた。その事自体は、誤りを正すに遅すぎる事は無いから評価する。誤りを認めたら政権が危ないとウソにウソを重ねて行ったらトンデモない事になるからだ。

だが、その正した誤りは、あまりにもレベルが低すぎて、さすがに鳩山シンパの拙ブログも脱力してしまった。一体どうしちゃったの?だ。

小生、マスゴミが沖縄県内や徳之島移設をどんなに騒いでも、フェイントであり通過の儀式で、本命案は海外にあるのだろうと思っていたからだ。ところが、これではフェイントの域を出てしまっているから、このままでは「毎日」の社説にあるように白旗宣言と受け取らざるを得ない。

また身近に知る民主党議員の行動を見ても、ガッカリさせられる事が少なくない。自民党程利権丸出しではないものの、ポリシーよりも選挙対策と言った姿勢が度を過ぎてしまい、本義はどこへ行ったのかと興ざめしてしまう。

かといって利権丸出しの自民党議員を応援しようとは思わないが、分かりやすいので清濁併せ呑めば共存しやすい。ところが民主党諸氏は、自民党よりは清いけれど根っこの部分が今一つはっきりしないから、アマチュア臭くて実に危っかしい。

と、まあ、民主党には、前原党首の頃の永田メール事件の前科があるから、こんなバカなと思うことも有り得るなあと思ってしまうからややこしい。なので報道を見る限りにおいては鳩山政権にはガッカリである。とは言え、やっぱり何かオカシイ。繰り返すがあまりにも次元が低すぎるのだ。

偽メール事件とは次元が違うし、国防は国家の根幹をなすものだから、認識不足でしたでは済まされない。もし本当に認識不足でいい加減に県外移設を述べていたのならば、偽メール事件どころではない。だからどうしてもフェイントに思えて仕方ないのだ。

アメリカに対して、日本国民はどこに移設しても大反対なんだと見せつけるための演出に見えて仕方ない。徳之島にしても沖縄にしても、あれだけの民衆のデモとシュプレヒコールはヤラセ演出で出来るものではないから、国民の基地拒否の気持ちをアメリカに伝えるにはこれ以上の説得材料は無いだろう。

アメリカ政府の当事者にしても、日本政府高官との折衝だけで件着つければ、アメリカ国内世論から叩かれる恐れがあるが、日本国民の意思ともなれば、まあいたし方あるまいとなるだろう。

冒頭述べた鳩山首相や民主党若手議員の、国外移転は防衛上有り得ないと言うのも、根拠は何も示してないから、実際のところよく分からない。国防の専門家として森本敏氏が、やはり似たような事を言っていたので、この受け売りか?と勘ぐってしまう。

どう考えても海兵隊兵員とその家族合計一万七千名を二〇一四年までにグアム基地に移転させるという計画が有る中で、ヘリ基地が何故日本国内に必要なのかよくわからない。もっともらしくヘリ基地は海兵隊員のそばに無ければ機能しないと言う説明も、これでは説得力無いし、専守防衛を考えればなおさらだ。

有事の際のグアムからの海兵派兵の為の中継基地としてヘリ基地が必要と言うのも、ジェット戦闘機や爆撃機の基地ならいざ知らず、同じく説得力無い。

記憶では海兵隊だけでも8000人がグアム移転では無かったか。それなのにヘリ基地は沖縄か徳之島かなんて、もっともらしく国防の専門用語を並べたり専門家がしたり顔で説明すればするほど、どっか詭弁臭く見えてしかたない。

グアムから見れば、沖縄も関東も大した違いないように思えるし、それほど朝鮮半島への派兵を重視するのなら、対馬や佐世保の方が良いように思うのだが・・・。

もし本当に、沖縄県内移転と本気で考えているとすれば、チョイと冗談ではすまされない。いよいよもって鳩山内閣はアウトだろう。だから、本当にそんな低い次元で国防を考えていたのかと、どうしても報道を額面通りには受け取れないのだ。

本日これにて、

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« 平気でウソをつく人 | トップページ | 噂の東京マガジン »

コメント

☆沖縄のことを、もっと日本国民は自分のこととして受け止めろ!
 普天間移設問題に関して、マスコミも国民全体、他人事の立場で情けない!
 本当に海兵隊が抑止力??甚だ疑問である。
アメリカ及び官僚から洗脳されているだけだと思う。抑止力と言っていれば、手厚い思いやりで居心地がいいからであり、今回「グアムへ8000名の移転の費用のうち6000億ものお金をなぜ、日本が出さないといけないのか」という報道は全くなく、アメリカの回し者ということが憶測できる。
現在、まともなコメントしているのは共産党だと思います。
「米軍日本基地の縮小」が課題なのに移転移転と騒ぐこと事態ナンセンスである。

私は「日本は日本人の手で守る」という原則が一番国民が持たないといけないと思います。
この点は共産党とは違う立場になりますが、・・


本当にバカな国民が多い。


属国ボケの日本人、目覚めろ!!

