« 議員会館批判は妥当か? | トップページ | どうすりゃいいの? »

2010/07/03

ネコ語

よく、クジラは高等生物で言葉を話すというが、言葉を話すと言う点では、ネコもそうではないかとひそかに思っている。思っているけれど、こんな事言うと、UFOを見たと言う以上に、バカにされそうでコワイ。

ちなみに、小生はUFOをほとんど信じない。論理的には存在を否定し得ないから、否定しないのと、いたら面白いなあという気持ちからUFOの存在を否定しはしないが、自分では見たこと無いので、見たと言う人の話はほとんど信じてない。

さて、ネコの話に戻そう。何故、急に猫の話をするかと言えば、先月、南の島で遊び呆けて帰ってきたら、何やら庭先で猫の鳴き声が・・・、で、声の発生源を探ると、軒先においてあった折りたたみテーブルの中に4匹の子猫チャンが居るではないか。確かにネコ小屋としては最適ではあるけれど、ドヒャー、ど、どうしよう、と相成った次第。

ホント、どうしよう。よりによって我が家にかい。でも、見ると無茶苦茶カワイイ。ところが我が家では愚息がアレルギーなので飼えない。かといって捨てるわけにもいかず、保健所に連絡したら殺処分される。

いろいろ、愚妻ともども考えた結論は、有る程度大きくなったら、出て行ってくれるだろう、というもの。だから、それまでは見なかった事にして、人間は関与しないようにしよう。と、決めた。

しかし、子猫はメチャムチャ可愛い。これにはさすがのネコ嫌いの愚妻もころりとやられ、カーテンの陰からそーっと覗いては、きゃー可愛いなどと、一日中はしゃいでいる始末。そのうちに親猫も判明したが、我が家を散歩コースにして、時々鉢合わせするノラ猫だった。

良く見ると、親猫とは言えほとんど子猫と思うくらいに小さい。タブン生後1年未満じゃなかろか。愚妻曰く、「やーね、まだ未成年なのに」とか「きっとレイプされちゃったのよ」とか。いやそれはないだろう。

さて、一切関与しまいと決めてはみたものの、気になって仕方がない。何しろ、この親猫、ほとんど留守にしているのだ。痩せてボロボロなので、たぶん餌を求めて歩き回っているのだろう。親猫が居ないのを見計らっては子猫を覗くと、かたまってスヤスヤ寝ている。

が、ときどきオッパイがほしいのか、ニューニャー啼いては巣から這い出して来るが、カラスがいるのでから気が気ではない。餌を求めて親猫が留守にするのなら、餌をやったらどうだろうと考えてしまった。これ、後で気づいたが、ルール違反だった。

単に我が家のルール違反なだけではなく、ノラ猫のルール違反だったらしい。巣の近くにそっと、キャットフードと水を置いたら、親猫がフーッと威嚇しながらも、がつがつ食うので、良かった良かったと思っていたら、2・3日後、突然ネコ達が姿をくらましてしまったのだ。

どうやら、ネコのテリトリーを侵したらしく、引越したようだ。早々と居なくなってくれたのでホッとしつつも、何か妙に寂しい。家の周りを探したが、どこにも気配が無いから、一体どこまで引っ越したのだろうかと、可能性が有りそうな近所を探し回ったけれど、とうとう見つからなかった。

ところが、土砂降りの雨があけた翌日、あろうことか、今度は車庫の中を巣にしていた。車庫と言っても通路を兼ねているから扉が無く、ガラクタの上にシートを被せているその中を新たな住処にしたらしい。

でも、これはどうにも解せない。何故、人が通らない軒先から、頻繁に人が通る場所に引っ越すのか。こいつバカか?どうもネコの考える事は分からん。オカシイのは、シートに頭を突っ込み尻を出したままだから、ここに巣を造りましたといってるようなもん。それでここが巣とバレたのだ。

危うくシッポを踏みそうなって、人間が気を使う事使う事。勘弁してくれと言いたいけれど、件の親猫は、相変わらず目と目が会うと、ガンを飛ばしてくる。まあ野生の魂というか、その心意気は見上げたものだけど、可愛くない。子猫が居なけりゃひっぱたいてやるところだ。

で、ここで大きな疑問が浮上してきた。車庫の中は前日散々探したハズ。一体どこにいたのだろうか。そう思ってシートをめくってみると、シーンとして、積み上げたガラクタの中を覗いても、全くネコの気配がしない。ありゃりゃ、もう引っ越しかいなと思っていると、そのうちに子猫がぞろぞろと這い出して来て、回りでじゃれ合っているではないか。

その間、親猫はというと、我が家の玄関口の真正面に座って、ドアを見張っている。たまたま、愚妻が外に出ようとしたら親猫と鉢合わせして、ビックリして家の中に戻って来たので、別の窓から庭を見ると、親猫が見張っているではないか。

たぶん子猫たちが運動している間、危険が無いように見張っているのだろうけれど、ネコにナメられてるようで、なんか変。そうこうしているうちに、ちょっと目を離したら、もう子猫も親猫も姿を消している。で、じゃあ、シートの中に隠れているのだろうと、めくってみてもシーンとして物音一つしない。

