« 全てが正しい普天間問題 | トップページ | どうせ短命? »

2010/06/03

脱力「日本は終わりに近づいた?」

超多忙な上、これから南の島へ行くので、ブログ更新できなくなる(多聞インターネットが使えない?)。というわけで、急いで気になる話題について書いておきたい。なわけで、いつもに増して誤字脱字だらけ、支離滅裂となりますがお許しを。

勿論話題は鳩山・小沢辞任問題だ。先のエントリーで書いたとおりになったが、当たってほしくは無かった。今のマスゴミが報道する世論の中にあっては、二人の辞任は避けがたいことだったが、冷静に考えれば、辞任するほどの事とは思えないからだ。

反小沢・鳩山或いは反民主の方々には何を言ったところで通じるものではないと思うが、はたして辞任しなければならないほどの失策を、この二人はやったのだろうかと言う疑問が残る。拙ブログでは、普天間問題における鳩山首相のアホさに呆れた旨書いたが、とはいえ辞任しなければならないほどの失策とは思えないからだ。

結局鳩山さんが、下した結論は、自民党案とほぼ同じになったが、現下の情勢で、この案自体の是非を論じたモノにはお目にかかってない。先のエントリーに対して、あれは自民党案と似て非なるものであるとか、自民党案には沖縄県民は賛成したが民主党案には反対だと言ったコメントが寄せられたが、理解に苦しむ。

確かに、鳩山さんの、やり方はマヌケ過ぎた。誰も期限を区切れとは言ってないのに区切って墓穴を掘ったのだから何をかいわんやだ。私が反対側であれば、そら見たことかと膝を叩いて喜んだろうと思う。けれど、それは再三言うように政策決定の中身の問題ではなくプロセスや表現の稚拙さだ。

自ら、自民党の提案を否定しておきながら、結果としてそれを踏襲すると言うのでは、信頼を失うのは事実だが、一切の感情を切り離して踏襲した中身や置かれた状況を考えれば、ではどうすればよかったのかだ。

本質論ではなく、本質論から派生する2義的な事に夢中になり過ぎて、本来議論すべき事、問題として考えるべき事が考えられず本末転倒してしまっている。

要は鳩山批判は、「出来もしない事を言いやがって」の類であって、出来もしなかった事の是非ではないのに、辞任しなければならないほどに責められるならば、一旦口にした事は何が何でもやり遂げなければならなくなってしまう。

約束を守ると言う視点で見れば、それは立派な事だけれど、そういう評価で安心したり評価できるのは、約束の内容に対する評価が具体的に明確な共通認識となっている場合だ。

1億円欲しいアナタに1億円払うと言うような約束がそれだが、幸せにしてほしいと言うアナタに「幸せにする為1億円あげよう」と言う約束の守るべき事は、幸せにすることであって必ずしも1億円をあげる事ではない。優先順位の判断ができない人には理解できまいが・・・。

優先順位が「幸せにする」>「1億円あげる」と分かったうえで、1億円がアナタを不幸にすることも分かったならば、1億円をあげない選択肢も有りうる。行為の価値判断の基準が「幸せにする」事ならば、何が幸せなのかを吟味しなければ、その行為の価値判断が出来ない事は当たり前の話だろう。

鳩山さんへの批判は、これに近い。辺野古への移設が辞任しなければならないほどの失策ならば、自民党も失策を犯していた事になるから、辞任の理由は、もっぱら言った事を守れなかった事と言う事になる。しかし県外移設は今後も考えると明言しているのだ。こんなんで一国の首相が辞任するのか。

敢えて言えば、今頃国防の要諦に気が付いたと言う失言に対しての批判なら分からんでもないが、野党時代知り得ていた情報の精度が分からないから、一概に国のトップとして失格とは言いきれまい。

形だけ見れば、ここ3代続いた1年での首相交代と結果は同じだ。だが途中で政権を放り出したり、とてもマヌケな言動を繰り返していた前首相と同じ内容とは思えない。これでは味噌も糞も一緒に見えてしまう。

この騒動をどこかよその国の出来事として眺めてみれば、いかにバカげたことか分かろうと言うものだ。日本が頼りにしている米国では、台風の後始末でトンデモナイ失態をやらかしたからとしても大統領は辞任しないし、それどころか、戦争を仕掛けた理由が間違いと分かっても辞任しない。