投稿: きらきら | 2010/05/14 10:16

鳩山氏は、普天間にいる海兵隊は無用の存在で、その存在そのものを米国が閉鎖するように(実質無用と米国では過去から言われつづけている)仕向けているのだろう。

米国自身がそういわざるを得ないように逆説的に言っているようにおもえる。

これを実現させるためには、今の鳩山氏に徹底的に反対することである。日本国民の総意として普天間基地の移転先は国内にはないといいつづけることである。

鳩山氏は国民にそういってもらいたくて行動を起こしているのだろう。マスコミがどうでも良いような世論調査(トリック・一度でも調査をやったことがあるものはそのトリックがよくみえている)の下落を想定内においているのだろう。

米国が普天間問題で日本から移転費用を引き出そうとしていることはわかってる。

それよりも米国で問題になっているように海兵隊そのものを消滅させる方向にもっていかなければならない。

それがわが国だけではなく米国の利益にもなるのだから。

投稿: 斜視眼 | 2010/05/11 10:05

○ペンタクロス様、コメントありがとうございます。

おっしゃる通り国益を口にしながら本当に国益を考えている人が何人いることやら。

これ幸いに、政局や自己PRに利用しようと大騒ぎですが、少し冷静に考えたいもの。鳩山さんの言動がフェイントではなくこのまま5月末を迎えても決着しない事には変わりないので、それから騒いでも遅くはありませんね。

投稿: ベンダソン | 2010/05/07 20:22

ペンダソンさん、こんにちは。
本来は人民を護るべき軍事が、逆に人民を苦しめている(基地公害、地位協定など)のは悲しいですね。
「軍事抑止力」は戦争屋のセリフ、真の抑止力は「平和外交」や「共生経済」です。
声高に軍事優先を唱える人は必ず「邪悪な私益」(国益といって誤魔化すことあり)を企んでいるのを歴史が証明しています。
一歩でも半歩でも平和な生活に向って前進することが大事。

投稿: ペンタクロス | 2010/05/07 16:51

○isao-pw大城 勲様、ぷにょ様、コメントありがとうございます。
前エントリーにも書きましたが、自分のレベルでモノを考え断じてしまうのではなく、自分には分からない様々な可能性も有り得ます。先ずは結論が出るまで静観したいものです。

投稿: ベンダソン | 2010/05/07 09:06

なぜ基地問題で台湾忘れるんですか。今台湾は親中派政権だから表立ってないだけで中国にとって台湾攻略は建国以来の悲願です。私が中国共産党なら朝鮮半島放っておいても台湾がほしい。韓国落としてもまだ太平洋に出れませんからね。もちろん沖縄も落とせれば気兼ねなしに原潜を太平洋に展開できます。あと、ヘリは足が遅く、短いのでどうしても前線近くに配備しないと部隊の展開・補給・兵員の交代などで大きな支障をきたします。逆にジェット戦闘機や爆撃機は足が速く、長いので多少遠くでも何十分も違いませんし、あまり前線に近いと奇襲で真珠湾のような大打撃を食らう恐れもあるので最前線に置いたりしません。あまりに初歩的だったのでど素人の分際で突っ込んでしまいました。
鳩山総理の真意や腹案の実際は私もわかりかねますがその功績は本人もおっしゃっているように普天間問題を政局が左右するほど国民に注目させたことですね。今後候補者の安全保障のスタンスが選挙で当落を左右するほどの存在になってもらえれば、三流と言われる外交も改善されるのではと期待しております。それ以外はプロセスを含めてどう見ても政治家失格でしたね。
話は変わって沖縄である必然性は全くないと思います。おっしゃる通り他県でも国外でもそれなりに最適の展開と兵站を築くことは可能です。ただ同じお金と人員を考えた場合、最も効率的なのが沖縄と言うだけです。要は金と人が余計にかかるので沖縄に置きたいだけなのです。仮にですが、沖縄が中国に落ちた場合、そこに基地はおけないので他県や国外の基地を模索するはずです。そう、沖縄を中国に与えれば、基地は必然的に他所になるでしょう。それが嫌なら、不足する金と人を提供すればいいと思います。ヘリ空母数隻に補給艦十数隻、補給物資をアメリカから買い上げて米軍に日本国籍軍人数千人も付けて無償提供すれば、日本の望むところで合意できると思います。問題の根源は日米両政府とも金人をケチって最大限の効果を求める貧乏人根性にあるのです。