いかにも親猫のしつけを守って、息を凝らしてる様子。これ、絶対にヘンですよ。人間のクソガキの方が聞き分け悪い。親がいくら静かにしろと言っても、そんなに言う事を聞く子供はそうはいないからだ。

本能?いやいや本能ではとうてい説明がつかない。腹が減ったらニャーと鳴くのだ。生れて1カ月程度の子猫が、人の気配でシーっと息を潜めあうなんて、そんな事が本能ならば、庭先に出てきてじゃれあうなんて出来るはずが無い。

どう考えても、親猫が大丈夫だから出てらっしゃいと言ってるとしか思えないのだ。そして、留守にするときは、絶対に声を出すんじゃないよと言い聞かせてるとしか思えない。実はこう言う思いは以前からあったのだが、久しぶりにネコ族に接して思い出した次第。

今でこそ愚息がアレルギーなのでネコを飼ってないが、実家は大のネコ好き。ベンダソンが子供の頃はネコが家の中にいた。別にネコを飼っていたつもりはないけれど、ネコが勝手に家の中にいた感じだ。

そして不思議だったのは、野良猫が仲間を呼び込む事だ。受験勉強(のフリ)をしている最中、深夜の庭先が何やら騒がしい。見ると、ネコが輪になって集会を開いているのだ。で、そのうちに、その仲間が、我がもの顔で家の中を闊歩し出すのだ。

絶対こいつらには、言葉が有るに違いないと思ったね。タブン集会でこんな会話をしていたのだと思う「おう、ブチよ最近どうだい」「だめね、最近はゴミ袋でゴミ収集車が回収しちゃうから残飯にありつけないのよ」「そうだよなあ、なんだったら俺んちにこねえか、な~に、この家の人間はノンビリしてっからわかりゃしないさ」とね。

今でも、印象に残るのは、ある日突然、ケッコウでかいネコが我が家に上がり込んで来て居座ってしまったこと。このネコ、ほんと、堂々と自分の家のように入ってきて寝てしまったのだ。

餌をくれというのでもなく、ただ極当然のごとく居ついてしまったので、ふざけるなとばかりに、遠くに捨ててきたら、2週間ほどして外でネコの鳴き声がするので、見るとそのネコがいたので家中ぶったまげて、以来好きにさせてしまった。

このネコの凄いところは、椅子の上でダラ~っと寝ているので、我が母親が掃除機でドンと押し出すと、そのままドスンと下に落ちてピクリともしない。きゃー、ネコが死んでると、母が悲鳴を上げたのでかけつけると、なんか様子がヘン。良く見ると、そのまま高いびきで寝ているのだ。

このネコは、こんなだからネコの世界でも大物なのかもしれない。時々仲間を家に呼び込むのだけれど4匹以上には増えなかったように記憶している。で、久々にネコ族に接して思い出したのは、この頃のネコの会話というわけ。

ネコが会話?なんて馬鹿にされそうで、人に話すのもどうかと思いはするけれど、実感としては、ネコ語は有ると思う。それが言語なのかテレパシーなのか、眼力なのかは定かではないけれど、何らかのコミュニケーション手段を持っているとか思えないのだ。

そして、親のしつけを良く守る子猫達にも感心してしまう。電車の中で騒ぎまくる人間のクソガキどもより余程聞き分けがよろしい。

UFOが存在しない事は証明不可能だと思うが、ネコ語が存在しない事を照明するのはそれほど難しい事では無いような気がする。でもわざわざ、ネコ語は存在しないと証明した人はいないのではないだろうか。

であれば、ネコ語が存在する可能性を否定できまい。クジラの会話を研究するように、誰かネコ語の研究をしてみたら面白いのにと思う。そもそも、ノラ犬は駆逐されるのにノラ猫は未だに都会でも田舎でもいるのだ。

人間社会の中で、勝手に共存している、その事だけ見てもスゴイ種族だと思う。ノラ猫はノラ猫と呼ばれると、単に家猫の浮浪者版に思えてしまうが、その生態は似て非なるもの、実態は野生の猫と同じだと思う。そういう野生の動物が人間と共存しているのだ、そんなの他の動物では考えられない。

やっぱり、ネコ語は存在する、そうに違いない。ノラ猫はノラ猫のノウハウが代々伝授されているに違いないと、妄想は膨らむばかり。どうです、アナタ、ネコ語の研究でノーベル賞狙っては。本日これにて、

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« 議員会館批判は妥当か? | トップページ | どうすりゃいいの? »

コメント

鉄馬様、コメントありがとうございます。

かの團伊玖磨とは恐れ多くて比較になりませんが、光栄です。
ところで、私は本気で猫語を信じてます。

投稿: ベンダソン | 2010/07/05 14:07

こんばんわ。

パイプのけむりを読んでいるようでした。

面白かったです。

投稿: 鉄馬 | 2010/07/03 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/48785553

この記事へのトラックバック一覧です: ネコ語:

« 議員会館批判は妥当か? | トップページ | どうすりゃいいの? »