ところが日本と言う島国では、反対政党の案を認めたら首相が辞任に追い込まれたのだ。ではその案は間違いかというと、むしろ辞任を求める大半の人が賛成している。一体政治に何を求めて何を評価するのか全く理解しがたい国だ。

ひたすら金科玉条のごとくマニュフェストの実行を求めているが、自民党政権では公約違反は当たり前、公約を実現できなかったからと辞めた首相なんていたのだろうか。あまり記憶にないが・・・。

その一方では、子供手当を実施すれば、マニュフェストにこだわるなと批判もする。一体どうすりゃいいのだろうか。タブン、本当のところは普天間問題やその他マニフェストが問題なんでは無くて、「官僚政治の打破」と「アメリカへの盲従否定」が問題なんだろうと思う。

そして、そういう事を面白く思わない強大な力に、捜査の可視化とか記者クラブ廃止を面白く思わない人々が自分達の能力を最大限使って加担し、悪印象を作り上げたと言うことだろう。そして、これまた談合廃止とか事業仕分けで既得権益を奪われそうな人々とその親戚一同がそうだそうだと雷同する。

本来ならば、国民は、あれ何かおかしいぞと思わなければならないのに、マスゴミに乗せられたり、既得権益を守りたい人々に乗せられ、一緒になって小沢・鳩山潰しに加担しているのが今の日本人だろう。

面白がって、やっていては確実の改革は後退するし、もう誰も本気で改革を進めようとはしなくなるだろう。結論を言えば、今の日本は悪党国家だと思う。それはアナタが、どんな事でも良い、或る1点だけで良いから、完璧に筋を通して、正義を振りかざしてみれば分かる。誰も助けてはくれないし評価もされない事が分かるだろう。

別に聖人君主になれと言うのではない。悪党がはびこれば、正直者がバカを見る世の中になるのだ。今のところ、戦中派ががむしゃらに働いた高度経済成長期の遺産で豊かな暮らしが出来ているから問題が顕在化してないが、悪党がはびこり正直者がバカを見る事態が続けば、誰も先頭を走らないし真面目に働かなくなる。

段々そういう事態になってきていると思う。マスゴミに煽られ、既得権益に煽られ、小沢・鳩山を石持て追って喜んでいるが、トンデモ無い事をしたと気がついた時は遅いだろう。おそらく後を継ぐであろう管氏とて、どんなに頑張ったところで同じ憂き目にあうことは想像に難くない。

もし光明が見出せるとすれば、若手の細野氏の幹事長就任だろうが、これとて一時的な希望になるが、おそらく同じ憂き目にあい潰されるだろう。政権交代に維新に近い期待を持ったが、やはりダメだったと思う。なにより民主党自体が獅子身中の虫に弱くて頼りにならない。

残る道は、やっぱり政界再編しかない。民主党を分裂し小沢新党と自民党がくっつくしかないと思う。自民党シンパも民主党シンパも、バカなと怒るだろうが、スマン、そう思うのはこちらの勝手と無視されたい。

本日これにて、

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« 全てが正しい普天間問題 | トップページ | どうせ短命? »

コメント

皆様、まとめてのレス失礼します。

○ぷにょ様、コメントありがとうございます。
>否定することは簡単ですが、それに見合った代替え手段を構築し、その担保によってはじめて否定・廃止できるのです。そのことに早く気付いてほしいものです。

とのこと、全く同感です。ただし、たとえは分かりにくいです。
*********************************************************************
○QP様、コメントありがとうございます。
他比喩表現の提示している内容に対してはその真偽を議論してもあまり意味は無いと思いますので、内容に対して指摘なり議論される事をお勧めします。
*********************************************************************
○ほんと様、コメントありがとうございます。
>任せる気がないなら選ぶなよ!