投稿: ぷにょ | 2010/05/06 19:43

普天間基地問題で鳩山政権の迷走が非難され鳩山総理の指導力不足、責任論が高まっていますが昨年9月の政権交代後も霞ヶ関の官僚機構が従来通りの実務権限を維持し、経験の浅い閣僚、政務三役が既得権益を維持しようとする官僚機構に翻弄されて問題の本質を見誤り、官僚が提示する誤った情報を基に判断せざるを得ない状況では迷走を繰り返すのも必然です。
普天間問題での対米交渉でも自民党政権での対米従属と利権絡みで米軍再編計画に関与して来た官僚に頼っていては政権交代に伴う新たな日米関係を構築する事は不可能であり米国側の意向に阿る結論に至る事も必然です。
沖縄県民の理解を得るには目先の誤魔化しでは無く本質的な日米関係の包括的な見直しで在沖海兵隊及び陸軍グリーンベレー等の地上部隊を全面撤退させ、沖縄本島周辺の訓練施設を全面返還させる為に使用期限の交渉を米国と直ちに開始すべきである。
最終ゴールは米軍地上部隊の全面撤退と訓練施設の全面返還こそ沖縄の負担軽減であるが鳩山政権は総理を始め閣僚、政務三役の無知に付け込む官僚機構の頑迷な妄言に操られて問題の本質を見誤り出口の見えない迷路を彷徨っていると言わざるを得ない。

投稿: isao-pw大城 勲 | 2010/05/06 17:41

○ setu55 様、コメントありがとうございます。

>鳩山氏の「抑止力・・・」発言を聞いて幻滅しています。

⇒私もです。もし本当に県内移転だったら、偽メール事件の再来。トンデモナイ人を応援していたことになります。

投稿: ベンダソン | 2010/05/06 16:29

久しぶりです。

私は、グアムテニアンが第一候補で、最悪は沖縄の下地島だと思っていましたが、鳩山氏の「抑止力・・・」発言を聞いて幻滅しています。
しかし、小沢さんが沖縄に行く前に鳩山さんと会っているらしいので、まだ一分の期待を持っています。

それにしても、辺野古沖に決めるのでしたら、鳩山氏と前原氏は 同類であると証明されます。ほんとに、あの前原氏とね~

投稿: setu55 | 2010/05/06 10:20

○とし様、コメントありがとうございます。

>今日のテレビ朝日のワイドスクランブルに川内博史氏が出ていたのですが、彼は「グアム・テニアン」だということをしきりに言っていました。

⇒とすると、党首が一生懸命フェイントかけているのに、部下がバラす事になるので、逆にテニアンの線は無いと言うことになりますね。

ですが私には、テニアン移転が最も妥当に見えて仕方がない。おっしゃる通り、月末まで静観するしかなさそうです。

投稿: ベンダソン | 2010/05/05 23:53

お久しぶりです。

今日のテレビ朝日のワイドスクランブルに川内博史氏が出ていたのですが、彼は「グアム・テニアン」だということをしきりに言っていました。

【その様子(消される可能性あり)】
http://www.youtube.com/watch?v=es1SI0b5TnI

個人的には、ペンダソンさん同様、アメリカに向けて「日本国民はこれだけ反対してるんですよ」ってことを、マスコミを利用して大々的に報道させておいて、その上で交渉しようと思っているのではないでしょうか?

まぁ、とは言っても結果はわかりませんが。しかしそれにしても、川内議員はかなりはっきり言ってます。

多分、地上波のテレビで初めてと言っていいくらい、「テニアン」の名前が出てきましたからね。

仮に、予想通りの結果になったとするならば、一番恥をかくのはマスコミだと思います。

だって、マスコミは「散々利用された」ことになるわけですから。

だからこそ、マスコミは「テニアン」の報道を出さなかったのではないか?と想像はします。

とりあえず、最低でも月末までは、冷静に見守るしかないようです。

それではまた。

投稿: とし | 2010/05/05 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/48279910

この記事へのトラックバック一覧です: ホンマかいなの普天間問題:

« 平気でウソをつく人 | トップページ | 噂の東京マガジン »