って、要は任せろですよね。
*********************************************************************
○ゆめ様、コメントありがとうございます。

電通が操作しているか否かは全く存じ上げません。ただ状況から言えそうな事は米国政府筋の思惑が強烈に日本の世論を動かしていそうだということ。これは実感しますね。具体的にどうしているかは分かりませんが、それはレベルが違いすぎるからでしょう。
*********************************************************************

投稿: ベンダソン | 2010/06/13 18:30

脱力「日本は終わりに近づいた?」の内容に私も同感です。しかし、不思議です。何故、まともなTVのニュース解説者がいないのか。何故ああも非論理的な解説しか出来ないのか。何故、あんなに頭の悪い解説者ばかりなのか。アメリカを批判する解説者はどんどん姿を消してしまいました。テレビで何故どこも日本の安全保障を論理的に解説しないのでしょうか。本当に不思議です。中学生以下の知能程度です。ところで、確かにマスコミは、電通か何かに操作されていると思いますが、具体的に論理的にどのように操作しているのでしょうか。知りたいのですが。

投稿: ゆめ | 2010/06/13 17:54

よおく分かります。リーダーが出るとわいわい言って潰すのです。文句は百倍言いますが、じゃあお前やれと言われれば腰引けまくる輩が多いですね。結局評論家だらけなんですよ。任せる気がないなら選ぶなよ!

投稿: ほんと | 2010/06/07 11:31

QPさんご指摘ありがとうございました。
私の内容は一般の書物にも記載されているものだそうですがおっしゃる通り忌避伝説そのものでした。真実は専門家以外に浸透していることではないらしいので撤回で勘弁してください。
ということで具体例を変えて車・バイクにします。以前も書いた気がするのですが車・バイクによる犠牲者は国内だけで数千人にも及びその後遺症に悩む人はその何倍にもなります。累計では広島長崎をはるかに凌ぐわが国最大の凶器に当たります。これを禁止すれば今後失われる幾万の命が救われることとなります。それと同時にその後遺症に悩み、また加害者の立場に悩み自ら命を絶ってしまう人々すべてをその不幸から救うことができるはずです。さあ車・バイクを禁止しましょう。当然、その代替え案はありませんし、どんな問題が起こるか全く考えていません。簡単な「脱・車社会」の主張ですがご賛同いただけますでしょうか。
QPさん、これでしたらネガポジの本題に触れられますね。ご指摘お願い申し上げます。

投稿: ぷにょ | 2010/06/04 18:42

蒸気機関車よりディーゼルカーの方が有害ですが?
火の粉で火事が起きたことと煤で黒くなった事が
多々ありましたが、きちんとした石炭を用いて
正しく操作し完全燃焼している蒸気機関車の排煙は
黒でも白でもなく無色です。

そもそも日本が鉄道事業を始めた時には蒸気機関しか
ありませんでしたが、何を言っているのですかね?

鉄道に反対したのは宿場地と水運が行き渡っている地域と
それら利権に絡んだ者達と利権者に焚き付けられた無学者。

少しは調べてから書こうね。ぷにょさん。

投稿: QP | 2010/06/04 13:30

いってらっしゃい お体には気をつけて

「官僚政治の打破」と「アメリカへの盲従否定」はどちらもネガティブな目標ですよね。もっとポジティブな目標を考えましょう。「検察審査会同様の官僚審査会及び各行政機関の人事採用の審査会化の成立」と「米太平洋部隊を凌ぐ防衛力の強化と食料およびエネルギーの完全自給化」とか具体的に目標を設定しないと単なる壊し屋ですよ。
人は思想や主義以前に次のステップに進むにあたって何かを構築する人間と何かを否定する人間に分けられます。氏は否定するタイプの人間になります。
かつて日本にも蒸気機関車が走っていました。有害な蒸気を吐いて沿線に被害をもたらしていたようで、反対運動によって残虐な大日本帝国は路線の迂回を余儀なくされていました。鉄道絶対反対の声も多かったようです。しかし、強欲な大日本帝国は決して鉄道を廃止しませんでした。ほかに代替え手段がなかったからです。その後ディーゼル車や電車が生まれ、迂回地にされた地域もきれいな空気になり、街はより発展しました。反対した地域は今も昔も空気はきれいですが通勤通学に支障をきたし、街は寂れていきました。
否定することは簡単ですが、それに見合った代替え手段を構築し、その担保によってはじめて否定・廃止できるのです。そのことに早く気付いてほしいものです。

投稿: ぷにょ | 2010/06/03 16:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/48528909

この記事へのトラックバック一覧です: 脱力「日本は終わりに近づいた?」:

« 全てが正しい普天間問題 | トップページ | どうせ短命? »